SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
NNNNNNNNNNNNNNN
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
Back Page ►

あなたの愛の全てを示しなさい

過ぎ越の祭りの前日、12人の弟子と夕食をともにされたイエスは、地上の全てを自分に委ねられた父の下に帰る日が近づいたことを感じていた。
この世のものたちをこよなく愛したイエスは、今や弟子たちにその愛の全てを示す時が来たと思い、夕食の席から立ち上がると、上着を脱ぎ、腰にタオルを巻き、たらいに水を満たし、弟子たちの足をお洗いになった。
我もし汝の足を洗わずば、我と汝と何の関わりかあらん
イエスが自分の前に立たれた時、ペテロは問うた。「主よ、私の足をお洗いになるのですか。」イエスは答えられた。「私が今何をしているのか、お前は分からないだろう。しかしきっと分かる時が来る。」ペテロは「主よ、それはなりません。私の足など洗ってはなりません」と叫んだ。しかしイエスは答えられた。「もし私があなたの足を洗わないなら、私とあなたと一体何の関わりがあるだろうか。」(ヨハネ伝13:1-8)

神の独り子
神は、その独り子を地上にお使わしになる時、地上の全ての管理を委ねられる。アダムの時以来、そのようになされた(創世記1:26-28)。独り子とは一人、二人の一人ではない。地上に生きとし生ける物は、皆、創造主にとっては掛け替えのない独り子である。
画竜点睛
世界は、あたかも1枚の絵のように、目の前に準備されており、人は、その能力と環境条件に応じて思い通りに筆を加えることができる。最近南米のチリで発生した大地震後、僅か1日で、早くも津波が日本沿岸を襲ったように、我々の一筆は、世界全体に伝播し、画竜点睛の一筆なら、世界を躍動させることができる。しかし筆を誤れば、龍は死に、世界が崩壊するかもしれない。あなたがなすべきことは、ただ一つ、全身全霊を込めて自身の愛の全容を示すことである。なぜならこの世は究極してあなたのものだからである。十字架にかかる日を間近にしたイエスは弟子たち一人一人の足を洗うことにより、このことを示されたのである。

タリバン掃討作戦の行方
米国は、来年7月よりアフガンから撤退するための戦略の一環として、3万人の増派を行うと発表するとともに、アフガニスタン駐留の米海兵隊と北大西洋条約機構(NATO)軍、そしてアフガン軍合同のタリバン掃討作戦に着手、イスラム原理主義勢力タリバンが支配する南部ヘルマンド州マルジャに対する過去最大規模の攻撃を開始した。
オバマ大統領は、直ちに軍を引き揚げたいところだが、国民が敗北や失敗を認めるような政府の行動を許さないため、撤退を前に何とか体面を保つことができる成果を上げるべく躍起になっているが、掃討作戦のスタートからロケット砲の誤射で、市民が犠牲になり、却って一層の苦境に立たされたようだ。
泥沼の発端:国際ルール無視した警察権行使
こうした米国の苦境の発端は、2001年9月11日の同時多発テロ事件後、他国の主権を無視して軍隊を送り込み、その国を拠点にする反米勢力に対する警察権を行使したことにあるようだ。実際にそこで行われているのは戦争そのものだが、戦闘の相手を、邪悪な犯罪集団と見なし、交渉相手として認めぬことから、相手を殲滅するまで、和平の道は開けない。しかし米軍を投入すればするほど、地元住民の反感はつのり、相手の勢力を強化させる結果を招いている。
日華事変との共通性
その実、国際的なルールを無視して他国で警察権を行使し、泥沼に填り込んだのは、決して米国が最初ではない。1937年7月7日に北京西南方の盧溝橋で起きた日中の軍事衝突は瞬く間に全面戦争に拡大した。その後日本軍は杭州湾上陸作戦で一気に南京を陥落させたが、1938年1月16日、当時の近衞内閣は『爾後、国民政府を相手とせず』との声明を発表した。日本政府は「今次事変は戦争に非ずして報償(報復)なり。報償の為の軍事行動は国際慣例の認むる所」、「一種の討匪作戦」と称して戦争を拡大、自ら泥沼にのめり込んだ。(東京大学文学部教授加藤陽子著「それでも、日本人は『戦争』を選んだ」)

ヨシヤ王の宗教改革
旧約聖書に登場する預言者らは、アッシリア、新バビロニア、エジプト等の近隣諸国との外交において、おしなべて非戦論を説いている。しかし主流派は主戦論であり、イスラエルは結局戦争に敗れ、エクソダスを繰り返して来た。
第16代ヨシヤ王は、新たに発見されたモーセの第五書『申命記』に基づく、宗教改革を実行した。『申命記』を頻繁に引用するイエスはヨシヤ王に倣った宗教改革を目指したものと見られ、「裁くなかれ(Mat7:1)」、「和解せよ(Mat5:25)」、「汝の敵を愛せ(Mat5:43)」と説いている。様々な経緯から仲違いしたものが相手を許すのは、難しいことだが、それができて、初めて「神の憐れみを知ることができる(Mat5:7)」のである。
怨みに報いるに徳をもってす
平和外交の第一歩は、金正日であれ、オバマであれ、ウサーマ・ビン・ラーディンであれ、ネタニヤフであれ、ヒットラーであれ、ドゴールであれ、スターリンであれ、ルーズベルトであれ、東条英機であれ、蒋介石であれ、対等の存在として相手を認めることである。しかしそれだけでは十分ではない。和平を実現しようと思うならさらに一歩進んで相手を愛さねばならない。
実際、中華民国の故蒋介石総統は、『対日賠償請求権の放棄』、『戦勝国による日本分割占領の阻止』、『中国大陸残留日本軍民の安全な帰国保証』、『天皇制存続の可否を日本人にゆだねる』と言う史上まれに見る寛大さを示し、怨みに報いるに徳をもってする(ローマ12:21)キリストの愛を実践して見せた。(回光庵返照:2010年3月24日)

『聖霊のバプテスマ』とは一体何か
ヨハネ福音書の弁証法に従うなら、
【テーゼ】  『人は、人の子の証しを受け入れ、聖霊のバプテスマを受けることにより永遠の命を得られる(ヨハネ5:24)』。
【アンチ・テーゼ】  しかし、『地上の人間は、決して天から来たものの証しを理解できない(ヨハネ3:32)』。
それでは、地上の人間はどうして永遠の命を得られるのか。
【ジン・テーゼ】  『地上の人間は始めに神と共にあった言葉(ヨハネ1:1)に立ち返り、神が全き真理であることを自ら覚知すればよい(ヨハネ3:33)』。
文益禅師は「お前は慧超だ」と答えることにより、慧超自身の内に秘められた『真の自己(声前の一句)』を突きき付けたのである。(キリスト教の起源p.155)
ご購入はこちら



【参照】
蒋介石

ニューヨーク・ヘラルド・トリビューンのAlden Whitman編集長(1943-1951在職)によると、蒋介石は1931年にメソジスト教会に入会、新生活運動を創始、毎日瞑想し、毎週内省の結果を日記に記録していたと言う。
怨みに報いるに徳をもってす
為無為、事無事、味無味。大小多少、報怨以徳。(老子第六十三章)
為す無きを為し、事とする無きを事とし、味わい無きを味わう。小なるを大とし少なきを多しとし、怨みに報ゆるに徳を以ってす。
(何かをなす時は無為あるいは無事と言う本源に立ち返ってスタートしたらよかろう。ゼロからスタートするものはそれ以上失うものがないから恐れるものは何もない。栄辱、憎愛も同様であり、怨みに報いるに徳を以てする覚悟さえあれば、如何なる辱めも、憎しみも苦にする必要がない。)
怨みに報いるに直(なお)きをもってす
或るひと日く、徳を以て怨みに報いば如何。 子日わく、何を以てか徳に報いん。直きを以て怨みに報い、徳を以て徳に報いん。(『論語』憲問第十四)
報怨以徳は天倫、報怨以直は人倫。この世のことはすべからく人倫基づいて処理されねばならない。しかし世界は刻々変化している。我々は常に天倫の立場から人倫を見直し、運用する必要があるだろう。
AD-SEAnewsSEAnewsの新コンセプト、国境のない一つの世界を目指します。

◆『Ad-SEAnews広告勧誘員』募集


ご意見/配信停止


SEAnews Messenger


SEAnewsFacebook


SEAnewsGoogle


SEAnews eBookstore


SEAnews eBookstore(GoogleJ)


SEAnews world circulation


[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.