左予備スペース
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
右予備スペース
Site Search
Delivered from Singapore
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
製造業一般 General Manufacturing in 1995
◄◄◄ back518件の関連記事が見つかりました( 1/11 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
元のページへ戻る ►1995-01-05 ArtNo.30(1/518)
◆<越>タイ企業、元米軍基地を工業区に再開発
【ハノイ】タイのバンパコン・インダストリアル・パーク・カンパニーは地元のビエン・ホア・インダストリアル・ゾーン・ディベロプメント・カンパニーと70:30の合弁で、4600万米ドルを投じ、ホーチミン市北方30キロのロング・ビン元米軍基地(100ha)を工業区に再開発する。(...続きを読む)
1995-01-06 ArtNo.42(2/518)
◆<印尼>欧州連合と繊維輸出割り当て協議
【ジャカルタ】インドネシアは、オーストリア、フィンランド、スウェーデンが1月1日より新たに欧州連合(EU)に加わったのを機会にEUと繊維輸出に関する協議を再開した。(...続きを読む)
1995-01-07 ArtNo.56(3/518)
◆<馬>昨年初10カ月の製造業販売23%増加
【クアラルンプル】昨年初10カ月の主要58製造業種の売上は1049億Mドルと、一昨年同期の851億Mドルに比べ23.3%増加した。(...続きを読む)
1995-01-09 ArtNo.69(4/518)
◆<馬>ブルジャヤT社利益、木材権益買収で15倍に拡大
【クアラルンプル】ブルジャヤ・テクスタイルズ(BTB)の木材会社買収計画が株主の承認を得られれば、同社の利益は15倍に拡大すると言う。(...続きを読む)
1995-01-10 ArtNo.80(5/518)
◆<星>金融業IT専門職給与、他業種を上回る
【シンガポール】金融業界のIT(情報技術)スタッフの給与は全業界のITスタッフの平均給与を2%上回るが、これに反して製造業界のITスタッフ給与は平均値を6%も下回る。(...続きを読む)
1995-01-11 ArtNo.103(6/518)
◆<印尼>外国中小企業の支援産業への100%出資承認
【ジャカルタ】インドネシアは外国中小企業の支援産業投資に当初15年間100%の出資率を認めるとともに、最低投資額規定の適応を免除する。(...続きを読む)
1995-01-12 ArtNo.118(7/518)
◆<印尼>スマート、A$2.5億スナック市場の主役目指す
【シンガポール】調理油やマーガリン等、非ブランド農園産品の主要生産者として知られるPTシナル・マス・アグロ・リソース・テクノロジー・コーポレーション(Stmart)はオーストラリアの食品会社グッドマン・フィルダー社との戦略的提携を通じて2億5000万Aドルと見積もられるインドネシアのウェスタン・スナック市場の25%のシェア獲得を目指している。(...続きを読む)
1995-01-14 ArtNo.144(8/518)
◆<馬>L&G、PVC製造会社の87%権益買収
【クアラルンプル】ランド&ジェネラルBhd(L&G)は12日、プルリス・コンソリデーテッドSdn Bhd(PCSB)の87%の権益を株式のスワップを通じて2678万Mドルで買収すると発表した。(...続きを読む)
1995-01-19 ArtNo.206(9/518)
◆<馬>昨年初11カ月の工業生産指数11.7%上昇
【クアラルンプル】昨年初以来11カ月の工業生産指数(IPI)は184.9と、前年同期の165.5から11.7%アップした。(...続きを読む)
1995-01-20 ArtNo.225(10/518)
◆<越>プラスチック産業成長率33%
【シンガポール】ベトナムのプラス7ッチク産業は2005年まで年率33%の成長が見込まれている。(...続きを読む)
1995-01-21 ArtNo.233(11/518)
◆<星>自動溶接機器のシンスンファット、証取上場準備
【シンガポール】インフラストラクチャー/石油・ガス/海事エンジニアリング/製造業界向けの設備/機材/サービスを提供するシンスンファット(SSH)社は域内市場の開拓資金を調達するため、向こう数カ月以内に株式を公開、シンガポール証取(SES)への上場を図る。(...続きを読む)
1995-01-21 ArtNo.234(12/518)
◆<星>スイス包装機械メーカーSIG、地域本部開設
【シンガポール】スイス系食品飲料用包装機械製造会社SIGアジアは今後2年間にシンガポールに500万Sドルを投資し、アジア市場参入を図る。
(...続きを読む)
1995-01-21 ArtNo.238(13/518)
◆<馬>日系企業に神戸震災の余波、プロトンも暫時減産
【クアラルンプル】日本における今世紀最悪の震災とされる神戸地震の余波で、マレーシアの国産車プロトンも暫時減産を余儀なくされるもようだ。
この他、少なからぬ日系企業の製造業務も影響を受けそうだ。(...続きを読む)
1995-01-21 ArtNo.239(14/518)
◆<馬>サイム、ト州経済開発公社と重工業合弁
【クアラルンプル】サイム・ダービー・グループ傘下のSDホールディングズBhdは19日、トレンガヌ州経済開発公社(SEDC)と石油/ガス関連ヘビー・エンジニアリングに関わる合弁覚書を交換した。(...続きを読む)
1995-01-23 ArtNo.246(15/518)
◆<星>昨年11月の製造業生産14.2%アップ
【シンガポール】シンガポールの製造業生産は昨年11月に前年同月比14.2%成長、年初11カ月の成長率は13.1%となった。(...続きを読む)
1995-01-23 ArtNo.247(16/518)
◆<星>昨年10月の製造業向け貸付の伸び鈍化:MAS
【シンガポール】昨年10月の製造業部門に対する銀行ローンの伸びは年率4%と、8、9月の8%及び7%から鈍化した。(...続きを読む)
1995-01-23 ArtNo.253(17/518)
◆<馬>ACP、蘭企業と域内プレハブ住宅市場開拓目指す
【クアラルンプル】最近クアラルンプル証取(KLSE)上場を果たしたACPインダストリーズBhdは20日、オランダ企業Grimbergen Alphen a/d Rijin BVとスルンバンに先進的プレハブ建材工場を設ける契約を結ぶとともに、この種の工場をASEAN諸国に設け共同で域内市場を開拓するための合弁覚書を交換した。(...続きを読む)
1995-01-24 ArtNo.271(18/518)
◆<越>三菱/日本セメント、US$3.4億合弁工場計画
【ハノイ】三菱マテリアルズと日本セメントはハノイ南方200キロのタンホア省に現地合弁で3億4700万米ドルを投じ、セメント工場を建設する。(...続きを読む)
1995-01-26 ArtNo.296(19/518)
◆<馬>アオカム、合板価格急落で生産品目の転換図る
【クアラルンプル】木材業務を中核とするアオカム・プルダナBhdは合板価格が急落する中で付加価値の高いスライス・ベニア等に生産品目の転換を図っている。(...続きを読む)
1995-01-30 ArtNo.336(20/518)
◆<星>国家科学技術局、昨年研究開発事業S$3.5億認可
【シンガポール】国家科学技術局(NSTB)は93/94年度に研究開発支援計画及び企業研究奨励計画の下、総額3億5000万Sドルの研究開発(R&D)プロジェクトを認可した。(...続きを読む)
1995-02-02 ArtNo.349(21/518)
◆<星>昨年の製造業投資約定額S$58億、過去最高記録
【シンガポール】シンガポールの昨年の製造業投資約定額は、前年の39億Sドルを49%上回る過去最高の58億Sドルに達し、コスト上昇で投資センターとしての魅力を失いつつあるとの懸念を払拭した。(...続きを読む)
1995-02-02 ArtNo.359(22/518)
◆<馬>インドネシア企業、J州にM$6億製紙工場建設計画
【ムアル】ジョホール州政府はインドネシア企業がパンチョルに6億Mドルを投じて製紙工場を建設することを原則的に承認した。(...続きを読む)
1995-02-03 ArtNo.366(23/518)
◆<星>CD-ROMドライブ業界、先行きに楽観
【シンガポール】過去半年間にわたりシンガポールのCD-ROMドライブ・メーカーは値下げ競争とマージンの縮小で厳しい経営を強いられてきたが、今年は業況の改善を予想している。
地場3社及び日系メーカー筋によれば、2倍速ドライブの需要は堅調で、4倍速ドライブへの移行も急速に進んでいると言う。(...続きを読む)
1995-02-03 ArtNo.372(24/518)
◆<馬>昨年初11カ月の工業生産指数11.7%アップ
【クアラルンプル】マレーシアの昨年1-11月の工業生産指数は184.9と前年同期の165.5から11.7%アップした。(...続きを読む)
1995-02-03 ArtNo.373(25/518)
◆<印尼>三菱、ヘキストと合弁でPETフィルム製造
【東京】ミツビシ・ケミカルとミツビシ・プラスチクス・インダストリーズ及びドイツのヘキストAGの合弁会社ダイアフォイル・ヘキストCo Ltdは来年7月の操業開始を目処にインドネシアに現地合弁会社を設立、PET(ポリエチレン・テレフタレート)フィルムを製造する。
(...続きを読む)
1995-02-03 ArtNo.374(26/518)
◆<印尼>バンバン氏ら、経営難の繊維会社を買収
【ジャカルタ】ビマンタラ・グループを率いるスハルト大統領の子息バンバン・トリハトモジョ氏はサリム・グループの元幹部ヨハネスB.コチョ氏と手をつなぎ累積98億ルピアの損失を抱える繊維会社PTマヤテキスディアンを買収する。(...続きを読む)
1995-02-03 ArtNo.375(27/518)
◆神戸地震が<印尼>バリト・グループの救いに?
【ジャカルタ】売上の3分の1を日本市場に依存するインドネシアの木材関連会社バリト・パシフィックは神戸震災の再建事業に伴う合板需要の拡大や製品の値上りから恩恵を受けられそうだ。(...続きを読む)
1995-02-04 ArtNo.388(28/518)
◆<馬>松下、J州でオーディオ1千万台/ビデオ200万台製造
【ジョホール・バル】マツシタ・オーディオ・アンド・ビデオ(M)Sdn Bhdはジョホール州パシル・グダン工場の拡張に伴い向こう2年内にその年産量をオーデイオ機器1000万台、ビデオ機器200万台に拡大する。(...続きを読む)
1995-02-06 ArtNo.394(29/518)
◆<星>NEC、DRAMチップ増産
【シンガポール】世界的な需要増に対応するためNECはシンガポールにおけるDRAM(ダイナミック・ランダム・アクセス・メモリ)チップの生産を大幅に拡大している。(...続きを読む)
1995-02-06 ArtNo.402(30/518)
◆<馬>M$40億インダ島工業団地、既に売上M$2億マーク
【クアラルンプル】ポート・クランのインダ島に40億Mドルを投じて工業団地及び商業/住宅地を開発するセントラル・スペクトラム(M)Sdn Bhdは来月第1期工事に着手する予定だが、売り出しもせぬ間に50%(80ha)の土地が売約済みとなり、既に1億9200万Mドルの売上を実現したと言う。(...続きを読む)
1995-02-06 ArtNo.407(31/518)
◆<比>1月の輸出加工区投資17億ペソ
【マニラ】フィリピン国内の4輸出加工区(EPZ)に対する今年1月の外人投資は12件、合計17億5000万ペソ(S$1.2億)に達した。(...続きを読む)
1995-02-06 ArtNo.408(32/518)
◆<越>バイエル、20年振りにカンバック
【ハノイ】ドイツの大手化学企業バイエルが20年振りにベトナムにカンバックし、先月ホーチミン事務所をオープンした。(...続きを読む)
1995-02-07 ArtNo.412(33/518)
◆<星>ディジタル、アジア太平洋売上急増で久々の黒字記録
【シンガポール】ASEAN及びアジア太平洋地域の売上急増でディジタル・イクウィップメントは94年12月末締め四半期に久々の黒字を報告した。(...続きを読む)
1995-02-07 ArtNo.418(34/518)
◆<馬>籾殻から金属以上に強靭な複合素材開発
【クアラルンプル】マレーシア理科大学(USM)化学部のイドリス・サレー及びイスマイル・ラーマン両研究員は籾殻から研磨材、旋盤用ビット、ベアリングの材料にもなる複合素材の製造に成功した。(...続きを読む)
1995-02-07 ArtNo.419(35/518)
◆<馬>米国薬品会社イーリ・リリー、R&D施設建設計画
【クアラルンプル】米国の薬品会社Eli Lillyはアジア太平洋地域市場の開拓に本腰を入れる計画で、中国への工場進出や域内における研究開発(R&D)施設の建設を計画している。(...続きを読む)
1995-02-08 ArtNo.432(36/518)
◆<馬>テキスケム、ウツイの全権益買収
【クアラルンプル】テキスケム・トレーディングBhd(TTB)は6日、ウツイ・コンシュマー・プラスチクスSdn Bhdの全権益をテキスケム・コーポレーションSdn Bhd(TCSB)及び他の株主から1163万2000Mドルで買収すると発表した。(...続きを読む)
1995-02-09 ArtNo.439(37/518)
◆<星>呉羽、PVC原料製造にS$4380万投資
【シンガポール】クレハ・ケミカルズ・シンガポール(KCS)は、4380万Sドルを投じてポリ塩化ビニル(PVC)樹脂の原料となる高品位アクリル製品の生産に乗り出す。(...続きを読む)
1995-02-09 ArtNo.447(38/518)
◆<馬>ホンリョン、セミコン会社MPIに全面買収提案
【クアラルンプル】ホンリョン・インダストリーズBhd(HLIB)は7日、セミコンダクターの製造や紙/プラスチック包装を手掛けるマレーシアン・パシフィック・インダストリーズBhd(MPI)の株主に公開買付を提案した。(...続きを読む)
1995-02-10 ArtNo.459(39/518)
◆<馬>L&G、プルリス社買収でPVC事業に弾み
【クアラルンプル】ランド&ジェネラルBhd(L&N)は、プルリス・コンソリデーテッドSdn Bhd(PCSB)の87%権益買収で、塩化ビニール(PVC)製造事業拡張計画に弾みがつくものと期待している。(...続きを読む)
1995-02-10 ArtNo.460(40/518)
◆<馬>リム・キム・ハイ、スイス企業と耐火ケーブル製造計画
【クアラルンプ】リム・キム・ハイ・ホールディングズ(M)Bhd(LKHH)はスイス企業Hurber Suhnerと耐火ケーブルの合弁製造交渉を進めている。(...続きを読む)
1995-02-11 ArtNo.471(41/518)
◆サムスン、チップ工場建設で<星・馬>を天秤に
【ソウル】サムスン・エレクトロニクスは2年内に10億~15億米ドルを投じてセミコンダクター工場を東南アジアに建設する計画で、候補地を物色している。(...続きを読む)
1995-02-13 ArtNo.486(42/518)
◆<星>サムスン、地域営業本部ステータス申請
【シンガポール】韓国のサムスン・グループは経済開発局(EDB)に地域営業本部(OHQ)ステータスを申請した。(...続きを読む)
1995-02-13 ArtNo.487(43/518)
◆<星>ACEダイキン、S$3億売上目指す
【シンガポール】ダイキン工業が53%出資するACEダイキンは内外の経済成長見通しが良好なことから、2000年までに3億Sドルの年商達成を目指している。(...続きを読む)
1995-02-14 ArtNo.502(44/518)
◆<星>繊維業界、今年も厳しいビジネス環境予想
【シンガポール】シンガポールの繊維業界は今年は更に大きな挑戦を受けそうだ。(...続きを読む)
1995-02-14 ArtNo.509(45/518)
◆<印尼>シナル・マスのNY証取上場計画に反応区々
【シンガポール】インドネシアのコングロマリット、シナル・マス・グループは持ち株会社アジア・パルプ・アンド・ペーパーを新設、傘下の木材/製紙事業をニューヨーク証取(NYSE)に上場させる計画だ。(...続きを読む)
1995-02-15 ArtNo.523(46/518)
◆<馬>STSテクニク、塗料容器/プラスチック包装工場計画
【クアラルンプル】近くクアラルンプル証取(KLSE)上場を予定するSTSテクニクBhdは目下インドネシアにおける塗料容器工場の建設及び近隣諸国におけるプラスチック包装処理工場の建設に関して複数の企業と合弁交渉を進めている。(...続きを読む)
1995-02-15 ArtNo.525(47/518)
◆<馬>12月の工業生産指数12%アップ
【クアラルンプル】マレーシアの昨年12月の工業生産指数は前年同月比12%上昇した。(...続きを読む)
1995-02-16 ArtNo.535(48/518)
◆<馬>政府、二酸化チタンに15%輸入税、石原産業に打撃
【シンガポール】マレーシア政府は塗料、紙、プラスチック、インク等の製造に使用される無機化学色素二酸化チタンに昨年末以来15%の輸入税を課しているが、シンガポールの唯一の二酸化チタン製造会社石原産業はシンガポール政府に救援を要請した。(...続きを読む)
1995-02-17 ArtNo.546(49/518)
◆<星>食品製造会社SFI、プライマリ・インダストリーズ買収
【シンガポール】政府系上場企業シンガポール・テクノロジーズ・インダストリアル・コーポレーション(STIC)子会社のシンガポール・フード・インダストリーズ(SFI)は、政府投資会社タマセク・ホールディングズ傘下の畜殺/競売会社プライマリー・インダストリーズ(PI)の100%権益(980万株/額面S$1)を買収した。
(...続きを読む)
1995-02-17 ArtNo.555(50/518)
◆<印尼>繊維会社アルゴー、US$2500万借款契約
【シンガポール】インドネシアの大手繊維会社アルゴー・パンテスは、アジア・ダラー市場で2500万米ドルの借款を調達、14日関係契約に調印した。(...続きを読む)
製造業一般 General Manufacturing in 1995
◄◄◄ back518件の関連記事が見つかりました( 1/11 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
右ペイン・広告スペース
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.