SEAnews 2002/cat#8-1p 内政軍事
左予備スペース
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
右予備スペース
Site Search
Delivered from Singapore
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
内政法律軍事 Political/Law/Military Affair in 2002
◄◄◄ back348件の関連記事が見つかりました( 1/7 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
元のページへ戻る ►2002-01-07 ArtNo.27895(1/348)
◆全国の港湾労働者8万人以上が22日にスト実施
【コルカタ】インド全国の港湾労働者8万人以上が、主要港湾の法人化に反対し、1月22日にストライキを実施する。(...続きを読む)
2002-01-07 ArtNo.27899(2/348)
◆2010年までにEuro III排ガス基準を全国規模で導入
【ニューデリー】政府により指名された専門委員会は、2010年までにEuro IIIに相当するBharat III排ガス基準を全国規模で導入する内容を盛り込んだ新自動車燃料政策を政府に提案した。(...続きを読む)
2002-01-07 ArtNo.27900(3/348)
◆政府、新ガソリン/ディーゼル油税検討
【ニューデリー】インド政府は総コスト5万4000クロー(US$111.86億)と見積もられる全国幹線道路開発計画(NHDP:National Highway Development Project)に充当するため、ガソリン及びディーゼル油に1リッター当たり0.3ルピーの追加税を課すことを新年度予算に盛り込む可能性を検討している。(...続きを読む)
2002-01-07 ArtNo.27901(4/348)
◆Zuari、Paradeep Phosphateの価格入札に参加決定
【ムンバイ】K.K.Birlaグループ傘下のZuari Industries Ltd(ZIL)は、Paradeep Phosphates Ltd(PPL)の74%の政府持分買収を目指し、価格入札に参加する方針を決めた。(...続きを読む)
2002-01-08 ArtNo.27906(5/348)
◆不動産開発部門への100%外国直接投資ガイドライン発表
【ニューデリー】インド政府は4日、総合的タウンシップや都市インフラの開発に際して100%の外国直接投資(FDI)を認めるガイドラインを発表した。(...続きを読む)
2002-01-08 ArtNo.27907(6/348)
◆国防産業への外国直接投資ガイドライン発表
【ニューデリー】インド政府は4日、国防産業に対する最大26%の外国直接投資(FDI)を認めるガイドラインを発表した。(...続きを読む)
2002-01-08 ArtNo.27908(7/348)
◆公共部門石油会社4社、APM廃止後もインフラを共同使用
【コルカタ】公共部門の石油マーケッティング会社4社-1)Indian Oil Corp/2)Bharat Petroleum Corp Ltd/3)Hindustan Petroleum Corp Ltd/4)IBP Co Ltd-は2003-04会計年度が終了するまでデポ/パイプライン/港湾施設等のインフラストラクチャーを共同使用する。(...続きを読む)
2002-01-10 ArtNo.27924(8/348)
◆ヒンドスタン・コパー、政府持分売却前に一大再編
【ニューデリー】鉱業省は、赤字会社Hindustan Copper Limited (HCL)の政府持分売却計画の一環として近く一大再編パッケージを経済問題閣僚委員会(CCEA: Cabinet Committee on Economic Affairs)に提出する。(...続きを読む)
2002-01-10 ArtNo.27926(9/348)
◆金融機関、鉄鋼業にUS$72.5億出資
【ニューデリー】最近催された公共・民間部門鉄鋼会社トップとの会議の席上、計画委員会(Planning Commission)のNK Singh委員は、「金融機関の鉄鋼部門に対する合計投資額は3万5000クロー(US$72.5億)にのぼる」、「鉄鋼業界の負債状況は深刻で、政府、金融機関、業界が一堂に会し、相互に受け入れられる解決策を見出す必要がある」と指摘した。(...続きを読む)
2002-01-10 ArtNo.27930(10/348)
◆自動車産業の年間売上、10年後には3倍のUS$311億に
【ニューデリー】インド自動車産業の年間売上は2012年までに現在の5万5000クロー(US$113.94億)から3倍の15万107クロー(US$310.96億)に拡大する見通しだ。(...続きを読む)
2002-01-11 ArtNo.27944(11/348)
◆印刷媒体事業に26%外資導入?
【ニューデリー】情報技術(IT)に関わる国会常設委員会は9日の会議で、印刷媒体産業に条件付きで外国直接投資を認める草案を作成する方針を決めた。(...続きを読む)
2002-01-14 ArtNo.27956(12/348)
◆重工業局、インド自動車政策に対するWTOの裁定に対策検討
【ニューデリー】インドの自動車政策が世界貿易機関(WTO)の規約に反するとの米国と欧州連合(EU)の訴えを、WTOが支持する裁定を下したことから、インド商工省重工業局は近く対応策を決定する見通しだ。(...続きを読む)
2002-01-15 ArtNo.27971(13/348)
◆IBP、政府持分売却に先立ち債務の返済完了
【ニューデリー】石油小売会社IBP Co Ltdは、政府持分の価格入札を数週間後に控えた先週土曜、全ての負債を返済し、債務ゼロを実現したと発表した。(...続きを読む)
2002-01-17 ArtNo.27984(14/348)
◆ケララ州、情報技術企業のための特別奨励パッケージ準備
【コーチ】ケララ州政府は、特別奨励パッケージをオファーし、大手情報技術(IT)企業の誘致を図る。(...続きを読む)
2002-01-17 ArtNo.27986(15/348)
◆MUL政府持分をスズキにオファーも:重工業相
【ニューデリー】近く予定されるMaruti Udyog Ltd(MUL)の株主割当を金融機関が引き受けない場合、政府割当分をスズキにオファーすることも検討する。(...続きを読む)
2002-01-17 ArtNo.27990(16/348)
◆国内港湾を利用する海運会社に対する規制を緩和
【ニューデリー】大蔵省はインド港湾に寄港する海運会社に対する一連の通関規制緩和措置を認めた。(...続きを読む)
2002-01-17 ArtNo.27996(17/348)
◆中央銀行、デフレーションに警鐘
【ニューデリー】中央銀行はその最新通貨・金融政策報告書の中で低インフレは潜在的な生産と成長を犠牲にする恐れがあるとし、経常収支の赤字縮小を目指す保守的経済政策に再検討を加える必要を指摘している。(...続きを読む)
2002-01-18 ArtNo.28008(18/348)
◆米・EU・日・加産冷間圧延ステンレス鋼板に反ダンピング税
【ニューデリー】大蔵省は商工省傘下の反ダンピング局(ADA:anti-dumping authority)の報告に基づき、米国/欧州連合(EU)/日本/カナダから輸入される冷間圧延ステンレス鋼製品に対し暫定反ダンピング税を課した。(...続きを読む)
2002-01-21 ArtNo.28013(19/348)
◆政府、インディアン・オイルの原油輸入独占に終止符
【ニューデリー】インド政府は、先週金曜、4月1日よりIndian Oil Corporation(IOC)が公共部門製油会社2社-Bharat Petroleum Corpn (BPCL)/Hindustan Petroleum Corpn (HPCL)-のために一手に原油を輸入する独占権に終止符を打つ方針を決めた。(...続きを読む)
2002-01-22 ArtNo.28028(20/348)
◆肥料会社、政府補助US$2億減額懸念
【ニューデリー】肥料会社は、第7次及び第8次価格政策(VIIth & VIIIth pricing policy)が発効した際には、政府補助が1000クロー(US$2.07億)減額されるものと懸念している。(...続きを読む)
2002-01-22 ArtNo.28035(21/348)
◆情報技術相、ハードウェアの輸入関税撤廃繰り延べ提案
【ニューデリー】Pramod Mahajan情報技術/通信相は先週初、Yashwant Sinha蔵相と会談、2003年までに自発的にコンポーネント及びハードウェアに対する関税をゼロ%に引き下げるとの世界貿易機関(WTO)に対する約束の履行を2005年まで繰り延べるよう提案した。(...続きを読む)
2002-01-22 ArtNo.28039(22/348)
◆インド商工会議所協会、外国直接投資政策の一層の緩和提案
【ニューデリー】インド商工会議所協会(Assocham:Associated Chambers of Commerce and Industry of India)は、国内総生産(GDP)の0.5%に相当する年間20億米ドルのレベルに停頓している外国直接投資(FDI)の流入を促進する上から、外資に対する規制を緩和し、その流入・流出を自由化するよう、政府に提案した。(...続きを読む)
2002-01-25 ArtNo.28044(23/348)
◆海運省、地元海運会社に重量税/法人税のオプション提供提案
【ニューデリー】海運省は地元海運会社に重量税(tonnage tax)と法人税(corporate tax)の何れかを選択するオプションを提供するよう大蔵省に提案した。(...続きを読む)
2002-02-01 ArtNo.28102(24/348)
◆中期輸出戦略、年率11.9%の成長目指す
【ニューデリー】ムラソリ・マラン商工相は1月30日、向こう5年間に年率11.9%の輸出成長を実現、世界貿易全体に占めるシェアを現在の0.67%から2006-07年までに1%に拡大することを目指す中期輸出戦略を発表した。(...続きを読む)
2002-02-01 ArtNo.28103(25/348)
◆輸出成長率11.9%では不十分:計画委員会オフィシャル
【ニューデリー】第10次5カ年計画期間に国内総生産(GDP)の8%の成長を実現するには、中期輸出戦略が掲げる11.9%の輸出成長率では不十分で、少なくとも14~15%の成長を維持する必要がある。(...続きを読む)
2002-02-01 ArtNo.28104(26/348)
◆ACMA、中期輸出戦略下に自動車部品輸出US$10億目指す
【ニューデリー】インド自動車部品製造業者協会(ACMA:Automotive Component Manufacturers' Association of India)のK Kejriwal会頭は、このほど政府により発表された向こう5年間の中期輸出戦略を歓迎、「中期戦略が効果的に実行されるなら自動車部品の輸出額は今後4年間に現在の年間6億2500万米ドルから10億米ドルに拡大する」と期待を表明した。(...続きを読む)
2002-02-01 ArtNo.28105(27/348)
◆新輸出戦略で電子ハードウェア産業成長率10%に加速
【ニューデリー】中期(2002-07)輸出戦略は電子ハードウェア産業の向こう5年間の成長率を現在の年率2.12%から約10%に加速することを目指している。(...続きを読む)
2002-02-01 ArtNo.28106(28/348)
◆電子ハードウェア部門、2010年にはUS$620億産業に
【ニューデリー】インド電子ハードウェア産業の年間売上は、2010年までに国内販売と輸出を含め、今日の12倍の620億米ドルに成長する潜在性を備えている。(...続きを読む)
2002-02-01 ArtNo.28110(29/348)
◆産業連盟、IT対応サービス振興アジェンダ提起
【ニューデリー】インド産業連盟(CII)は情報技術(IT)対応サービス(ITeS:IT-enabled Service)産業を振興するための15ポイントのアジェンダを、Pramod Mahajan情報技術相に提出した。(...続きを読む)
2002-02-01 ArtNo.28116(30/348)
◆年初9ヶ月の財政赤字、US$184.4億
【ニューデリー】今会計年度当初9ヶ月(2001/4-12)の財政赤字は、8万9014クロー(US$184.4億)と、2001-02年の目標額11万6314クローの76.5%を占めた。(...続きを読む)
2002-02-04 ArtNo.28118(31/348)
◆石油小売会社IBP民営化に内外の企業7社が応札
【ニューデリー】石油小売会社IBP Co. Ltdの33.58%の政府持分と経営権の価格入札が1月31日締め切られ、Royal Dutch Shell、Kuwait Petroleum Corporation、Reliance Industries (RIL)、Reliance Petroleum (RPL)、Indian Oil、Bharat Petroleum Corporation、Hindustan Petroleum Corporation等が応札した。(...続きを読む)
2002-02-04 ArtNo.28119(32/348)
◆タタ/リライアンス、VSNLの政府持分入札に応札
【ムンバイ】国際電話会社Videsh Sanchar Nigam (VSNL)の25%の政府持分入札には、結局TataグループとRelianceグループの2社のみが応札した。(...続きを読む)
2002-02-05 ArtNo.28132(33/348)
◆IOC/ONGC/GAILの政府持分売却検討
【ニューデリー】政府持分処分省(Disinvestment Ministry)は国営エネルギー会社3社-Indian Oil Corporation (IOC)/Oil and Natural Gas Corporation(ONGC)/Gas Authority of India Ltd (GAIL)-の政府持分売却を検討しており、間もなく政府持分処分閣僚委員会(CCD:Cabinet Committee on Disinvestment)に関係提案を提出するものと見られる。(...続きを読む)
2002-02-05 ArtNo.28134(34/348)
◆ヒンドスタン有機化学の政府持分に6社が入札意向書提出
【ムンバイ】Hindustan Organic Chemicals Ltd (HOCL)の32.61%の政府持分に対して化学/肥料会社6社が入札意向書(EOI:expressions of interest)を提出した。(...続きを読む)
2002-02-05 ArtNo.28137(35/348)
◆インド繊維輸出、中国に後れ:中期輸出戦略
【ニューデリー】インドは中期輸出戦略の下、向こう5年間に繊維製品輸出の年率7.2%の成長を実現、2007年までに年間183億米ドルの輸出達成を目指しているものの、これまで中国や東南アジア、南アジア諸国に後れをとって来たインドが、世界市場におけるシェアを維持し、拡大するには、思い切った施策を講じる必要がある。(...続きを読む)
2002-02-05 ArtNo.28138(36/348)
◆外国貿易総監、新TRQシステム概要発表
【ニューデリー】外国貿易総監(DGFT:Director General of Foreign Trade)は先月22日、State Trading Corporation (STC)、Metals and Minerals Trading Corporation (MMTC)、National Agricultural Cooperative Marketing Federaton of India (NAFED)、National Dairy Development Board (NDDB)のような公共部門ダイナソースにのみ割当が適応されるTRQ(tariff rate quotas)アロケーション手続きの概要を発表した。(...続きを読む)
2002-02-05 ArtNo.28140(37/348)
◆政府、今月7日以降にスズキとMUL持分売却交渉開始
【ニューデリー】インド政府は国際電話会社Videsh Sanchar Nigamと石油小売会社IBP Coの戦略パートナー選考が完了した後、今月7日以降にスズキと、Maruti Udyog Ltd(MUL)の持分売却交渉を開始する。(...続きを読む)
2002-02-05 ArtNo.28141(38/348)
◆MULの政府持分売却、反民営化訴訟で一層遅延も
【ニューデリー】民営化計画に対する一連の法廷訴訟が起こされる中で、Maruti Udyog Ltd(MUL)の政府持分売却計画が最大の影響を受け、売却プロセスの一層の遅延が生じるものと懸念されている。(...続きを読む)
2002-02-07 ArtNo.28147(39/348)
◆タタ、国際電話会社VSNLの権益落札
【ニューデリー】Tataグループ傘下のPanatoneは、国際電話会社Videsh Sanchar Nigam Ltd (VSNL)の25%の権益を、1株202ルピー、総額1439.25クロー(US$2.98億)で落札した。(...続きを読む)
2002-02-07 ArtNo.28148(40/348)
◆国営石油会社IOC、石油小売会社IBPの政府持分買収
【ニューデリー】政府持分処分閣僚委員会(CCD:Cabinet Committee on Disinvestment)は5日、石油小売会社IBP Co. Ltdの33.58%の政府持分をIndian Oil Corporation (IOC)に1株1551ルピー、合計1153.68クロー(US$2.39億)で売却することを認めた。(...続きを読む)
2002-02-07 ArtNo.28149(41/348)
◆閣僚委員会、観光開発公社傘下ホテルの売却を承認
【ニューデリー】政府持分処分閣僚委員会(CCD:Cabinet Committee on Disinvestment)は5日、Indian Tourism Development Corporation (ITDC)傘下の複数のホテルとHotel Corporation of India (HCI)の1不動産を、合計約207クロー(US$4288万)で売却することを認めた。(...続きを読む)
2002-02-08 ArtNo.28171(42/348)
◆GE/Essar/ビデオコン、国営海運会社買収のパートナー物色
【ムンバイ】地元海運会社Great Eastern Shipping Company(GESC)とEssar Shipping Ltd(ESL)の他、地元消費者用電子製品会社Videocon International Ltd(VIL)も、Shipping Corporation of India(SCI)の政府持分買収を目指し、外国海運会社と提携交渉を進めている。(...続きを読む)
2002-02-08 ArtNo.28172(43/348)
◆E&Y、貿易会社STCの政府持分売却スケジュール立案
【ニューデリー】インド政府は2002-03年半ばまでにState Trading Corporation(STC)の91%のシェアを売却する計画で、国際顧問Ernst & Youngに30週間以内に売却スケジュールを立案するよう指示した。(...続きを読む)
2002-02-08 ArtNo.28174(44/348)
◆石油会社2社の民営化入札から公共企業を閉め出し
【ニューデリー】インド政府は次期会計年度にHindustan Petroleum Corporation Ltd (HPCL)とBharat Petroleum Corporation Ltd (BPCL)の政府持分を売却するが、関係入札には民間部門の応札のみを認め、公共企業を閉め出す方針を決めた。(...続きを読む)
2002-02-08 ArtNo.28176(45/348)
◆政府、新薬品政策承認
【ニューデリー】インド政府は5日、高品質な薬品の確保や価格統制の緩和、製薬産業奨励措置の枠組みの制定を目指す『2002年薬品政策(Pharmaceutical Policy, 2002)』を閣議承認した。(...続きを読む)
2002-02-11 ArtNo.28189(46/348)
◆パラディープ・フォスフェーツの政府持分入札募集
【ムンバイ】インド政府は、オリッサ州のParadip Phosphates Ltd(PPL)の74%の持分売却を目指し、価格入札を募集する。(...続きを読む)
2002-02-14 ArtNo.28201(47/348)
◆全国薬品価格局、薬品価格統制令の立案作業に着手
【ムンバイ】薬品会社が新価格基準下の損益開示に消極的姿勢を見せているにも関わらず、全国薬品価格局(NPPA:National Pharmaceutical Pricing Authority)は、政府の新規則に基づき“薬品価格統制令(DPCO:drug price control order)”の立案作業に着手した。(...続きを読む)
2002-02-14 ArtNo.28202(48/348)
◆中小企業のCash Cowにも価格統制:新薬品政策
【ムンバイ】新“薬品価格統制令(DPCO:drugs prices control order)”の適応リストに含まれることになった約12種類の薬品は、中小薬品会社の“cash cow(収入源)”を務めており、これらの企業は新政策の影響を被りそうだ。(...続きを読む)
2002-02-14 ArtNo.28204(49/348)
◆石油相、IBP政府持分入札馴れ合い説否定
【ニューデリー】Ram Naik石油天然ガス相は9日、石油小売会社IBPの政府持分を国営石油会社Indian Oil Corporation (IOC)が落札した背後に、石油省とIOCの馴れ合いが存在するとの説を強く打ち消した。(...続きを読む)
2002-02-15 ArtNo.28209(50/348)
◆今年3月末までにIPCL/NFL/MUL/Jessop/PPL等の政府持分売却
【ムンバイ】インド政府は今会計年度内に少なくともさらに公共企業(PSU:public sector undertakings)5社--1)Indian Petrochemicals Corporation Ltd(IPCL)/2)National Fertiliser Ltd(NFL)/3)Maruti Udyog Ltd(MUL)/4)Jessop and Co Ltd(Jessop)/5)Paradeep Phosphates Ltd(PPL)--の政府持分を売却する計画だ。(...続きを読む)
内政法律軍事 Political/Law/Military Affair in 2002
◄◄◄ back348件の関連記事が見つかりました( 1/7 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
右ペイン・広告スペース
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.