SEAnews 2006/cat#28-1p 人物/人事
左予備スペース
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
右予備スペース
Site Search
Delivered from Singapore
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
人物/人事 Personnal Affairs in 2006
◄◄◄ back83件の関連記事が見つかりました( 1/2 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
元のページへ戻る ►2006-01-11 ArtNo.36982(1/83)
◆SemIndia、南部に照準合わせファブ建設地物色
【インドール】海外在住インド人のコンソーシアム、SemIndiaは、インド南部に照準を合わせ30億米ドル半導体チップ製造施設の建設地を物色している。(...続きを読む)
2006-01-16 ArtNo.37008(2/83)
◆シン首相の訪日決まり包括的経済提携協定交渉に拍車?
【ニューデリー】Manmohan Singh首相が今年内に東京を訪問することが決まったことから、両国間の包括的経済提携協定(CEPA:Comprehensive Economic Partnership Agreement)交渉に拍車がかかるものと予想されている。(...続きを読む)
2006-01-20 ArtNo.37052(3/83)
◆カルナタカ州政治危機、会議派連立政権に9日間の猶予
【ニューデリー】カルナタカ州のTN Chaturvedi知事は、Dharam Singh首席大臣に1月27日までに国民会議派/世俗主義人民党(JDS:Janata Dal Secular)連立政権の州議会における過半数支配を立証するよう指示、9日間の延命の機会を与えた。(...続きを読む)
2006-01-23 ArtNo.37067(4/83)
◆ソニア女史、州政治危機打開目指しゴウダ元首相と会談へ
【バンガロール】カルナタカ州における国民会議派/世俗主義人民党(JDS:Janata Dal Secular)連立政権の崩壊阻止を目指す最後の試みとして国民会議派のSonia Gandhi総裁は来る25日にニューデリーでH.D. Deve Gowda元首相と会談する。(...続きを読む)
2006-01-25 ArtNo.37068(5/83)
◆首相、UPA政権の経済アジェンダ発表
【ハイデラバード】Manmohan Singh首相は23日、農業振興、インフラ部門を重点にした投資戦略、就業機会の創出を梃子に7~8%の持続的成長を目指す統一進歩連合(UPA:United Progressive Alliance)政府の経済アジェンダを発表した。(...続きを読む)
2006-01-27 ArtNo.37096(6/83)
◆ゴウダ/ソニア会談、結論得られず
【ニューデリー】世俗主義人民党(JDS:Janata Dal Secular)のH.D. Deve Gowda総裁(元首相)は24日夕刻、Sonia Gandhi国民会議派総裁のニューデリーの私邸を訪れ、カルナタカ州政局の打開策を協議したが、結論は得られなかった。(...続きを読む)
2006-01-27 ArtNo.37097(7/83)
◆会議派、ゴウダ元首相に下駄預ける
【ニューデリー】消息筋によれば、国民会議派は24日の会議の席上、H.D. Deve Gowda元首相の条件を全て受け入れた。
このことはゴウダ氏を驚かせただけでなく、同氏を抜き差しならない苦境に陥らせたもようだ。(...続きを読む)
2006-01-27 ArtNo.37098(8/83)
◆カルナタカ首席大臣、続投望み薄に
【バンガロール】カルナタカ州のN Dharam Singh首席大臣は今日(1/27)州議会に信任を求めるが、国民会議派と世俗主義人民党(JDS:Janata Dal Secular)の連立政権が維持されるのは望みはほとんど断たれたようだ。(...続きを読む)
2006-02-01 ArtNo.37112(9/83)
◆Kumaraswamy氏、新首席大臣の座目前にジレンマ
【マイソール】カルナタカ州の新首席大臣のポストを目の前にしてH D Kumaraswamy氏は依然ジレンマに陥っているようだ。(...続きを読む)
2006-02-06 ArtNo.37142(10/83)
◆Kumaraswamy氏、カルナタカ州新首席大臣に就任
【バンガロール】世俗主義人民党(JDS:Janata Dal Secular)分派リーダーのH D Kumaraswamy氏とインド人民党(BJP)を代表するB S Yediyurapppa氏は3日、カルナタカ州の正副首席大臣に就任する宣誓を行った。(...続きを読む)
2006-02-08 ArtNo.37146(11/83)
◆ガス取引巡りAmbani兄弟の紛争再燃
【ムンバイ】Reliance Industries Ltd(RIL)とReliance Natural Resources Ltd(RNRL)のガス取引を巡り、Mukesh Ambani/Anil Ambani兄弟の紛争が再燃した。(...続きを読む)
2006-02-10 ArtNo.37159(12/83)
◆Reliance、企業4社の管理権をAnil氏に移転
【ムンバイ】Mukesh Ambani氏に率いられるReliance Industries Ltd (RIL)は7日、同グループから分離した4企業、Reliance Natural Resources Ltd/Reliance Communication Ventures Ltd/Reliance Energy Ventures Ltd/Reliance Capital Ventures Ltd の管理権をMukesh氏の弟Anil氏傘下のAnil Dhirubhai Ambani Group(ADAG)に譲り渡した(SEAnews:2006-02-08号参照)。(...続きを読む)
2006-02-10 ArtNo.37160(13/83)
◆Anil氏、4社の上場を3月10日までに完了
【ムンバイ】Anil Ambani氏は、兄のMukesh Ambani氏からオーナーシップと管理権を譲り受けたReliance Natural Resources Ltd (RNRL)/Reliance Communication Ventures Ltd(Reliance Com)/Reliance Energy Ventures Ltd (REVL)/Reliance Capital Ventures Ltd (RCVL)4社の上場を3月10日までに実現する見通しだ。(...続きを読む)
2006-02-20 ArtNo.37233(14/83)
◆ゴウダ元首相、首席大臣と州議会議員の党籍停止
【ニューデリー】H D Deve Gowda元首相は18日、世俗主義人民党(JDS:Janata Dal Secular)総裁辞任の方針を撤回するとともに、インド人民党(BJP)と手を結びカルナタカ州に連立政権を樹立した子息のH D Kumaraswamy首席大臣を初めとする40人の州議会議員全員の党籍を停止(suspend)すると発表した。(...続きを読む)
2006-02-22 ArtNo.37234(15/83)
◆ブッシュ大統領のインド訪問で協力関係拡大
【ニューデリー】George Bush米国大統領の初のインド公式訪問により、農業及び知的産業領域における両国のより幅広い協力関係が醸成されるものと期待されている。(...続きを読む)
2006-02-22 ArtNo.37235(16/83)
◆シン首相、仏大統領とミタルのアセロー買収劇協議
【ニューデリー】世界最大の鉄鋼グループを率いる海外在住インド人、L.N. Mittal氏による世界第2の鉄鋼メーカー、Arcelorの買収劇を巡り、インドのManmohan Singh首相とインドを公式訪問したフランスのJacques Chirac大統領が20日意見を交換した。(...続きを読む)
2006-02-24 ArtNo.37253(17/83)
◆Ratan Jindal氏、Jindal Stainless海外事業を陣頭指揮
【ムンバイ】Jindal Stainless Ltd(JSL)のRatan Jindal副会長兼MDは、ドゥバイとロンドンに設けられる子会社のトップに就任、海外市場開拓の陣頭指揮をとる。(...続きを読む)
2006-02-27 ArtNo.37275(18/83)
◆中央政府、化学ハブ政策立案目指し専門チーム組織
【コルカタ】中央政府は総理府次官を長とする専門チーム(task force)を組織、国内の複数の地に化学ハブを設けるための政策立案に乗り出した。(...続きを読む)
2006-03-01 ArtNo.37279(19/83)
◆蔵相、成長指向の予算案を国会に上程
【ニューデリー】P Chidambaram蔵相は2月28日、国内総生産(GDP)の名目12%、実質8%(平均4%のインフレを織り込み済み)の成長と、19.5%税収増実現に全力を傾注する新年度予算案を国会に上程した。(...続きを読む)
2006-03-03 ArtNo.37294(20/83)
◆印・米原子力協力協定調印、軍事施設を査察の対象外に
【ニューデリー】インドのManmohan Singh首相と米国のGeorge Bush大統領は2日、原子力の非軍事的利用に関する協力協定に調印、両国の歴史に新たな1ページを開いた。(...続きを読む)
2006-03-08 ArtNo.37335(21/83)
◆Anil氏、テレコム子会社の74%権益を外資にオファー
【ムンバイ】Anil Ambani氏は、テレコム事業を手掛けるグループ企業、Reliance Communication Ventures Limited (RCoVL)の最大74%のシェアを外国投資家にオファーする考えだ。(...続きを読む)
2006-03-08 ArtNo.37337(22/83)
◆マイクロソフト/シスコ、リライアンスコムに支援約束
【ムンバイ】世界の指導的情報技術(IT)会社2社、MicrosoftとCisco systemsは、Anil Ambani氏に率いられるReliance Communications Ventures Ltd (RCoVL)が世界水準のテレコム・インフラを構築するのを全面的に支援する。(...続きを読む)
2006-03-10 ArtNo.37349(23/83)
◆Temasek/Sivasankaran氏、Tata Teleservices権益買収
【ムンバイ】TataグループはCDMA(code division multiple access)サービス会社Tata Teleservices Ltd (TTSL)の9.9%の権益をシンガポール政府投資会社Temasek Holdings Pte Ltdに、別に8%をタミールナド州Chennai拠点の実業家C Sivasankaran氏に、それぞれ売却した。(...続きを読む)
2006-03-13 ArtNo.37366(24/83)
◆ホットメイルのBhatia氏、KPIT CumminsとR&D提携
【ムンバイ】ホットメイルの発案で著名なSabeer Bhatia氏は、マハラシュトラ州Pune拠点のKPIT Cummins Infosystems Ltdと、次世代インターネット関連製品の開発を目指し長期提携する。(...続きを読む)
2006-03-20 ArtNo.37400(25/83)
◆ロシアとの核協力拡大
【ニューデリー】炭化水素燃料の不足を補うため、インド政府はイランとのガス・パイプライン計画の他、ロシアとの民生用核協力の拡大を図っている。(...続きを読む)
2006-03-27 ArtNo.37429(26/83)
◆ソニア女史、国会議員と全国諮問委員会議長辞職
【ニューデリー】国民会議派のSonia Gandhi総裁は23日、『議員の公職兼務(LHOP:legislators holding office of profit)』問題に絡んで国会下院議員と全国諮問委員会(National Advisory Council)議長を辞職した。(...続きを読む)
2006-04-05 ArtNo.37489(27/83)
◆日本代表団、自動車/地下鉄/建設/電力等の領域に関心
【ニューデリー】このほどインドを訪れた日本のビジネス代表団は、既に強力なプレゼンスを有する自動車部門の他、地下鉄、建設、電力、繊維機械、食品加工等の領域への投資に強い関心を表明した。(...続きを読む)
2006-04-12 ArtNo.37541(28/83)
◆IT国内市場規模US$43億:Nasscom
【ニューデリー】インド企業の情報技術(IT)導入は急速に拡大しており、IT国内市場規模は2004-05年の35億米ドルから2005-06年には43億米ドル(予測値)に拡大したものと見られる。
しかしその一方でコンピューターの普及率は依然として極めて低い。(...続きを読む)
2006-05-10 ArtNo.37683(29/83)
◆ソニア女史、自由貿易協定の見直し要求
【ニューデリー】Manmohan Singh首相は、統一進歩連合(UPA:United Progressive Alliance)と国民会議派の総裁を兼務するSonia Gandhi女史に対して、自由貿易協定(FTA:free trade agreements)に関わる案件は、関係方面全ての地政経済学的利害を配慮して慎重に検討することを約束した。(...続きを読む)
2006-05-10 ArtNo.37684(30/83)
◆自由貿易協定巡り政府内に亀裂
【ニューデリー】中国等との自由貿易協定(FTA)締結を巡り、インド政府内に深刻な対立が生じている。
Manmohan Singh首相は地域協力拡大路線を維持する姿勢を変えていないが、一部の閣僚は、国民会議派議長を務めるSonia Gandhi女史の立場、取り分け農業問題に関する立場を支持している。(...続きを読む)
2006-05-10 ArtNo.37696(31/83)
◆シチズン、クリケット選手とブランド大使契約
【ニューデリー】シチズン時計株式会社は8日、クリケット・プレーヤーRahul Dravid氏とブランド大使契約を結ぶとともに、向こう2年間に300万~400万米ドルを投じ、インドにおけるビジネスを拡張する方針を明らかにした。(...続きを読む)
2006-05-15 ArtNo.37711(32/83)
◆タミールナド州にドラビダ進歩同盟政権誕生
【チェンナイ】ドラビダ進歩同盟(DMK:Dravida Munnetra Kazhagam)のM Karunanidhi総裁が12日、タミールナド州の新首席大臣に就任した。(...続きを読む)
2006-05-15 ArtNo.37712(33/83)
◆左派戦線、西ベンガル州議会席巻?:選挙予測
【ニューデリー】Hindu-CNN-IBN選挙予報によれば、左派戦線(Left Front)は西ベンガル州議会選挙に大差で連続7度目の勝利を収めるものと予想される。
(...続きを読む)
2006-05-19 ArtNo.37741(34/83)
◆ソニア女史、補欠選挙に大勝し国会復帰
【ニューデリー】いわゆる『議員の公職兼務(LHOP:legislators holding office of profit)』問題で国会下院議員を辞職した国民会議派のSonia Gandhi総裁は、このほど催されたウッタルプラデシュ州Rae Bareliの補欠選挙で、対立候補に40万票以上の大差をつけて当選、国会下院に復帰した。(...続きを読む)
2006-05-19 ArtNo.37742(35/83)
◆ソニア女史、後進階級割当問題で作業部会招集
【ニューデリー】国民会議派のSonia Gandhi総裁は、いわゆる『その他の後進階級(OBC:Other Backward Classes)』のために高等教育機関の入学枠を設ける問題を討議するため5月20日に国民会議派作業部会(CWC:Congress Working Committee)を開催するよう指示した。(...続きを読む)
2006-06-14 ArtNo.37879(36/83)
◆延期はAmbani氏の都合、ソニア女史とは無関係:首席大臣
【チェンディガル】ハリヤナ州のBhupinder Singh Hooda首席大臣は12日記者会見し、この日催されるはずだったReliance Industries Ltd(RIL)のメガ特別経済区(SEZ)計画覚書調印式が6月19日に延期されたことを明らかにするとともに、「延期はMukesh Ambani RIL会長の都合によるもので、Sonia Gandhi国民会議派全国委員会(AICC:All India Congress Committee)議長とは無関係」と釈明した。(...続きを読む)
2006-06-14 ArtNo.37890(37/83)
◆Infosys、Murthy会長に代わるグループ最高経営者物色
【バンガロール】インドのトップ・ソフトウェア会社Infosys Technologiesは、1ヶ月以内にN R Narayana Murthy会長に代わってグループを率いる新最高経営者(chief mentor)を選考する。(...続きを読む)
2006-06-19 ArtNo.37907(38/83)
◆今年末までにインド・日本経済協力協定に調印:商工相
【東京】インドと日本は、向こう3年間に二国間貿易総額を現在の2倍の100億米ドルに拡大することを目指し、今年末までに包括的経済協力協定(CECA:comprehensive economic cooperation agreement)を締結する計画だ。(...続きを読む)
2006-06-19 ArtNo.37908(39/83)
◆鉄道/アウトソーシング/テレコム領域の日印提携に期待
【東京】インドはMumbai-Delhi間とDelhi-Kolkata間の鉄道貨物コリドー計画及びデリーの地下鉄建設計画への日本の支援を歓迎する。(...続きを読む)
2006-06-19 ArtNo.37909(40/83)
◆産業クラスター設け日本中小企業誘致:商工相
【東京】インド政府は日本投資の持続的流入を確保する狙いから日本式産業クラスターを設ける計画に取り組んでおり、三井物産に『Japanese City』の開発を委ねた。(...続きを読む)
2006-06-19 ArtNo.37910(41/83)
◆日本/シンガポール共同でSEZ開発も:安倍官房長官
【東京】「日本とシンガポールは共同でインドに特別経済区(SEZ)を開発できる。
」インド産業連盟(CII:Confederation of Indian Industry)のR. Seshasayee会頭が15日、安倍晋三官房長官と会談した際、日本サイドから以上の提案がなされた。(...続きを読む)
2006-06-19 ArtNo.37919(42/83)
◆Swaraj Mazda取締役会人事巡り住友商事とPTLが対立
【ニューデリー】軽商用車メーカー、Swaraj Mazda Ltd(SML)の経営を巡りPunjab Tractors Ltd(PTL)と住友商事が対決する構図が生じている。(...続きを読む)
2006-06-26 ArtNo.37953(43/83)
◆近い将来東北地区全体をSEZに指定:首相
【ニューデリー】インド政府は、東北地区の豊富な自然資源を開発し、東南アジア市場に輸出するルック・イースト政策の一環として、近い将来東北地区全体を特別経済区(SEZ)に指定する計画だ。(...続きを読む)
2006-06-28 ArtNo.37978(44/83)
◆SEZ発電事業事業巡りAmbani兄弟の紛争再燃
【ニューデリー】Mukesh Ambani氏に率いられるReliance Industries(RIL)は、Haryana SEZ内に2000MW(メガワット)のキャプティブ発電施設を設けることを計画しているが、同発電所で生産された電力は、決してキャプティブ用途にのみ使用される訳ではなく、最終的にSEZ内の他の企業に商業ベースで販売されるものと見られ、弟のAnil Ambani氏に率いられるReliance-ADAG Groupとの間で結んだ契約の非競争条項に違反することになる。(...続きを読む)
2006-06-30 ArtNo.37989(45/83)
◆Royal Enfield、マネージメント・バイ・アウト協議
【ニューデリー】インドの地元二輪車メーカーの中で唯一350cc以上のバイクの製造を手掛けているRoyal Enfield Ltd(REL)の経営陣は、親会社のEicher Motors Ltd(EML)と戦略的持ち分の買い取り交渉を進めている。(...続きを読む)
2006-07-07 ArtNo.38027(46/83)
◆Mittal、オリッサ州に1200万トン鉄鋼プラント建設計画
【ブーバネスワル】最近欧州の鉄鋼会社Arcelorを買収、紙上を賑わしたMittal Steel Corporation(MSC)のLakshmi Niwas Mittal会長は7日、オリッサ州に最大4万クロー(US$87.16億)を投じ年産1200万トンの鉄鋼プラントを設ける計画を明らかにした。(...続きを読む)
2006-07-07 ArtNo.38028(47/83)
◆L N Mittal氏、ジャールカンドからオリッサに重心シフト?
【ブーバネスワル】先月、ライバルのArcelorの買収にこぎ着けたMittal Steel Corporation(MSC)のL N Mittal氏は7日にオリッサ州のNaveen Patnaik首席大臣と会談する。(...続きを読む)
2006-07-10 ArtNo.38042(48/83)
◆Ratan Tata氏、投資誘致団率い訪日
【ニューデリー】Ratan Tata氏を団長とする投資委員会(Investment Commission)の3人のメンバーから成る代表団が7月13-14日に日本を訪問、投資誘致活動を展開する。(...続きを読む)
2006-07-10 ArtNo.38049(49/83)
◆JUKI、表面実装ソフトのアウトソーシング計画
【バンガロール】工業用ミシン世界市場の33%のシェアを握るJUKI株式会社は、ミシン用表面実装(SMT:Surface Mount Technology)システムを開発する際に必要なソフトウェアをインドで調達することを計画している。(...続きを読む)
2006-07-10 ArtNo.38056(50/83)
◆アンバニ兄弟、コンテナ・ターミナル事業に共に入札
【ムンバイ】Ambani一族のMukesh氏に率いられるReliance Logistics Ltd(RLL)と弟のAnil氏に率いられるReliance Energy Ltd(REL)は、Jawaharlal Nehru Port Trust(JNPT)に、見積もりコスト5000クロー(US$10.9億)の第4コンテナ・ターミナル・プロジェクトの入札意向書(EOI:expression of interest)を提出した。(...続きを読む)
人物/人事 Personnal Affairs in 2006
◄◄◄ back83件の関連記事が見つかりました( 1/2 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
右ペイン・広告スペース
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.