SEAnews 2004/cat#29-1p 解説/論評
左予備スペース
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
右予備スペース
Site Search
Delivered from Singapore
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
解説/論評 Interpretation/Commentary in 2004
◄◄◄ back102件の関連記事が見つかりました( 1/3 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
元のページへ戻る ►2004-01-07 ArtNo.32586(1/102)
◆第3/第4四半期には8.4%以上のGDP成長も可能:蔵相
【ニューデリー】第2四半期(2003/7-9)の国内総生産(GDP)成長率が8.4%をマークしたのに励まされ、Jaswant Singh蔵相は3日、国営放送Doordarshanのインタビューに対して「第3、第4四半期には一層良好な成長も可能」と楽観的見通しを示すとともに、「証券市場に対する規制強化に関わらずボンベイ証取(BSE)のセンシチブ指数(SENSEX)が2日の商いで6000ポイントを突破したことからも、国内経済の健全さと強靱さが窺える」と語った。(...続きを読む)
2004-01-14 ArtNo.32641(2/102)
◆耐久消費財、値下がり、競争過熱
【ニューデリー】ルピーの対米ドル相場が持続的に強化する中で、関税が20%ほど下降することから輸入耐久消費財の競争力は明らかに強化する。
しかし有効保護関税率が40%と依然として高水準なことから輸入品が氾濫するような事態は考えられない。(...続きを読む)
2004-01-16 ArtNo.32656(3/102)
◆ITハードウェア産業成長率、来年は30%マーク:Nasscom
【ハイデラバード】国内情報技術(IT)ハードウェア産業は、最近蔵相が発表した税減免措置の恩恵を享受し、次期会計年度に30%の成長を遂げるものと予想される。(...続きを読む)
2004-01-21 ArtNo.32677(4/102)
◆インド鉄鋼産業、14年内に6800万トン製造能力追加
【ムンバイ】インド鉄鋼産業は、向こう14年間に既存の年産能力3200万トン弱に、6800万トンのキャパシティーを追加することになる。(...続きを読む)
2004-01-30 ArtNo.32721(5/102)
◆2003-04年GDP成長率8.13%:NCAER
【ニューデリー】農業部門の二桁成長に牽引され2003-04年の国内総生産(GDP)成長率は8.13%に達するものの、政府支出の拡大とインフレの高進から財政赤字はGDPの6.1%に達する見通しだ。(...続きを読む)
2004-01-30 ArtNo.32722(6/102)
◆今年の輸出目標達成は困難:NCAER
【ニューデリー】今年(2003-04)の輸出成長率は、ルピー相場の上昇に祟られ、目標とする12%を実現できないものと見られる。(...続きを読む)
2004-02-06 ArtNo.32752(7/102)
◆S&P、インドの信用格付けアップ示唆
【ムンバイ】国際信用格付会社Standard & Poor(S&P)は、インド政府がこのほど国会に上程した暫定予算案に触れ、「政府が経済改革を続けるならインドの信用格付けは改善するだろう」とコメントした。(...続きを読む)
2004-02-06 ArtNo.32753(8/102)
◆鉄鋼価格、04-05年にはさらに20%アップ:Tisco
【ムンバイ】Tata Iron and Steel Company Ltd (Tisco)幹部は3日、2004-05年には鉄鋼価格がさらに20%上昇すると予想した。(...続きを読む)
2004-02-06 ArtNo.32763(9/102)
◆今年のソフトウェア輸出成長率28%:Nasscom
【ムンバイ】米国市場の成長鈍化に関わらずインドの2003-04年通年のソフトウェア及び関連サービス輸出は120億米ドルをマーク、昨年の95億米ドルに比べ28%の成長を見るものと予想される。(...続きを読む)
2004-02-09 ArtNo.32766(10/102)
◆フィール・グード・ファクターに関わらず外国投資顕著に下降
【ニューデリー】国内経済全般のフィール・グード・ファクター(feel-good factor)とは、裏腹に2003年10月までに実際に流入した外国直接投資(FDI)額は顕著な落ち込みを見た。(...続きを読む)
2004-02-13 ArtNo.32796(11/102)
◆今年のGDP成長率8.1%:中央統計局
【ニューデリー】インドの今年(2003-04)の国内経済は、農業生産の力強い復調と工業/サービス両部門の引き続く好調に支えられ8.1%の成長が見込まれる。(...続きを読む)
2004-02-13 ArtNo.32798(12/102)
◆昨年のソフトウェア/サービス成長率21%に鈍化
【ニューデリー】ソフトウェア及び関連サービスの2002-03年度売上げは121億6000万米ドルと、前年の100億9000万米ドルに比べ20.59%増加した。(...続きを読む)
2004-02-13 ArtNo.32803(13/102)
◆昨年の乗用車輸出、10万の大台突破
【ムンバイ】カレンダー・イヤー、2003年の乗用車輸出は11万台と、前年の6万4516台を65%以上上回った。(...続きを読む)
2004-02-16 ArtNo.32819(14/102)
◆耐久消費財メーカー、市場成長の地域的不均衡に直面
【ニューデリー】家電/耐久消費財産業は、国内4地域の不均衡な成長に直面、地域性問題の克服を迫られている。(...続きを読む)
2004-02-16 ArtNo.32822(15/102)
◆IT産業規模、2009年までにUS$620億に
【ニューデリー】インドの情報技術(IT)及びIT対応サービス(ITES)産業の売上げ(国内販売/輸出を含む)は、2003年の120億米ドルから2009年までに620億米ドルに拡大する見通しだ。
ちなみに世界売上げは同期間に1兆3220億米ドルから2兆4970億に増大するものと予想されている。(...続きを読む)
2004-02-16 ArtNo.32824(16/102)
◆高いポリマー輸入関税がプラスチック産業の成長を阻害:CII
【アーマダバード】プラスチック・ポリマーに対する高率な輸入関税が撤廃されるなら、国内プラスチック産業は、より高い成長が望め、輸出成長率も20%に達するものと見られる。(...続きを読む)
2004-02-20 ArtNo.32843(17/102)
◆PVC需要、年率10%成長:信用格付会社
【アーマダバード】ポリ塩化ビニール(PVC)の供給過剰に関わらず、インドは大規模な石油化学コンプレックスを建設する時機を迎えている。(...続きを読む)
2004-02-20 ArtNo.32845(18/102)
◆IT産業、2003年GDPに3%貢献
【ニューデリー】インド情報技術(IT)産業は2003年に前年比21%増の164億米ドルの総売上げをマーク、国内総生産(GDP)の3%を占めた。(...続きを読む)
2004-02-25 ArtNo.32882(19/102)
◆IT就業機会44%拡大:Nasscom
【ニューデリー】情報技術(IT)産業は2003-04年を通じて成長基調を維持、今会計年度末までに同部門の就業機会は昨年の17万1000人から24万5000人に44%(7.5万人)拡大する見通しだ。(...続きを読む)
2004-02-27 ArtNo.32890(20/102)
◆小規模都市の可処分所得は大都市以上:ICICI Bank
【ニューデリー】インドでは小規模都市の消費性向が、小売産業にとって、大都市以上に魅力を備えていることが、ICICI Bankの最近の調査で明らかになった。(...続きを読む)
2004-02-27 ArtNo.32891(21/102)
◆ITスタッフの半ばが2年内に転職検討
【ニューデリー】情報技術(IT)スタッフの半ばが、2年内に離職することを検討しており、また調査回答者の45%が20%増しの報酬がオファーされるなら転職を考えると述べている。(...続きを読む)
2004-03-01 ArtNo.32901(22/102)
◆ソフトウェア人材、2008年には供給過剰に
【ニューデリー】ソフトウェア・サービス専門家の供給は2008年には116万8000人に達し、これに対して需要は112万人にとどまるため、4万8000人ほど供給過剰になるものと見られる。(...続きを読む)
2004-03-01 ArtNo.32902(23/102)
◆アウトソーシング・ブームに乗りIT就業機会23%成長
【バンガロール】ブームを呼ぶ情報技術(IT)部門の就業機会は、国際的なアウトソーシングの潮流に乗り、2003-04年を通じて23%成長する見通しだ。(...続きを読む)
2004-03-01 ArtNo.32903(24/102)
◆インド・ソフトウェア製品売上げ世界市場シェア0.2%
【ニューデリー】インドの2002-03年のソフトウェア製品売上げは1000クロー(US$2.2億)をマークしたが、世界のソフトウェア製品売上げ全体に占めるシェアは0.2%にとどまった。(...続きを読む)
2004-03-03 ArtNo.32919(25/102)
◆鉄鋼業界、新措置の効果に疑問
【ムンバイ】鉄鋼業界は、政府が鉄鋼ユーザーに迎合し、輸入関税および消費税率を引き下げ、輸出を奨励する関税優待パス・ブック(DEPB:Duty Entitlement Pass Book)や税払い戻し(duty drawback)スキームを停止したことは、鉄鋼産業を継子扱いするものであると反発、一連の措置の効果にも疑問を呈している。(...続きを読む)
2004-03-03 ArtNo.32925(26/102)
◆サマー・シーズンに向けシロモノ市場の競争白熱
【ムンバイ】今年の夏はWhirlpool、Samsung、LG、Videocon等のメジャーにElectrolux、Haier、Onida、Kenstar等が攻勢をかけ、シロモノ市場の競争白熱化が予想される。(...続きを読む)
2004-03-05 ArtNo.32941(27/102)
◆今夏のエアコンはコスト高に
【ニューデリー】過去4年間にわたり下降の一途を辿って来たエアコン価格が今年の夏は上昇に転じる見通しだ。(...続きを読む)
2004-03-08 ArtNo.32951(28/102)
◆ガス需要、激増:信用格付け会社Crisil
【ニューデリー】インドの天然ガス需要は2010年には現在の70mmscmd(metric million standard cubic meters per day)から200mmscmdに拡大する見通しだ。(...続きを読む)
2004-03-08 ArtNo.32958(29/102)
◆今夏の冷蔵庫価格安定:CETMA
【ニューデリー】インプット・コストの上昇を水際で抑制できれば、今年の夏に冷蔵庫が大幅に値上がりすることはなさそうだ。(...続きを読む)
2004-03-10 ArtNo.32970(30/102)
◆コンピューター・ソフトウェア輸出29.76%アップ
【ニューデリー】今年初9ヶ月(2003/4-12)のコンピューター・ソフトウェア及びサービス輸出は86億6000万米ドル/4万700クロー(予測値)と、前年同期に比べ米ドル・ベースで29.76%、ルピー・ベースで26.01%成長した。(...続きを読む)
2004-03-12 ArtNo.32976(31/102)
◆中/上級ソフト専門家給与急上昇
【ニューデリー】ソフトウェア専門家のサラリーはトップ・レベルではほとんど60%近く昇しており、ミドル・クラスの上昇率も高い。
しかしエントリー・レベルの給与にはさしたる変化が見られない。(...続きを読む)
2004-03-24 ArtNo.33064(32/102)
◆インド、貿易割当制撤廃で中国に次ぐ恩恵享受:マッキンゼイ
【ニューデリー】衣料品に対する貿易割当制度が2005年初に撤廃されるのに伴いインドは、中国に次ぐ大きな恩恵を享受できる見通しだ。(...続きを読む)
2004-03-26 ArtNo.33067(33/102)
◆鉄鋼メーカー、中国における価格軟化で輸出先を転換
【コルカタ】中国における鉄鋼価格が国際水準を下回る中で、インドの鉄鋼メーカーは、より高収益が望める市場に輸出先の転換を図っている。(...続きを読む)
2004-04-02 ArtNo.33112(34/102)
◆シン蔵相、第3四半期GDP成長に満足
【ニューデリー】2003-04年第3四半期の国内総生産(GDP)成長率が10.4%をマークしたことは、経済成長の見通しを一変させ、インド経済が高度成長を遂げようとしていると言うJaswant Singh蔵相の信念を裏付ける結果になった。(...続きを読む)
2004-04-14 ArtNo.33183(35/102)
◆資材調達アウトソーシングがBPO企業の次の標的に:Nasscom
【ハイデラバード】米国、英国、その他の欧州諸国企業のほぼ半ばが向こう3年間に資材調達(procurement)業務の一部を社外に委ねることを検討しており、資材調達アウトソーシングがインドのビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)企業の次の成長領域として浮上しつつある。(...続きを読む)
2004-04-16 ArtNo.33190(36/102)
◆耐久消費財売上げ、ボリュームの伸びに関わらず額は低迷
【ムンバイ】耐久消費財のボリューム販売は、品目を問わず目覚ましい拡大を見たが、売上額の伸びは顕著に鈍化した。
攻撃的価格設定により販売量を拡大するメーカーの戦略が値下がりの主因と見られる。
市場調査会社ORG-GFKの予測によればカラー・テレビジョン(CTV)の2003年の販売量は8.9%の伸びを見たが、販売額の伸びは0.8%にとどまった。(...続きを読む)
2004-04-19 ArtNo.33212(37/102)
◆化学肥料補助US$8億、中期的に撤廃不能:格付け会社
【ニューデリー】燐酸二アンモニウム(DAP:di-ammonium-phosphate)のトン当たり価格が過去10年間に4700ルピーから9350ルピーに上昇したにも関わらず、化学肥料に対する政府補助は1993年の240クローから2003年には10倍の3500クロー(US$7.999億)に増大した。(...続きを読む)
2004-04-23 ArtNo.33230(38/102)
◆NCAER、GDP成長率6.7%に鈍化予想
【ニューデリー】応用経済調査全国委員会(NCAER:National Council of Applied Economic Research)は、2004-05年の国内総生産(GDP)成長率が2003-04年の8.1%から6.7%に鈍化すると予想した。(...続きを読む)
2004-04-26 ArtNo.33252(39/102)
◆海綿鉄業界、需要急増で悲喜こもごも
【コルカタ】輸入コークス用炭の供給不足から高炉業者が海綿鉄を原料として用いるようになったこともあって、海綿鉄製造会社は、需要が急増、向こう数年間こうした好況が持続する見通しのため、歓喜する一方、原料供給の逼迫で市場の需要に応じることができないことに懸念を抱いている。(...続きを読む)
2004-04-26 ArtNo.33259(40/102)
◆外資導入は小売部門の成長を加速:CIIセミナー
【ムンバイ】小売業への外国直接投資が解禁され、外国プレーヤーが国内市場に参入するようになれば、組織化された小売部門の飛躍的成長が期待できる。(...続きを読む)
2004-04-28 ArtNo.33268(41/102)
◆CIIサーベイ、自動車部品産業の外資との提携奨励提案
【ニューデリー】インド産業連盟(CII)がインド貿易研究所(IIFT:Indian Institute of Foreign Trade)/産業科学研究局(DISR:Department of Industrial & Scientific Research)/フォーチュン国際ビジネス学院(FIIB:Fortune Institute of International Business)と共同で実施した調査報告書は、政府に外国直接投資(FDI)政策及び小規模産業政策を見直し、国内自動車部品産業と外資の技術/資本提携を奨励するよう提言している。(...続きを読む)
2004-04-28 ArtNo.33275(42/102)
◆第2四半期のビジネス楽観度指数低下:D&B
【ムンバイ】市場調査会社Dun & Bradstreet (D&B)のビジネス情緒調査(Business Expectations Survey)によると、今年第2四半期(2004/4-6)の総合的ビジネス楽観度指数(BOI:Business Optimism Index)は139.3と、前四半期に比べ6.4%下降した。(...続きを読む)
2004-04-30 ArtNo.33276(43/102)
◆証券投資家、NDA政権続投期待:オンライン・サーベイ
【プネー】指導的ビジネス情報・調査会社“ValueNotes Database”が実施した『選挙前オンライン投資家調査』によれば、証券投資家の全国民主連盟(NDA:National Democratic Alliance)政権に対する信頼はかなり高く、NDA政権が再選されるなら証券市場への投資は顕著に拡大する見通しだ。(...続きを読む)
2004-04-30 ArtNo.33277(44/102)
◆新鉄鋼政策、2020年までに年産2億トン達成目指す
【ニューデリー】鉄鋼省が準備中の全国鉄鋼政策(NSP:National Steel Policy)は、国内鉄鋼生産量を現在の3200万トンから2010年までに6000万トン、2020年までに2億トンに引き上げることを目標に掲げるものと見られる。(...続きを読む)
2004-05-07 ArtNo.33329(45/102)
◆IT産業が不動産市況を牽引
【ハイデラバード】インドのトップ・ファイブ情報技術(IT)-情報技術対応サービス(ITES)ハブ-カルナタカ州Bangalore/連邦直轄区Delhi/マハラシュトラ州Mumbai/同州Pune/タミールナド州Chennai/アンドラプラデシュ州Hyderabad-において2004年第1四半期(2004/1-3)にIT-ITES部門により新たに占拠された床面積は約645万平方フィートを記録した。(...続きを読む)
2004-05-07 ArtNo.33331(46/102)
◆第1四半期のPC販売堅調な伸び:IDC
【ニューデリー】政府機関の季節的購買に助けられ、インドのパーソナル・コンピューター(PC)市場は今年第1四半期(2004/1-3)に堅調な成長を記録した。(...続きを読む)
2004-05-10 ArtNo.33336(47/102)
◆全国民主連盟、過半数獲得困難?
【ニューデリー】インディアン・エクスプレスとNew Delhi Television (NDTV)が共同で実施した4回目、そして最後の出口調査によれば、全国民主連盟(NDA)が下院の過半数を制するのに必要な272議席のマジック・ナンバーに達する可能性は少ないと言う。(...続きを読む)
2004-05-10 ArtNo.33337(48/102)
◆農業成長率8%突破、雨期次第で今年も好調?:Assocham
【ニューデリー】昨年(2003-04)の農業生産成長率は目標とした8%を突破したものと見られ、今年も一層の成長が見込まれる。(...続きを読む)
2004-05-10 ArtNo.33340(49/102)
◆鉄鋼連盟、2020年までに年間鉄鋼生産1億トン目指す
【ムンバイ】インド鉄鋼連盟(ISA:Indian Steel Alliance)は、2020年までに年間鉄鋼生産量を現在の3400万トンから1億トンに拡大する青写真を作成した。(...続きを読む)
2004-05-17 ArtNo.33393(50/102)
◆多国籍企業開発センターの生産性に見劣り:サーベイ
【バンガロール】多国籍企業が独自に設けた小規模なオフショア開発センター(ODC)は、オンサイト・チームやサード・パーティーの開発センターに比べ生産性がかなり劣ることが明らかになった。(...続きを読む)
解説/論評 Interpretation/Commentary in 2004
◄◄◄ back102件の関連記事が見つかりました( 1/3 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
右ペイン・広告スペース
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.