SEAnews 2002/cat#24-1p 投資/外資導入
左予備スペース
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
右予備スペース
Site Search
Delivered from Singapore
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
投資 Investment in 2002
◄◄◄ back646件の関連記事が見つかりました( 1/13 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
元のページへ戻る ►2002-01-07 ArtNo.27904(1/646)
◆ビデオコン、シャルジャに家電製造施設計画
【ニューデリー】地元消費者用電子製品メジャー、Videocon International Ltd(VIL)はアラブ首長国連邦のSharjahに300クロー(US$6215万)を投じ、カラー・テレビジョン(CTV)、冷蔵庫、洗濯機、エアコン等、大型家電製品の製造施設を設ける計画だ。(...続きを読む)
2002-01-07 ArtNo.27905(2/646)
◆NuLink、プネーにソフトウェア開発センター設置
【プネー】マサチューセッツ拠点のNuLink Incのオフショア・ユニット、Nu-Link (India) Pvt Ltdは、マハラシュトラ州のプネー・ソフトウェア・パーク(Pune Software Park)に10クロー(US$207万)を投じ、3万平方フィートのソフトウェア開発施設を設ける。(...続きを読む)
2002-01-08 ArtNo.27906(3/646)
◆不動産開発部門への100%外国直接投資ガイドライン発表
【ニューデリー】インド政府は4日、総合的タウンシップや都市インフラの開発に際して100%の外国直接投資(FDI)を認めるガイドラインを発表した。(...続きを読む)
2002-01-08 ArtNo.27907(4/646)
◆国防産業への外国直接投資ガイドライン発表
【ニューデリー】インド政府は4日、国防産業に対する最大26%の外国直接投資(FDI)を認めるガイドラインを発表した。(...続きを読む)
2002-01-08 ArtNo.27911(5/646)
◆ガス・オーソリティー、向こう2年間にUS$8億投資
【ニューデリー】Gas Authority of India Ltd(GAIL)は向こう2年間に進める総額3900クロー(8.079億)の投資計画を明らかにした。(...続きを読む)
2002-01-08 ArtNo.27913(6/646)
◆イスパット、新省エネ技術でHRコイル製造コストを大幅に削減
【ムンバイ】地場大手鉄鋼会社Ispat Industries Ltd (IIL)は独自開発した熱処理プロセスを通じて熱間圧延(HR)コイルのトン当たり製造コストを少なくとも2000ルピー(US$41.43)削減することに成功した。(...続きを読む)
2002-01-08 ArtNo.27917(7/646)
◆タタ、トップ・エンド大型商用車“EX-class”発売準備
【ムンバイ】インド最大の地場商用車メーカーTata Engineering and Locomotive Company Ltd (Telco)は、トップ・エンドの中・大型商用車のニュー・シリーズ“the EX class”を発売、スウェーデン拠点の多国籍企業Volvoが販売するハイ・パフォーマンス・モデルに対抗する計画だ。(...続きを読む)
2002-01-08 ArtNo.27919(8/646)
◆地場製薬会社Cadila、海外事業拡張に本腰
【ニューデリー】今会計年度初めに米国に子会社を設立し、2ヶ月前には日本オフィスもオープンした年商500クロー(US$1.036億)のCadila Pharmaceuticals Ltd(CPL)は、野心的な事業拡張計画を立案、輸出拡大に本腰を入れている。(...続きを読む)
2002-01-10 ArtNo.27925(9/646)
◆スターライト、US$10億投じアルミ精錬能力を3倍に拡大
【ニューデリー】インド証券取引局(SEBI)から3年間にわたり資本市場へのアクセスを禁じられたにも関わらず、Sterlite Industries Ltd(SIL)は、傘下に収めたBharat Aluminium Company (Balco)に5000クロー(US$10.36億)を注入、チャッティースガル州Korbaのアルミ精錬施設の年産能力を現在の10万トンから向こう3年間に30万トンに拡大する計画だ。(...続きを読む)
2002-01-11 ArtNo.27937(10/646)
◆BPL、東芝の深谷ブラウン管製造ライン買収協議
【ニューデリー】BPLグループ傘下のBPL Display Devicesは、東芝が埼玉県深谷市に設けた年産220万台のカラー平面ブラウン管製造施設を約120クロー(US$2486万)で買収する交渉を進めており、今月末にも正式契約が結ばれる見通しだ。(...続きを読む)
2002-01-11 ArtNo.27943(11/646)
◆Baan、インドにおけるソフトウェア開発拡大
【ニューデリー】オランダ拠点のERP(enterprise resource planning)ソリューション・メジャー、Baan Companyは、向こう2年間にアンドラプラデシュ州ハイデラバードに設けた施設における国際市場向け開発業務の比率を現在の30%から50%に拡大する方針だ。(...続きを読む)
2002-01-11 ArtNo.27944(12/646)
◆印刷媒体事業に26%外資導入?
【ニューデリー】情報技術(IT)に関わる国会常設委員会は9日の会議で、印刷媒体産業に条件付きで外国直接投資を認める草案を作成する方針を決めた。(...続きを読む)
2002-01-11 ArtNo.27946(13/646)
◆Bilt Chemicals、クエン酸工場を稼働
【ニューデリー】Thaparグループ企業のBilt Chemicals Ltd(BCL)はグジャラート州Barodaに設けたクエン酸工場の操業を開始、バイオケミカル・ビジネスへの進出を果たした。(...続きを読む)
2002-01-11 ArtNo.27950(14/646)
◆電力/金利が低労働コスト面の優位を相殺:WB/CCIレポート
【バンガロール】世界銀行とインド産業連盟(CII)が共同で作成した調査報告書は、「低い労働コストを武器にした優位はそう長続きせず、この種の優位は高い電力コスト、高金利、制度的な阻害要因により相殺されつつある」と警鐘している。(...続きを読む)
2002-01-11 ArtNo.27951(15/646)
◆資金繰りと低調な需要がプロジェクト遅延の主因に
【ニューデリー】商工省がインド経済監視センター(CMIE:Centre for Monitoring Indian Economy)を通じて実施した『インドにおける主要投資プロジェクト実行過程の障害と展開(Problems & progress in implementation of major investment projects in India)』と題する調査の結果、政府の認可手続きの遅れよりも資金繰りと需要軟化が、プロジェクト遅延の主因になっていることが明らかになった。(...続きを読む)
2002-01-14 ArtNo.27954(16/646)
◆ジンダル・スチール、年産100万トンのセメント製造事業計画
【ムンバイ】Jindal Vijaynagar Steel (JVSL)はカルナタカ州Bellaryの鉄鋼コンプレックス隣接地に年産100万トンのセメント製造施設を設けることを計画している。(...続きを読む)
2002-01-14 ArtNo.27958(17/646)
◆Monto、中国製MPFIエンジン搭載バイク発売検討
【ボパール】ニューデリー拠点のMonto Motors Ltd(MML)は中国バージョンのマルチポイント燃料噴射装置(MPFI:multi-point fuel injection)搭載バイクをインド市場に投入する可能性を検討している。(...続きを読む)
2002-01-14 ArtNo.27966(18/646)
◆三井住友海上、HDFC損保ビジネスへの出資目指す
【ムンバイ】Housing Development Finance Company (HDFC)の損害保険事業の26%のシェア獲得を目指し、米国ニュージャージー州拠点のChubb Group of Insurance Companiesに続き、三井住友海上火災保険が名乗りを上げた。(...続きを読む)
2002-01-15 ArtNo.27967(19/646)
◆トレント、多国籍企業と狭心症治療新原薬の開発請負協議
【アーマダバード】グジャラート州アーマダバード拠点のTorrent Research Centre (TRC)は、狭心症(anginal)治療領域における新分子種(new molecular entity:ある国においてまだ承認されたことのない医療用物質/以前に承認された原薬の錯体)の開発請負に関わる国際的な契約交渉を進めている。(...続きを読む)
2002-01-15 ArtNo.27969(20/646)
◆ラシュトリヤ化学、US$5.6億投じ設備近代化計画
【ムンバイ】国営Rashtriya Chemicals & Fertilisers (RCF)は向こう3~5年間に2700クロー(US$5.59億)を投じてマハラシュトラ州のTrombay及びThalの施設を近代化する。(...続きを読む)
2002-01-15 ArtNo.27972(21/646)
◆L&T、セメント・プロジェクト全てを凍結
【ドゥルガプル】西ベンガル州に125クロー(US$2589万)を投じて設けた年産100万トンの粉砕設備(grinding unit)を先週稼働させ、国内最大のセメント会社になったLarsen & Toubro(L&T)は、供給過剰の現状を配慮し、全てのセメント生産施設拡張計画を暫時凍結すると宣言した。(...続きを読む)
2002-01-15 ArtNo.27978(22/646)
◆クロンプトン・グリーブズ、ブラッシレス・モーターに注力
【ムンバイ】LM Thaparグループの旗艦Crompton Greaves Ltd(CGL)は、電動モーター市場が縮小傾向を辿る中、ファジイロジック・モーターとして知られるハイエンドなブラッシレス直流(BLDC:brushless DC)モーターを独自開発し、新市場の開拓を目指している。(...続きを読む)
2002-01-17 ArtNo.27982(23/646)
◆アクセス、インド・セル式電話会社にiModeクローン売り込み
【ニューデリー】Non-PC向けソフトウェアの企画・設計・開発・販売を手掛け、NTT DoCoMoとiMode技術を共同開発したことで知られる株式会社ACCESSは、インド市場にそのモバイル・インターネット・テクノロジーを売り込むため、デリー拠点のソフトウェア会社IAP Company Ltdと手を結んだ。(...続きを読む)
2002-01-17 ArtNo.27983(24/646)
◆NCR、US$7百万投じインドをテラデータのリソース基地に
【ムンバイ】リレーションシップ・テクノロジー・ソリューションの指導的プロバイダー、NCR Corporationは、インドにおけるTeradata部門に600万~700万米ドルを投資、インドを東南アジア及びアジア太平洋地域におけるデータウェアハウジング・ソリューション“Teradata”関連の専門サービス・リソース・ベースにする計画だ。(...続きを読む)
2002-01-17 ArtNo.27984(25/646)
◆ケララ州、情報技術企業のための特別奨励パッケージ準備
【コーチ】ケララ州政府は、特別奨励パッケージをオファーし、大手情報技術(IT)企業の誘致を図る。(...続きを読む)
2002-01-17 ArtNo.27989(26/646)
◆ホンダ、US$2千万投じスクーター製造能力を2倍に拡大
【ニューデリー】スクーター製造のHonda Motorcycles and Scooers India Ltd(HMSI)は今年100クロー(US$2071万)を投じ、年間製造能力を現在の12万台から25万台に拡大する。(...続きを読む)
2002-01-17 ArtNo.27993(27/646)
◆GAZ De France/Ras Gas、ペトロネットLNGに出資
【ニューデリー】インドの国営石油・ガス会社が合弁で設立したPetronet LNGにGaz De France(GDF)が出資、カタールのRas Gasも近く出資を決める見通しだ。(...続きを読む)
2002-01-17 ArtNo.27995(28/646)
◆B&L、企業買収通じアイケア製品をインド市場に投入
【ニューデリー】年商36クロー(US$746万)のBausch & Lomb Eyecare India Pvt. Ltdは企業買収を通じてその国際ブランド製品をインド市場に投入する計画だ。(...続きを読む)
2002-01-18 ArtNo.27999(29/646)
◆LG、エアコン製造能力を50%アップ
【ニューデリー】インド・エアコン市場のトップの座をCarrierから奪ったLGは、2002年カレンダー・イヤーに製造能力を50%アップ、市場支配を一層強固にする構えだ。(...続きを読む)
2002-01-18 ArtNo.28001(30/646)
◆ヤマハ、US$7251万追加投資、今年はバイク2モデル発売
【ニューデリー】ヤマハは優先株方式によりYamaha Motor India Pvt Ltd (YMIL)に新たに350クロー(US$7251万)を注入するとともに、2002年中に100ccと125ccカテゴリーのモーターサイクル2モデルを発売する。
ヤマハはまたインドを主要な輸出基地にする計画だ。(...続きを読む)
2002-01-18 ArtNo.28002(31/646)
◆TVS、東南アジアに二輪車製造施設計画
【ニューデリー】スズキとの合弁を解消した地元二輪車メーカー、TVS Motor Company Ltdは2004年までに東南アジアに製造施設を設けることを検討している。(...続きを読む)
2002-01-18 ArtNo.28004(32/646)
◆Telco、インディカ・セダンお披露目、スポーツ・カーも計画
【ニューデリー】地元の指導的自動車メーカー、Tata Engineering and Locomotive Company Ltd(Telco)は、ポピュラーな小型乗用車Indicaのセダン・バージョンと、多目的車Safari及びSumoの変形バージョンを今年下半期に発売するとともに、インディカをベースにしたスポーツ・カーやエステート(ステーション・ワゴン)の製造も計画している。(...続きを読む)
2002-01-18 ArtNo.28005(33/646)
◆電装品のMico、US$2.5億投資計画繰り延べ
【バンガロール】ドイツの自動車電装品会社Robert Boschグループに属するMotor Industries Company Ltd (Mico)は、リセッションに加えEuro II排ガス基準の導入が延期されたことから、250クロー(US$5179万)の投資計画の実行を見合わせた。(...続きを読む)
2002-01-18 ArtNo.28006(34/646)
◆Tisco、粗鋼の製造能力拡大検討
【コルカタ】Tata Iron & Steel Company Ltd(TISCO)は、ジャールカンド州Jamshedpurにおける鋼(steel)と溶銑(hot metal)の製造能力を現在の370万トンからさらに200万トンほど拡大する可能性を検討している。(...続きを読む)
2002-01-21 ArtNo.28014(35/646)
◆バラウニ製油所拡張工事、来年3月までに完成
【パトナ】Indian Oil Corporation (IOC)は、ビハール州Barauniに設けた製油所の年間精製能力を2倍の600万トンに拡張する工事に着手した。
同工事は来年3月までに完成する予定だ。(...続きを読む)
2002-01-21 ArtNo.28017(36/646)
◆SRMB Udyog、TMTバー製造施設建設
【コルカタ】西ベンガル州コルカタ拠点のSRMB Udgyog Limitedは、コルカタ近郊DankuniにTMT(thermo-mechanically treated)バーの製造施設を設ける計画だ。(...続きを読む)
2002-01-21 ArtNo.28019(37/646)
◆オスラム、自動車照明器具ビジネス拡張
【ニューデリー】シーメンス・グループ企業Osram Gmbhが完全出資するOsram Indiaは、自動車照明器具新製品を主要メーカーに売り込み、相手先商標製造業者(OEM)市場におけるシェアを拡大するとともに、アフター・セール/サービス市場の開拓にも乗り出している。(...続きを読む)
2002-01-21 ArtNo.28020(38/646)
◆伊企業サム・ドゥーツ・ファー、合弁会社のグリーブズ持分買収
【ニューデリー】イタリヤの自動車会社Same Deutz Fahr Group SPA(SDFG)は、地元パートナー、Greaves Ltdと共同で設けたトラクター製造とトラクター・エンジン及び関係コンポーネントの製造に関わる合弁会社のグリーブズ持分を買い取った。(...続きを読む)
2002-01-22 ArtNo.28029(39/646)
◆製薬会社Paras、専門病院設けヘルスケア市場に進出
【アーマダバード】Moov、D'Cold、Borosoft、Krack等の店頭薬の製造を手掛ける年商200クロー(US$4143万)のParas Pharmaceutical Ltd(PPL)は50クロー(US$1035万)を投じてグジャラート州Ahmedabadに設けたマルチ専門病院をオープン、ヘルスケア市場進出を果たした。(...続きを読む)
2002-01-22 ArtNo.28034(40/646)
◆P&O、バック・オフィス業務を手掛けるIT子会社設立
【プネー】英国/オランダ拠点のコンテナ海運会社P&O Nedlloydは100%出資の情報技術(IT)子会社、P&O Nedlloyd IT Services Pvt Ltd(PNIS)を設立、マハラシュトラ州プネーとタミールナド州チェンナイにPNISのオフィスを設けた。(...続きを読む)
2002-01-22 ArtNo.28039(41/646)
◆インド商工会議所協会、外国直接投資政策の一層の緩和提案
【ニューデリー】インド商工会議所協会(Assocham:Associated Chambers of Commerce and Industry of India)は、国内総生産(GDP)の0.5%に相当する年間20億米ドルのレベルに停頓している外国直接投資(FDI)の流入を促進する上から、外資に対する規制を緩和し、その流入・流出を自由化するよう、政府に提案した。(...続きを読む)
2002-01-25 ArtNo.28042(42/646)
◆JSL、南ア企業とステンレス・スチール合弁協議
【ニューデリー】O P Jindalグループ傘下の国内最大のステンレス・スチール・メーカー、Jindal Strips Ltd(JSL)は、南アフリカのColumbus Stainlessと、高付加価値のステンレス・スチール製品の製造に関わる技術協力交渉を進めている。(...続きを読む)
2002-01-25 ArtNo.28047(43/646)
◆デルフィ、バンガロール・センター拡張にUS$2500万投資
【ニューデリー】米国拠点の自動車コンポーネント/システム会社Delphiは、インドを自動車電子部品開発のハブにする計画の一環として2500万米ドルを投じ、カルナタカ州バンガロールのソフトウェア・テクニカル・センターを拡張する。(...続きを読む)
2002-01-25 ArtNo.28052(44/646)
◆AMI、チェンナイにデベロプメント・センター設置
【チェンナイ】PC/AT互換機用のBIOS(Basic Input/Output System)や周辺機器の製造・販売を手掛ける米国ジョージア州ノークロス拠点のAmerican Megatrends Inc (AMI)は最近、タミールナド州チェンナイに開発センターをオープンした。(...続きを読む)
2002-01-25 ArtNo.28053(45/646)
◆タタ・テクノロジーズ、事業拡張計画にUS$8百万投資
【ニューデリー】Tata Sonグループ傘下のTata Technologiesは、インフォテック企業の買収を含む多岐にわたる事業拡張計画を準備、2段階に分けて40クロー(US$829万)を投資するとともに、1年内に売上/利益を倍増する計画だ。(...続きを読む)
2002-01-25 ArtNo.28056(46/646)
◆IOC、US$16億オリッサ州製油所プロジェクト棚上げ?
【ブーバネスワル】オリッサ州政府の威信がかかった総投資額8000クロー(US$16.57億)、年間原油処理能力900万トンのParadip Oil Refinery Project(PORP)は、暫時棚上げされそうな雲行きだ。(...続きを読む)
2002-01-28 ArtNo.28058(47/646)
◆三星電子、今年は新モデルや生産設備にUS$518万投資
【バンガロール】耐久消費財メカー、Samsung India Electronics Limited (SIEL)は2002年度には、新モデルや新生産ラインに25クロー(US$518万)を投資、昨年比12.6%増の1520クロー(US$3.15億)の売上達成を目指す。(...続きを読む)
2002-01-28 ArtNo.28059(48/646)
◆モトローラ、バンガロールに新総合キャンパス準備
【バンガロール】総合的通信ソリューションと組み込みエレクトロニクス・ソリューション領域で世界をリードするモトローラの研究開発(R&D)/ソフトウェア開発部門、Motorola India Electronics(MIE)は、カルナタカ州バンガロール市内のWhitefieldに2003年末の全面操業を目指して、総床面積25万~30万平方フィートの総合的キャンパスを設ける。(...続きを読む)
2002-01-28 ArtNo.28065(49/646)
◆IOC、US$2億投じ石油製品小売網をアップグレード
【チェンナイ】国営Indian Oil Corporation(IOC)は向こう2年間に1000クロー(US$2億715万)を投じ、国内小売網を強化する。(...続きを読む)
2002-01-28 ArtNo.28071(50/646)
◆年初7ヶ月のFDI流入51%アップ
【ニューデリー】今会計年度初め以来7ヶ月(2001/4-10)の外国直接投資の流入が20億米ドルを突破、前年同期の14億米ドルを51%上回った。(...続きを読む)
投資 Investment in 2002
◄◄◄ back646件の関連記事が見つかりました( 1/13 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
右ペイン・広告スペース
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.