SEAnews 2005/cat#29-1p 解説/論評
左予備スペース
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
右予備スペース
Site Search
Delivered from Singapore
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
解説/論評 Interpretation/Commentary in 2005
◄◄◄ back83件の関連記事が見つかりました( 1/2 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
元のページへ戻る ►2005-01-10 ArtNo.34800(1/83)
◆耐久消費財、価格安定に関わらず売上急増
【ニューデリー】過去数年の耐久消費財市場の成長は値下げ競争により牽引されて来たが、昨年10-11月にはさしたる値下げが行われなかったにも関わらずほとんど全てのカテゴリーにわたり二桁成長が記録され、消費者の態度の変化を窺わせた。(...続きを読む)
2005-01-10 ArtNo.34802(2/83)
◆半導体大手、人材コストより頭脳に注目
【コルカタ】アンドラプラデシュ州Hyderabadおよびウッタルプラデシュ州Noidaに400人のエンジニアを雇用、集積回路(IC)デザイン・ツールの開発を手がけるMentor GraphicsのWalden C Rhines会長は、インドにおける技術者の雇用コストが2010年には、米国のそれに肩を並べると予想した。(...続きを読む)
2005-01-10 ArtNo.34804(3/83)
◆IT企業の税引き当て急増
【アウランガバード】余剰資金の投資を通じたいわゆる“その他の収入”や海外におけるオンサイト業務に対する多額の税負担を強いられる地元情報技術(IT)企業は、免税の恩典が存在するにも関わらず、法人所得税に対する引き当てを拡大している。(...続きを読む)
2005-01-12 ArtNo.34807(4/83)
◆政府、中核インフラ事業融資計画に見直し
【ニューデリー】既存の2つの主要インフラ振興イニシアチブに対する反応が低調なことから、政府が新年度予算に新たなインフラ投資促進計画を盛り込むのを躊躇する可能性が予想される。(...続きを読む)
2005-01-24 ArtNo.34878(5/83)
◆貿易手続き料の急増で対米薬品輸出US$1億以上下降
【ニューデリー】航空燃料加算料金、空港検査料、米国における渋滞料等の手続きコストが持続的に上昇する中で、2004-05年の米国向け薬品輸出が1億米ドル以上下降する見通しだ。(...続きを読む)
2005-01-26 ArtNo.34882(6/83)
◆家電製品、新年を迎え揃って値上がり
【ムンバイ】過去4年間下降の一途を辿って来た冷蔵庫、洗濯機、エアコン等の家電製品価格が今年1月に入って以来一転して急上昇している。(...続きを読む)
2005-02-02 ArtNo.34934(7/83)
◆監督機関設置問題巡り鉄鋼連盟に亀裂
【ニューデリー】鉄鋼製造業者の最高組織インド鉄鋼連盟(ISA:Indian Steel Alliance)に亀裂が生じ、Steel Authority of India Ltd(SAIL)/Tata Iron and Steel Company(Tisco)/Essar Steel Ltd(ESL)/Jindal vijayanagar Steel Ltd(JVSL)/Ispat Industries Ltd(IIL)の主要5メンバーは2つの問題を巡り反目している。(...続きを読む)
2005-02-04 ArtNo.34950(8/83)
◆コークス用炭不足で直接還元鉄/海綿鉄の需要急増も
【ランチ】計画委員会(Planning Commission)のAnwarul Hoda委員を含む鉄鋼領域の専門家らは、コークス用炭の急騰と供給不足を背景に国内鉄鋼業界における直接還元鉄(DRI:direct reduced iron)と海綿鉄の需要が急増するものと予想している。(...続きを読む)
2005-02-14 ArtNo.34992(9/83)
◆モーターサイクル市場の急成長でモーペッド凋落
【ムンバイ】過去4年間にわたるモーターサイクルの急成長で、一時流行したモーペッドやステップスルー(moped/step-thru=原動機付き自転車)は、タミールナド等の一部の州を除き影を潜めた感がある。(...続きを読む)
2005-03-18 ArtNo.35209(10/83)
◆小泉首相訪印の経済効果に注目
【ニューデリー】小泉純一郎首相が、政府・民間部門の代表団を率いて来月インドを訪問することから、両国関係が新段階を迎えるものと期待されているが、インド及び中国駐在大使を務めた谷野作太郎氏(政府顧問/東芝社外取締役)は、このほど地元紙に対し「両国間のビジネス・インタレストを高めるにはMaruti Udyog Ltd、ホンダ、トヨタに続くさらに多くのサクセス・ストーリーが必要」と指摘した。(...続きを読む)
2005-04-06 ArtNo.35304(11/83)
◆農村売上が耐久消費財/二輪車販売の70%に貢献
【ムンバイ】非農業収入の拡大に伴い農村部の需要が降雨量や農業生産に左右される度合いは薄れており、耐久消費財や二輪車のメーカーは、農業生産の不振に関わらず、2005年の営業額に占める農村売上の比率が拡大するものと予想している。(...続きを読む)
2005-04-06 ArtNo.35311(12/83)
◆昨年は製造業134業種中77業種が二桁成長:Ascon
【ニューデリー】昨年(2004-05)は製造業134業種中34(28)業種の生産が20%以上、43(38)業種が10-20%、49(50)業種が0-10%の成長を遂げ、マイナス成長を記録したのは僅か8(19)業種だった(括弧内は前年の数字)。
中でもテレコム部門は生産と売上の双方でスター・パフォーマンスを示した。(...続きを読む)
2005-04-08 ArtNo.35316(13/83)
◆鉄鋼メーカー、輸出から国内販売に重心シフト
【ニューデリー】鉄鋼メーカーは熱間圧延(HR)コイルの輸出を減らし、利益率が高い国内販売に重心をシフトしている。(...続きを読む)
2005-04-13 ArtNo.35351(14/83)
◆IT輸出、35%アップ:NASSCOM
【バンガロール】インドのソフトウェア及び情報技術対応サービス(ITES:information technology-enabled services)輸出は、2003-04年の128億米ドルから2004-05年の173億米ドルに35%の成長を見た。(...続きを読む)
2005-04-15 ArtNo.35368(15/83)
◆インドIT産業、温首相の呼びかけに冷ややかな反応
【ニューデリー】温家宝首相が、インドと中国が一致協力して情報技術(IT)の新時代を開くよう熱烈な呼びかけを行ったにも関わらず、インドのソフトウェア業界は概して冷ややかな反応を見せている。(...続きを読む)
2005-04-20 ArtNo.35389(16/83)
◆日中関係の緊張でインド投資拡大も:FICCI
【ニューデリー】インドと日本が向こう3年間に現在45億米ドルの往復貿易を2倍以上の100億米ドル以上に拡大する計画に乗りだした矢先に生じた日中間の緊張は、日本投資家のインドに対する関心を一層高めるものと期待されている。(...続きを読む)
2005-04-20 ArtNo.35398(17/83)
◆インド、世界で最も急成長する自動車市場に:OICA
【バンガロール】インドの乗用車(Car)産業は2004年に30%の成長を遂げ、インドは世界で最も急成長する自動車市場になった。(...続きを読む)
2005-04-22 ArtNo.35408(18/83)
◆二次鉄鋼メーカー、一次メーカーの値上げを非難
【ニューデリー】一次鉄鋼メーカーは原料コストの上昇を理由に値上げを行ったが、値上げ幅は輸入パリティー(import parity basis:関税込みの輸入価格)を基準にしている。(...続きを読む)
2005-04-22 ArtNo.35414(19/83)
◆繊維製品輸出、2010年までにUS$400億マーク
【ニューデリー】今年1月1日に貿易割当制度が撤廃されたのに伴い繊維製品の国際価格は5-10%下降、繊維業者のマージンは縮小しているが、インド繊維業界は2010年には輸出額が300億~400億米ドルに拡大すると楽観的見通しを抱いている。(...続きを読む)
2005-05-06 ArtNo.35494(20/83)
◆向こう3年間の繊維産業投資US$52.8億
【ニューデリー】インドの繊維産業部門には2007年までに2万3000クロー(US$52.82億)の投資が行われ、内8000クロー(US$18.37億)は2005年中に投資される見通しだ。(...続きを読む)
2005-05-09 ArtNo.35499(21/83)
◆7万5千MWの火力発電能力追加可能:中央電力局
【ニューデリー】中央電力局(CEA:Central Electricity Authority)は急増する電力需要に応じるために7万5000MW(メガワット)の火力発電能力を追加することができるとの試算を発表した。(...続きを読む)
2005-05-13 ArtNo.35528(22/83)
◆多国籍化学企業、インドにおけるソーシング拡大
【ムンバイ】BASF、Clariant、Isagro SpA、Lanxess、Bayer、Syngenta等の多国籍化学及び農業化学企業は、インドにおける投資とソーシングを拡大している。(...続きを読む)
2005-05-25 ArtNo.35592(23/83)
◆繊維産業の向こう5年間の必要投資額US$160億米ドル
【ニューデリー】インド繊維産業が2010年までに300億米ドルの輸出売上を達成するにはバリュー・チェーンのあらゆる段階を通じて150億~160億米ドルの投資を必要とする。(...続きを読む)
2005-05-25 ArtNo.35598(24/83)
◆経済成長に関わらず労働者の海外流出6年間に239万人
【ニューデリー】インドの労働市場は国内総生産(GDP)の成長に関わらず縮小しており、組織部門(organised sector)の雇用数は1996-97年の2825万人から2002-03年の2700万人に縮小、1998年から2004年の間に239万人の労働力が海外に流出した。(...続きを読む)
2005-05-27 ArtNo.35608(25/83)
◆地元プレーヤー4社が携帯市場の72%のシェア掌握
【ムンバイ】インドの携帯電話市場では、トップ4社が72%以上の市場シェアを握っている。
これら4社とはBharti Tele-Ventures21.5%、Bharat Sanchar Nigam (BSNL)18.3%、Reliance Infocomm18.1%、Hutchison Essar15%。(...続きを読む)
2005-06-03 ArtNo.35658(26/83)
◆繊維輸出、5年内に3倍に拡大、US$400億マーク
【ニューデリー】インドの繊維製品輸出は現在の120億~130億米ドルから2010年までに3倍の400億米ドルに拡大するものと見られる。(...続きを読む)
2005-06-08 ArtNo.35676(27/83)
◆インド鉄鋼産業も生産削減?
【ムンバイ】インド鉄鋼産業も、Arcelor/Mittal Steel/ThyssenKrupp等の多国籍鉄鋼メジャー同様、国内価格を維持するため、生産を削減する可能性が予想されている。(...続きを読む)
2005-06-10 ArtNo.35700(28/83)
◆製薬業界、6月期に好業績予想
【ムンバイ】今年4月1日に導入された付加価値税(VAT)に伴う市場の混乱が終息し、市況が回復に転じつつあることから6月期は、国内製薬会社にとって豊穣な四半期になりそうだ。(...続きを読む)
2005-06-15 ArtNo.35724(29/83)
◆トン税導入効果でインド籍船団800万総トン突破
【ニューデリー】トン税導入一年足らずでインド籍船団の総トン数(GRT:Gross Registered Tonnes)はほぼ15%成長し、800万トンの大台を突破した。(...続きを読む)
2005-06-15 ArtNo.35731(30/83)
◆CMIE、モンスーンの遅れで経済成長予測を下方修正
【ムンバイ】モンスーン到来の遅れと農業部門の不振から、インド経済監視センター(CMIE:Centre for Monitoring Indian Economy)は、2005-06年の国内総生産(GDP)成長率予測を6.6%から6%に下方修正した。(...続きを読む)
2005-06-27 ArtNo.35804(31/83)
◆特集:包括的自由貿易協定とは?
【ニューデリー】インドとシンガポールはほとんど2年に及ぶ交渉の後、739ページにのぼる包括的経済協力協定(CECA:comprehensive economic cooperation agreement)文書に調印する運びとなった。
以下に同協定の特徴を拾ってみる。(...続きを読む)
2005-06-29 ArtNo.35815(32/83)
◆自動車/建設需要に支えられ鉄鋼産業8%成長
【ニューデリー】主に自動車部門と建設部門の旺盛な需要に牽引され、国内鉄鋼産業は8%の成長が見込まれる。(...続きを読む)
2005-07-04 ArtNo.35851(33/83)
◆税負担の軽減でソフトウェア価格15%下降も
【ニューデリー】所得税上訴廷(ITAT:Income-Tax Appellate Tribunal)がソフトウェアの国内販売に関して大幅な税務の軽減を認めたことから、遠からずソフトウェア製品の価格が10~15%下降するものと予想されている。(...続きを読む)
2005-07-06 ArtNo.35855(34/83)
◆海運業界、老朽船の更新コストUS$20億
【ムンバイ】インド海運業界は2009年までに船齢が20年に達する80余隻の船舶を、新造船に転換するのに20億米ドル以上の投資を必要としている。(...続きを読む)
2005-07-08 ArtNo.35870(35/83)
◆5月の製造業生産12.7%アップ
【ニューデリー】今年5月の製造業成長率は需要の拡大と良好な原料供給に支えられ、12.7%をマーク、昨年同月の10.7%の伸びを上回った。(...続きを読む)
2005-07-15 ArtNo.35922(36/83)
◆都市の二輪車普及率45.6%に
【ムンバイ】自動二輪車の都市と農村における普及率は過去10年間に急上昇し、今では都市でも農村でも自動二輪車が必需品と見なされつつある。(...続きを読む)
2005-07-18 ArtNo.35940(37/83)
◆向こう2年間のチップ設計技師需要2万人
【アーマダバード】インドのテクノロジー産業は、向こう2年間に少なくとも2万人のチップ・デザイン・エンジニアを必要とする。(...続きを読む)
2005-07-22 ArtNo.35967(38/83)
◆IT/IT対応サービスが最大の雇用機会創出:Ma Foi
【ハイデラバード】情報技術(IT)とIT対応サービス(ITES:IT-enabled services)が、引き続き雇用機会創出のトップ・ツーの座を維持、ナンバー・スリーの座はテレコム部門が占めている。(...続きを読む)
2005-07-25 ArtNo.35977(39/83)
◆大手企業の8割以上がキャプティブ発電に依存
【ムンバイ】大手企業20社を対象に調査したところ自前の発電(captive power)施設への依存率が2003-04年の80.3%から2004-05年の82.6%にアップ、電力公益事業会社に対する信頼が益々薄らいでいることが明らかになった。(...続きを読む)
2005-07-27 ArtNo.35988(40/83)
◆今年のGDP成長率6-7.2%:中央銀行
【ムンバイ】中央銀行Reserve Bank of India (RBI)は、2005-06年度第1四半期のマクロ経済及び金融動向(monetary developments)が顕著に改善したことから今会計年度の国内総生産(GDP)が6~7.2%の成長を遂げると予想した。(...続きを読む)
2005-07-27 ArtNo.35989(41/83)
◆シンガポールとのFTAはインドに恩恵:シンクタンク
【ニューデリー】デリー拠点のシンク・タンク、応用経済調査全国委員会(NCAER:National Council of Applied Economic Research)は、当初シンガポールとの『包括的経済協力協定(CECA:comprehensive economic cooperation agreement)』はインドに損失をもたらすと評していたが、このほど「インドは自由貿易協定(FTA:free trade agreement)のプラス・コンポーネントから恩恵を享受できる」との見通しを改めて発表した。(...続きを読む)
2005-07-27 ArtNo.36002(42/83)
◆国内IT産業の成長目標達成は依然可能?
【ニューデリー】情報技術(IT)産業の輸出ブームは持続し、アウトソーシング論争も盛況を呈しているが、IT国内産業の見通しはそれほど明るくない。(...続きを読む)
2005-08-05 ArtNo.36059(43/83)
◆製薬業界、製剤国内販売と対欧輸出の好調梃子に業績回復
【ニューデリー】インド製薬業界は、昨年第4四半期(2005/1-3)に不振な業績を記録したものの、今年第1四半期(2005/4-67)には、国内製剤ビジネスと欧州向け輸出の好調に支えられ、目覚ましい復調を実現した。(...続きを読む)
2005-08-08 ArtNo.36077(44/83)
◆作柄見通し、7月の降雨で改善
【ニューデリー】カリフ(kharif:初冬収穫作物)作物栽培地域の少なからぬ品種の作柄が、7月の良好な降雨で改善した。(...続きを読む)
2005-08-10 ArtNo.36086(45/83)
◆輸出入業者、ジャワハルラルネール港渋滞の対策要求
【コルカタ】マハラシュトラ州Mumbaiを最近襲った洪水の後遺症も手伝ってJawaharlal Nehru港における貨物処理の渋滞が一層深刻化する中、輸出業者や輸入業者は、インド政府に、早急に対策を講じるよう求めている。(...続きを読む)
2005-08-10 ArtNo.36089(46/83)
◆部品産業、自動車部門のスランプに関わらず二桁成長維持
【ニューデリー】自動車コンポーネント・メーカーは、インド自動車業界が第1四半期にスランプに陥る中で、輸出に照準を合わせ、業況不振乗り切りを図っている。(...続きを読む)
2005-08-10 ArtNo.36090(47/83)
◆PC価格、4年前の3分の1に
【ニューデリー】ブランド・パーソナル・コンピューター(PC)が、ローエンド・カラー・テレビジョンと同じ価格で手に入るなどと言うことは、最近まで思いもよらぬことだったが、減税、技術の進歩、競争過熱の相乗効果により、一般消費者は今や、4年前の3分の1に満たない1万ルピー以下でPCを手に入れられるようになった。(...続きを読む)
2005-08-12 ArtNo.36097(48/83)
◆熱延鋼、来月700-800ルピー値上げ:SAIL幹部
【ニューデリー】熱間圧延(HR)コイルの国内価格は、国際市場動向に従って、9月以降、トン当たり700~800ルピー上昇する見通しで、仮に国際価格が数ドル余計に上昇するなら、国内における値上げ幅は1000ルピーに達する可能性がある。(...続きを読む)
2005-08-12 ArtNo.36106(49/83)
◆サービス部門16業種20%以上の成長記録:FICCI
【ニューデリー】昨年(2004-05)は42サービス部門中16部門が、前年比20%を越す成長を記録した。(...続きを読む)
2005-08-17 ArtNo.36123(50/83)
◆インド進出外国企業の70%が黒字:商工会議所連盟
【ニューデリー】インド商工会議所連盟(FICCI:Federation of Indian Chambers of Commerce and Industry)の調査によると、インドに進出した外国企業の70%が利益を計上、84%がインド・ビジネスの先行きに明るい見通しを抱いている。(...続きを読む)
解説/論評 Interpretation/Commentary in 2005
◄◄◄ back83件の関連記事が見つかりました( 1/2 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
右ペイン・広告スペース
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.