SEAnews 2000/cat#15-1p 一次産品関連
左予備スペース
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
右予備スペース
Site Search
Delivered from Singapore
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
一次産品 Primary Industry in 2000
◄◄◄ back147件の関連記事が見つかりました( 1/3 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
元のページへ戻る ►2000-01-07 ArtNo.21474(1/147)
◆<馬>自動車/天然ガス/パーム油の輸出拡大
【クアラルンプル】国産車プロトンは昨年国内で好調な売れ行きを見せたが、国内販売に限らず、輸出も堅調な伸びを見た。(...続きを読む)
2000-01-14 ArtNo.21554(2/147)
◆<印度>UAILパートナー、アルミナ合弁事業契約に正式調印
【カルカッタ】オリッサ州Raygada地区に産するボーキサイトを用いて輸出向けのカルサイン・アルミナを年間100万トン製造することを目指すUtkal Alumina International Ltd (UAIL)はこのほど、同プロジェクトに出資するキー・プレーヤー3社--インディアン・アルミニウム(Indal)、アルキャン・アルミニウムLtd、ヒドロ・アルミニウム・オブ・ノルウェーが正式に合弁協定に調印したことを明らかにした。(...続きを読む)
2000-01-17 ArtNo.21567(3/147)
◆<印度>鉄鉱石業界、日本の景気回復に伴う波及効果は期待薄?
【ニューデリー】インド鉄鉱業界が伝統的顧客としてきた日本の景気には上向く兆しが生じているもののその波及効果はさして期待できそうにない。(...続きを読む)
2000-01-19 ArtNo.21593(4/147)
◆<馬>農園会社THグループ、インターネット・ビジネスに進出
【クアラルンプル】農園企業TH Group Bhdは17日、2人の事業家、Stephen Ong Chee Hung氏及びAlvin Gerald Yap Kong Liang氏と、ベンチャー・キャピタル会社“インターネット・テクノロジー・アジア・ベンチャーズSdn Bhd”を設立し、アジアの戦略部門、取り分けインターネット・エコノミー及びEコマースに関連した企業に投資する計画を発表した。(...続きを読む)
2000-03-08 ArtNo.21783(5/147)
◆アルキャン、Indal持ち分売却?
【カルカッタ】Indian Aluminium Company(Indal)とその54%オーナー、Alcanの手切れ話が、カナダ企業アルキャン、フランスのPechiney、スイスのAlgroupの合併により発足するA.P.A.によって持ち出される可能性が予想されると言う。(...続きを読む)
2000-03-08 ArtNo.21785(6/147)
◆年初9ヶ月のセメント輸出大幅に減少
【カルカッタ】インフラ問題や近隣諸国の新設備が稼働したことから年初9ヶ月(1999/4-12)のインドのセメント輸出は大幅な減少を見た。(...続きを読む)
2000-03-08 ArtNo.21788(7/147)
◆Tanfac、農業化学品/薬品原料に照準
【チェンナイ】Aditya BirlaグループのTanfac Industries Ltd は向こう数年をかけて農業化学品/医薬品製造原料の潜在市場を開拓する方針だ。(...続きを読む)
2000-03-09 ArtNo.21809(8/147)
◆ボンベイ植物油取引所、食油先物取引導入
【アーマダバード】ボンベイ植物油取引所(BOOE:Bombay Oilseeds and Oil Exchange)は4月1日から立ち会い方式によるRBD(精製・漂白・防臭)パーム油/ピーナッツ油搾油粕/精製向日葵油の先物取引を導入する。(...続きを読む)
2000-03-13 ArtNo.21827(9/147)
◆BJP政権、農業問題でも窮地に
【ニューデリー】穀物及び肥料の値上げ問題を巡り、野党ばかりでなく、友党からも非難の砲火を浴びているインド人民党(BJP)連立政権は、小麦の最低支持価格(MSP)問題でも窮地に立たされている。(...続きを読む)
2000-03-13 ArtNo.21831(10/147)
◆セメント業界、好成長に乗じ値上げ準備
【ニューデリー/チェンナイ】政府のインフラ/住宅建設振興策に伴う国内消費の拡大に牽引され、今年度(1999/2000)のセメント生産は4年来最高の15%の成長を遂げ、9400万トンを突破する見通しだ。
過去3年の年間成長率はいずれも10%に達していない。
こうした中で過去数ヶ月間に一連の値上げを行ってきた南部及び北部の製造業者は新たな値上げを準備している。(...続きを読む)
2000-03-13 ArtNo.21838(11/147)
◆Aventis CropScience、傘下殺虫剤会社2社の業務を統合
【ムンバイ】Aventis CropScienceグループに属する殺虫剤会社2社AgrEvo India LtdとRhone-Poulenc Agrochemicals India Ltdは10日、 今年4月1日よりセールス/マーケッティング/ディストリビューション領域で戦略提携すると発表した。(...続きを読む)
2000-03-13 ArtNo.21839(12/147)
◆年初3ヶ月にパーム原油2万1136トン輸入
【ニューデリー】今年初3ヶ月(オイル・イヤー1999/11-2000/1)のパーム原油輸入は2万1136トンと、1998/99年の無視できるほどの量から急増を見た。(...続きを読む)
2000-03-14 ArtNo.21851(13/147)
◆Vikas WSPグアールガム・ポリマー施設に195クロー投資
【ムンバイ】Vikas WSPはグジャラート州Vadodaraに195クローを投じ、油井掘削/ラテックス・ペイント/爆発物/天然ガス探査等のプロジェクト用いるグアールガム・ポリマーの加工施設を設ける。(...続きを読む)
2000-03-15 ArtNo.21857(14/147)
◆トラクター販売、2月もマイナス成長記録
【チェンナイ】自動車産業の他の部門がおおむね活況を謳歌する中で、トラクター部門の売上は1月に続き2月もマイナス成長を記録した。(...続きを読む)
2000-03-17 ArtNo.21883(15/147)
◆ミシュラン、マハラシュトラ州にラジアル・タイヤ工場
【ムンバイ】フランスのゴム会社ミシュランはマハラシュトラ州に500クローを投じ、高品質なラジアル・タイヤの製造工場を設ける。(...続きを読む)
2000-03-20 ArtNo.21895(16/147)
◆化学肥料会社政府持ち分の74%を戦略パートナーに売却:CGD
【ニューデリー】政府持ち分処分に関する中核グループ(CGD)はRashtriya Chemicals and Fertilisers Ltd (RCF)の74%の政府持ち分を戦略的バイヤーに売却する案を承認、同問題は政府持ち分処分に関する内閣委員会(CCD)の最終審査に委ねられた。(...続きを読む)
2000-03-20 ArtNo.21896(17/147)
◆米国企業Kemin、飼料添加物工場オープン
【チェンナイ】米国拠点Kemin Industries Incが完全出資するKemin Nutritional Technologies (India) Private Ltdは16日チェンナイ付近のGummidipoondiに設けた非薬品飼料添加物工場をオープンした。(...続きを読む)
2000-03-20 ArtNo.21897(18/147)
◆ナチュラル・メディカル・プロダクツ、自然薬13種類製造
【チェンナイ】フランスの芳香療法提唱者J. Philippe氏に率いられるMarkandeグループとTamilnadu Industrial Development Corporation (TIDCO:11%出資)の合弁に成るIndian Natural Medical Products Pvt Ltd(INMP)は自然薬13種類の製造の準備が整い、輸出市場についても突破口を開いたようだ。(...続きを読む)
2000-03-23 ArtNo.21941(19/147)
◆石油化学のリライアンス、カルナタカ州でメガ農園事業計画
【バンガロール】リライアンス・インダストリーズLtd(RIL)はカルナタカ州におけるアグロ・ビジネスに500クロー以上を投じる計画で、民間法人が経営するものとしては恐らく国内最大の農園が誕生する見通しだ。
RILはカルナタカ州においてやはり500クローを投じた広帯域インターネット幹線網の構築も手掛けている。(...続きを読む)
2000-03-24 ArtNo.21960(20/147)
◆茶農園の外資上限を74%にアップ検討:商工相
【ニューデリー】インド政府は茶農園に対する外国直接投資(FDI)上限を現在の24%から74%に引き上げる可能性を検討している。(...続きを読む)
2000-03-28 ArtNo.21987(21/147)
◆ハイドロクレイブ、一連のバイオ医療廃棄物処理プラント建設計画
【ニューデリー】米国企業Hydroclave Systems Corporation(HSC)は、インドに一連のバイオ医療廃棄物オフサイト処理施設を設けることを検討している。(...続きを読む)
2000-03-28 ArtNo.21989(22/147)
◆ココナツ油/コプラ価格、急落、値下がり持続も
【コーチン】ココナツ油の1キンタル(100キロ)当たり価格は今年1月及び昨年3月の5400ルピーから、先週金曜(3/24)の3600ルピーに33%急落、コプラも昨年同期の3100ルピーから2750ルピーに値下がりした。(...続きを読む)
2000-03-29 ArtNo.21993(23/147)
◆マハラシュトラ州電力局、キャプティブ炭鉱開発入札募集
【ムンバイ】マハラシュトラ州電力局(MSEB)はVidarbha地区におけるキャプティブ炭鉱の開発パートナーを求める国際入札を募集した。
入札の締め切りは5月15日で、翌16日に結果が公表される。(...続きを読む)
2000-04-04 ArtNo.22057(24/147)
◆ITC、アンドラプラデシュ州にUS$3億投資
【ハイデラバード】タバコ・ジャイアンツITC Ltdは、アンドラプラデシュ州に1300クロー(US$2.98億)を投資する計画だ。
詳細は伝えられていないが、Eコマース関連の情報技術(IT)開発センターをハイデラバードに設けるものと予想されている。(...続きを読む)
2000-04-04 ArtNo.22062(25/147)
◆世界のダイヤモンド貿易センター目指す
【ニューデリー】インドは既に世界の主要なダイヤモンド輸出国に列しているが、政府は新輸出入政策の下、ダイヤモンド・ダラー勘定を設け、世界のダイヤモンド・トレーディング・センターとしてのプレゼンスを築く計画だ。(...続きを読む)
2000-04-05 ArtNo.22068(26/147)
◆仏Lafarge、メガラヤにセメント製造工場計画
【シロン】フランスのセメント大手Lafargeはインド北東部のメガラヤ州Jaintia Hills districtのLumshnongにセメント製造施設を設ける計画で、メガラヤ州政府と交渉を進めている。(...続きを読む)
2000-04-06 ArtNo.22088(27/147)
◆炭鉱法改正し、民間投資促進
【ニューデリー】政府は1973年炭鉱(国有化)法を修正し、民間の炭鉱業への投資を加速することを検討している。(...続きを読む)
2000-04-10 ArtNo.22113(28/147)
◆炭鉱事業開放/高速道路基金の設置等を閣議決定
【ニューデリー】インド政府は先週水曜の閣議の席上、地元民間部門に炭鉱事業を開放すること等、複数の懸案事項を採決した。(...続きを読む)
2000-04-12 ArtNo.22142(29/147)
◆北部/東部のセメント価格低迷持続
【ニューデリー】生産者価格の点からすれば、インド・セメント産業にとって現在は決して最良の時期とは言えず、こうした見通しを裏付ける現象は、程度の差こそあれ、全国各地に見られる。
例えば一時、成長地帯と目されたケララやタミールナド等の南部にしても、設備の拡張やサプライ・サイドの管理不良、あるいは政治問題等から現在の価格は、過去数年のそれを下回っている。(...続きを読む)
2000-04-13 ArtNo.22168(30/147)
◆タミールナド州、ゴム工業団地開発
【チェンナイ】タミールナド州政府は天然ゴム・プランテーション・ベルトの中心に位置するKanyakumariディストリクトの135エーカーの土地に、ゴム・ベースの工業パークを開発する計画で、商工省に補助を申請している。(...続きを読む)
2000-04-17 ArtNo.22200(31/147)
◆輸入パーム油値上がり、キャスター油は値下がり
【ムンバイ】地元の買い注文や良好な国際需要から輸入パーム油価格の新たな値上がりが生じた。
他所では輸出需要の拡大でキャスターシードの6月もの契約が回復に転じたが、13日のムンバイ市場では工業主や荷主の需要低迷でキャスターオイルもキャスターシードも一層の値下がりを見た。(...続きを読む)
2000-04-18 ArtNo.22210(32/147)
◆年初11ヶ月のタイヤ生産7%アップ
【コチ】昨年初11ヶ月(99/04-00/02)のインド国内のタイヤ生産は前年同期の3045万2000本から3272万7000本に、7%の成長を見た。(...続きを読む)
2000-04-24 ArtNo.22249(33/147)
◆国営鉄鉱会社KIOCL、好業績に関わらず事業縮小
【ニューデリー】国内最大の輸出志向ユニット、Kudremukh Iron Ore Company Ltd(KIOCL)は、昨年(99/00)、生産目標を超過達成し、利益を2倍に拡大したにも関わらず、今年(00/01)は営業規模を大幅に縮小する計画だ。(...続きを読む)
2000-04-26 ArtNo.22280(34/147)
◆窒素/リン酸塩生産能力アップ、生産高ダウン
【ニューデリー】尿素を含む窒素肥料の今年2月の生産高は86万トン、リン酸塩肥料のそれは22万3000トンと、いずれも目標とする各92万7000トンと27万1000トンを下回った。(...続きを読む)
2000-05-03 ArtNo.22336(35/147)
◆非戦略部門PSU政府持分を26%に引き下げ提案
【ニューデリー】貿易と産業に関する首相諮問委員会は先週土曜(4/29)、非戦略部門公共企業(PSU)政府持分の26%への引き下げ、繊維産業の保護撤廃、農業向け電力料の引き上げ、製糖業に対する統制解除を政府に提案した。(...続きを読む)
2000-05-10 ArtNo.22414(36/147)
◆非原料炭輸入関税を15%から25%に引き上げ
【カルカッタ】ヤシュワント・シンハ蔵相は、国内石炭業者がその生産を拡張し、第10次5カ年計画期間の需要に応じるためには、なお数年の保護が必要との判断から、非原料炭に対する輸入関税を15%から25%に引き上げた。
これは地元業界の要望に沿ったもので、即日発効した。(...続きを読む)
2000-05-11 ArtNo.22427(37/147)
◆鉱山会社KIOCLの政府持分売却の裁定見送り
【ニューデリー】政府持分処分局(DOD:department of disinvestment)は黒字経営の鉄鉱会社Kudremukh Iron Ore Company Ltd (KIOCL)とカルナタカ州政府の鉱業リース権に関する協議が妥結するまで、KIOCLの政府持分売却に関する裁定を見送くる方針を決めた。(...続きを読む)
2000-05-24 ArtNo.22556(38/147)
◆繊維製品輸出6.1%アップ
【ニューデリー】インドの繊維製品輸出は1998/99年度に1.8%のマイナス成長を記録したが、1999/2000年度には133億2480万米ドルと、前年の125億5580万米ドルから6.1%の成長を遂げた。
しかし通年の目標額143億8500万米ドルを7%下回った。(...続きを読む)
2000-05-25 ArtNo.22569(39/147)
◆Eicher、中型トラクターにシフト
【ニューデリー】Eicher Ltd傘下のEicher Tractors Ltd(ETL)は、同社が市場シェア60%を誇る24馬力トラクターの売れ行きが鈍化したことから、30~40馬力の中型トラクターに重心を移動する方針だ。(...続きを読む)
2000-05-26 ArtNo.22576(40/147)
◆銑鉄業界の中国産コークス輸入に反ダンピング税免除
【ムンバイ】インド政府は、銑鉄の製造に用いられる中国産冶金用コークスに対する反ダンピング税を免除する方針を決めた。
しかし合金鉄メーカーや苛性ソーダ業界が中国産コークスを輸入する際には、依然として反ダンピング税が徴収される。(...続きを読む)
2000-05-26 ArtNo.22578(41/147)
◆Hindalco、今月末にIndal権益買収完了
【カルカッタ】Aditya Birla Group傘下のHindalco Industries Ltd(HIL)は今月末にはIndal Aluminium Company Ltd (Indal)の54.6%の権益の支払いを完了する。
これに伴いIndalはモントリオール拠点のAlcan Aluminium Companyグループから離脱し、HILの子会社として再スタートすることになる。(...続きを読む)
2000-05-26 ArtNo.22579(42/147)
◆政府持分処分局、ナショナル・ミネラルの持分売却も延期
【ニューデリー】政府持分処分局(DOD:department of disinvestment)はNational Mineral Development Corporation (NMDC)の政府持分の処分を延期、その判断を政府持分処分閣僚委員会(CCD)に委ねた。(...続きを読む)
2000-05-31 ArtNo.22622(43/147)
◆三井物産、インディアン・アイアン&スチールの民営化に関心
【カルカッタ】国営製鉄会社Steel Authority of India Ltd(SAIL)が西ベンガル州Burnpurに設けた子会社Indian Iron & Steel Co(Iisco)の民営化入札に、三井物産、ロシアのTyazPromExports (TPE)、ウクライナと中国の鉄鋼グループ、が関心を表明した。(...続きを読む)
2000-06-02 ArtNo.22654(44/147)
◆ルノー、トラクター会社の20%権益買収
【ニューデリー】フランスの自動車会社Renaultは、手付け金44クローを支払いInternational Tractors Limited (ITL)の20%の権益を買収することで後者と合意、インド・トラクター市場に橋頭堡を築いた。(...続きを読む)
2000-06-06 ArtNo.22681(45/147)
◆ハイグレード・ペレット、スラリ・パイプライン工事着手
【ヴィシャカパトナム】地元のEssar Groupが49%、Stemcor (UK) Ltdが51%出資するHy-Grade Pellets Ltdは2日、アンドラプラデシュ州のN Chandrababu Naidu首席大臣の立ち会いの下、世界第2の長さのスラリ・パイプラインを建設する鉄鉱石ペレタイゼーション・プロジェクトの第2期工事に着手した。(...続きを読む)
2000-06-06 ArtNo.22682(46/147)
◆好収益の鉱山会社KIOCL、廃業の瀬戸際に
【ニューデリー】年間1億5000万米ドルの外貨収入をあげる国内最大の100%輸出志向ユニット、Kudremukh Iron Ore Company(KIOCL)が、このままでは今年7月をもって廃業せざるを得ない苦境に立たされている。(...続きを読む)
2000-06-08 ArtNo.22720(47/147)
◆エスコーツ、南部諸州向けトラクター新モデル近く発売
【ニューデリー】地場トラクター・メジャー、Escorts Ltdはタミールナド/カルナタカ/アンドラプラデシュ等南部諸州の水田耕作に適したストレート車軸装備のPowertracブランド・トラクター、3モデルを近く発売する。(...続きを読む)
2000-06-21 ArtNo.22848(48/147)
◆タタ、クロム鉱/精鉱製造事業に注力
【ニューデリー】国内生産のほぼ50%に相当する年間75万トンのクロム鉱を生産しているTata Iron and Steel Company (Tisco)は、クロム鉱の生産量を100万トンに拡大するとともに、クロム鉄(HCFC:high carbon ferro chrome)の生産を2000-01年度には20万トンに、長期的には30万トンに拡大する計画だ。(...続きを読む)
2000-06-23 ArtNo.22878(49/147)
◆オリッサ・マイニング、Tiscoへのクロム鉱山リース説否定
【カルカッタ】クロム鉱や鉄鉱、その他の鉱物の採掘を手掛ける政府所有のOrissa Mining Corp Ltdは、クロム鉱山をTata Iron & Steel Co Ltd(TISCO)にリースするとの報道を否定した。(...続きを読む)
2000-06-26 ArtNo.22901(50/147)
◆インド政府、メガ肥料合弁認可、オマーン政府は撤退確認
【ニューデリー】オマーン政府はインド側プロモーターを務めるIndian Farmers Fertilisers Cooperative(Iffco)及びKrishak Bharti Cooperative(Kribhco)の意思決定の遅れを理由に、オマーン国内における4500クローの尿素合弁プロジェクト協定をキャンセルする。(...続きを読む)
一次産品 Primary Industry in 2000
◄◄◄ back147件の関連記事が見つかりました( 1/3 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
右ペイン・広告スペース
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.