SEAnews 2000/cat#16-1p 運輸
左予備スペース
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
右予備スペース
Site Search
Delivered from Singapore
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
ロジスティクス Logistics in 2000
◄◄◄ back215件の関連記事が見つかりました( 1/5 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
元のページへ戻る ►2000-01-05 ArtNo.21439(1/215)
◆<星>PSA、域内港湾のウォーターフロント開発請負目指す
【シンガポール】シンガポール港湾局(PSA)を前身とするPSAコーポレーション(PSAC)は、ウォーターフロント複合開発のノーハウを世界市場に売り込む計画だ。(...続きを読む)
2000-01-06 ArtNo.21456(2/215)
◆<馬>マラヤ鉄道、ジョホール/バンコク東海岸便販促準備
【クアラルンプル】マラヤ鉄道を経営するクレタピ・タナ・ムラユ(KTM)Bhdはマレイ半島東海岸沿いにジョホール州Tanjung Pelepasとタイの首都バンコクを結ぶ“イースト・コースト・レール・ランドブリッジ”を販促する計画だ。(...続きを読む)
2000-01-07 ArtNo.21466(3/215)
◆<星>貿易開発局、Eロジスティクス振興
【シンガポール】貿易開発局(TDB)は、シンガポール・ロジスティクス業界のEロジスティクス進出を支援する情報技術(IT)アクション・プランを発表した。(...続きを読む)
2000-01-07 ArtNo.21467(4/215)
◆<星>AMO、台湾トップ半導体チップ会社とオンライン契約
【シンガポール】電子業界向けにインターネット・トレーディング・ハブ・サービスを提供するシンガポールの地元企業Advanced Manufacturing Online(AMO)は、台湾拠点の世界的半導体ファンドリー会社、Taiwan Semiconductor Manufacturing Co(TSMC)と、後者のサプライヤー1000社(総数の5分の1)をインターネットに乗せる契約を結んだ。(...続きを読む)
2000-01-10 ArtNo.21488(5/215)
◆<馬>法人債務再編委員会、首都圏2軽便鉄道の合併準備
【クアラルンプル】民間部門債務再編の調整役を務める法人債務再編委員会(CDRC:Corporate Debt Restructuring Committee)は、今年半ばまでに営業を停止する2路線の首都圏軽便鉄道(LRT)システムの合併統合を図っている。(...続きを読む)
2000-01-11 ArtNo.21504(6/215)
◆<馬>オラクル、ビジネス・フォーカスITをパートナーに指名
【クアラルンプル】Oracle Systems Malaysia Sdn BhdはBusiness Focus IT(BFIT)をビジネス・パートナーに指名した。(...続きを読む)
2000-01-12 ArtNo.21517(7/215)
◆<馬>海運会社MISC株価、今後急上昇も:アナリスト
【クアラルンプル】昨年来クアラルンプル証取(KLSE)の取引が活況を呈しているにも関わらず、Malaysian International Shipping Corp (Misc)株は、投資家の関心を呼ばず低調に推移してきたが、アナリストらは間もなく同社の株価が上昇に転じるものと見ている。(...続きを読む)
2000-01-13 ArtNo.21532(8/215)
◆<馬>サダオICD、鉄道輸送/保税ライセンスに期待
【サダオ】マレーシアのKonsortium Perkapalan Bhd(KPB)とタイのMalee Wanasookの合弁に成るSadao Inland Container Depot Co Ltd(サダオICD)は、鉄道輸送方式の導入と、保税倉庫ステータスの獲得を目指している。(...続きを読む)
2000-01-14 ArtNo.21547(9/215)
◆<馬>サラワク州政府、ハイテク製品の急送サービス会社物色
【クチン】サラワク州政府は、航空貨物輸送会社やクーリエ会社と、同州で生産されたハイテク製品の輸送問題について交渉を進めている。(...続きを読む)
2000-01-14 ArtNo.21552(10/215)
◆<印度>主要5空港を長期ベースでリース
【ニューデリー】インド政府は12日、国内の主要5空港(デリー/ムンバイ/カルカッタ/チェンナイ/バンガロール)を法人化するとともに、長期ベースでリースすることを閣議決定した。(...続きを読む)
2000-01-17 ArtNo.21560(11/215)
◆<星>PSAコープ、サンフランシスコ港の再開発合弁契約獲得
【シンガポール】PSAコーポレーションは13日、同社が参加するコンソーシアム、San Francisco Cruise Terminalが、ポート・オブ・サンフランシスコから2億7000万米ドル相当のBryant Street Pier Project及びJames R Herman International Cruise Terminalの建設契約を獲得したと発表した。(...続きを読む)
2000-01-17 ArtNo.21565(12/215)
◆<馬>MAS親会社の債務再編近く完了:CDRC
【クアラルンプル】法人債務再編委員会(CDRC)のC Rajandram会長は14日、マレーシア航空(MAS)の親会社Naluri Bhdの債務再編は間もなく完了し、近く関係発表がなされると語った。(...続きを読む)
2000-01-20 ArtNo.21614(13/215)
◆<印度>1ヶ月以内に5空港賃貸計画顧問指名
【ニューデリー】国内主要5空港を民間にリースする方針を決めたインド政府は、同計画の金融顧問を1ヶ月以内に指名し、9月には入札を募集、今年末までに契約調印にこぎつける計画だ。(...続きを読む)
2000-01-21 ArtNo.21629(14/215)
◆<印度>専門委、鉄道沿線光ファイバー敷設入札の条件修正勧告
【ニューデリー】鉄道専門委員会は鉄道沿線に光りファイバー・ケーブル(OFC)を敷設するプロジェクトの入札条件を修正し、利益分与率を審査条件に加えること等を提案した。(...続きを読む)
2000-01-21 ArtNo.21631(15/215)
◆<印度>港湾争議、短期決着は望み薄?
【ニューデリー】今週火曜に発生した全国11の主要港におけるストライキは政府と労組が交渉の席につかぬまま膠着状態が続いており、短期間に決着する見通しは薄いとされる。(...続きを読む)
2000-01-24 ArtNo.21641(16/215)
◆<馬>IBS、ウェブ・サプライ・チェーン・ソルーション提供
【クアラルンプル】スウェーデン企業International Business Systems Publikt Aktiebolag(IBS)がサイバージャヤに設けたIBS Asia Pacific Competence Centre(IBS-APCC)Sdn Bhdは、Mimos Smart Computing Sdn Bhd (MSCSB)にウェブ対応サプライ・チェーン・ソルーションを納入する90万Mドルの契約を獲得した。(...続きを読む)
2000-01-25 ArtNo.21661(17/215)
◆<印度>港湾ストライキ、終息
【ムンバイ】インド労組は23日、政府が待遇改善要求を部分的に受け入れたことから5日間にわたり全国11の主要港を混乱に陥らせた港湾ストライキを中止した。
港湾業務の渋滞に伴う被害は9000万米ドルと見積もられている。(...続きを読む)
2000-01-27 ArtNo.21680(18/215)
◆<星>ロジスティクス会社Kimtrans、株式公開
【シンガポール】鉱業界向けロジスティクス・サービスを手掛けるSembawang Kimtransは増資後の発行株式の35%に相当する額面10Sセントの8960万株を1株20Sセントで公開、1450万Sドルを調達する計画だ。
公開公募(IPO)は2月1日に締め切られ、同月3日から取引が開始される。(...続きを読む)
2000-01-27 ArtNo.21687(19/215)
◆<印度>政府、インド・エアラインズの51%権益売却決定
【ニューデリー】インド政府は25日、インディアン・エアラインズ(IA)の51%の政府持ち分を戦略的合弁パートナー、一般投資家、金融機関、従業員に公開、IAを民営化する計画を明らかにした。(...続きを読む)
2000-01-28 ArtNo.21705(20/215)
◆<印度>SAIL、レール受注に期待
【ニューデリー】スチール・オーソリティー・オブ・インディアLtd(SAIL)は、Bhilai Steel Plantからのレール購入量を拡大するよう求めたDilip Ray鉄鋼産業担当国務相の依頼に、Mamata Banerjee鉄道相が快諾したことから、1999/2000年度の残された期間ばかりでなく、2000/2001年度の受注も拡大するものと期待している。(...続きを読む)
2000-03-10 ArtNo.21812(21/215)
◆国有鉄道、テレコム子会社創設準備
【ニューデリー】インドの国有鉄道The Railways(TR)は、新たな収入源になる潜在性を有する非中核ビジネスを法人化する戦略に基づき、電気通信事業子会社の創設を準備している。(...続きを読む)
2000-03-10 ArtNo.21823(22/215)
◆ペトロネットLNG入札に日本等から海運会社12社が応募
【ニューデリー】Petronet LNGが募集したカタールからの液化天然ガス(LNG)輸送契約に関わる予備入札には日本、韓国、マレーシア、フランス、ベルギー、米国から海運会社12社が応募した。(...続きを読む)
2000-03-14 ArtNo.21842(23/215)
◆オープン・スカイ・ポリシーを即日導入!
【ニューデリー】ニューデリー及びムンバイ両空港の利用者が急増する中で、インド政府は10日、にわかにオープンスカイ・ポリシー導入の方針を決め、全ての国際航空会社に増便と大型航空機の使用を認めた。
新措置は即日発効、譬え相互乗り入れ便数協定が結ばれていても、航空会社は増便を許されることになった。(...続きを読む)
2000-03-22 ArtNo.21923(24/215)
◆国営鉄道、地方子会社設け鉄道敷設プロジェクト加速
【パナジ】インディアン・レールウェイズ(Rys)は各州政府の参加も得、地方ごとに子会社を設け、優先区間の鉄道プロジェクトを加速する可能性を検討している。(...続きを読む)
2000-03-28 ArtNo.21990(25/215)
◆米国/欧州航路コンテナ運賃、5月に大幅値上げ
【ムンバイ】インドと米国間のコンテナ輸送を手掛けるサンフランシスコ拠点のトランス・パシフィック・スタビライゼーション・アグリメント(TSA)に加盟する外国海運会社12社は、5月1日より大幅な運賃値上げに踏み切るもようだ。(...続きを読む)
2000-03-29 ArtNo.21991(26/215)
◆Gangavaram港開発を再入札に
【ハイデラバード】アンドラプラデシュ政府はGangavaram港を近代的施設を備えたメガ・ポートに再開発すると言う野心的プロジェクトを再入札にかける方針を決めた。(...続きを読む)
2000-03-29 ArtNo.21992(27/215)
◆炭化水素資源展望報告書に基づきLNG輸送政策立案
【ニューデリー】インド政府は“炭化水素資源展望2025(Hydrocarbons Vision 2025)”報告書の提案に基づき、専門委員会を設けて液化天然ガス(LNG)の輸送問題や民間製油所にマーケッティング・アクセスを提供する問題等を検討する方針だ。(...続きを読む)
2000-03-30 ArtNo.22013(28/215)
◆オープン・スカイ・ポリシー下に100万座席拡張許可
【ムンバイ】過去数年にわたる閉鎖政策とは打って変わり、政府はにわかに領空を開放、インド乗り入れている航空会社各社の離着陸便に対して合計100万シートの拡張を認めた。(...続きを読む)
2000-04-03 ArtNo.22041(29/215)
◆鉄道省、車両購買政策を自由化
【ニューデリー】Mamata Banerjee鉄道相は鉄道車両調達政策を自由化、2001/02年度より鉄道車両製造業界の新参と古参の区別を一掃、400クロー以上の購買に関しては鉄道車両メーカーに発注すると発表した。(...続きを読む)
2000-04-05 ArtNo.22067(30/215)
◆閣僚委、今週US$123億ハイウェー・プロジェクト認可?
【ニューデリー】インド政府の経済閣僚委員会(CCEA)は今週会合し、総延長1万3245キロ、見積もりコスト5万4000クロー(US$123.8532億)のナショナル・ハイウェー・デベロプメント・プロジェクト(NHDP)にゴー・サインを出すものと見られる。(...続きを読む)
2000-04-06 ArtNo.22082(31/215)
◆ヴィサカパトナム港湾局、停泊施設建設の再入札検討
【ヴィサカパトナム】アンドラプラデシュ州のヴィサカパトナム港湾局(VPT:Visakhapatnam Port Trust)は内港に2バースを増設する計画の再入札を検討しており、間もなく決定を下すもようだ。(...続きを読む)
2000-04-06 ArtNo.22083(32/215)
◆輸出業界、空輸キャパシティー不足で二重の打撃
【ニューデリー】新年度予算に盛り込まれた輸出収入に対する課税措置の衝撃から立ち直り切れぬ輸出業界は、今度は空輸貨物の未曾有のトラフィック・ジャムに直面、二重の打撃を受けている。(...続きを読む)
2000-04-07 ArtNo.22096(33/215)
◆海運局、LNG輸送船に国内登録義務づけ/免税優待提案
【ニューデリー】海運局(DOS)はPetronet LNG Ltd (PLL)がカタールからDahej/Kochiターミナルに液化天然ガス(LNG)を輸送するために長期チャーターするLNG輸送船に外国における登録5年後にインド登録に転換することを義務づけるよう提案した。(...続きを読む)
2000-04-10 ArtNo.22112(34/215)
◆政府、US$123億ハイウェイ事業を認可
【ニューデリー】インド政府は先週水曜の閣議で全長1万3245キロ、総見積もりコスト5万4000クロー(US$123.8532億)のナショナル・ハイウェイ・デベロプメント・プロジェクト(NHDP)を認可した。(...続きを読む)
2000-04-10 ArtNo.22113(35/215)
◆炭鉱事業開放/高速道路基金の設置等を閣議決定
【ニューデリー】インド政府は先週水曜の閣議の席上、地元民間部門に炭鉱事業を開放すること等、複数の懸案事項を採決した。(...続きを読む)
2000-04-12 ArtNo.22146(36/215)
◆タミールナド、中小港の再開発梃子に州経済の成長加速目指す
【チェンナイ】タミールナド州政府は1000キロに及ぶ海岸線に点在する小規模な港湾を州経済の成長を加速するゲートウェイとして再開発する計画だ。(...続きを読む)
2000-04-12 ArtNo.22150(37/215)
◆アサー/マッキンゼイ等、鉄道光ファイバー事業契約競う
【ニューデリー】国有鉄道The Railways(Rys)が計画する鉄道路線に沿った光ファイバー通信網の構築プロジェクトを巡り、Arthur Andersen、McKinsey、KPMG、PriceWaterhouse Coopers、AF Ferguson、Alcatel等がコンサルタント・サービス契約の獲得を目指し競争している。(...続きを読む)
2000-04-13 ArtNo.22157(38/215)
◆コーチン港湾局、P&Oとのコンテナターミナル建設協議膠着
【ニューデリー】コーチン・ポート・トラスト(CPT)のコンテナ・ターミナル建設事業入札では、P&O Portsただ1社が最終入札資格を認められたが、P&O側から提起された条件を巡り協議が膠着、最終入札が行われるか否かも微妙になっている。(...続きを読む)
2000-04-14 ArtNo.22184(39/215)
◆昨年の主要11港の貨物処理量5.38%アップ
【ニューデリー】インドの主要11港は1999/2000年度に2億7187万トンの貨物を処理し、目標(2億5800万トン)を5.38%超過達成した。
国内港湾の貨物処理能力は、前年の2億5172万トンから8.01%拡大した。(...続きを読む)
2000-04-14 ArtNo.22185(40/215)
◆港湾労働者、今月30日より無期限スト準備
【カルカッタ】国内主要港の港湾労働者は12日、運輸相が行った公約を政府が履行しないなら4月30日より全国規模の無期限ストライキを実施すると声明した。(...続きを読む)
2000-04-17 ArtNo.22197(41/215)
◆6空港に国際空港ステータス、空港建設への民間参加に弾み
【ニューデリー】インド政府は13日、Goa、Guwahati、Ahmedabad、Hyderabad、Kochi、Amritsarの空港にインターナショナル・エアポートのステータスを与えた。(...続きを読む)
2000-04-17 ArtNo.22198(42/215)
◆タタ、ムンバイ港キャプティブ停泊施設建設契約獲得
【ニューデリー】運輸省はムンバイ港Pir Pauに石炭と一般貨物用のキャプティブ停泊施設を設ける工事をTata Electric Company (TEC)に委ねた。(...続きを読む)
2000-04-18 ArtNo.22211(43/215)
◆自動車の鉄道輸送100%アップ
【ニューデリー】鉄道を通じた昨年(99/00)の自動車輸送は100%以上の成長を遂げ、自動車用rakeの数は、前年の244から520にアップ、自動車輸送売上も同11.8クローから32.7クローに増加した。(...続きを読む)
2000-04-20 ArtNo.22242(44/215)
◆空港開発への100%外資導入もOK:民間航空相
【ニューデリー】民間航空省は航空事業の成長を強く望んでおり、空港開発に対する外資の100%出資も受け入れる用意がある。(...続きを読む)
2000-04-20 ArtNo.22243(45/215)
◆3コンソーシアム、ネール港化学ターミナル契約競う
【ニューデリー】マハラシュトラ州Navi MumbaiのJawaharlal Nehru Port Trust(JNPT)に2000クロー(US$4.58億)を投じ、マリーン・ケミカル・ターミナルを建設するためのBOT(建設/経営/引渡)入札は、一次選考を通過した1)Indian Oil Tanking-Indian Oil Corporation-IBP Ltd、2)United Storage Tanking Terminal-IMC-Van Ommeren、3)Dredging International-IPEM N.V. の3コンソーシアムにより争われることになった。(...続きを読む)
2000-04-25 ArtNo.22265(46/215)
◆ハルディア・ドック・コンプレックス、新原油埠頭落成
【ハルディア】西ベンガル州Haldia Dock Complex(HDC)は先週金曜、年間原油処理能力600万トンの第3石油埠頭の落成式を催した。(...続きを読む)
2000-04-26 ArtNo.22277(47/215)
◆RIL/IOL、セントラル・インディア・パイプライン計画
【ムンバイ】Reliance Petroleum Ltd(RPL)とIndian Oil Ltd(IOL)は石油・天然ガス省に総コスト4400クロー(US$10.08億)のセントラル・インディア・パイプライン(CIPL)合弁計画を提出した。(...続きを読む)
2000-04-26 ArtNo.22281(48/215)
◆ムンバイ市化学業界、近代的倉庫施設の使途に苦慮
【ムンバイ】ムンバイの化学品業界が共同で設けた非営利組織Antop Hill Warehousing Co (AHWC) Ltdは同市化学品業界が20年にわたり夢想してきた近代的な化学品(危険物を除く)倉庫第1期分を終に完成、24日にマハラシュトラ州のVilasrao Deshmuk首席大臣の立ち会いの下落成式を催したが、若干遅きに失した感があり、AHWCもマハラシュトラ州政府もジレンマに陥っている。(...続きを読む)
2000-04-27 ArtNo.22291(49/215)
◆ハイウェイ拡幅工事BOT入札を近く募集
【ニューデリー】インド全国高速道路局(NHAI)は、数日中にラジャスタン州におけるナショナル・ハイウェイ8号線(NH8)拡幅工事の財務入札を募集する。(...続きを読む)
2000-04-27 ArtNo.22297(50/215)
◆インテル、商用車大手ALLのメディア子会社に20%出資
【ムンバイ】インテル・コープはAshok Leyland(ALL)のS.P.Hinduja会長が所有するIndusInd Media & Communicationsの20%のシェアを買収した。(...続きを読む)
ロジスティクス Logistics in 2000
◄◄◄ back215件の関連記事が見つかりました( 1/5 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
右ペイン・広告スペース
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.