左予備スペース
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
右予備スペース
Site Search
Delivered from Singapore
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
輸送機器 Transport Equipment in 1997
◄◄◄ back603件の関連記事が見つかりました( 1/13 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
元のページへ戻る ►1997-01-04 ArtNo.8900(1/603)
◆<馬>プロメット等の権益移譲通じ2若手企業家が戦略提携
【クアラルンプル】マレーシアの若手企業家ソー・チーウェン氏(36)はプロメットBhdの17%権益とクラナマス・インダストリーズBhdの32%権益を現金6億6450万Mドルでブルジャヤ・インダッストリアルBhd(BIB)に売却、後者を率いる新進の企業家リン・ヒーリョン氏(27/リン運輸相の子息)と戦略提携を結んだ。(...続きを読む)
1997-01-06 ArtNo.8914(2/603)
◆<馬>パンタス、フィンランド製消防車/救急車製造
【クアラルンプル】地元の消防車/救急車ディストリビューター、Pantas Fabristeel Sdn Bhdは、このほどフィンランド企業Crrus Oyと、Saurus商標の消防車及び救急車をマレーシアで製造する覚書を取り交わした。(...続きを読む)
1997-01-07 ArtNo.8930(3/603)
◆<馬>シーメンス、ロジスティクス施設等にM$4億投資
【クアラルンプル】シーメンス・マレーシアは今年はマラッカ工場のアップグレード等に4億Mドルを投じる。(...続きを読む)
1997-01-07 ArtNo.8931(4/603)
◆<馬>SAM/テレダインの合弁航空機修理センター、近く稼働
【クアラルンプル】Scandinavian Avionics Malaysia(SAM)と米国拠点の航空電子工学製品会社Teledyne Controls(TC)の合弁会社Teledyne Controls South East Asia Sdn Bhd(TCSEA)は、遅くとも今年4月末までにスバンのAirodコンプレックス内のSAM工場内における航空機修理業務を開始する。(...続きを読む)
1997-01-10 ArtNo.8967(5/603)
◆<星>STエアロ、航空機リース・ビジネスにUS$5億投資
【シンガポール】シンガポール・テクノロジーズ・エアロスペース(STエアロ)は、航空機リース市場を開拓するため、向こう数年間に5億米ドルを投じて航空機のプールを拡大する。(...続きを読む)
1997-01-10 ArtNo.8968(6/603)
◆<星>航空工業、昨年10%成長
【シンガポール】シンガポールの昨年の航空工業生産は15億8000万Sドルと、前年比10%の力強い成長を見た。(...続きを読む)
1997-01-11 ArtNo.8985(7/603)
◆<星>クベルネル、営業本部ステータス獲得
【シンガポール】ノルウェーのトップ工学/建設会社クベルネルASAはシンガポールを拠点にアジア大平洋地域市場の開拓に本腰を入れており、アジア大平洋地域売上が今年のグループ予想営業額100億米ドルの40%を占めるものと予想している。(...続きを読む)
1997-01-11 ArtNo.8988(8/603)
◆<馬>国際調達センターの申請受付:通産省
【クアラルンプル】通産省は9日、国際調達センター(IPC)設立申請の受付を開始したと発表した。
ラフィダ通産相がこの日の声明の中で明らかにしたところによれば、IPCの認定基準に関するガイドラインも通産省で手に入れることができる。(...続きを読む)
1997-01-15 ArtNo.9034(9/603)
◆<馬>UMW取締役、政府にサプラの買収提案棄却呼びかけ
【クアラルンプル】UMWホールディングズの独立の取締役を務めるMdユソフ・フシン氏は13日、プルモダラン・ナシオナルBhd(PNB)が所有するUMW権益に対するサプラ・ホールディングズSdn Bhdの買収提案を棄却するよう政府に呼び掛けた。(...続きを読む)
1997-01-16 ArtNo.9045(10/603)
◆<星>ディフェンス・アジア97開幕
【シンガポール】世界13カ国の製造業者78社の出展を得、“ディフェンス・アジア97”が15日、ワールド・トレード・センターで開幕した。(...続きを読む)
1997-01-16 ArtNo.9055(11/603)
◆<比>ロッキード、航空工業センター建設目指し事業化調査
【マニラ】米国企業ロキード・マーチン・コープはフィリピンに航空工業センターを設けるため事業化調査を実施する。(...続きを読む)
1997-01-18 ArtNo.9083(12/603)
◆<馬>昨年の非国産車生産39%アップ
【クアラルンプル】マレーシアの昨年の非国産車製造台数は15万6551台と、前年比39%アップ、1995年と同レベルの成長率を維持した。(...続きを読む)
1997-01-18 ArtNo.9085(13/603)
◆<泰>昨年の自動車販売3.1%増
【バンコク】昨年タイで販売された乗用車/商用車/1トン積みピックアップ・トラックは合計58万9126台と、前年比3.1%の伸びにとどまった。(...続きを読む)
1997-01-20 ArtNo.9100(14/603)
◆<印尼>日系自動車部品会社30社が工場進出計画
【ジャカルタ】日系自動車部品会社30社ほどが総投資額6000億ルピアの工場進出計画を準備している。(...続きを読む)
1997-01-21 ArtNo.9108(15/603)
◆<馬>マスター・ビルダー、ミニバス淘汰でバス増産
【クアラルンプル】DRB-Hicomグループ傘下のマスター・ビルダー(M)Sdn Bhd(MBM)はクアラルンプル市内のミニバス運行業者の路線を吸収しつつあるイントラコタ・コンソリデーテッドBhd(やはりDRB-Hicomグループ)の需要に応じるため、バスの生産拡張を図る。(...続きを読む)
1997-01-21 ArtNo.9109(16/603)
◆<馬>航空機部品センター、開業7ヶ月の売上M$100万
【クアラルンプル】Bombadier Regional Aircraft Divisionがスバンに設けた航空機部品流通センターは開業以来7ヶ月で100万Mドル以上の売上を実現した。(...続きを読む)
1997-01-24 ArtNo.9156(17/603)
◆<馬>DRB-Hicom、金融子会社合併し巨大企業に成長も
【クアラルンプル】マレーシアのDRB-Hicomグループは傘下金融子会社2社を合併し、強力な財政基盤を備えた支配的な企業グループとして浮上する可能性がある。(...続きを読む)
1997-01-28 ArtNo.9196(18/603)
◆<星>ダイアモンド、地域本部にロジスティクス・センター追加
【シンガポール】グラフィクス・カード市場をリードするダイアモンド・マルチメディアは、今年第2四半期にシンガポールのアジア大平洋地域本部にロジスティクス・センターを追加する。(...続きを読む)
1997-01-28 ArtNo.9206(19/603)
◆<泰>仏ガラス・メーカー、安全ガラスのアジア市場開拓
【バンコク】フランス拠点のSaint-GobainとTOA及びSrasin一族が60:35:5の出資率で設けたSelcourt Saint-Gobain TOA(SSGT)はタイを拠点にアジアの安全ガラス市場を開拓する計画だ。(...続きを読む)
1997-01-30 ArtNo.9237(20/603)
◆<比>ハンポ、US$10億造船プロジェクト見合わせ
【マニラ】韓国のHanboグループはフィリピンにおける10億米ドルの造船プロジェクトを見合わせる方針だ。(...続きを読む)
1997-02-03 ArtNo.9276(21/603)
◆<馬>SIRIM、新素材燃料タンクの製造を支援
【クアラランプル】SIRIM Bhdは新素材を用いた天然ガス燃料車(NGV)用燃料タンク製造に関わる研究を進めており、同領域に進出する者を支援する用意がある。(...続きを読む)
1997-02-03 ArtNo.9277(22/603)
◆<馬>昨年の自動車販売27.6%アップ、今年は成長鈍化も
【クアラルンプル】マレーシアにおける昨年の自動車販売は前年比27.6%増の36万4788台に達したが、今年は成長鈍化が予想されている。(...続きを読む)
1997-02-04 ArtNo.9292(23/603)
◆<馬>フィンスクリュー、売上倍増目指す
【クアラルンプル】地元企業マリーン・フィールドSdn Bhdとフィンランド企業フィンスクリュー・インターナショナルの合弁に成るフィンスクリュー・マレーシアSdn Bhdは、昨年8月の操業開始以来40万Mドルの売上を達成、初年度に150万Mドル、2年目にはその2倍以上の売上を見込んでいる。(...続きを読む)
1997-02-05 ArtNo.9301(24/603)
◆<星>ライオン・アジアパックの中国単車事業買収計画に認可
【シンガポール】ライオン・アジアパックが、シンガポールの投資会社4社の買収を通じて中国における単車製造業務を傘下に収める計画が、シンガポール証取(SES)により認可された。(...続きを読む)
1997-02-06 ArtNo.9326(25/603)
◆<印尼>アストラ経営陣に大幅異動も
【ジャカルタ】今月19日に予定される特別総会においてPTアストラ・インターナショナルの経営陣に大幅な異動が生じるものと予想されている。(...続きを読む)
1997-02-13 ArtNo.9361(26/603)
◆<星・米・独>企業共同開発の電気自動車、米国で走行テスト
【シンガポール】シンガポール企業グリーン・フューエル・リソーシズ、米国の電気自動車会社BATインターナショナル、ドイツのバッテリー会社Kummerow NA.が共同開発した電気自動車が世界記録の樹立を目指して米国で走行テストを受ける。(...続きを読む)
1997-02-15 ArtNo.9401(27/603)
◆<泰>クルン・タイ、フォークリフト子会社設立計画
【バンコク】輸入機械の流通業務を手がける地元企業クルン・タイ・トラクターは、向こう2年内に5億バーツを投じ、フォークリフトとエアコンの製造工場を設ける計画だ。(...続きを読む)
1997-02-17 ArtNo.9416(28/603)
◆<比>クライスラーの国産車計画参加を承認
【マニラ】フィリピン投資局(BOI)は米国クライスラー・コープが国産乗用/商用車開発計画に参加することを認めた。(...続きを読む)
1997-02-17 ArtNo.9417(29/603)
◆<比>クライスラー、輸出向け自動車部品を合弁製造
【マニラ】米国のクライスラー・コープは地元企業トランスファーム&Coと2億5730万ペソを投じ、輸出向け自動車部品を合弁製造する。(...続きを読む)
1997-02-18 ArtNo.9433(30/603)
◆<比>韓国大宇、クライスラーの合弁計画に驚愕
【マニラ】先週金曜に発表されたクライスラーと地元企業トランスファームの合弁計画に驚愕した韓国企業Daewoo Corp(大宇)は、翌日、クライスラーの合弁事業は大宇/トランスファームのライセンス契約を侵犯するものであると抗議した。(...続きを読む)
1997-02-19 ArtNo.9449(31/603)
◆<比>大宇、クライスラーとの合弁巡りトランスファーム告訴も
【マニラ】韓国企業Daewoo(大宇)コープは地元パートナーのトランスファーム&Coインク(TFI)が、両社の30:70の合弁会社トランスデーウ・オートモーティブ・マニュファクチュアリング・コープ(TAMC)の工場を利用してクライスラー・カーを製造するならTFIを告訴する方針だ。(...続きを読む)
1997-02-20 ArtNo.9462(32/603)
◆<比>プロトン、マレーシアへフォルクスワーゲン輸出
【マニラ】プロトン・フィリピナス・コープは月曜、ASEAN工業協力(AICO)スキームの下、フォルクスワーゲンの完成車(CBU)をマレーシアに輸出する覚書をマレーシアのフォルクスワーゲン流通代理会社オート・ドゥニアと交換した。(...続きを読む)
1997-02-21 ArtNo.9470(33/603)
◆<馬>首相、フォッカー救済計画への関心確認
【クアラルンプル】マレーシアが破産したオランダの航空機会社NVフォッカーの潜在的バイヤーとして浮上している。(...続きを読む)
1997-02-21 ArtNo.9475(34/603)
◆<印尼>アストラ新会長、国産車計画支援表明
【ジャカルタ】PTアストラ・インターナショナルの株主らは19日の総会で予想された通りスハルト大統領の監督下にある3基金を代表する木材王のモハマド・ボブ・ハッサン氏を会長(プレジデント・コミッショナー)に指名した。(...続きを読む)
1997-02-22 ArtNo.9480(35/603)
◆<星>YCH、NUSとロジスティクス・ソフトウェア開発
【シンガポール】地元の運輸/ロジスティクス専門会社YCHグループ傘下のYCHテクノロジーは、シンガポール国立大学(NUS)の決定科学部(デシジョン・サイエンス)と共同でロジスティクス・シミュレーター・ソフトウェアの開発に取り組んでいる。(...続きを読む)
1997-02-25 ArtNo.9512(36/603)
◆<星>北欧フロンテック、新ロジスティクス・ソフト発表
【シンガポール】スウェーデンの情報技術(IT)コンサルタント/専門サービス会社Frontecは今日(2/25)シンガポールで海運/ロジスティクス業界向け新アプリケーション・ソフトウェアを発表する。(...続きを読む)
1997-02-25 ArtNo.9517(37/603)
◆<馬>副首相、フォッカー救済計画へのヤハヤ氏の関与否定
【クアラルンプル】アンワル副首相兼蔵相は23日、オランダの航空機会社NVフォッカーの救済計画にDRB-Hicomグループのヤハヤ・アハマド会長が関係しているとの巷間の噂を否定した。(...続きを読む)
1997-02-26 ArtNo.9526(38/603)
◆<星>ベンツ、IDS下に商用車のアジア・モデル開発
【シンガポール】メルセデス・ベンツは経済開発局(EDB)の革新開発スキーム(IDS)の下、商用車のアジア・モデルをシンガポールで設計開発する。(...続きを読む)
1997-02-26 ArtNo.9536(39/603)
◆<泰>オハシ、今年末までに自動車部品工場オープン
【バンコク】Ohashi Technicaは地元企業Watana Intertradeと合弁で今年12月の稼働を目処に304インダストリアル・パークの3.68haの敷地に自動車部品工場を設ける。(...続きを読む)
1997-02-27 ArtNo.9547(40/603)
◆<馬>初のメイド・イン・マレーシア超軽量飛行機が来年誕生
【マラッカ】初のメイド・イン・マレーシア超軽量飛行機が来年4Bユース・フライング・クラブの工場で誕生する。(...続きを読む)
1997-02-27 ArtNo.9551(41/603)
◆<印尼>自動車産業投資ブーム到来?
【ジャカルタ】国産車計画を巡る論議で昨年国際的な注目を集めたインドネシアの自動車産業に新たな投資ブームが到来しそうだ。(...続きを読む)
1997-02-28 ArtNo.9560(42/603)
◆<馬>レノン傘下企業、共同で電子通行料徴収システム開発
【クアラルンプル】レノンBhd傘下の企業6社が、共同で電子通行料徴収システムの開発・経営に乗り出した。(...続きを読む)
1997-02-28 ArtNo.9561(43/603)
◆<馬>デルフィ、依然プロトンへの働きかけ継続
【デトロイト】デルフィ・オートモーティブ・システムズは、触媒コンバーターの納入業者をジョンソン・マセイに転換すると言うプロトンの方針に困惑、目下プロトンへの働きかけを続けるとともに、他の自動車メーカーへの売り込みに努力している。(...続きを読む)
1997-02-28 ArtNo.9566(44/603)
◆<泰>1月の自動車生産3.57%ダウン
【バンコク】タイの今年1月の自動車生産は3万9113台(オートバイを除く)と、昨年同期に比べ3.57%(1446台)減少した。(...続きを読む)
1997-03-03 ArtNo.9595(45/603)
◆<泰>ボルボ、年末までにトラック工場開設
【バンコク】スウェーデン企業ボルボは今年末までにタイにトラック工場を設ける計画だ。(...続きを読む)
1997-03-05 ArtNo.9624(46/603)
◆<馬>Bloxwich、国内/域内自動車部品市場に期待
【バーミンガム】メガ・ファースト・コープBhdが1995年に買収した英国企業Bloxwich Engineering Ltdはマレーシア国内及び域内の自動車部品市場に明るい見通しを抱いている。(...続きを読む)
1997-03-05 ArtNo.9625(47/603)
◆<泰>ホンダ、パーツ・センターに7億3000万バーツ投資
【バンコク】エーシアン・ホンダ・モーター(AHM)は、域内部品管理プログラムを支援する狙いからエーシアン・パーツ・センターに7億3000万バーツを投資する。(...続きを読む)
1997-03-06 ArtNo.9634(48/603)
◆<馬>自動車王ヤハヤ夫妻、ヘリ事故で死去
【クアラルンプル】マレーシア政府と三菱の自動車合弁事業(プロトン)や重工業公社Hicomの民営化を通じてマレーシアの自動車王の座を射止め、内外の注目を集めた若手ブミプトラ実業家のヤハヤ・アハマド氏が、3日夜夫人と共に搭乗していたヘリコプターがパハン州上空で墜落、急死した。(...続きを読む)
1997-03-06 ArtNo.9641(49/603)
◆<比>マレーシア・スルタン、クラークに航空機補修センター
【マニラ】トレンガヌ州スルタンが経営するクママン・ターミナル・ワン(クママン・ワン)は150億ペソを投じ、クラーク特別経済区(CSEZ)に航空機補修/部品製造コンプレックスを建設する。(...続きを読む)
1997-03-07 ArtNo.9653(50/603)
◆<馬>MAS、ボーイングと航空機部品製造で覚書
【シアトル】マレーシア航空(MAS)とボーイングは航空機部品の製造に関わる覚書を交換した。(...続きを読む)
輸送機器 Transport Equipment in 1997
◄◄◄ back603件の関連記事が見つかりました( 1/13 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
右ペイン・広告スペース
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.