SEAnews 2000/cat#20-1p 公益サービス
左予備スペース
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
右予備スペース
Site Search
Delivered from Singapore
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
公益サービス Public Utility in 2000
◄◄◄ back196件の関連記事が見つかりました( 1/4 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
元のページへ戻る ►2000-01-05 ArtNo.21443(1/196)
◆<馬>TNB、2発電所売却目指し4月に入札募集
【クアラルンプル】電力会社Tenaga Nasional Bhd(TNB)は4月に、総額34億Mドルと見積もられるジョホール州Pasir Gudang及びスラゴール州Connaught Bridgeの2発電所を再度入札にかけ、売却を図る。(...続きを読む)
2000-01-07 ArtNo.21477(2/196)
◆<印度>送電会社、今月中に長距離電話事業参入の方式決定
【ニューデリー】PowerGrid Corporation of India Ltd(PCIL)は今月末までに長距離電話事業に乗り出す方式を決定、テレコム企業と合弁会社を設立する可能性を検討するものと見られる。(...続きを読む)
2000-01-19 ArtNo.21596(3/196)
◆<印度>PGCIL、3000クロー送電事業の国際入札募集
【ニューデリー】パワー・グリッド・コーポレーションLtd(PGCIL)はブータンのTalaとデリーを結ぶ総コスト3000クローの送電線敷設プロジェクトの民間パートナーを物色している。(...続きを読む)
2000-01-20 ArtNo.21615(4/196)
◆<印度>送電会社、近く長距離電話事業パートナー選考国際入札募集
【ニューデリー】全国送電会社Powergrid Corporation of India Ltd(PGCIL)は、近く国際競争入札を募集し、投資額2500クローと見積もられる長距離電話事業進出計画のパートナーを決める方針だ。(...続きを読む)
2000-01-21 ArtNo.21630(5/196)
◆<印度>CLP、Cogentrix持ち分買収準備
【ニューデリー】香港拠点のCLP Power Internationalは、Mangalore Power Companyに対するCogentrixの50%出資分を引き受け、総コスト5000クロー、1000MWの発電プロジェクトを復活させる考えだ。(...続きを読む)
2000-01-28 ArtNo.21695(6/196)
◆<星>ETI、低コスト/高品質な超純水供給
【シンガポール】シンガポールの半導体産業は、Environmental Technology Institute (ETI)が200万Sドルを投じてその敷地内に設けた超純水(UPW)のパイロット・プラントにより、低コストなUPWを手に入れることができそうだ。(...続きを読む)
2000-01-31 ArtNo.21714(7/196)
◆<馬>トゥナガ、円高で第1四半期にM$7億為替差損
【クアラルンプル】マレーシアの電力会社Tenaga Nasional Bhd(TNB)は、円高に祟られ1999年11月期第1四半期に、1998/99年度通年の6億1350万Mドルを上回る7億1180万Mドルの為替差損を記録した。(...続きを読む)
2000-02-01 ArtNo.21728(8/196)
◆<馬>電線会社BICC、輸出比率を40%にアップ
【クアラルンプル】米国ジェネラル・ケーブル・コープ傘下のBICCGeneral Cables (Malaysia) Sdn Bhd(旧社名PCM:Power Cables Malaysia)は向こう3年間に製品輸出比率を現在の15%、約3000万Mドルから30~40%に引き上げる計画だ。
(...続きを読む)
2000-02-01 ArtNo.21735(9/196)
◆<印度>電力会社、送電網利用長距離電話事業への進出決定
【カルカッタ】全国送電会社Powergrid Corporation of India (PGCIL)の取締役会は先週の会議で5000クローと見積もられる送電網を利用した長距離電話事業計画を承認した。
同プロジェクトは既に電力省の原則的な認可も得ている。(...続きを読む)
2000-02-02 ArtNo.21746(10/196)
◆<馬>サイム・ダービー、発電所権益買収交渉妥結
【クアラルンプル】Sime Darby BhdはPort Dickson Power Bhd(PDP)の20%権益をMalaysian Resources Corp Bhd (MRCB)から1億3600万Mドルで買収、PDPの持ち分を40%に拡大した。(...続きを読む)
2000-03-13 ArtNo.21832(11/196)
◆核発電能力、2020年までに2万MWに
【チェンナイ】インドは2020年までに2万MW(メガワット)の核発電能力を備えることを目指している。(...続きを読む)
2000-03-20 ArtNo.21894(12/196)
◆インド工業金融投資会社、カルナタカ州政府とIT/電力合弁
【バンガロール】インダストリアル・クレディット・アンド・インベストメント・コーポレーション・オブ・インディア(ICICI)とカルナタカ州政府は、情報技術(IT)や電力等、同州内の戦略領域で合弁を組むことで合意した。(...続きを読む)
2000-03-22 ArtNo.21927(13/196)
◆エンロン/グローバル・テレシステムズ、広帯域インフラで合弁
【ムンバイ】米国エネルギー・メジャーのEnron Corpとテレコム・インフラ・メジャーのGlobal Telesystemsは、共同で600クロー近くを投じ、マハラシュトラ州の主要都市をリンクする全長5000キロの光ファイバー・ケーブル網構築に乗り出す。
インド国内では初の主要な広帯域インフラ投資になる。(...続きを読む)
2000-03-24 ArtNo.21954(14/196)
◆アンドラプラデシュ、民営化計画に基づき送電会社4社設立準備
【ハイデラバード】アンドラプラデシュ州政府とAP Transmission Corporation Ltdは、州内の各地方を管轄する4つの送・配電会社を設ける準備を進めている。(...続きを読む)
2000-03-24 ArtNo.21955(15/196)
◆AP州電力公社、700MWガス発電所建設準備
【ヴィジャヤワダ】Andhra Pradesh Generation Corporation(APGC)はRajahmundry付近に700MW(メガワット)のガス燃料をベースにした発電所を建設する計画で、既にCentral Electricity Authority(CEA)及びGas Authority of India Ltd(GAIL)に報告書を提出している。(...続きを読む)
2000-03-28 ArtNo.21982(16/196)
◆エンロン、イスパット・エナジに49%出資/ガス供給
【ムンバイ】米国のエネルギー・メジャー、Enron Corpは地元Ispat Industriesの完全出資子会社Ispat Energyに49%出資(約100クロー)するとともに、傘下のEnron Energyを通じ、Ispat Energyがマハラシュトラ州Dolviに建設する344MW(メガワット)のキャプティブ発電所に天然ガスを供給する。(...続きを読む)
2000-03-29 ArtNo.21993(17/196)
◆マハラシュトラ州電力局、キャプティブ炭鉱開発入札募集
【ムンバイ】マハラシュトラ州電力局(MSEB)はVidarbha地区におけるキャプティブ炭鉱の開発パートナーを求める国際入札を募集した。
入札の締め切りは5月15日で、翌16日に結果が公表される。(...続きを読む)
2000-04-04 ArtNo.22052(18/196)
◆NTPC、US$18億ガス発電事業4件を近く入札に
【ニューデリー】National Thermal Power Corporation(NTPC)は1日、2週間以内に4件総額8000クロー(US$18.3億)を超えるガス発電プロジェクトの入札を募集すると発表した。(...続きを読む)
2000-04-06 ArtNo.22084(19/196)
◆金融機関、電力事業再編のガイドライン協議
【ニューデリー】金融機関は州電力事業のガイドラインを作成している。
もし州当局により同ガイドラインが受け入れられるなら、金融機関はエスクロー(第3者寄託金)口座なしに、電力事業に融資することになる。(...続きを読む)
2000-04-06 ArtNo.22085(20/196)
◆シーメンス、世界第2位の送電プロジェクト獲得
【ムンバイ】世界最大の送電網を管理するPower Grid Corporation of Indiaはオリッサ州とカルナタカ州を1400キロのケーブルでリンクし、2000MW(メガワット)の電力を供給する総コスト820クロー(US$1.879億)の事業をSiemens Indiaとその親会社のSiemens AGに発注した。(...続きを読む)
2000-04-07 ArtNo.22106(21/196)
◆BSES、電力関連手持ちEPC契約US$5.3億
【ムンバイ】電力事業を中核とするムンバイ拠点のBombay Suburban Electricity Supply Ltd (BSES)は2300クロー(US$5.27億)の電力事業関連EPC(工学/資材調達/建設)手持ち契約を有すると発表した。(...続きを読む)
2000-04-07 ArtNo.22107(22/196)
◆カルナタカ州、チャイナライトと協議再開
【バンガロール】一部の独立電力供給業者(IPP)がエスクロー(第3者寄託金)なしでプロジェクトを進める動きを見せていることに励まされ、カルナタカ州の電力事業担当部門は香港のチャイナ・ライト・アンド・パワーLtdとタタ・グループの合弁に成るMangalore Power (MPC)に接触、同様な方式(エスクローなし)で協議妥結を目指している。(...続きを読む)
2000-04-10 ArtNo.22111(23/196)
◆NTPC、US$22.9億投じ西部地区の発電能力拡張
【ムンバイ】国営電力会社National Thermal Power Corporation (NTPC)は、第10次5カ年計画期間に1万クロー(US$22.9億)を投じて西部地区に新たに2620MW(メガワット)の発電施設を設ける。(...続きを読む)
2000-04-11 ArtNo.22126(24/196)
◆ボカロ・スチール、US$3億債務不履行:DVC幹部
【カルカッタ】スチール・オーソリティー・オブ・インディアLtd(SAIL)傘下のBokaro Steel Plant(BSP)は今年3月末時点で電力会社Damodar Valley Corporation (DVC)に対して1314.50クロー(US$3.013億)の負債を抱えており、過去3ヶ月以来月額25クロー、合計70.94クローの返済を滞らせている。(...続きを読む)
2000-04-11 ArtNo.22129(25/196)
◆香港CLP、1000MWプロジェクト実行?
【バンガロール】香港CLP Holdings Ltd傘下のCLP Power Internationalは1000MW(メガワット)のMangalore Power Co (MPC)プロジェクトを、支払保証のないまま実行に移すもようだ。(...続きを読む)
2000-04-12 ArtNo.22141(26/196)
◆US$50億オリッサ州石化/発電事業、2003年末に稼働
【ブーバネスワル】オリッサ州Gopalpurにおける見積もりコスト50億米ドルの石化/発電事業のプロモーターを務めるアラブ首長国連邦拠点のAl Manhal International Group (AMIG)は、2003年末までに同プロジェクトを軌道に乗せるべく、潜在パートナーに対する出資要請に拍車をかけている。(...続きを読む)
2000-04-12 ArtNo.22145(27/196)
◆シーメンス、高圧直流プロジェクトの世界ハブ設置
【ニューデリー】ドイツ拠点のエンジニアリング会社シーメンスは同社が手掛ける全世界の高圧直流(HVDC)プロジェクトのハブを務める“センター・オブ・エクサランス”を開設、インドにおける事業を拡張する。(...続きを読む)
2000-04-14 ArtNo.22174(28/196)
◆独シーメンス/英Powergen、グジャラート発電事業入札見合わせ
【ニューデリー】ドイツのシーメンスと英国のPowergenが共に入札見合わせを決めたことから、グジャラート州Pipavavにおける2000MW(メガワット)発電事業の前途に陰影が生じている。(...続きを読む)
2000-04-14 ArtNo.22175(29/196)
◆IOC、タタ/BSESにパニパット発電所のシェア提供も
【ムンバイ】ムンバイ拠点の電力会社2社--Tata Electric Companies Ltd(TECL)とBombay Suburban Electricity Supply Ltd (BSES)は、Indian Oil Corporation(IOC)が丸紅等と合弁で進めるハリヤナ州Panipatにおける2000クロー(US$4.6億)の発電事業のシェアをオファーされる見通しだ。(...続きを読む)
2000-04-20 ArtNo.22244(30/196)
◆IDFC、エスクローなしでIPPプロジェクトへの融資承諾
【バンガロール】インフラストラクチャー・デベロプメント・カンパニー(IDFC)は、エスクロー(第3者寄託金)なしでカルナタカ州の独立電力供給業者(IPP)2社Mangalore Power Corporation(プロモーター:CLP Power International)及びNagarjuna Powerに対する融資を認めた。(...続きを読む)
2000-04-24 ArtNo.22246(31/196)
◆リライアンス・パワー、CEPAと3960MW発電所建設
【ムンバイ】Reliance Power LtdとSouthern Energy Asia-Pacific Ltd(旧社名CEPA:Consolidated Electric Power Asia Ltd)はオリッサ州Hirmaに対等出資で3960MW(メガワット)の石炭火力発電所を建設する。(...続きを読む)
2000-04-26 ArtNo.22283(32/196)
◆BHEL南部子会社、3年内に4000MW追加供給
【チェンナイ】チェンナイを拠点に南部諸州で活動するBHEL Power Sector Southern Region (PSSR)は向こう3年間に全国送電網に新たに4000MW(メガワット)の電力を供給する。(...続きを読む)
2000-04-28 ArtNo.22307(33/196)
◆昨年のインフラ部門成長率8.5%マーク
【ニューデリー】インフラストラクチャー6部門の昨年(1999/2000)の成長率は8.5%をマーク、前年の2.9%から顕著な改善を見た。(...続きを読む)
2000-05-03 ArtNo.22336(34/196)
◆非戦略部門PSU政府持分を26%に引き下げ提案
【ニューデリー】貿易と産業に関する首相諮問委員会は先週土曜(4/29)、非戦略部門公共企業(PSU)政府持分の26%への引き下げ、繊維産業の保護撤廃、農業向け電力料の引き上げ、製糖業に対する統制解除を政府に提案した。(...続きを読む)
2000-05-04 ArtNo.22354(35/196)
◆ラジャスタン州電力局、250MW火力発電事業の入札募集
【ムンバイ】ラジャスタン州電力局(RSEB:Rajasthan State Electricity Board)は見積もりコスト1000クロー(US$2.29億)、250MW(メガワット)の石炭ベース発電事業の入札を募集した。(...続きを読む)
2000-05-08 ArtNo.22381(36/196)
◆オーストラリアLNG、US$57億ゴパールプル事業にガス供給
【ブーバネスワル】オリッサ州Gopalpurに2万5000クロー(US$57.287億)を投じて液化天然ガス(LNG)コンプレックスを建設するプロジェクトには、Australia Liquefied Natural Gas (ALNG)社がLNGを供給することになった。(...続きを読む)
2000-05-08 ArtNo.22387(37/196)
◆Rourkelaスチール、電力供給障害で半身不随に
【カルカッタ】国営Steel Authority of India Ltd(SAIL)がオリッサ州に設けたRourkela Steel Plant(RSP)は電力供給問題から4月にはほとんど半身不随に陥ったが、5月に入っても正常の生産が回復できない状況にある。(...続きを読む)
2000-05-09 ArtNo.22405(38/196)
◆BHEL、高圧直流セラミック・ディスク絶縁体の製造開始
【ニューデリー】Bharat Heavy Electricals Ltd (BHEL)は500KV(キロ・ボルト)高圧直流アプリケーション用に独自開発したセラミック・ディスク絶縁体の製造を開始した。(...続きを読む)
2000-05-09 ArtNo.22406(39/196)
◆フィノレックス、独自の光ファイバー・ケーブル製造会社新設
【プーナ】これまでLucent Technologiesと合弁で光ファイバー・ケーブルの製造を手掛けてきた地元企業Finolex Cables Ltd(FCL)は、別会社を設け、独自に光ファイバー・ケーブルの製造に乗り出す。(...続きを読む)
2000-05-10 ArtNo.22412(40/196)
◆アルファ・ラバル、淡水化プラント納入協議
【ニューデリー】スウェーデンのエンジニアリング企業アルファ・ラバル傘下のAlfa Laval India Ltd(ALIL)は、水不足に悩むインド西海岸地区における海水淡水化プロジェクト3件、総額75クロー(US$1719万)の交渉を進めている(...続きを読む)
2000-05-10 ArtNo.22413(41/196)
◆新電力法、電力取引を民間に開放
【ニューデリー】発電能力に余裕のある地域と電力不足を来している地域の電力取引は、これまで専らPower Trading Corporation Ltd(PTCL)が手掛けてきたが、近く民間部門の参入が許される見通しだ。(...続きを読む)
2000-05-10 ArtNo.22421(42/196)
◆カルナタカ州政府、17プロジェクトにUS$8億FDI誘致目指す
【ムンバイ】カルナタカ州政府は6月5日と6日に“グローバル・インベスターズ・ミート”と銘打ってバンガロールで催される国際会議の席上、食品加工/自動車/部品/製薬/観光/衣料輸出/電力/小規模空港/情報技術(IT)等に関わる17件のプロジェクトを紹介、総額8億600万米ドルの外国直接投資の誘致を目指す。(...続きを読む)
2000-05-11 ArtNo.22428(43/196)
◆AP州、電力事業金融会社設立しUS$14億調達
【ハイデラバード】アンドラプラデシュ州政府は9日、向こう4年間に6190クロー(US$14.1843億)の資金を調達し、AP Transmission Corporation (APTransco)の電力事業を支援するため、資本金3000クロー(US$6.874億)のAP Power Finance Coproration(APPFC)を設立した。(...続きを読む)
2000-05-11 ArtNo.22429(44/196)
◆パネル、オグデンへのアッサム発電所リース見合わせ勧告
【グワハティ】アッサム州政府により指名されたハイパワー委員会は、240MW(メガワット)のBongaigaon Thermal Power Station (BTPS)をL-ROT(リース/リノベート/経営/引渡)ベースで米系多国籍企業Ogden Energy Asia Pacific Ltdに引き渡すのを見合わせるよう勧告した。(...続きを読む)
2000-05-11 ArtNo.22430(45/196)
◆Dodsal、US$8千万高圧ガスパイプ・ライン契約獲得
【ムンバイ】ドゥバイを拠点とするインド系大手土木建設会社Dodsal Pte LtdはHazira/Dahej間の高圧ガス・パイプライン・システムに関わる総額350クロー(US$8020万)のBOOT(建設/所有/経営/引渡)契約を獲得した。(...続きを読む)
2000-05-12 ArtNo.22442(46/196)
◆DCL、西ベンガル州メガ発電事業から撤収
【カルカッタ】西ベンガル州政府経営のWest Bengal Power Development Corporation Ltd (WBPDCL)は、Development Consultants Ltd (DCL)との合弁を解消し、Murshidabad地区における2000MW(メガワット)のSagardighi発電プロジェクトを独力で進める方針を決めた。(...続きを読む)
2000-05-12 ArtNo.22449(47/196)
◆エンロンもバンガロールITバックボーン構築ラッシュに参加
【バンガロール】電力事業ジャイアンツ、Enronは、Reliance Industries、BPL、Finolex- Luscent Technologies 等の後塵を拝し、バンガロールにおける情報技術(IT)バックボーンの構築に乗り出す構えだ。(...続きを読む)
2000-05-23 ArtNo.22536(48/196)
◆カルナタカ州送電会社、テレコム幹線構築でパートナー物色
【バンガロール】Karnataka Power Transmission Corporation Ltd (KPTCL)は送電網に平行したテレコミュニケーション幹線網の構築を計画、パートナーを物色している。(...続きを読む)
2000-05-23 ArtNo.22538(49/196)
◆パワーグリッド、10月までに光ファイバー通信事業合弁会社設立
【ニューデリー】国営送配電会社PowerGrid Corporation of India(PGCI)は、送電網に沿って5万2000キロの光ファイバー・ケーブルを敷設するための合弁会社を今年10月までに創設する。(...続きを読む)
2000-05-23 ArtNo.22539(50/196)
◆リライアンス、BSESの20%権益を公開買い付け
【ムンバイ】Ambani一族に率いられるReliance Industries Ltd(RIL)は完全出資子会社Reliance Power Ventures Pvt Ltdを通じ、国内最大の民間送電会社BSES Ltdの20%のシェアを1株234ルピーで買い取る公開買い付けを提案した。(...続きを読む)
公益サービス Public Utility in 2000
◄◄◄ back196件の関連記事が見つかりました( 1/4 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
右ペイン・広告スペース
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.