SEAnews 2005/cat#25-1p 労働
左予備スペース
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
右予備スペース
Site Search
Delivered from Singapore
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
労働 Labour in 2005
◄◄◄ back64件の関連記事が見つかりました( 1/2 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
元のページへ戻る ►2005-01-10 ArtNo.34802(1/64)
◆半導体大手、人材コストより頭脳に注目
【コルカタ】アンドラプラデシュ州Hyderabadおよびウッタルプラデシュ州Noidaに400人のエンジニアを雇用、集積回路(IC)デザイン・ツールの開発を手がけるMentor GraphicsのWalden C Rhines会長は、インドにおける技術者の雇用コストが2010年には、米国のそれに肩を並べると予想した。(...続きを読む)
2005-01-12 ArtNo.34814(2/64)
◆IBS Soft、3年内に1000人以上リクルート計画
【ティルヴァナンタプラム】観光/運輸/ロジスティクス(TTL)領域のソフトウェア会社IBS Software Servicesは、向こう3年間に様々なレベルのソフトウェア・エンジニア1000人以上を新規雇用、ケララ州Thiruvananthapuramにおけるスタッフを増強する。(...続きを読む)
2005-01-17 ArtNo.34841(3/64)
◆米系EDAベンダーCoWare、インド・スタッフを倍増
【バンガロール】システム・レベルのEDA(electronic design automation)ソフトウェアおよびサービス・サプライヤーとして知られる米系CoWare, Incは、インドにおけるスタッフを過去1年間に35人から75人に倍増した。(...続きを読む)
2005-01-19 ArtNo.34864(4/64)
◆iGATE、年内にスタッフ1千人増員
【ニューデリー】米国ナスダック登録の情報技術(IT)企業iGATE のインド子会社iGATE Global Solutionsは、インドにおける事業の拡張、総合化を目指し、2005年に新たに1000人のスタッフを雇用する。(...続きを読む)
2005-01-26 ArtNo.34880(5/64)
◆Wipro Spectramind、高い人員消耗率が成長を阻害
【バンガロール】Wipro Technologies Ltd(WTL)のビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)子会社、Wipro Spectramind Services(WSS)は、高い人員消耗率に祟られ、事業の拡張も思いに任せぬ状況に直面している。(...続きを読む)
2005-01-26 ArtNo.34881(6/64)
◆ホワイト・カラー就業機会、ムンバイとIT部門がトップ
【ニューデリー】ブームを呼ぶ情報技術(IT)およびIT対応サービス(ITES:IT enabled services)業界は、ホワイト・カラー・ワーカーに最大の就業機会を提供しており、地域的にはマハラシュトラ州Mumbaiの就業機会が最も多い。(...続きを読む)
2005-01-26 ArtNo.34886(7/64)
◆Tata Steel、従業員を2万人に半減計画
【ジャムシェドプル】Tata Iron & Steel Company (Tisco)は、向こう5年間にその従業員を現在の4万人から2万人前後に削減する計画だ。(...続きを読む)
2005-01-31 ArtNo.34922(8/64)
◆Wipro、3月初までに第2キャンパス着工
【プネー】Wiproはマハラシュトラ州Pune市Hinjewadiのインフォ・テック・パーク内に50エーカーの第2キャンパスを設ける計画で、3月初までに着工する。(...続きを読む)
2005-02-04 ArtNo.34940(9/64)
◆被雇用者積立基金金利を9.5%に引き上げ
【ニューデリー】インド政府は、被雇用者積立基金(EPF:Employees Provident Fund)の利率を2002-03年に遡って9.5%に固定すると発表した(...続きを読む)
2005-02-14 ArtNo.34987(10/64)
◆Arackal Digital、NECエンジニアの訓練引き受け
【ティルバナンタプラム】ケララ州Thiruvananthapuram市内のケララ・テクノパークを拠点にするArackal Digital Solutions Pvt Ltd(ADS)は、NECの日本人初級エニジニアの訓練を引き受けた。(...続きを読む)
2005-02-21 ArtNo.35030(11/64)
◆バンガロールのIT専門家給与、全国のトップに
【バンガロール】カルナタカ州Bangaloreの情報技術(IT)専門家の月給は他の地域を少なくとも8%上回り、インド国内のトップを占めた。(...続きを読む)
2005-02-23 ArtNo.35058(12/64)
◆マイクロソフト、マハラシュトラ州にITアカデミー3校設置
【プネー】Microsoftは、マハラシュトラ州における『Partners-in-Learning』プログラムを開始するため、Pune、Nagpur、Aurangabadに情報技術(IT)アカデミーを設置する。(...続きを読む)
2005-03-07 ArtNo.35131(13/64)
◆IT企業の人材派遣に10%のサービス税
【ニューデリー】情報技術(IT)企業はこれまでサービス税を免除されて来たが、新年度予算の下、人材供給(Body-shopping)ビジネスには10%の税が課される見通しだ。(...続きを読む)
2005-03-30 ArtNo.35264(14/64)
◆Aptech、中国におけるIT訓練3年連続ナンバー・ワンに
【チェンナイ】地元ソフトウェア/教育・訓練会社Aptech Ltdは、中国における情報技術(IT)訓練で3年連続トップの座を占めた。(...続きを読む)
2005-04-01 ArtNo.35270(15/64)
◆工場法修正し女性の深夜就業を許可
【ニューデリー】インド政府は、女性が午後10時から翌朝の6時までの間に就業することができるよう『1948年工場法(Factories Act, 1948)』に修正を加える。(...続きを読む)
2005-04-01 ArtNo.35277(16/64)
◆ユニシス、インド就業者数を4500人に増員
【バンガロール】米国の情報技術(IT)サービス・製品会社Unisys Corporationは、インドにおける直接間接の雇用数を現在の1150人から2008年までに4500人に増員する。(...続きを読む)
2005-04-11 ArtNo.35343(17/64)
◆労働力、農業から製造業/第三次産業にシフト
【ニューデリー】第59次全国標本調査(National Sample Survey)によれば、農業から製造業及び第三次産業への労働力のシフトが生じている。(...続きを読む)
2005-04-20 ArtNo.35403(18/64)
◆MS/Trilogy/Adobe、IIT卒業生に高給オファー
【ハイデラバード】Microsoft India Development Centre (MIDC)、Trilogy India、Adobe India Development等の多国籍企業は、国際情報技術学院(IIIT:International Institute of Information Technology)Hyderabad校の2005年度卒業生に最も高額な給与をオファーした。(...続きを読む)
2005-04-27 ArtNo.35437(19/64)
◆インドIT専門家10万人の訪日支援
【ニューデリー】日本は、インドの情報技術(IT)専門家10万人が向こう5年間に日本を訪れ、日本語を習得するのを支援する新たなイニシアチブを準備している。(...続きを読む)
2005-04-27 ArtNo.35438(20/64)
◆半導体チップ設計会社eInfochips、R&D人員を2倍に拡大
【ニューデリー】カリフォルニア州Santa Clara拠点のシリコン・チップ設計会社、eInfochipsは今会計年度、インドに設けた研究開発(R&D)センターのスタッフを2倍に増員するとともに、新市場の開拓に力を入れる。(...続きを読む)
2005-05-04 ArtNo.35469(21/64)
◆Dell、インド・スタッフを1万人に増員
【バンガロール】ナスダック上場のコンピューター・メーカー、Dellは、技術や顧客管理面のアウトソーシングばかりでなく、ビジネス・ボリュームの上からも、インドをその成長に欠かせぬキー・マーケットの1つと見ている。(...続きを読む)
2005-05-11 ArtNo.35515(22/64)
◆EDSインディア、スタッフを2倍に増員
【チェンナイ】世界第2位のテクノロジー・サービス会社EDSが100%出資するElectronic Data Systems India(EDSI)は、インドにおける事業拡張計画の一環としてタミールナド州Chennaiに新デベロプメント・センターを設ける。(...続きを読む)
2005-05-18 ArtNo.35555(23/64)
◆大手企業の昨年の給与支出、前年比16.6%アップ
【ニューデリー】インド主要企業の昨年(2004-05)の給与支出は前年に比べ16.6%増加した。(...続きを読む)
2005-05-20 ArtNo.35572(24/64)
◆化学大手バセル、インド・チームの人員補充
【コルカタ】最近The Chatterjee Group (TCG)らによる買収が報じられた多国籍化学企業Basell Polyolefinsは、インドにおける技術者の新規雇用に乗り出した。(...続きを読む)
2005-05-25 ArtNo.35598(25/64)
◆経済成長に関わらず労働者の海外流出6年間に239万人
【ニューデリー】インドの労働市場は国内総生産(GDP)の成長に関わらず縮小しており、組織部門(organised sector)の雇用数は1996-97年の2825万人から2002-03年の2700万人に縮小、1998年から2004年の間に239万人の労働力が海外に流出した。(...続きを読む)
2005-05-27 ArtNo.35609(26/64)
◆IBM、HP追い越し最大の多国籍IT雇用主に
【バンガロール】IBMは、インドにおける雇用総数でHewlett-Packard(HP)を追い越し、最大の多国籍情報技術(IT)企業になった。(...続きを読む)
2005-05-30 ArtNo.35627(27/64)
◆サービス・ブームに関わらず依然支配的なブルー・カラー
【ニューデリー】サービス産業ブームで、サービス従業者が急増しているが、依然として都市労働者の半ばがブルー・カラー、即ち生産/販売業務に携わっている。(...続きを読む)
2005-06-10 ArtNo.35703(28/64)
◆ウォールマート、インド業務最高経営者候補者物色
【ニューデリー】世界最大の小売り企業、Wal-Mart Stores Incは、インド政府の承認を待たずに、インド国内における小売りビジネスのリクルート活動を開始したようだ。(...続きを読む)
2005-06-27 ArtNo.35801(29/64)
◆BEA、バンガロールR&Dセンター要員を2倍に
【バンガロール】法人インフラ・ソフトウェア・プロバイダー、BEA Systemsは、カルナタカ州Bangaloreに設けた研究開発(R&D)センターのスタッフを向こう1年間に2倍に増員する方針だ。(...続きを読む)
2005-07-13 ArtNo.35903(30/64)
◆グルガオン拠点の自動車メーカー、労働争議に直面
【ニューデリー】ハリヤナ州Gurgaonに拠点を設けた複数の自動車メーカーが労働争議に直面、生産性回復を目指す対策が講じられているものの、平常な操業を維持するのが困難になっている。(...続きを読む)
2005-07-18 ArtNo.35940(31/64)
◆向こう2年間のチップ設計技師需要2万人
【アーマダバード】インドのテクノロジー産業は、向こう2年間に少なくとも2万人のチップ・デザイン・エンジニアを必要とする。(...続きを読む)
2005-07-22 ArtNo.35967(32/64)
◆IT/IT対応サービスが最大の雇用機会創出:Ma Foi
【ハイデラバード】情報技術(IT)とIT対応サービス(ITES:IT-enabled services)が、引き続き雇用機会創出のトップ・ツーの座を維持、ナンバー・スリーの座はテレコム部門が占めている。(...続きを読む)
2005-07-25 ArtNo.35980(33/64)
◆全国港湾労組、政府/港湾当局に争議行動通告で合意
【コーチ】全国の港湾労働者(port and dock workers)組合の主要4連合組織の代表は、港湾当局と中央政府に近く争議行動(industrial action)をとることを通告することで合意した。(...続きを読む)
2005-07-29 ArtNo.36006(34/64)
◆商工相、職の保護と職の創出に寄与する労働法提案
【ニューデリー】Kamal Nath商工相は27日、製造業の季節的労働需要に応じられる柔軟な労働法を立案する必要があると指摘した。(...続きを読む)
2005-07-29 ArtNo.36007(35/64)
◆業界、労働関係法の改正提案
【ニューデリー】インド産業界リーダーらは、Honda Motorcycle and Scooter India(HMSI)労働者と地元警察の衝突事件を重く見、この種の事件の再発により外国直接投資(FDI)の流入に影響が生じないよう、労働法に修正を加える必要を指摘した。(...続きを読む)
2005-08-01 ArtNo.36026(36/64)
◆ホンダ労使、首席大臣の仲介で合意書に調印
【ニューデリー】Honda and Motorcycle Scooters India (HMSI)の労使交渉は、ハリヤナ州のBhupinder Singh Hooda首席大臣の仲介の下、7月29日深夜、合意に達した。
これにより数ヶ月に及んだ紛争も終息するものと見られる。(...続きを読む)
2005-08-01 ArtNo.36027(37/64)
◆グルガオン事件は日本投資に影響を及ぼさない:日印閣僚確認
【ニューデリー】Kamal Nath商工相は29日、中川昭一経済産業相に対し、「Gurgaonにおける最近の出来事は孤立的事件であり、インドの投資環境を反映したものではない」と理解を求めた。
これに対して中川経産相も、「今回の事件が日本企業のインド投資に影響を及ぼすことはない」と保証した。(...続きを読む)
2005-08-03 ArtNo.36035(38/64)
◆Honda Motorcycle、2-3日でピーク時の生産水準回復
【ニューデリー】Honda Motorcycle and Scooter India (HMSI)は1日、ピーク時の生産水準を回復するには2~3日を要すると発表した。(...続きを読む)
2005-08-12 ArtNo.36103(39/64)
◆半導体業界、即戦力学卒養成パイロット計画に着手
【バンガロール】インドの半導体企業は2つの業界組織を通じ、主要理工系大学と提携、即戦力になる学卒者を養成するパイロット計画に着手した。(...続きを読む)
2005-08-12 ArtNo.36107(40/64)
◆組合運動再燃?
【ニューデリー】最近のHonda Motorcycle and Scooter India (HMSI)の労使紛争は、組合意識を蘇らせ、組合全国組織のオフィスを訪れる労働者が増勢を辿っている。
『組合活動を再燃させたのは、製造業ブームなのか、企業に密着した政治的雰囲気なのか。
何れにしても、組合活動が産業界に再び足場を見出したことは否定できない』と地元紙は報じている。(...続きを読む)
2005-08-17 ArtNo.36132(41/64)
◆Maruti Udyog労組、首相に直訴
【ニューデリー】Maruti Udyog Ltd(MUL)の労組が、解雇されたメンバーの復職を、首相に直訴したことから、MUL労使紛争の再燃が予想されている。(...続きを読む)
2005-08-22 ArtNo.36160(42/64)
◆インドのITマネージャー給与は世界最低水準:調査報告
【ティルバナンタプラム】情報技術(IT)部門はインドの高給職種に数えられるが、インドのITマネージャーの給与は世界的に最も低い水準にある。(...続きを読む)
2005-08-22 ArtNo.36166(43/64)
◆雇用保証法案を国会に上程
【ニューデリー】Raghuvansh Prasad Singh農村開発相は18日、農村住民に一世帯当たり年間100日間の雇用を保証する『2004年全国農村雇用保証法案(National Rural Employment Guarantee Bill, 2004)』を国会下院に再度上程した。(...続きを読む)
2005-09-02 ArtNo.36240(44/64)
◆パナソニック、初めて地元スタッフをMDに指名
【ニューデリー】National Panasonic India Ltd (NPIL)はPanasonic India Pvt Ltd(PIPL)に社名を改めるとともに、Shrikrishna Kulkarni氏をマネージング・ディレクター(MD)に任命した。(...続きを読む)
2005-09-05 ArtNo.36251(45/64)
◆HCL Info/TCS/Infosys、従業員満足度トップに
【ニューデリー】HCL Infosystems Ltd、Infosys Technologies Ltd、Tata Consultancy Services Ltd(TCS)は、市場調査会社International Data Corporation (IDC)が実施した『DQ-IDC Best Employer』サーベイによりインド情報技術(IT)産業界のトップ雇用主にランクされた。(...続きを読む)
2005-09-07 ArtNo.36272(46/64)
◆インド昇給率、アジア太平洋地域トップの座維持
【ニューデリー】インドの2006年の昇給率は、再度アジア太平洋地域最高の14%に達する見通しだ。
中国とフィリピンの昇給率8.1%がこれに続き、日本の昇給率は2.8%にとどまるものと予想される。(...続きを読む)
2005-09-09 ArtNo.36286(47/64)
◆Biocon、人員倍増/海外企業の買収も準備
【コルカタ】カルナタカ州Bangaloreを本拠地とするバイオテクノロジー企業、Biocon Ltd(BL)は、向こう2年間にスタッフの数を現在の2000人から4000人に増員する。(...続きを読む)
2005-09-16 ArtNo.36327(48/64)
◆Birlasoft、3センター設け専門家2千人リクルート
【ニューデリー】CK BirlaグループとGE Capitalの合弁に成るBirlasoft Ltdは2008年までに年商2億5000万米ドルの情報技術(IT)企業に成ることを目指し、向こう12ヶ月間に2000万米ドルを投じ、3つの新開発センターを設けるとともに、技術者2000人をリクルートする。(...続きを読む)
2005-09-23 ArtNo.36364(49/64)
◆Tata Steel、労組と初の賃金協定締結
【コルカタ】Tata Steel Ltd(TSL)は、全国炭坑労働者組合(REMS:Rashtriya Colliery Mazdoor Sangh)と、『全国炭坑賃金協定(NCWA:National Coal Wage Agreement)』の枠を乗り越え、歴史的な給与協定を結んだ。(...続きを読む)
2005-09-23 ArtNo.36371(50/64)
◆半導体会社Infineon、R&Dスタッフを45%増員
【バンガロール】ドイツの半導体メーカー、Infineon Technologies AG(ITAG)傘下のInfineon Technologies India Pvt Ltd(ITIPL)は、向こう18ヶ月間にカルナタカ州Bangaloreの研究開発(R&D)センター・スタッフを現在の550余人から800人に増員する。(...続きを読む)
労働 Labour in 2005
◄◄◄ back64件の関連記事が見つかりました( 1/2 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
右ペイン・広告スペース
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.