左予備スペース
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
右予備スペース
Site Search
Delivered from Singapore
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
経済一般 General Economics in 1996
◄◄◄ back1264件の関連記事が見つかりました( 1/26 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
元のページへ戻る ►1996-01-04 ArtNo.4447(1/1264)
◆<星>今年の経済成長率は7~8%:首相
【シンガポール】シンガポール経済は2年連続2桁成長を続けてきたが、昨年も長期的安定成長レベルの8.9%を達成、またコスト上昇圧力は緩和した。(...続きを読む)
1996-01-04 ArtNo.4448(2/1264)
◆<星>陸運局、総額S$200億陸運事業白書発表
【シンガポール】シンガポール陸運局(LTA)は2日、向こう20年以上にわたり総額200億Sドルを投じ新国内陸上交通システムを構築する提案を盛り込んだ72頁に及ぶ白書を発表した。
同白書は次期国会に上程される。(...続きを読む)
1996-01-04 ArtNo.4453(3/1264)
◆<星>今年も昨年並みの昇給率に:ヘイ・マネージメント
【シンガポール】シンガポールの就業者の1995年のボーナスは1994年レベルを維持、また1996年の平均昇給率はほぼ昨年の水準に達する見通しだ。(...続きを読む)
1996-01-04 ArtNo.4455(4/1264)
◆<馬>市場開放/競争過熱で電信電話銘柄に明暗:TA証券
【クアラルンプル】マレーシア電信電話業界の先行きは、市場の開放と自由化にともない、既存電話会社のマージンが縮小する一方、新規参入会社も市場シェア獲得と投資回収の困難に直面するものと見られ、業界全体として見た場合、決して楽観できないが、足腰の強い企業は現在の地位を維持できると言う。(...続きを読む)
1996-01-04 ArtNo.4456(5/1264)
◆<馬>HICOM等、全国ゴミ処理民営化事業をほぼ掌中に
【クアラルンプル】全国4地区のゴミ処理民営化事業の内中央地区の契約はHicomホールディングズBhd及びクアラルンプル証取(KLSE)2部上場のクンプラン・ジェトソンBhdに率いられるコンソーシアムに発注される見通しだ。(...続きを読む)
1996-01-04 ArtNo.4459(6/1264)
◆<馬>企業5社、IMT-GT下に隣国パートナーと覚書
【スガイ・ゴロ】マレーシア企業5社、MBfエデュケーション・グループ、アソシエーテッド・フォーカス、ノーザン・カーゴ・コープ、ストラペックス(M)、スプリーム・ランド・モービル&ワイヤレス・コープは最近、インドネシア・マレーシア・タイ成長の三角地帯(IMT-GT)コンセプトの下、それぞれ隣国のパートナーと共同開発事業覚書に調印した。(...続きを読む)
1996-01-04 ArtNo.4460(7/1264)
◆<印尼>大統領、景気過熱に警鐘
【ジャカルタ】スハルト大統領は晦日に発表したメッセージの中で、景気の過熱に警鐘を鳴らすとともに社会的動乱の多元的社会に及ぼす危険性を指摘した。(...続きを読む)
1996-01-04 ArtNo.4461(8/1264)
◆<印尼>昨年の外国投資承認額US$399億
【ジャカルタ】インドネシアは昨年12月27日までに一昨年の449件、237億米ドルを大幅に上回る799件、総額399億米ドルの外国投資プロジェクトを承認した。(...続きを読む)
1996-01-05 ArtNo.4462(9/1264)
◆<星>昨年の通信/情報技術産業支出77%増加
【シンガポール】昨年の通信/情報技術産業支出は前年比77%増の2億6490万Sドルを記録、内固定資産投資が1億5760万Sドルを占めた。(...続きを読む)
1996-01-05 ArtNo.4463(10/1264)
◆<星>アナリスト、PC製造の成長加速予想
【シンガポール】経済開発局(EDB)の報告によれば、一昨年30%以上の成長を見たシンガポールのコンピューター及びマルチメディア装置産業の昨年の生産額は115億Sドルと、前年比10%の成長にとどまったもようだ。(...続きを読む)
1996-01-05 ArtNo.4467(11/1264)
◆<星>ロジスティクス産業成長率、今年も20%以上に:EDB
【シンガポール】シンガポールのロジスティクス業界の昨年の事業支出は2億Sドルを突破、今年も20%以上の伸びが予想される。(...続きを読む)
1996-01-05 ArtNo.4468(12/1264)
◆<馬>昨年初10カ月の製造業売上23%アップ
【クアラルンプル】マレーシアの製造業主要58業種の昨年初10カ月の売上は1301億Mドルと、前年同期比23%アップした。(...続きを読む)
1996-01-05 ArtNo.4471(13/1264)
◆<馬>HICOMチーム、中央/東部地区のゴミ処理契約獲得
【クアラルンプル】HicomホールディングズBhdに率いられるコンソーシアムは半島マレーシア中央及び東部地区の固形廃棄物処理事業民営化契約を獲得した。(...続きを読む)
1996-01-05 ArtNo.4474(14/1264)
◆<泰>アムヌアイ副首相、経済政策の実権掌握
【バンコク】バンハーン首相はアムヌアイ・ウィラワン副首相に国際貿易とともに金融/財政政策も統括する権限を付与した。(...続きを読む)
1996-01-05 ArtNo.4475(15/1264)
◆<泰>有望ガス田発見でエネルギー供給予想に見直し
【バンコク】ソンクラ沖合い290キロのマレーシアとの共同探査海域における有望ガス田の発見に伴い、アナリストらはこれまでの概して悲観的なタイのエネルギー供給予想に見直しを加えている。(...続きを読む)
1996-01-06 ArtNo.4478(16/1264)
◆<星>経済開発局、多国籍企業育成で200社をリストアップ
【シンガポール】向こう10年間に年商1億Sドル以上の地場多国籍企業100社の育成を目指す経済開発局(EDB)は、成長の潜在性を有する地元企業(PLE)200社をリストアップしている。(...続きを読む)
1996-01-06 ArtNo.4481(17/1264)
◆<星>今年の建設需要、昨年を下回る:建設業開発局
【シンガポール】今年の建設工事発注額は過去最高をマークした昨年の147億Sドルをやや下回る143億Sドルになる見通しだ。(...続きを読む)
1996-01-06 ArtNo.4482(18/1264)
◆<星>卸売り物価の軟化底打ち
【シンガポール】統計局が発表した最新データによると、国産品工場渡し価格の変化を表す製品価格指数(MPPI)は昨年11月には、前年同月を0.3%ポイント、また前月を0.4%ポイントそれぞれ上回る80.8を記録、上昇基調を回復した。
これにより昨年1~11月の平均MPPIは80.8となった。(...続きを読む)
1996-01-06 ArtNo.4488(19/1264)
◆<印尼>法定最低賃金は基本給に限定を:政労使代表提案
【ジャカルタ】インドネシアの労働者/雇用主/政府3者の代表は3日催された全国労働会議の席上、法定最低賃金を基本給に限定し、食費や交通費等の手当を含めぬよう提案した。(...続きを読む)
1996-01-06 ArtNo.4489(20/1264)
◆<印尼>新予算案、景気過熱抑制に重点
【ジャカルタ】スハルト大統領は4日、96/97年度予算案を国会に上程するとともに、適切な景気過熱対策を講じなければ国家経済の基盤に影響が生じ、安定成長と富の平等な分配が益々困難になるだろうと警鐘した。(...続きを読む)
1996-01-08 ArtNo.4492(21/1264)
◆<星>昨年の営業本部支出S$6.4億に倍増
【シンガポール】シンガポールに設けられた多国籍企業の営業本部(OHQ)及びビジネス本部(BHQ)の昨年の営業支出は6億4000万Sドルと、前年のほぼ2倍に拡大した。(...続きを読む)
1996-01-08 ArtNo.4500(22/1264)
◆<馬>プロトン、輸入代替からの脱皮が課題:ヤハヤ氏
【クアラルンプル】マレーシア自動車産業の頂点に立ったヤハヤ・アハマド氏は、輸出を加速し単なる輸入代替事業から脱皮することが国産車製造元プロトンの課題と語る。(...続きを読む)
1996-01-08 ArtNo.4501(23/1264)
◆<馬>戦略と焦点の不在がHicom株価低迷の主因:ヤハヤ氏
【クアラルンプル】マレーシアの重工業育成の使命を負うた国策企業Hicomホールディングズの舵取りを引き受けたヤハヤ・アハマド氏は、プロトンとEONの株価が上昇しているのに反してHicomの株価が公募価格を下回っている問題に触れ、「プロトンやEONが何をしているかは誰もが知っているが、Hicomは一体何をしているのか」と反問、株価低迷の理由もその辺にあると指摘する。(...続きを読む)
1996-01-08 ArtNo.4505(24/1264)
◆<印尼>地元原料に対する課税率引き下げ
【ジャカルタ】政府は輸出指向製品の原料に対する課税を軽減するため付加価値税に関する新規則を導入する。(...続きを読む)
1996-01-08 ArtNo.4506(25/1264)
◆<泰>一部首脳、欧亞サミット欠席も
【バンコク】今年3月1-2日にバンコクで催される欧亞サミットに一部欧州諸国首脳の欠席が予想されている。(...続きを読む)
1996-01-09 ArtNo.4508(26/1264)
◆<星>アジア太平洋地域チップ・メーカー売上48%アップ
【シンガポール】日本を除くアジア太平洋地域における半導体メーカーの昨年の営業額は335億米ドルと、一昨年の226億米ドルから48%拡大した。(...続きを読む)
1996-01-09 ArtNo.4515(27/1264)
◆<馬>金融取引所、来月にも取引開始
【クアラルンプル】マレーシア・マネタリー・エクスチェーンジBhd(MME)は今月15日からスタートする2週間の予行演習に続き、来月初から本番の取引を開始する方針だ。(...続きを読む)
1996-01-10 ArtNo.4528(28/1264)
◆<馬>国営投資会社プルナスのM$14億MBOに青信号?
【クアラルンプル】消息筋は、国営投資会社プルバダナン・ナシオナルBhd(プルナス)のトップ管理層が政府の認可を得、14億Mドルと見積もられるマネージメント・バイ・アウト(MBO)を近く実行するものと予想している。(...続きを読む)
1996-01-10 ArtNo.4536(29/1264)
◆<印尼>最低法定賃金10.63%アップ
【ジャカルタ】インドネシアの最低法定賃金は4月1日より10.63%引き上げられる。(...続きを読む)
1996-01-11 ArtNo.4540(30/1264)
◆<星>昨年の航空産業成長率1.6%、今年は成長加速も
【シンガポール】シンガポール航空産業の昨年の生産高は13億7000万Sドルと、1.6%の成長にとどまったが、今年は改善が見込まれている。(...続きを読む)
1996-01-12 ArtNo.4553(31/1264)
◆<星>国家生産性局、国際雇用安定センターと人材派遣協力覚書
【シンガポール】国家生産性局(NPB)は10日、日本の国際雇用安定センター(IESC)と専門技術者の派遣に関する覚書に調印した。(...続きを読む)
1996-01-12 ArtNo.4554(32/1264)
◆<星>工業界の需要に応じS$6200万人材育成計画推進
【シンガポール】経済開発局(EDB)はウエハー/ディスク・メディア/集積回路(IC)/精密工学領域の人材需要に応じるために立案した6200万SドルのINTECH訓練計画の詳細を近く発表する。(...続きを読む)
1996-01-12 ArtNo.4560(33/1264)
◆<馬>M$4.25億直接投資ファンド創設
【クアラルンプル】上場を望まぬ、あるいは上場条件が整っていない企業に事業拡張資金を調達する新たな道を提供するため、マレーシア初の直接投資ファンド“マレーシアン・キャピタル・ベンチャーズ(MCV)”が10日発足した。(...続きを読む)
1996-01-12 ArtNo.4565(34/1264)
◆<馬>不動産市況ピークに:不動産業界トップ
【クアラルンプル】マレーシア不動産業界幹部の75%が不動産市況は既にピークに達したと見ており、国内不動産市場の先行き見通しに転機が生じている。(...続きを読む)
1996-01-13 ArtNo.4568(35/1264)
◆<星>EDB、地元企業と多国籍企業の海外共同投資を仲介
【シンガポール】経済開発局(EDB)は今年、シンガポール企業と多国籍企業のアジア地域における共同投資を一層促進する方針だ。(...続きを読む)
1996-01-13 ArtNo.4569(36/1264)
◆<星>APB/ブロードウェイにOEIステータス
【シンガポール】ビール製造のアジア・パシフィック・ブルワリーズ(APB)と、パッケージングのブロードウェイ・エンタープライジズは、経済開発局(EDB)がシンガポール企業の海外投資と新市場開拓を奨励するために設けたオーバーシーズ・エンタープライズ・インセンティブ(OEI)賞の最初の受賞者となり、11日海外収入に対する課税免除認定証を授与された。
免税期間は最長10年。(...続きを読む)
1996-01-13 ArtNo.4575(37/1264)
◆<馬>経常赤字拡大に関わらず大型インフラ事業続行:首相
【クアラルンプル】マハティール首相は11日、プトラジャヤ新行政センター等の大型インフラ開発を規定方針通り続け、経常収支の赤字問題解決のためにこれらの工事を停止する可能性を否定した。(...続きを読む)
1996-01-13 ArtNo.4579(38/1264)
◆<馬>KLSE会頭、外国銘柄専門ボード開設提案
【クアラルンプル】クアラルンプル証券取引所(KLSE)に外国銘柄専門ボードを設けることは、マレーシアの経常収支の赤字を軽減する一つの方策にもなる。(...続きを読む)
1996-01-13 ArtNo.4581(39/1264)
◆<比>昨年のスービク投資116%増加
【マニラ】米軍海軍基地から輸出/観光地区に変身を遂げたスービク湾における昨年の投資は6億2190万米ドルと、一昨年の2億8720万米ドルから116%増加した。
(BT:1/12)(...続きを読む)
1996-01-13 ArtNo.4582(40/1264)
◆<越>ホーチミン市当局、外国投資認可権獲得
【ハノイ】ベトナム政府は南部の経済センター、ホーチミン市に外国投資プロジェクトを評価し、ライセンスを発行する権限を認めた。(...続きを読む)
1996-01-15 ArtNo.4583(41/1264)
◆<星>化学産業、今年も二桁成長:EDB予測
【シンガポール】シンガポール化学産業の昨年の生産額は石油精製を除き前年比14.9%増の95億Sドルをマークしたものと見られ、今年も二桁成長が持続する見通しだ。(...続きを読む)
1996-01-15 ArtNo.4589(42/1264)
◆<星>昨年初9カ月の民間住宅賃貸料6%アップ
【シンガポール】民間住宅賃貸料指数は昨年初9カ月に6%アップ、昨年の5%の落ち込みからプラス成長を回復した。(...続きを読む)
1996-01-15 ArtNo.4593(43/1264)
◆<馬>シャリマン氏、プルナスMBOチームへの参与確認
【クアラルンプル】プルバダナン・ナシオナルBhd(プルナス)のトゥンク・タン・スリ・シャリマン・トンク・スライマン社長兼最高経営者(CEO)は12日記者会見し、同氏が伝えられるプルナスのマネージメント・バイアウト(MBO)を図る14人の経営陣に加わっていることを確認した。(...続きを読む)
1996-01-15 ArtNo.4596(44/1264)
◆<馬>第7次マレーシア計画ではサービス産業強化を優先
【クアラルンプル】サービス業はマレーシア経済の最大の弱点の1つで、1996-2000年の第7次マレーシア計画では同部門の強化が優先される。(...続きを読む)
1996-01-16 ArtNo.4611(45/1264)
◆<馬>ロード・ビルダー等、クアンタン港民営化事業獲得
【クアラルンプル】総理府経済計画局(EPU)はロード・ビルダー(M)ホールディングズBhd(RBMHB)に率いられるコンソーシアムがクアンタン港民営化プロジェクトを進めることを認めた。(...続きを読む)
1996-01-17 ArtNo.4625(46/1264)
◆<馬>製造部門賃金21.6%アップ
【クアラルンプル】昨年1-9月の間の製造業労働者の賃金は前年同期比21.6%アップした。(...続きを読む)
1996-01-17 ArtNo.4627(47/1264)
◆<比>昨年の証券投資12.4%ダウン
【マニラ】中央銀行が15日発表したところによると、昨年通年のフィリピンにおける純ポートフォリオ投資は7億8900万米ドルと、一昨年比12.4%下降した。
(BT:1/16)(...続きを読む)
1996-01-17 ArtNo.4629(48/1264)
◆<越>向こう5年間にUS$420億外資誘致目指す
【ハノイ】ベトナムは向こう5年間に420億米ドルの外資を誘致する必要が有る。(...続きを読む)
1996-01-18 ArtNo.4632(49/1264)
◆<星>国立大学、企業のR&D支援目指し材料技術子会社設立
【シンガポール】シンガポール拠点の企業は製造材料関連技術を研ぎ澄ます上でシンガポール国立大学(NUS)の研究開発(R&D)の成果や経験を利用できるようになった。(...続きを読む)
1996-01-18 ArtNo.4633(50/1264)
◆<星>石油精製マージン改善、今年第1四半期中は好調持続
【シンガポール】当地の石油トレーダーらは現在の高い精製マージンが少なくとも向こう3カ月は持続するものと予想している。(...続きを読む)
経済一般 General Economics in 1996
◄◄◄ back1264件の関連記事が見つかりました( 1/26 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
右ペイン・広告スペース
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.