SEAnews 2002/cat#16-1p 運輸
左予備スペース
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
右予備スペース
Site Search
Delivered from Singapore
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
ロジスティクス Logistics in 2002
◄◄◄ back103件の関連記事が見つかりました( 1/3 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
元のページへ戻る ►2002-01-07 ArtNo.27895(1/103)
◆全国の港湾労働者8万人以上が22日にスト実施
【コルカタ】インド全国の港湾労働者8万人以上が、主要港湾の法人化に反対し、1月22日にストライキを実施する。(...続きを読む)
2002-01-07 ArtNo.27900(2/103)
◆政府、新ガソリン/ディーゼル油税検討
【ニューデリー】インド政府は総コスト5万4000クロー(US$111.86億)と見積もられる全国幹線道路開発計画(NHDP:National Highway Development Project)に充当するため、ガソリン及びディーゼル油に1リッター当たり0.3ルピーの追加税を課すことを新年度予算に盛り込む可能性を検討している。(...続きを読む)
2002-01-08 ArtNo.27911(3/103)
◆ガス・オーソリティー、向こう2年間にUS$8億投資
【ニューデリー】Gas Authority of India Ltd(GAIL)は向こう2年間に進める総額3900クロー(8.079億)の投資計画を明らかにした。(...続きを読む)
2002-01-10 ArtNo.27923(4/103)
◆Adani、IOCとLNG流通契約
【アーマダバード】年商4200クロー(US$8.7億)の地場民間商社Adani Exports Ltd (AEL)は先月31日、ニューデリーでPetronet LNG Ltd (PIL)のメンバー、国営Indian Oil Corporation Ltd(IOC)と、再ガス化後の液化天然ガス(LNG)のディストリビューションに関わる契約(HOA:heads of agreement)を結んだ。(...続きを読む)
2002-01-17 ArtNo.27990(5/103)
◆国内港湾を利用する海運会社に対する規制を緩和
【ニューデリー】大蔵省はインド港湾に寄港する海運会社に対する一連の通関規制緩和措置を認めた。(...続きを読む)
2002-01-17 ArtNo.27993(6/103)
◆GAZ De France/Ras Gas、ペトロネットLNGに出資
【ニューデリー】インドの国営石油・ガス会社が合弁で設立したPetronet LNGにGaz De France(GDF)が出資、カタールのRas Gasも近く出資を決める見通しだ。(...続きを読む)
2002-01-22 ArtNo.28030(7/103)
◆ビライ・スチール、12月のレール出荷量過去最高マーク
【ジャイプール】国営Steel Authority of India Ltd(SAIL)傘下のBhilai Steel Plant(BSP)は昨年12月、プライム・レール5万4009トンをIndian Railways向けに出荷した。
同社は40年間にわたりレール製造を手掛けて来たが、先月の出荷量は月間ベースで過去最高をマークした。(...続きを読む)
2002-01-22 ArtNo.28033(8/103)
◆ムンバイ空港、年初9ヶ月の旅客・貨物処理量ダウン
【ムンバイ】マハラシュトラ州ムンバイ市に設けられたチャトラパティ・シヴァージー国際空港(CSIA:Chhatrapati Shivaji International airport)の年初9ヶ月(2001/4-12)の旅客貨物処理量は何れもマイナス成長を記録した。(...続きを読む)
2002-01-22 ArtNo.28034(9/103)
◆P&O、バック・オフィス業務を手掛けるIT子会社設立
【プネー】英国/オランダ拠点のコンテナ海運会社P&O Nedlloydは100%出資の情報技術(IT)子会社、P&O Nedlloyd IT Services Pvt Ltd(PNIS)を設立、マハラシュトラ州プネーとタミールナド州チェンナイにPNISのオフィスを設けた。(...続きを読む)
2002-01-25 ArtNo.28044(10/103)
◆海運省、地元海運会社に重量税/法人税のオプション提供提案
【ニューデリー】海運省は地元海運会社に重量税(tonnage tax)と法人税(corporate tax)の何れかを選択するオプションを提供するよう大蔵省に提案した。(...続きを読む)
2002-01-31 ArtNo.28096(11/103)
◆ペトロネットLNG、出資者求め内外の金融機関と協議
【ダヘジ】Petronet LNG Ltd(PLL)は、余す30%のシェア売却を目指し、Global Infrastructure Company (GIC)、American Industrial Group (AIG)、Infrastructure Development Finance Company (IDFC)、UTI-AMP Fund(Unit Trust of Indiaとオーストラリアの金融機関の合弁)等の金融機関と突っ込んだ交渉を進めている。(...続きを読む)
2002-02-01 ArtNo.28112(12/103)
◆GAIL、カキナダLNGターミナル事業への参加準備
【ニューデリー】国営Gas Authority of India Ltd (GAIL)はアンドラプラデシュ州Kakinadaにおける年間処理能力500万トンの液化天然ガス(LNG)ターミナル・プロジェクトに加わる準備を整えている。(...続きを読む)
2002-02-04 ArtNo.28125(13/103)
◆TNTインディア、ロジスティクス・サービス準備
【ムンバイ】ロジスティクス・ビジネスへの進出を目指すクーリエ会社TNT Indiaは、手始めに地元企業をターゲットにサプライ・チェーン・マネージメント・サービスを提供する計画だ。(...続きを読む)
2002-02-08 ArtNo.28171(14/103)
◆GE/Essar/ビデオコン、国営海運会社買収のパートナー物色
【ムンバイ】地元海運会社Great Eastern Shipping Company(GESC)とEssar Shipping Ltd(ESL)の他、地元消費者用電子製品会社Videocon International Ltd(VIL)も、Shipping Corporation of India(SCI)の政府持分買収を目指し、外国海運会社と提携交渉を進めている。(...続きを読む)
2002-02-15 ArtNo.28213(15/103)
◆リライアンス、Shipping Corp権益買収も
【ムンバイ】Reliance Industries Ltd(RIL)は、世界最大規模のタンカー用船契約者に数えられるShipping Corporation of India Ltd(SCI)の政府持分買収を目指しているもようで、2月18日の締め切り期限までに入札意向書(EOI:expression of interest)を提出するものと見られる。(...続きを読む)
2002-02-19 ArtNo.28241(16/103)
◆政府、ハジラLNGターミナル完成期日の2年繰り延べを許可
【ニューデリー】インド政府はRoyal Dutch Shellがグジャラート州Haziraに計画する年間処理能力500万トンの液化天然ガス(LNG)輸入/再ガス化ターミナルの完成期日を2004年1月5日に、2年延期することを条件付きで認めた。(...続きを読む)
2002-02-19 ArtNo.28246(17/103)
◆カンドラ港コンテナ・ターミナルの再入札募集
【ニューデリー】インド政府は、Infrastructure Development Finance Company (IDFC)により提案された新ガイドラインに基づきグジャラート州Kandla港における見積もりコスト300クロー(US$6153万)のコンテナ・ターミナル・プロジェクトの再入札を募集する。(...続きを読む)
2002-02-19 ArtNo.28247(18/103)
◆Vallarpadam中継貿易港プロジェクトも再入札募集
【ニューデリー】インド政府はケララ州Vallarpadamに1870クロー(US$3.8億)を投じてコンテナ中継貿易港を建設する計画の再入札を募集する見通しだ。(...続きを読む)
2002-02-19 ArtNo.28248(19/103)
◆国際海運会社、SCI政府持分買収に関心
【ムンバイ】外資出資率に25%の上限が設けられているにも関わらず、多くの国際海運大手がShipping Corporation of India(SCI)の政府持分買収に関心を示しており、2月18日の締切期限までに入札意向書(EOI:expressions of interest)を提出したもようだ。(...続きを読む)
2002-02-21 ArtNo.28253(20/103)
◆Reliance、British Gasにダブホール事業への共同入札提案
【アーマダバード】Reliance Industries Ltd(RIL)は、マハラシュトラ州ムンバイ近郊DabholにおけるEnronの29億米ドルの発電プロジェクトに共同で入札するようBritish Gas Group(BG)に持ちかけたようだ。(...続きを読む)
2002-03-05 ArtNo.28340(21/103)
◆石油省、バングラデシュ産ガス輸入計画の出資構成決定
【ニューデリー】インド政府はバングラデッシュ産ガスを輸入し、インド国内でマーケッティングする合弁事業に対するIndian Oil Corporation (IOC)、Gas Authority of India Limited (Gail)、Oil and Natural Gas Corporation (ONGC)の出資率を48:26:26とする方針を決めた。(...続きを読む)
2002-03-05 ArtNo.28341(22/103)
◆IOC、リライアンスの北部市場進出を阻止
【ムンバイ】国営Indian Oil Corporation(IOC)は傘下製油所の拡張計画の一環として、Kandla-Bhatinda石油製品パイプラインを原油パイプラインに転換することを計画しているが、年間キャパシティー900万トンの同パイプラインは目下Reliance Petroleum Ltd(RPL)のJamnagar製油所の製品の少なからぬ部分の北部市場への輸送に使用されていることから、同計画が実行に移されれば、RPLの北部市場開拓が阻害されることになる。(...続きを読む)
2002-03-14 ArtNo.28414(23/103)
◆インド/欧州航路コンテナ輸送料のアップが輸出業界に打撃
【ムンバイ】海運業界は3月1日からインド/欧州航路のコンテナ輸送料を50%前後値上げした。
持続的な輸送料の下降とマージンの縮小に悩まされて来た海運業界は、これまでの値下がり分を回復するための措置としているが、輸出業者や貿易業者は大幅な値上げで、深刻な打撃を被っている。(...続きを読む)
2002-03-15 ArtNo.28415(24/103)
◆セントラル・パイプライン入札に3社が名乗り、IOCは撤収
【ムンバイ】Reliance Petroleum Ltd(RPL)、Larsen & Toubro(L&T)、Sun Groupが、1400キロのセントラル・インディア・パイプライン・プロジェクトの建設請負契約に入札の意向を表明したが、当初RPLと共同で入札するものと見られていたIndian Oil Corporation (IOC)は、レース参加を見合わせた。(...続きを読む)
2002-04-12 ArtNo.28608(25/103)
◆BASF、グジャラート化学品ポートと提携しSM輸入
【アーマダバード】ドイツの大手化学会社BASF AGは、グジャラート州のDahej港を通じてスチレン・モノマーを直接輸入するため、インド唯一の化学品専用港湾会社、Gujarat Chemical Port Terminal Company Limited(GCPTCL)と手を結んだ。(...続きを読む)
2002-04-15 ArtNo.28612(26/103)
◆英国Portia、Vizag Sea Portsに26%出資
【ヴィシャカパトナム】英国拠点のPortia Management Services(PMS)は、地元のインフラ工事会社Gammon India Ltdと合弁でVizag Sea Ports Ltd (VSPL)を設立、アンドラプラデシュ州のVisakhapatnam港にBOT(建設/経営/引渡)方式により2つ貨物バース(cargo berth)を建設する。
ちなみにPMSの親会社Mercey Docks and Harbour Coはリバプール/シアネス/チャタム等の英国の主要港を所有・経営している。(...続きを読む)
2002-04-16 ArtNo.28637(27/103)
◆GAIL、バングラ・ガスパイプライン・ルートの調査入札募集
【ニューデリー】バングラデシュ政府がまだ方針を固めていないにも関わらず、Gas Authority of India Ltd(Gail)は、バングラデシュのガス鉱区からインド側にガスを輸送するためのパイプライン・ルートに関する調査入札を募集した。(...続きを読む)
2002-04-18 ArtNo.28640(28/103)
◆米国向け貨物海運コスト20%アップ
【ムンバイ】インドの対米輸出業者は、2つの主要海運同盟がインド/米国間のコンテナ輸送料金を値上げしたことから、運賃コストの20%上昇を覚悟せねばならないようだ。(...続きを読む)
2002-04-18 ArtNo.28641(29/103)
◆ムンバイからの陸送運賃、全線値下がり
【ムンバイ】国内貨物輸送のスローダウンと車両供給余力の拡大に伴い、マハラシュトラ州Mumbaiからほとんど全ての州に向かう9トン積みトラックの運賃が、予想通り下降した。(...続きを読む)
2002-04-19 ArtNo.28657(30/103)
◆RIL/L&T/Sun、中央インド・パイプライン契約競う
【ニューデリー】インド最大の民間石油化学会社Reliance Industries Ltd (RIL)と地元のセメント製造・建設会社Larsen & Toubro (L&T)、そしてロシア・コンソーシアム、Sun Securities-Oao Stroytransgaz-Gazpromの3者が、今月末に予定されるセントラル・インディア・パイプライン・プロジェクトの最終価格入札に参加、見積もりコスト2450クロー(US$5億)の敷設契約を争うことになった。(...続きを読む)
2002-04-19 ArtNo.28659(31/103)
◆ムンバイ港、US$1.8億沖合コンテナ・ターミナル建設準備
【ムンバイ】マハラシュトラ州のMumbai港は、見積もりコスト900クロー(US$1.84億)の沖合コンテナ・ターミナル建設計画の資格審査要請書(RFQ:Request For Qualification)の最終審査作業を進めている。(...続きを読む)
2002-04-29 ArtNo.28701(32/103)
◆G州ペトロネット、シェル・ハジラとガス輸送契約覚書に調印
【アーマダバード】グジャラート州内のガス輸送業務を手掛けるGujarat State Petronet Ltd(GSPL)はShell Hazira Gas Pvt Ltd(SHGPL)と総合的なガス輸送契約趣意書(MOI: memorandum of intent)に調印した。(...続きを読む)
2002-04-30 ArtNo.28723(33/103)
◆南部地区の陸送料金、需要急増で2週間連続値上がり
【ムンバイ】南部地区における需要の急増からマハラシュトラ州Mumbaiから南部地域に向かうトラック便(9トン済み換算)の運送料が先週1000~1500ルピー(4-7%)アップした。(...続きを読む)
2002-05-06 ArtNo.28745(34/103)
◆Rasgas、1MBTU当たりUS$3.6-3.8でLNG供給
【ニューデリー】カタールのRas Laffan Liquefied Natural Gas Co. (RasGas)はPetronet LNG (PLL)に対して100万BTU (British thermal unit)当たり3.6-3.8米ドルで液化天然ガス(LNG)を供給することを原則的に認めたようだ。(...続きを読む)
2002-05-09 ArtNo.28776(35/103)
◆ONGC、ロシア/インド・エネルギー・ハイウェー検討
【ニューデリー】インドと中国が将来のエネルギー需要を満たすため、石油・ガス供給の確保に鎬を削る中、ロシア及び中央アジアから中国を経由してインドに石油・ガスを供給するパイプ・ラインを敷設することが検討されている。(...続きを読む)
2002-05-13 ArtNo.28794(36/103)
◆GAIL、ガス・パイプライン国産化で25%コスト削減も
【ムンバイ】グジャラート州Dahejの液化天然ガス(LNG)ターミナルからマドヤプラデシュ州Vijapurに至るガス・パイプラインの敷設を計画するGas Authority of India Ltd (Gail)は必要な鋼材を国内調達することにより、コストを25%カットする可能性を検討している。(...続きを読む)
2002-05-14 ArtNo.28806(37/103)
◆グジャラート・ガス、リライアンス等と長期ガス供給交渉
【ムンバイ】British Gasがプロモーターを務めるGujarat Gas Company Ltd (GGCL)は、Reliance Industries Ltd(RIL)/National Thermal Power Corporation (NTPC)/Krishak Bharti Cooperative(Kribhco)と、Cairn EnergyがLakshmiガス鉱区から採取したガスの長期供給交渉を進めている。(...続きを読む)
2002-05-21 ArtNo.28852(38/103)
◆石油各社、タンカー・チャーター料の急騰に焦慮
【ムンバイ】石油部門に対する統制が解除され、国内の石油会社は海外からの直接輸入を許されたものの、昨今の原油の値上がりに加え、タンカーのチャーター料が4月以来ほぼ2倍に高騰したことから、Reliance、Indian Oil Corporation (IOC)、Hindustan Petroleum Corporation Ltd (HPCL)、Bharat Petroleum Corporation Ltd (BPCL)等のプレーヤーは、焦燥感を深めている。(...続きを読む)
2002-05-23 ArtNo.28869(39/103)
◆政府、第10次5カ年計画期間の道路建設にUS$120億投資
【ニューデリー】インド政府は第10次5カ年計画期間(2002-07)の道路インフラの開発に5万9000クロー(US$120.556億)を投じる。(...続きを読む)
2002-05-24 ArtNo.28884(40/103)
◆インド/イラン/ロシア、南北海上輸送路構築専門委設置
【ニューデリー】インド/イラン/ロシアは、南北海上輸送路を構築するため2組の専門家グループを組織することで合意した。(...続きを読む)
2002-05-28 ArtNo.28902(41/103)
◆Blue Star、サプライ・チェーン再編
【ムンバイ】年商510クロー(US$1.04億)のBlue Star Ltd(BSL)は、サプライ・チェーン・マネージメント・イニシアチブの下、今年は倉庫/流通/資材調達システムに大幅な再編を加え、競争が加熱する耐久消費財領域における売り上げの急拡張を目指す。(...続きを読む)
2002-05-31 ArtNo.28934(42/103)
◆ジャワハル・ラル・ネール港拡張計画にゴー・サイン
【ニューデリー】海運省が、650クロー(US$1.33億)を投じてバラ荷処理ターミナルをコンテナ・ターミナルに転換するプロジェクトを認可したことから、Jawahar Lal Nehru Port(JLNP)のコンテナ処理能力拡張計画がいよいよ離陸する見通しだ。(...続きを読む)
2002-05-31 ArtNo.28935(43/103)
◆海運省、US$4.1億Vallarpadam中継港計画推進
【ニューデリー】海運省はケララ州Kochi近郊Vallarpadamに2000クロー(US$4.09億)を投じて積み替え港を建設する計画の実行を再提案した。(...続きを読む)
2002-06-03 ArtNo.28942(44/103)
◆欧州航路海運料上昇で輸出貿易失速も
【ムンバイ】インド/欧州航路の海運料が急騰していることから、インドの輸出貿易が失速するのではないかとの懸念が生じている。(...続きを読む)
2002-06-03 ArtNo.28943(45/103)
◆海運会社SCI入札希望者、LNGビジネスからの撤収要求
【ニューデリー】Shipping Corporation of India (SCI)の民営化入札に参加を希望するものは、SCIが民営化に先立って液化天然ガス(LNG)輸送合弁事業から手を引くよう希望しているが、インド政府は、こうした要望に応じることに難色を示している。(...続きを読む)
2002-06-11 ArtNo.29022(46/103)
◆ハルディア・ドック、多目的バース建設BOT契約発注
【ハルディア】タイのPrecious Shipping/米国のSSA Ltd/地元のLarsen & Toubro(L&T)から成るコンソーシアムは、西ベンガル州Kolkataから150キロのHaldia Dock Complex (HDC)に多目的バースを建設する30年間のBOT(Build/Operate/Transfer)契約を獲得した。(...続きを読む)
2002-06-14 ArtNo.29034(47/103)
◆インターナショナル・シーポート、2港湾事業に着手
【コルカタ】シンガポール拠点のInternational Seaports Pte. Ltd (ISPL)が完全出資するInternational Seaports (India) Pvt. Ltd (ISIPL)は3年間の遅延後、アンドラプラデシュ州Kakinadaとオリッサ州Dhamraにおける2つの港湾インフラ開発事業に着手する。(...続きを読む)
2002-06-18 ArtNo.29062(48/103)
◆IOC、需要軟化からパイプライン事業20件見合わせ
【ニューデリー】国営石油会社Indian Oil Corporation(IOC)は、国内石油製品需要の成長鈍化から20件余りのパイプライン・プロジェクトの実行を見合わせた。(...続きを読む)
2002-06-18 ArtNo.29063(49/103)
◆IOC、1ダース余の新パイプライン事業計画
【ニューデリー】国営石油会社Indian Oil Corporation(IOC)は、1ダースあまりの新パイプライン・プロジェクトを準備している。(...続きを読む)
2002-06-18 ArtNo.29075(50/103)
◆鉄道、6万3千キロ光ファイバー・ケーブル敷設
【ヴィジャヤワダ】The Railways(Rly)は、鉄道網に沿って6万3000ルート・キロの光ファイバー・ケーブルを敷設、運輸業界におけるテレコム新時代の先駆けを務める。(...続きを読む)
ロジスティクス Logistics in 2002
◄◄◄ back103件の関連記事が見つかりました( 1/3 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
右ペイン・広告スペース
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.