左予備スペース
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
右予備スペース
Site Search
Delivered from Singapore
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
石油/化学 Petroleum/Chemical in 1997
◄◄◄ back722件の関連記事が見つかりました( 1/15 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
元のページへ戻る ►1997-01-04 ArtNo.8896(1/722)
◆<星>スイス企業Lonza、EDBとUS$1億化学合弁
【シンガポール】スイス企業Lonzaは経済開発局(EDB)と80:20の出資率で1億2500万米ドルを投じ、ポリエステル樹脂や表面処理剤/塗料の原料となる純粋イソフタル酸の製造工場をサクラ島に建設する。(...続きを読む)
1997-01-04 ArtNo.8902(2/722)
◆<馬>ペングループ、ポリエステル薄膜製造にM$8億投資
【ペナン】東レ傘下のペングループはペナン州プライに8億Mドルを投じ、コンデンサーや視聴覚機器用記憶装置の製造等に使用されるポリエステル・フィルムの製造施設を建設する。(...続きを読む)
1997-01-04 ArtNo.8904(3/722)
◆<印尼>ティルタマス、タイ/米/日企業と石化事業
【バンコク】インドネシアのセメント/石油化学工業会社Tirtamasはタイのサイアム・セメント及び米・日パートナーと合弁で800億バーツを投じ、トゥバンの1500ライの土地に総合的な石油化学コンプレックスを建設する。(...続きを読む)
1997-01-06 ArtNo.8916(4/722)
◆<馬>E.オクシジェン、サラワク州にニトロジェン新工場建設
【クチン】クアラルンプル証取(KLSE)二部上場のイースタン・オクシジェンBhd(EOB)は、サマ・ジャヤ自由貿易地区の新工場に1000万Mドルを投じ、1997年9月の完工を目処にニトロジェン製造施設を増設する。(...続きを読む)
1997-01-06 ArtNo.8919(5/722)
◆<印尼>プルタミナ総裁、2000年までに2製油所増設示唆
【ジャカルタ】国営石油会社プルタミナのファイサル・アブダオエ総裁は3日、2000年までに各日量12万5000バレルの原油処理能力を有する製油所を新たに2つ設ける必要があると指摘した。(...続きを読む)
1997-01-07 ArtNo.8926(6/722)
◆<星>経済開発局、業界と協力し化学/IT労働者育成
【シンガポール】経済開発局(EDB)は今年、業界と共同で中卒レベルの化学/情報技術(IT)労働者を育成する訓練計画を推進する。(...続きを読む)
1997-01-08 ArtNo.8947(7/722)
◆<馬・泰>間に石油パイプライン建設:千代田化工
【東京】タイ南部のサイブリと半島マレーシア西海岸のアロル・スタルを結ぶ石油パイプラインが建設される。(...続きを読む)
1997-01-09 ArtNo.8958(8/722)
◆<馬・泰>パイプライン構想は試案?:アナリスト
【シンガポール】千代田化工が6日東京で発表したタイのサイ・ブリとマレーシアのアロル・スタルを結ぶ全長190キロの石油パイプライン建設計画に関して、業界筋は「タイ側の出鼻を挫くマレーシア・グループの動きは驚き」とするとともに、「タイ側との調整がついているのか不明瞭で、あるいは単なる試案にすぎないのでは」と評している。(...続きを読む)
1997-01-11 ArtNo.8994(9/722)
◆<泰>タイ・ビチューメン、工業省とアスファルト事業契約
【バンコク】Tipco Asphaltの完全出資子会社Thai Bitumenは9日、工業省と、プラチュアブキリカン省における年産200万トンのシック・アスファルトの製造に関わる契約を結んだ。(...続きを読む)
1997-01-13 ArtNo.9005(10/722)
◆<馬>TNB子会社、ペラ州にM$60億発電所建設
【クアラルンプル】電力会社トゥナガ・ナシオナルBhd(TNB)子会社のTNBジャナマンジュンSdn Bhd(TNBJ)は、ペラ州タンジュン・カタの埋め立て地に60億Mドルを投じ2000MWの石炭発電所及び石炭貯蔵施設を建設する。(...続きを読む)
1997-01-14 ArtNo.9022(11/722)
◆<馬>TNB/MRCB、電力供給で合意
【クアラルンプル】電力会社トゥナガ・ナシオナルBhd(TNB)とマレーシアン・リソーシズ・コーポレーションBhd(MRCB)はMRCB傘下のSegari Energy Venture Sdn Bhd(SEV)により建設/経営される1303MW(メガワット)、総コスト40億Mドルのルム発電所第2期工事分(SEV2)の電力供給に関し合意に達した。(...続きを読む)
1997-01-14 ArtNo.9026(12/722)
◆<泰>アナリスト、石油化学産業支援措置を評価
【バンコク】タイ総理府は先週水曜、国内石油化学産業のコストを削減し、競争力を強化するため、投資局が5施策を導入するとのステートメントを発表した。(...続きを読む)
1997-01-15 ArtNo.9035(13/722)
◆<馬>M$50億バクン・ダム下請け契約は地元企業にのみ発注
【ミリ】バクン水力発電プロジェクトに関連した50億Mドル相当の契約は地元企業に発注される。(...続きを読む)
1997-01-15 ArtNo.9036(14/722)
◆<馬>オートウェイズ、インドでM$4億発電事業契約獲得
【クアラルンプル】クアラルンプル証取(KLSE)二部上場のオートウェイズ・ホールディングズBhdはコンソーシアムを率い、インドにおける4億Mドルの発電事業を手がける。(...続きを読む)
1997-01-16 ArtNo.9056(15/722)
◆<越>LG/コノコ/ペトロナスの製油事業棄却設否定
【ハノイ】国営石油会社ペトロベトナムは、韓国のLGグループ、米国のコノコ・インク、マレーシアのペトロナスに率いられるコンソーシアムの14億米ドル石油精製プロジェクトが棄却されたとのファイナンシャル・タイムズの報道を否定した。(...続きを読む)
1997-01-17 ArtNo.9067(16/722)
◆<馬>M.オキシジェン、溶接事業拡張
【プタリン・ジャヤ】国内最大の溶接材料/機器サプライヤー、マレーシアン・オキシジェンBhd(MOX)は傘下の溶接棒メーカー、MOXウェルディング・プロダクツSdn Bhdを通じて、溶接事業の拡張に本腰を入れる。(...続きを読む)
1997-01-17 ArtNo.9071(17/722)
◆<越>外資撤退すれば製油所を独自建設:ペトロベトナム
【ハノイ】ベトナムは14億米ドルの石油精製事業から外国パートナーが撤退すれば、独力で製油所を建設する。(...続きを読む)
1997-01-18 ArtNo.9081(18/722)
◆<馬>廃水処理会社インダ・ウォーター、M$70億投資準備
【クアラルンプル】全国廃水処理民営化計画を請け負ったインダ・ウォーター・コンソーシアムSdn Bhd(IWK)は、インフラ整備と保守事業に70億Mドルを投資する。(...続きを読む)
1997-01-18 ArtNo.9086(19/722)
◆<越>IFC、Amata発電事業の15%権益に関心
【バンコク】世界銀行傘下のインターナショナル・ファイナス・コーポレーション(IFC)は、ベトナムのビエンホア工業団地におけるAmata発電事業に15%出資する可能性を検討している。(...続きを読む)
1997-01-20 ArtNo.9098(20/722)
◆<馬>マラコフ、コジェネレーション・ビジネスに進出
【クアラルンプル】Malakoff Bhdは、Lankah Kurnia Sdn Bhdと合弁で、マレーシアン・ニュースプリント・インダストリーズSdn Bhd(MNI)のためにパハン州ムンタカブに電力及びスチームを供給するコジェネレーション・プラントをBOO(建設/所有/経営)方式で建設する。(...続きを読む)
1997-01-20 ArtNo.9099(21/722)
◆<印尼>368兆ルピア浄水事業に内外企業が注目
【ジャカルタ】内外の投資家が総額368兆ルピアと見積もられる浄水事業に注目、全国の14省におけるこれら20件のプロジェクトに関わる投資計画を政府に提出している。(...続きを読む)
1997-01-21 ArtNo.9113(22/722)
◆<泰>タイ・カーボン、生産倍増
【バンコク】タイ・カーボン・プロダクト(TCP)はタイヤ業界の需要増に応じるため、生産規模を6万トンに倍増するとともに、周辺事業への進出も計画している。(...続きを読む)
1997-01-21 ArtNo.9114(23/722)
◆<比>PNOC/ペトロコープに別個に分解装置建設勧告
【マニラ】フィリピン投資局(BOI)は国営フィリピン・ナショナル・オイルCo-ペトロケミカル・デベロプメント・コープ(PNOC-PDC)及びペトロケミカルズ・コーポレーション・オブ・アジア・パシフィック(ペトロコープ)に率いられる民間コンソーシアムに、双方の協議が妥結しないなら、それぞれ独自にナフサ・クラッカーを建設するよう勧告する方針だ。(...続きを読む)
1997-01-22 ArtNo.9123(24/722)
◆<星>エッソ/シェル、石油精製規模をカット
【シンガポール】エッソとシェルはいわゆるチャイナ・ファクターに伴うマージン縮小を配慮し、先週末シンガポールにおける石油精製量を削減した。(...続きを読む)
1997-01-22 ArtNo.9128(25/722)
◆<馬>Escoy、錫精錬事業からハイテク企業への変身目指す
【ペナン】EscoyホールディングズBhdはペナンにおける100年以上にわたる錫精錬事業に終止符を打ち、ハイテク事業への進出を目指している。(...続きを読む)
1997-01-23 ArtNo.9141(26/722)
◆<馬>ペトロナス、BASFと3石油化学プラント建設
【クアラルンプル】マレーシアの国営石油会社ペトロナスは21日、ドイツ企業BASF AGと合弁で、年産25万メートル・トンのオキソ・アルコール、年産10万メートル・トンの可塑剤、年産4万メートル・トンの無水フタル酸の工場をパハン州に建設すると発表した。(...続きを読む)
1997-01-23 ArtNo.9144(27/722)
◆<印尼>アジア・パルプ、電力事業売却し債務返済も
【ジャカルタ】シナル・マス・グループに属するシンガポール拠点の製紙事業持ち株会社アジア・パルプ&ペーパーは発電事業権益の売却を通じて40億米ドルの債務を軽減する可能性を検討している。(...続きを読む)
1997-01-24 ArtNo.9150(28/722)
◆<星>石油化学産業の低迷、向こう数年持続
【シンガポール】石油化学産業の不振が短期的に好転する見通しはなく、向こう数年間低調な市況が持続すると言う。(...続きを読む)
1997-01-24 ArtNo.9158(29/722)
◆<泰・馬>共同開発区域でガス発見
【バンコク】PTTエクスプロレーション・アンド・プロダクション(PTTEP)とマレーシアのペトロナス・カリガリの合弁に成るカリガリPTTEPオペレーティング・カンパニー(CPOC)はマレーシア・タイ共同開発区域(JDA)のムダ・ガス鉱区でムダ3試掘井の掘削に成功した。(...続きを読む)
1997-01-24 ArtNo.9160(30/722)
◆<比>Aboitiz、仏CGE/丸紅等と水道契約獲得目指す
【マニラ】運輸/電気事業で成功した地元企業Aboitiz Groupは、メトロポリタン・ウォーター・ワークス・システム(MWSS)民営化契約の獲得を目指し、子会社Aboitiz Equity Ventures(AEV)を通じ、フランス企業Generale de Eaux Group (CGE)、丸紅、マレーシア企業プンチャク・ニアガ、地元企業ハウス・オブ・インベストメント及びダルマラ・フィリピンズとコンソーシアム“フィリピン・ウォーター・ユーティリティー・コープ(PWUC)”を組織した。(...続きを読む)
1997-01-24 ArtNo.9161(31/722)
◆<比>メトロ・パシフィックも水事業民営化計画に入札
【マニラ】メトロ・パシフィック・コーポレーション(MPC)は2年前にフォート・ボニファシオの再開発契約を獲得した幸運の再現を期待し、メトロポリタン・ウォーター・ワークス・システム(MWSS)の経営権獲得入札に参加する。(...続きを読む)
1997-01-25 ArtNo.9163(32/722)
◆<星>シェブロン、US$2億添加剤工場起工
【シンガポール】米国拠点のシェブロン・ケミカルが千代田化工にターン・キー方式で発注した総コスト2億米ドルの添加剤工場の起工式が23日、サクラ島で催された。(...続きを読む)
1997-01-25 ArtNo.9177(33/722)
◆<比>アヤラ・グループ、首都水事業民営化契約獲得
【マニラ】アヤラ・コープとベンプレス・ホールディングズ・コープに率いられる2コンソーシアムがアジア最大の水事業民営化と称されるメトロポリタン・ウォーターワークス・アンド・スアリッジ・システム(MWSS)の管理契約を獲得した。(...続きを読む)
1997-01-27 ArtNo.9191(34/722)
◆サイアム・セメント、<印尼>石油化学合弁契約に調印
【バンコク】サイアム・セメント(SCC)は24日、シンガポール拠点の持ち株会社を通じ、トランス・パシフィック・ペトロケミカル、ティルタマス・マジュタマ、日商岩井と20:60:10:10の出資率で登録資本154億2000万バーツの合弁会社トランス・パシフィック・ペトロケミカル・インドタマ(TPPI)を設立、石油化学上流部門事業を進める契約に調印した。(...続きを読む)
1997-01-28 ArtNo.9205(35/722)
◆<泰>今年の国内石油製品需要12%アップ:商務省
【バンコク】タイの今年の石油製品国内需要は昨年比12%増の日量78万バレルと予想される。(...続きを読む)
1997-01-29 ArtNo.9216(36/722)
◆<馬>TNBの電力供給独占に終止符
【クアラルンプル】マレーシア政府は27日、Manfield Development Sdn Bhd(40%)、Jalinan Muhibah Sdn Bhd(20%)、Kedah Development Corp(20%)、トゥナガ・ナシオナルBhd(TNB:20%)から成るコンソーシアムの2子会社Nur(ノーザン・ユーティリティー・リソーシズ)ジェネレーション及びNurディストリビューションにクリム・ハイテクノロジー・インダストリアル・パークへの電力供給に関わる発電ライセンスと送・配電ライセンスを与えた。
これにより電力会社TNBの送電/配電事業独占経営にも終止符が打たれた。(...続きを読む)
1997-01-29 ArtNo.9220(37/722)
◆<印尼>日本触媒等、合弁でアクリル・プラント建設
【ジャカルタ】PT Tri Polyta Indonesia(TPI)は、PT Nisshoku Tripolyta Acrylindo(NTA)と合弁で1億6000万米ドルを投じ、年産12万トンのアクリル酸及びアクリル酸エステル工場を建設する。(...続きを読む)
1997-01-30 ArtNo.9226(38/722)
◆<星>パワースノコ、ユティリティー・サービス市場開拓
【シンガポール】電力/ガス事業会社シンガポール・パワー子会社のPowerSenokoは発電だけでなく、スチームの供給や工業用水の脱鉱物処理等、ユーティリティー・サービス市場の開拓を目指している。(...続きを読む)
1997-01-30 ArtNo.9230(39/722)
◆<馬>BASF、M$1千万ポリウレタン製造事業準備
【クアラルンプル】BASFポリウレタン(M)Sdn Bhdはスラゴール州ブキ・ジュルトン・インダストリアル・パークに新工場を建設、来年第1四半期から年間8000トンのポリウレタン・システムをASEAN域内市場に輸出する。(...続きを読む)
1997-01-31 ArtNo.9241(40/722)
◆<星>シンガポール・パワー、テレコム以外の市場も開拓
【シンガポール】発電/送電/配電/ガス事業の持ち株会社シンガポール・パワー(SP)は、テレコム・ライセンスの獲得だけでなく、他の事業に進出する機会も探っている。(...続きを読む)
1997-02-01 ArtNo.9261(41/722)
◆<馬>政府、入札方式導入し更に多くの発電ライセンス発行も
【クアラルンプル】マレーシア政府は入札方式により更に多くの発電ライセンスを発行する可能性を検討している。(...続きを読む)
1997-02-01 ArtNo.9262(42/722)
◆<馬>政府、2社に独立電力供給業者ライセンス発行
【クアラルンプル】マレーシア政府は木曜(1/30)、テクノロジー・トゥナガ・プルリス(オーバーシーズ)コンソーシアムSdn Bhd(TTPOC)とテクノロジー・トゥナガ・プルリス・コンソーシアムSdn Bhd(TTPC)に独立電力供給業者(IPP)ライセンスを与えた。(...続きを読む)
1997-02-01 ArtNo.9268(43/722)
◆<比>マニラ水道事業に三菱商事等も参加希望
【マニラ】マニラ・ワークス・アンド・スーアリッジ・システム(MWSS)東部サービス・エリアの民営化契約を獲得したアヤラ・グループに率いられるマニラ・ウォーター・コープに三菱商事等も参加を希望している。(...続きを読む)
1997-02-03 ArtNo.9270(44/722)
◆<星>カルテックス、50人解雇
【シンガポール】シンガポールに石油精製と国際石油貿易の拠点を置くカルテックス(テキサコ/シェブロンの対等出資合弁)は先週火曜、シンガポール子会社3社の従業員合計50人に解雇を通知した。(...続きを読む)
1997-02-03 ArtNo.9276(45/722)
◆<馬>SIRIM、新素材燃料タンクの製造を支援
【クアラランプル】SIRIM Bhdは新素材を用いた天然ガス燃料車(NGV)用燃料タンク製造に関わる研究を進めており、同領域に進出する者を支援する用意がある。(...続きを読む)
1997-02-03 ArtNo.9281(46/722)
◆<泰>副商務相、製油所増設計画に反対
【バンコク】ソンポーン・アスワヘム副商務相は、競争過熱を理由に、製油所の増設計画に反対している。(...続きを読む)
1997-02-03 ArtNo.9282(47/722)
◆<比>法廷、首都水道事業に暫定凍結命令
【マニラ】フィリピン民営化委員会は先週金曜(1/31)、先月23日にアヤラとベンプレスに率いられる2コンソーシアムに発注された首都水道事業契約を承認したが、この日、上訴廷は、同契約に対する20日間の暫定凍結命令を発した。(...続きを読む)
1997-02-03 ArtNo.9283(48/722)
◆<緬>ユノカル/トタール、共同石油探査で合意
【シンガポール】米国石油会社ユノカルとフランスの石油会社トタールはミャンマーのアンダマン海における石油探査を共同で進めることで合意した。(...続きを読む)
1997-02-04 ArtNo.9293(49/722)
◆<馬・泰>パイプライン事業化調査報告を経済計画局に提出
【クアラルンプル】半島マレーシア西海岸のアロル・スタルとタイ南部のサイブリを結ぶ全長190キロの石油パイプラインの事業化調査報告書は、先月マレーシアの総理府経済計画局に提出された。(...続きを読む)
1997-02-04 ArtNo.9295(50/722)
◆<泰>CPグループ、ベルギー企業と石油化学合弁計画
【バンコク】チャルン・ポーカパン(CP)グループはベルギー企業Solvayとの石油化学領域における新たな合弁の可能性を検討している。(...続きを読む)
石油/化学 Petroleum/Chemical in 1997
◄◄◄ back722件の関連記事が見つかりました( 1/15 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
右ペイン・広告スペース
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.