左予備スペース
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
右予備スペース
Site Search
Delivered from Singapore
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
一次産品 Primary Industry in 1995
◄◄◄ back79件の関連記事が見つかりました( 1/2 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
元のページへ戻る ►1995-01-09 ArtNo.69(1/79)
◆<馬>ブルジャヤT社利益、木材権益買収で15倍に拡大
【クアラルンプル】ブルジャヤ・テクスタイルズ(BTB)の木材会社買収計画が株主の承認を得られれば、同社の利益は15倍に拡大すると言う。(...続きを読む)
1995-01-09 ArtNo.72(2/79)
◆<印尼>大統領、タイに米と国産機のカウンター・トレード提案
【ジャカルタ】スハルト大統領はジャカルタを訪れたタイのタクシン・シナワトラ外相にタイ米とインドネシアの国産機CN-235のカウンタートレードを提案した。(...続きを読む)
1995-01-09 ArtNo.76(3/79)
◆<越>新設国営石炭会社、カウトラン炭坑にメス
【ハノイ】全国の石炭産業の生産効率/品質管理/営業効率を改善する使命を負うて先月30日に設立された国営石炭会社は、初仕事としてハノイ北方150キロのカウトランに1560億ドンを投じて建設された石炭コンプレックスの経営診断を委ねられた。(...続きを読む)
1995-01-11 ArtNo.102(4/79)
◆<印尼>三菱マテリアル、東ジャワ銅製錬所に70%出資
【東京】三菱マテリアルは9日、ジャワ島における銅精錬合弁事業に70%出資すると発表した。
パートナーの米国企業2社フリーポート・マクモラン・コパー・アンド・ゴールド・インクとフルーア・ダニエル・インクはそれぞれ20%と10%出資する。(...続きを読む)
1995-01-12 ArtNo.118(5/79)
◆<印尼>スマート、A$2.5億スナック市場の主役目指す
【シンガポール】調理油やマーガリン等、非ブランド農園産品の主要生産者として知られるPTシナル・マス・アグロ・リソース・テクノロジー・コーポレーション(Stmart)はオーストラリアの食品会社グッドマン・フィルダー社との戦略的提携を通じて2億5000万Aドルと見積もられるインドネシアのウェスタン・スナック市場の25%のシェア獲得を目指している。(...続きを読む)
1995-01-18 ArtNo.186(6/79)
◆<星>先物取引導入でコーヒー貿易センターとしての地位強化
【シンガポール】シンガポール商品取引所(SICOM)は2月からコーヒー先物取引を導入する予定で、これによりシンガポールのコーヒー貿易センターとしての地位が補強されるものと期待されている。(...続きを読む)
1995-01-24 ArtNo.268(7/79)
◆<印尼>PTアヌカ、浦項製鉄所とニッケル鉄供給長期契約
【ジャカルタ】インドネシアの国営鉱山会社PTアヌカ・タンバン(PTAT)は20日、韓国の浦項製鉄所とニッケル鉄の5カ年供給契約を結んだ。(...続きを読む)
1995-01-26 ArtNo.296(8/79)
◆<馬>アオカム、合板価格急落で生産品目の転換図る
【クアラルンプル】木材業務を中核とするアオカム・プルダナBhdは合板価格が急落する中で付加価値の高いスライス・ベニア等に生産品目の転換を図っている。(...続きを読む)
1995-02-02 ArtNo.359(9/79)
◆<馬>インドネシア企業、J州にM$6億製紙工場建設計画
【ムアル】ジョホール州政府はインドネシア企業がパンチョルに6億Mドルを投じて製紙工場を建設することを原則的に承認した。(...続きを読む)
1995-02-03 ArtNo.375(10/79)
◆神戸地震が<印尼>バリト・グループの救いに?
【ジャカルタ】売上の3分の1を日本市場に依存するインドネシアの木材関連会社バリト・パシフィックは神戸震災の再建事業に伴う合板需要の拡大や製品の値上りから恩恵を受けられそうだ。(...続きを読む)
1995-02-07 ArtNo.418(11/79)
◆<馬>籾殻から金属以上に強靭な複合素材開発
【クアラルンプル】マレーシア理科大学(USM)化学部のイドリス・サレー及びイスマイル・ラーマン両研究員は籾殻から研磨材、旋盤用ビット、ベアリングの材料にもなる複合素材の製造に成功した。(...続きを読む)
1995-02-14 ArtNo.509(12/79)
◆<印尼>シナル・マスのNY証取上場計画に反応区々
【シンガポール】インドネシアのコングロマリット、シナル・マス・グループは持ち株会社アジア・パルプ・アンド・ペーパーを新設、傘下の木材/製紙事業をニューヨーク証取(NYSE)に上場させる計画だ。(...続きを読む)
1995-02-17 ArtNo.557(13/79)
◆<印尼>プラシダ、伊藤忠とコーヒー合弁
【ジャカルタ】ジャカルタ証取上場のプラシダ・アヌカ・ニアガは伊藤忠及びウエシマ・コーヒーと合弁で、スラバヤ市近郊に年間600トンのコーヒー及び3400トンの粉末コーヒーを製造する工場を建設する。(...続きを読む)
1995-02-21 ArtNo.600(14/79)
◆<印尼>1.65兆ルピア投じ7砂糖工場建設
【ジャカルタ】インドネシア国内では目下1兆6500億ルピア(S$10.8億)を投じて7件の砂糖製造設備の建設が進められている。(...続きを読む)
1995-02-23 ArtNo.623(15/79)
◆<星/EC>共同で廃材発電施設開発・実用化
【シンガポール】伐採や製材に伴う廃材を利用した電源開発がシンガポールとEC企業の協力によりマレーシアのサラワク州で進められている。(...続きを読む)
1995-02-24 ArtNo.644(16/79)
◆<馬>リエン・ホ、ベトナム/ミャンマー林業権益獲得目指す
【プタリン・ジャヤ】昨年インドネシアの林業権益を手に入れたリエン・ホ・コーポレーションBhd(LHCB)は、目下アジアの他の地域の林業権益に注目している。(...続きを読む)
1995-02-25 ArtNo.657(17/79)
◆<馬>ガスリー、食品製造/不動産開発事業に進出
【クアラルンプル】農園企業クンプラン・ガスリーBhd(KGB)は、政府の呼びかけに応じ、国内における大型食品加工事業への進出の機会を探っている。(...続きを読む)
1995-02-25 ArtNo.660(18/79)
◆ガスリー、<印尼>油椰子事業にM$2.5億投資
【クアラルンプル】クンプラン・ガスリーBhd(KGB)は向こう10年間にインドネシアにおける油椰子農園事業に2億5000万Mドルを投じる。(...続きを読む)
1995-03-08 ArtNo.778(19/79)
◆<馬>MISC、韓国現代社にパーム油輸送船2隻発注
【クアラルンプル】マレーシアン・インターナショナル・シッピング・コーポレーションBhd(MISC)はパーム油輸送市場におけるシェアを今日の10~15%から向こう4~5年内に25~20%に拡大する計画だ。(...続きを読む)
1995-03-08 ArtNo.782(20/79)
◆<印尼>東ジャワ銅精錬事業、98年に商業生産開始
【ジャカルタ】ミツビシ・マテリアルズ(70%)、米国企業フリーポート・マクモラン・コパー・アンド・ゴールド・インク(20%)、フルーア・ダニエル・インク(10%)が合弁で進める東ジャワ省グルシの銅精錬事業は1998年に商業生産をスタートする。
(...続きを読む)
1995-03-10 ArtNo.812(21/79)
◆<印尼>英国RTZ、米国フリーポートとUS$17億協力協定
【ジャカルタ】英国のRTZコープと米国のフーポート・マクモラン・インクは8日、インリアン・ジャヤにおける銅鉱床の開発を巡り総額17億米ドルにのぼる協力趣意書を交換した。(...続きを読む)
1995-03-11 ArtNo.829(22/79)
◆<越>外資誘致加速目指し新鉱業資源法立案
【ハノイ】外資導入により鉱業資源の開発を加速するため、ベトナム当局は新鉱業資源法を立案した。(...続きを読む)
1995-03-20 ArtNo.929(23/79)
◆<馬>豪州企業、N.スンビラン州で金採掘合弁
【スルンバン】オーストラリア企業ウェールズ・ゴールド・コープNL(WGC)は17日、ハズナSdn Bhdとヌグリ・スンビラン州ジュンポル地区バハウの400haの土地における金鉱探査契約を結んだ。(...続きを読む)
1995-03-22 ArtNo.959(24/79)
◆<印尼>シナルマス子会社、CP発行でUS$1億調達
【シンガポール】インドネシアのコングロマリット、シナルマス・グループ傘下のPTロンタル・パルプ&ペーパー・インダストリーはスタンドバイ・レター・オブ・クレジット(LC)と抱き合わせのコマーシャル・ペーパー(CP)により1億米ドルを調達した。(...続きを読む)
1995-03-23 ArtNo.974(25/79)
◆<印尼>木材輸出、向こう数年堅調に拡大
【ジャカルタ】今年のインドネシアの木材輸出は昨年(US$64億)比12.3%増の72億米ドルに達し、来年は81億米ドル、98年には117億米ドルが見込まれる。(...続きを読む)
1995-03-25 ArtNo.1003(26/79)
◆<印尼>サバ企業、カリマンタンで大型農園事業
【クアラルンプル】サバ州拠点のコプラシ・プンバグナン・ドゥサ(KPD)は23日、インドネシアのカユマス・グループと中央カリマンタンにおける総合的な農業合弁事業に関わる覚書を交換した。(...続きを読む)
1995-03-28 ArtNo.1029(27/79)
◆<馬>サバ基金、森林権益法人化でNBTを逆買収
【シンガポール】ジョセフ・アンブローズ・リー氏により支配されるノース・ボルネオ・ティンバーズ(NBT)はサバ基金(ヤヤサン・サバ)傘下のイノプライズ・コーポレーションから森林権益を買収することを通じて、ヤヤサン・サバの事業権益法人化の機関車を務める。(...続きを読む)
1995-04-01 ArtNo.1095(28/79)
◆<印尼>最大の石炭会社、来年証取上場も
【ジャカルタ】インドネシア最大の石炭会社PT Kaltim Prima Coal(KPC)は来年にも証取に上場する見通しだ。(...続きを読む)
1995-04-06 ArtNo.1149(29/79)
◆<馬>サバ州、金融資産上場の機関車物色
【コタキナバル】サバ州政府はサバ・バンクBhd、サバ・ディベロプメント・バンクBhd、サバ・ファイナンスBhd、サバ土地開発局(SLDB)の上場を実現するめ、その機関車を務める企業を物色している。(...続きを読む)
1995-04-22 ArtNo.1350(30/79)
◆<馬>ヒューム、M$1.2億投じファイバーボード事業拡張
【クアラルンプル】ヒューム・インダストリーズ(M)Bhd(HIMB)はヌグリ・スンビラン州ニライの中密度ファイバーボード(MDF)製造事業を拡張するため1億2000万Mドルを追加投資する。(...続きを読む)
1995-04-24 ArtNo.1365(31/79)
◆<馬>海事業のロビン、M$1.8億投じファイバーボード製造
【クアラルンプル】海事エンジニアリング、油田掘削、浚渫、ホテル、不動産開発を手掛けるシンガポール拠点のロビン・グループは1億8000万Mドルを投じて、パハン州ムンタカブに中密度ファイバーボード工場を建設する。(...続きを読む)
1995-05-05 ArtNo.1500(32/79)
◆L&G、US$1億<印尼>木材事業権益買収計画
【クアラルンプル】ランド&ジェネラルBhd(L&G)はKinley I'rasing Ltd(KIL)の100%権益を1億800万米ドルで買収、これによりイリアン・ジャヤの木材権益を手に入れる計画だ。(...続きを読む)
1995-05-08 ArtNo.1526(33/79)
◆<馬>アオカム、25%減益確認
【クアラルンプル】木材事業会社アオカム・プルダナBhdは5日、昨年12月末締め半期純益が3911万Mドルと、前年同期比25%下降したことを確認した。(...続きを読む)
1995-05-08 ArtNo.1531(34/79)
◆<印尼>インドラヨン、第1四半期に225%売上増
【ジャカルタ】北スマトラでパルプとレーヨンの製造を手掛けるジャカルタ証取上場企業インドラヨンの今年第1四半期の売上は、国際的なパルプの急騰に支えられ昨年同期の466億ルピアから1516億ルピアに225%拡大した。(...続きを読む)
1995-05-23 ArtNo.1691(35/79)
◆<星>プライム・グループ、上海リゾート事業から養豚業に転進
【上海】上海市から50年契約で借り受けた青浦県沈巷鎮柳河の150haの島上に5000万米ドルを投じてサン・アイランド・インターンショナル・クラブを開発中のタン・チャイ・フアット・ホールディングズ(TCHH)は今年末上海市に10万頭の養豚場をオープンする。(...続きを読む)
1995-05-29 ArtNo.1770(36/79)
◆<馬>CCMFの油椰子用新型肥料に引き合い殺到
【クアラルンプル】ケミカル・カンパニー・オブ・マレーシアBhd(CCM)グループ傘下のCCMファティライザーSdn Bhd(CCMF)が開発した油椰子用化学肥料に地元農園企業、政府機関、外国企業から多くの問い合わせが寄せられている。(...続きを読む)
1995-05-31 ArtNo.1804(37/79)
◆<馬>GCB、タイヤ以外のゴム製品製造パートナー物色
【クアラルンプル】最近欧州企業とタイヤ製造合弁を結んだジェネラル・コーポレーションBhd(GCB)は、タイヤ以外のゴム製品事業に進出するためパートナーを物色している。(...続きを読む)
1995-06-02 ArtNo.1830(38/79)
◆<馬>サラワク州経済開発公社、木材工業用機械の合弁製造計画
【クアラルンプル】サラワク州経済開発公社(SEDC)は域内森林事業下流部門の隆盛に乗じ、木材工業用機械の製造に乗り出す。(...続きを読む)
1995-06-12 ArtNo.1950(39/79)
◆<馬>Ekran、サラワクにパーム農園開発
【クチン】Ekran Bhdは1億Mドルを投じてサラワク州カピト地区ブラガ区の1万1500haの湿地帯を油椰子農園に転換する。(...続きを読む)
1995-06-16 ArtNo.2013(40/79)
◆<印尼>合板輸出削減へ
【ジャカルタ】インドネシア政府は熱帯雨林資源保護の立場から合板輸出収入への依存軽減を図る。(...続きを読む)
1995-06-21 ArtNo.2070(41/79)
◆<馬>サラワク州に第2の中密度ファイバーボード工場
【クチン】サラワク州サリケイ区のタンジュン・マニス木材加工地区(TPZ)に同州第2の中密度ファイバーボード(MDF)工場の建設が計画されている。(...続きを読む)
1995-06-26 ArtNo.2123(42/79)
◆<星・山東省>共同研究領域拡大で合意
【北京】シンガポールと中国山東省は共同研究領域を拡大することで合意した。(...続きを読む)
1995-06-30 ArtNo.2189(43/79)
◆<馬>証券委員会、CASH/バリトのM$26億提携棄却
【クアラルンプル】マレーシア証券委員会はインドネシアの木材企業PTバリト・パシフィック・ティンバー社によるコンストラクション&サプライズ・ハウスBhd(CASH)の総額25億9000万Mドルに及ぶ逆買収計画を棄却した。(...続きを読む)
1995-07-01 ArtNo.2209(44/79)
◆<印尼>合板輸出制度に見直し:貿易相
【ジャカルタ】ユドノ・サトリオ・ブディアルジョ貿易相は最近の国会専門委員会の席上、貿易省がインドネシア木材協会アプキンドの役割に再検討を加えている事実を明らかにした。(...続きを読む)
1995-07-04 ArtNo.2237(45/79)
◆<印尼>ビマンタラ、林業に進出
【ジャカルタ】PTビマンタラ・チトラは計画中のパルプ工場の原料を確保する狙いから林業経営ライセンスを申請した。(...続きを読む)
1995-07-05 ArtNo.2253(46/79)
◆<馬>シナルマス、J州にM$15億合弁製紙工場計画
【クアラルンプル】インドネシアのシナルマス・グループは地元のYPJホールディングズBhdと合弁でジョホール州ムアルに15億Mドルを投じ、製紙工場を建設する。(...続きを読む)
1995-07-18 ArtNo.2418(47/79)
◆<越>台湾企業2社、林業事業にUS$3000万投資
【ハノイ】台湾の永豊余造紙(Yuen Foong Yu Paper Mfg)及び中華(Chung Hwa)パルプ・コープは3040万米ドルを投じてベトナム戦争時代に深刻な環境破壊を受けたドンナイ省とソンベ省の2万575haの土地における植林計画を進めるとともに製紙/木材加工事業を興す。(...続きを読む)
1995-08-12 ArtNo.2725(48/79)
◆<星>プライム・スーパーマート、事業拡張/多角化加速
【シンガポール】地場小売り業者のプライム・スーパーマーケットは中国における1億米ドルの養豚事業を進める一方、国内では年間5~8店のスーパーマーケット増設を計画、積極的な事業拡張と多角化に乗り出している。(...続きを読む)
1995-08-26 ArtNo.2908(49/79)
◆<馬>外国投資家、バクンにUS$12億パルプ工場建設計画
【クアラルンプル】バクン・ダム建設地で伐採された輸出には不向きな廃材を利用したパルプ工場の建設に外国投資家が関心を表明している。(...続きを読む)
1995-08-31 ArtNo.2968(50/79)
◆<馬>化学工業領域の投資潜在性大:MIDA
【ジョホールバル】石油化学、天然ガス、パーム油等の原料に恵まれたマレーシアは化学工業のセンターとなる潜在性を備えている。(...続きを読む)
一次産品 Primary Industry in 1995
◄◄◄ back79件の関連記事が見つかりました( 1/2 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
右ペイン・広告スペース
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.