SEAnews 2004/cat#12-1p 化学
左予備スペース
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
右予備スペース
Site Search
Delivered from Singapore
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
石油/化学 Petroleum/Chemical in 2004
◄◄◄ back479件の関連記事が見つかりました( 1/10 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
元のページへ戻る ►2004-01-07 ArtNo.32599(1/479)
◆ONGC、アジア太平洋地域最大のパイプライン計画に着手
【ニューデリー】国営Oil and Natural Gas Corp (ONGC)は、Mumbai High沖合鉱区に2本の海底パイプ・ラインを敷設する、総コスト6億米ドルの“Bombay High-Uran Trunk Pipeline Project”に着手した。(...続きを読む)
2004-01-07 ArtNo.32600(2/479)
◆英企業Gabriel、US$1.977億メタノール工場計画
【ニューデリー】英国レスター拠点のGabriel Trade and Investment(GTI)はグジャラート州南部に900クロー(US$1.977億)を投じメタノールの製造施設を設ける。(...続きを読む)
2004-01-07 ArtNo.32601(3/479)
◆シンガポール政府投資会社、マトリックス・ラブに出資
【シンガポール/ムンバイ】シンガポール政府の投資会社Temasek Holdings (Pte) Ltd(THPL)は、インド及び製薬部門に照準を合わせる戦略に基づきアンドラプラデシュ州Secunderabad拠点のMatrix Laboratories Limited(MLL)に6700万米ドルを投資、14%の権益を取得する。(...続きを読む)
2004-01-09 ArtNo.32613(4/479)
◆Nova、US$6600万投じ合繊ビジネスに進出
【アーマダバード】グジャラート州Ahmedabad拠点のNova Petrochemicals Limited(NPL)は向こう2-3年間に300クロー(US$6591万)を投じて合成繊維領域に進出する。(...続きを読む)
2004-01-09 ArtNo.32614(5/479)
◆Deepak、イソプロピルアルコール製造準備
【プネー】マハラシュトラ州Pune拠点のDeepak Fertilisers and Petrochemical Corporation Ltd(DFPCL)は、200クロー(US$4394万)を投じ、マハラシュトラ州Talojaに年産7万トンのイソプロピルアルコール(IPA)製造施設を設ける。(...続きを読む)
2004-01-09 ArtNo.32615(6/479)
◆Dr. Reddy's Lab、偏頭痛ジェネリック薬の簡略化新薬申請提出
【ムンバイ】Dr. Reddy's Laboratories(DRL)は、GlaxoSmithKlineのヒット偏頭痛薬“Imitrex(一般名コハク酸スマトリプタンsumatriptan succinate)”ジェネリック・バージョンの簡略化新薬申請(ANDA:Abbreviated New Drug Applications)を米国食品薬品局(FDA:Food and Drug Administration)に提出した。(...続きを読む)
2004-01-09 ArtNo.32616(7/479)
◆Dr Reddy's Lab、AP州国際生命化学研究所に出資
【ハイデラバード】Dr Reddy's Laboratories(DRL)は、アンドラプラデシュ州政府がハイデラバード大学(University of Hyderabad)内に創設する国際生命化学研究所(ILSI:International Life Sciences Institute)に10クロー(US$220万)出資する方針を決めた。(...続きを読む)
2004-01-12 ArtNo.32624(8/479)
◆国内石油化学産業、関税引き下げでマイナスの影響
【ムンバイ】国内石油化学産業は、先週木曜発表された減税措置により原料と完成品の輸入関税率の差が縮まることからマイナスの影響を被る見通しだ。(...続きを読む)
2004-01-14 ArtNo.32634(9/479)
◆RIL、Nocilの石油化学部門を買収
【ムンバイ】Reliance Industries Ltd(RIL)は傘下のSunbright Cement Agencies Pvt Ltdを通じNational Organic Chemical Industries Ltd (Nocil)の石油化学/プラスチック製品部門を買収することで、NocilプロモーターのMafatlalグループと合意、Sunbrightは7日、Nocilと関係覚え書きを交換した。(...続きを読む)
2004-01-14 ArtNo.32645(10/479)
◆価格統制輸入薬品の小売価格を1月9日より下方修正
【ニューデリー】全国薬品価格局(NPPA:National Pharmaceutical Pricing Authority)は、輸入関税が10%以上引き下げられることから、完成品として輸入される、もしくは一種類以上の輸入成分を含んでいる価格統制下の全ての薬品の小売価格を1月9日より下方修正した。(...続きを読む)
2004-01-16 ArtNo.32659(11/479)
◆Reliance、ジャムナガル製油所キャパシティーを拡張
【ニューデリー】Reliance Industries Limited (RIL)はグジャラート州Jamnagarに設けた製油所の年間原油処理能力を3000万トンから3300万トンに拡張した。(...続きを読む)
2004-01-16 ArtNo.32660(12/479)
◆JB Chem、米国食品薬品局の工場認可取得
【ムンバイ】グジャラート州Bharuch拠点のJB Chemicals & Pharmaceuticals Ltd(JBCPL)は、米国食品薬品局(FDA:Food and Drug Administration)からグジャラート州Panoliに設けた製造施設の認可を取得、米国ジェネリック薬品市場における地歩を一段と強化した。(...続きを読む)
2004-01-19 ArtNo.32662(13/479)
◆銀行/石油産業の外国直接投資規則を緩和
【ニューデリー】インド政府は、先週木曜(1/15)の閣議で銀行/石油/科学・技術雑誌領域における外国直接投資(FDI)規則の緩和を決めた。
しかしテレコム部門に対するFDI上限の引き上げは見送られた(別項参照)。(...続きを読む)
2004-01-19 ArtNo.32673(14/479)
◆合繊・人絹輸出48%アップ
【ムンバイ】合繊及びレーヨン繊維の輸出は2003年9月に48%の成長を記録した。(...続きを読む)
2004-01-19 ArtNo.32674(15/479)
◆Cordite Factory、近代化計画にUS$8787万投資
【ウェリントン】タミールナド州Nilgiris県AruvankaduをベースにするCordite Factory, Aruvankadu (CFA)は、約400クロー(US$8787万)を投じて工場を近代化する。(...続きを読む)
2004-01-19 ArtNo.32675(16/479)
◆製薬会社Glenmark、米国企業とUS$8千万協力協定
【ムンバイ】地元製薬会社Glenmark Pharmaceuticals Ltd(GPL)は、セントルイス拠点のKV Pharmaceutical Company(KVPC)と、総額8000万米ドルの製品開発/マーケッティング提携を結んだ。(...続きを読む)
2004-01-21 ArtNo.32684(17/479)
◆情報技術局、バイオインフォマティクスGrid構築
【ニューデリー】インドを第2段階の情報技術(IT)革命に導く産業としてバイオインフォマティクスに注目する情報技術局(DIT:Department of Information Technology)はバイオインフォマティクス産業のために、世界水準のネットワーク・インフラを備えたスーパー・コンピューティング施設の構築を目指している。(...続きを読む)
2004-01-21 ArtNo.32685(18/479)
◆Cadila、米英でジェネリック薬企業買収計画
【ニューデリー】グジャラート州Ahmedabad拠点のCadila Pharmaceuticals Ltd(CPL)は、インドが新知的所有権制度を導入する2005年までに、米国と英国における企業買収を通じ、年商を現在の550クロー(US$1.21億)から1000クロー(US$2.197億)に拡大することを目指している。(...続きを読む)
2004-01-21 ArtNo.32686(19/479)
◆部分延伸糸の生産低迷で紡績糸値上がり
【スラト】部分延伸糸(POY:partially oriented yarn)生産が低迷しているのに加え、グジャラート州Surat等の繊維工業地帯の力織機の据え付け台数が増加したことから紡績糸が値上がりしている。(...続きを読む)
2004-01-21 ArtNo.32688(20/479)
◆最高裁、EssarのJamnagar製油所計画を許可
【ニューデリー】最高裁は19日、Essar Oil Ltd(EOL)が総コスト1万クロー(US$21.97億)のJamnagar(グジャラート州)製油所プロジェクトを実行することを認めた。(...続きを読む)
2004-01-21 ArtNo.32689(21/479)
◆英Hylomar、Jayantilalと自動車向け接着剤製造合弁覚書
【ニューデリー】英国拠点の接着剤メーカー、Hylomar Ltdと地元企業Jayantilal J Gandhi Chemicals Pvt Ltdは16日、“Auto Expo 2004 India”会場で合弁会社Hylomar India Private Ltdを設立する覚書を交換した。(...続きを読む)
2004-01-26 ArtNo.32693(22/479)
◆インド政府、尿素肥料新政策承認
【ニューデリー】経済問題閣僚委員会(CCEA:Cabinet Committee on Economic Affairs)は、閣僚グループ(GOM:group of ministers)により提案された尿素プラントの“新規建設”/“既存施設の拡張”/“原料のナフサからガスへの転換”に関わる長期投資及び尿素の価格メカニズムに関わる新政策パッケージを承認した。(...続きを読む)
2004-01-26 ArtNo.32694(23/479)
◆Cairn、ラジャスタン州で大型油田発見
【ニューデリー】スコットランド拠点のCairn Energy plc(CEP)の子会社Cairn Energy India Pty Ltd(CEIPL)は、ラジャスタン州で大型油田を発見した。(...続きを読む)
2004-01-26 ArtNo.32695(24/479)
◆Natco Pharma、外国出資パートナー物色
【ハイデラバード】国内の腫瘍薬市場におけるリーダーシップを強化するとともに、海外のジェネリック薬品市場におけるプレゼンスの確立を目指す地場製薬会社Natco Pharma Ltd (NPL)は、外国の出資パートナーを物色している。(...続きを読む)
2004-01-26 ArtNo.32696(25/479)
◆Biocon、臨床試験センター開設
【バンガロール】Biocon Indiaが国際生命科学/製薬大手の薬品開発のために臨床検査・臨床実験室の便宜を提供するため3年前に設立した子会社Clinigene Internationalは、“ヒト薬理学ユニット(HPU:human pharmacology unit)”を新設した。(...続きを読む)
2004-01-28 ArtNo.32707(26/479)
◆ハルディア石化再編委員会、GAILを新パートナーに選択
【コルカタ】法人債務再編(CDR:corporate debt restructuring)委員会は、Haldia Petrochemicals Ltd (HPL)のプロモーターに600クロー(US$1.32億)の新資金を注入するよう指示した。
この内332クロー(US$7293万)はGail Ltdが、残りの268クロー(US$5888万)はThe Chatterjee Group (TCG)がそれぞれ負担する見通しで、Indian Oil Corporation (IOC)はHPLの債務再編計画から除外されたようだ。(...続きを読む)
2004-01-28 ArtNo.32708(27/479)
◆Indo Rama、US$1.98億投じ製造能力を2倍に拡張
【ニューデリー】地元の指導的合成繊維原料メーカー、Indo Rama Synthetics India Ltd (IRSL)は、貿易割当制廃止後の国内需要急増を見越して、900クロー(US$1.98億)を投じポリエステル製造能力を2倍に拡大する。(...続きを読む)
2004-01-28 ArtNo.32709(28/479)
◆FIPB、Bioconの外資出資率60%まで引き上げ承認
【ニューデリー】カルナタカ州Bangalore拠点の国内最大のバイオテクノロジー会社、Biocon India Ltd(BIL)は、外国投資促進局(FIPB)から外資出資率を払込資本の60%まで引き上げることを認められた。(...続きを読む)
2004-01-28 ArtNo.32710(29/479)
◆中核インフラ産業、昨年12月に5.9%の成長記録
【ニューデリー】インドの中核インフラ産業6業種(電力/石炭/鉄鋼/原油/石油精製/セメント)は2003年12月に、前年同月の4.4%を上回る5.9%の成長を記録した。(...続きを読む)
2004-01-30 ArtNo.32724(30/479)
◆ONGC、クリシュナ・ゴダヴァリ海盆で大型ガス田発見
【ニューデリー】国営探査開発会社Oil and Natural Gas Corporation (ONGC)は、ベンガル湾Krishna Godavari海盆で大型ガス田を掘り当てた。(...続きを読む)
2004-01-30 ArtNo.32725(31/479)
◆Reliance/Indo-Gulf他6社、肥料会社RCFの民営化に入札
【ムンバイ】公共部門の肥料会社Rashtriya Chemicals & Fertilisers (RCF)の民営化入札には、予想されていなかった石油/石油化学メジャー、Reliance Industries Ltd(RIL)も加わり、総勢8社が入札意向書(EOI:expressions of interest)を提出した。(...続きを読む)
2004-01-30 ArtNo.32726(32/479)
◆Alkem、乳ガン治療新薬発売
【ニューデリー】指導的製薬会社Alkem Laboratoriesは閉経期後の患者の乳ガン治療新薬“アナストロゾール(Anastrozole)”を発売した。(...続きを読む)
2004-02-04 ArtNo.32739(33/479)
◆輸出志向ユニットに自家発電燃料の無関税輸入を許可
【ニューデリー】輸出志向製造ユニットは、ミニ輸出入政策(mini exim policy)の下、キャプティブ発電燃料を無関税で輸入できることになった。(...続きを読む)
2004-02-04 ArtNo.32740(34/479)
◆製油事業に対する資材納入に疑似輸出便宜
【ニューデリー】先週水曜発表されたミニ輸出入政策(Mini Exim Policy)の下、疑似輸出(deemed export)便宜が第9次五カ年計画(第10次五カ年計画に跨る)下の製油事業にも適応されることになった。(...続きを読む)
2004-02-04 ArtNo.32741(35/479)
◆化学肥料の輸出規制を緩和
【ニューデリー】インド政府は1月28日、ある種の窒素(nitrogen)/燐酸塩(phosphatic)/カリウム(potassic)(NPK)肥料を、一定の条件の下に輸出することを認めた。(...続きを読む)
2004-02-04 ArtNo.32747(36/479)
◆石油産業/科学雑誌への外資の100%出資を自動認可
【ニューデリー】インド政府は28日、外国直接投資(FDI)政策に見直しを加え、石油産業部門及び科学雑誌印刷事業への外資の100%出資を自動認可ルートに乗せる方針を発表した。(...続きを読む)
2004-02-04 ArtNo.32748(37/479)
◆Bristol-Myersの出店準備、海外製薬会社進出の先駆けに?
【ニューデリー】2005年までに製品特許(product patents)制度が導入されることから、これまでインド市場を敬遠していた大手国際製薬会社の心理に変化が生じており、こうした企業の先頭を切ってニューヨーク拠点の年商181億米ドルのBristol-Myers Squibbが、インド出店を決めた。(...続きを読む)
2004-02-06 ArtNo.32764(38/479)
◆Reliance、ポリエステル/ポリマー値上げ
【ムンバイ】地元石油化学大手Reliance Industries Ltd (RIL)はポリエステル、中間体、ポリマー価格を2月1日付けで引き上げた。(...続きを読む)
2004-02-06 ArtNo.32765(39/479)
◆Pfizer、グジャラート州Ankleshwar工場売却
【ムンバイ】Pfizer Ltd(PL)は製造施設合理化計画の一環としてグジャラート州のAnkleshwarプラントをAnodyne Remedies India Ltdに4.5クロー(US$99万)で売却する契約を結んだ。(...続きを読む)
2004-02-09 ArtNo.32768(40/479)
◆Great Eastern Energy、炭層メタン用パイプライン敷設検討
【コルカタ】西ベンガル州で炭層メタン・ガス田を掘り当てたGreat Eastern Energy Corporation Ltd(GEECL)は、最寄りの消費地までガス・パイプラインを敷設する可能性を検討している。(...続きを読む)
2004-02-09 ArtNo.32769(41/479)
◆Gail、タタのハルディア石油化学持ち分に触手
【ニューデリー】念願が適いHaldia Petrochemicals Limited (HPL)の16.6%のシェアを手に入れたGail India Limitedは、今やTata一族の14%のHPL持ち分買収を目指し、後者と交渉を進めている。(...続きを読む)
2004-02-09 ArtNo.32770(42/479)
◆Kanoria化学、ホルムアルデヒド製造能力を拡張
【ニューデリー】Kanoria Chemicals and Industries(KCI)は、キャパシティーを50%拡張するとともに、グジャラート州Ankleshwarに13クロー(US$286万)を投じて設けたホルムアルデヒド新工場の生産を開始すると発表した。(...続きを読む)
2004-02-09 ArtNo.32771(43/479)
◆Bio-Rad Labs、糖尿病/地中海貧血検査キット発売
【ニューデリー】Bio-Rad Laboratories India Pvt Ltd(BRLI)は、糖尿病検査及び地中海貧血スクリーンのための新システム“D10”をインド国内で発売した。(...続きを読む)
2004-02-11 ArtNo.32781(44/479)
◆第5次探査ライセンス入札を4月に募集
【ニューデリー】Ram Naik石油天然ガス相は6日催された新探査ライセンス政策(NELP:New Exploration Licensing Policy)下の第4次石油/ガス鉱区探査契約及び第3次炭層メタン(CMB)探査ライセンス契約の調印式の席上、今年4月の第1週もしくは第2週に第5次NELP入札を募集すると発表した。(...続きを読む)
2004-02-11 ArtNo.32782(45/479)
◆ONGC、20鉱区中14鉱区落札:第4次石油ガス契約
【ニューデリー】新探査ライセンス政策(NELP)下の第4次入札の結果、深海10鉱区/陸上10鉱区中、Oil and Natural Gas Corporation(ONGC)が単独もしくは他社と共同で14鉱区を落札した。(...続きを読む)
2004-02-11 ArtNo.32783(46/479)
◆炭層メタン生産分与協定8件に調印
【ニューデリー】第3次炭層メタン(CMB)探査ライセンス入札にかけられた8鉱区中Oil and Natural Gas Corporation(ONGC)が5鉱区を、Reliance Industriesが残りの3鉱区を、それぞれ落札、両社は2月6日、それぞれ生産分与協定(PSC)に調印した。(...続きを読む)
2004-02-11 ArtNo.32784(47/479)
◆GAIL、ケララ州にナフサ・クラッカー建設計画
【ティバナンタプラム】国営ガス供給会社Gas Authority of India Ltd(GAIL)は、ケララ州工業開発公社(KSIDC:Kerala State Industrial Development Corporation)とケララ州内にナフサクラッカーを設ける協議を進めている。(...続きを読む)
2004-02-11 ArtNo.32785(48/479)
◆米国食品薬品局、Dr. Reddy'sに新薬認可の見直し通知
【ハイデラバード】米国食品薬品局(FDA:Food & Drug Administration)は、Dr. Reddy's Laboratories(DRL)に、高血圧及びアギナ(狭心症/口峡炎/扁桃炎等絞扼感を伴う疾患)治療薬“AmVaz(Amlodipine Maleate)”の新薬出願(NDA:New Drug Application)許可に見直しを加えると通知した。(...続きを読む)
2004-02-11 ArtNo.32786(49/479)
◆Travancore、二酸化チタン・セール過去最高マーク
【ティルバナンタプラム】国営Travancore Titanium Products Ltd(TTP)の今年初10ヶ月(2003/4-2004/1)の二酸化チタン顔料売上げは、国内及び海外の同業者との厳しい競争にも関わらず、1万5048トンと、過去最高をマークした。(...続きを読む)
2004-02-13 ArtNo.32807(50/479)
◆ダヘジLNGターミナルのキャパシティーを2倍に拡大
【アーマダバード】Petronet LNG Ltd(PLL)は、グジャラート州Dahejに2600クロー(US$5.71億)を投じて設けた液化天然ガス(LNG)ターミナルの落成式を9日、Ram Naik石油天然ガス相の立ち会いの下に催したが、早くも同ターミナルの年間キャパシティーを目下の500万メートル・トンから2年内に1000万メートル・トンに拡大する計画だ。(...続きを読む)
石油/化学 Petroleum/Chemical in 2004
◄◄◄ back479件の関連記事が見つかりました( 1/10 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
右ペイン・広告スペース
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.