SEAnews 1995/cat#30-1p 統計/資料
左予備スペース
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
右予備スペース
Site Search
Delivered from Singapore
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
統計/資料 Statistics/Data in 1995
◄◄◄ back4446件の関連記事が見つかりました( 1/89 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
元のページへ戻る ►1995-01-04 ArtNo.1(1/4446)
◆<星>昨年の経済成長10%、今年は8~9%も:首相年頭の辞
【シンガポール】ゴー・チョクトン首相はその年頭メッセージの中で、シンガポールの昨年通年の経済成長率が一昨年に続き10%を記録したことを確認するとともに、今年も8~9%の成長が望めるとの見通しを明らかにした。(...続きを読む)
1995-01-04 ArtNo.2(2/4446)
◆<星>三菱電子、製造業務のマレーシア移転で250人解雇
【シンガポール】ミツビシ・エレクトロニクス・マニュファクチュアリング(MEMS)は先月30日、カラー・テレビ・シャーシーやカー・オーディオ機器の製造を手掛けるアパー・ブキティマ工場の生産従業員250人を解雇した。(...続きを読む)
1995-01-04 ArtNo.3(3/4446)
◆<星>東芝、今年はVCR40%増産
【東京】東芝は今年シンガポールにおけるビデオ・カセット・レコーダー(VCR)の生産規模を40%拡大する。(...続きを読む)
1995-01-04 ArtNo.4(4/4446)
◆<星>伊勢丹、半期損失147%増加
【シンガポール】イセタン・シンガポールは先月29日、前年同期(S$301万)比147%増の741万Sドルの半期純損失を報告した。
シンガポール証取(SES)上場の百貨店ではこれ以前にC.K.タンとメトロ小売り部門も多額の半期損失を報告している。(...続きを読む)
1995-01-04 ArtNo.5(5/4446)
◆<星>昨年の昇給率、ブルーカラーが管理職に先行
【シンガポール】シンガポールにおける昨年の昇給率はブルーカラーが管理職に先行、こうした傾向は今年も持続する見通しだ。(...続きを読む)
1995-01-04 ArtNo.6(6/4446)
◆<馬>一部団体協約、成績不良者の昇給停止を規定
【クアラルンプル】多くのマレーシア企業が生産性にリンクした柔軟な昇給制度を採用するようになる中で、生産性の低い労働者の昇給停止条項を盛り込んだ団体協約も出現している。(...続きを読む)
1995-01-04 ArtNo.7(7/4446)
◆<馬>所得税源泉徴収制スタート
【クアラルンプル】雇用主に所得税の源泉徴収(STD)を義務づける所得税法新条項が1月1日から発効した。(...続きを読む)
1995-01-04 ArtNo.8(8/4446)
◆<馬>第2東西ハイウェイ計画報告書、今月末に政府に提出
【クアラルンプル】パハン州カラと同州クアンタンを結ぶセカンド・イースト・ウェスト・ハイウェイの建設に関する報告書が今月末までに内閣に提出される。(...続きを読む)
1995-01-04 ArtNo.9(9/4446)
◆<馬>ラシド証券、大宇とM$6.5億不動産開発
【クアラルンプル】証券会社ラシド・フサインBhd(RHB)は先月28日、韓国のダエウ・コーポレーション(大宇)とクアラルンプルの中心街ゴールデン・トライアングルの隣接地における総投資額6億5000万Mドルの複合不動産開発契約を結んだ。(...続きを読む)
1995-01-04 ArtNo.10(10/4446)
◆<馬>M$40億フローティング・シティーに香港企業が参加
【ジョホール・バル】香港拠点のパシフィック・ホーク・グループがジョホール・バルに40億Mドルを投じて開発されるフローティング・シティー事業に参加する。(...続きを読む)
1995-01-04 ArtNo.11(11/4446)
◆<印尼>エクソン、9日にナトゥナ・ガス開発契約に調印
【ジャカルタ】エクソン・コープは今月9日に南中国海ナトゥナ諸島沖ガス田の開発契約に正式調印する見通しだ。(...続きを読む)
1995-01-04 ArtNo.12(12/4446)
◆<泰>3908品目の輸入税をカット
【バンコク】タイは1月1日より石油化学、繊維、皮革、木製品、ガラス、食品、車両、部品、時計、機械、化学品等、11カテゴリー、3908品目の輸入税を17~30.2%に引き下げた。(...続きを読む)
1995-01-04 ArtNo.13(13/4446)
◆レノン/マラ、<比>道路建設事業契約獲得
【クアラルンプル】マレーシアの与党統一マレー国民組織(UMNO)系の複合企業レノンBhdとマレー住民信託会議(MARA)はフィリピン公共団地局(PEA)と合弁で高速道路の建設・拡張契約を獲得した。(...続きを読む)
1995-01-04 ArtNo.14(14/4446)
◆<柬>王室航空処女飛行、第1/第2首相KL訪問
【クアラルンプル】カンボジアのラナリッド第1首相とフンセン第2首相は2日、ナショナル・キャリアーとして復活したロイヤル・エアー・カンボジー(RAC)のプノンペン/クアラルンプル処女飛行便でマレーシアを訪れた。(...続きを読む)
1995-01-04 ArtNo.15(15/4446)
◆<柬>アリストン、US$10億投じシアヌークビル総合開発
【クアラルンプル】マレーシア企業アリストンSdn Bhdは2日、カンボジア政府と10億米ドルにのぼるシアヌークビル総合開発契約に調印した。(...続きを読む)
1995-01-05 ArtNo.16(16/4446)
◆<星>首相、業界代表36人率いカルカッタ訪問
【カルカッタ】ゴー・チョクトン首相は3日、シンガポール民間業界の代表36人を含む随員とともにインド西ベンガル州の州都カルカッタを訪れた。(...続きを読む)
1995-01-05 ArtNo.17(17/4446)
◆エイサー、<星>拠点にインド合弁事業推進
【シンガポール】台湾のコンピューター・メーカー、エイサーはシンガポールを拠点にインドにおける合弁事業に乗り出した。(...続きを読む)
1995-01-05 ArtNo.18(18/4446)
◆<星>石油部門の不振で昨年の化学産業成長率1%に減速
【シンガポール】シンガポールの昨年の化学産業生産はわずか1%(予測値)の伸びにとどまった。(...続きを読む)
1995-01-05 ArtNo.19(19/4446)
◆<星>昨年の往復貿易17%拡大、今年は減速も:貿易開発局
【シンガポール】昨年のシンガポールの往復貿易は一昨年比17%増加し、3000億Sドルを突破したもようだ。
しかし、今年の成長率は電子製品・部品需要の横ばいと、主要貿易相手国の米国やマレーシアの成長減速で13~15%にとどまりそうだ。(...続きを読む)
1995-01-05 ArtNo.20(20/4446)
◆<星>ジャマボイ一族、豪州トップ免税店会社の支配権益買収
【シンガポール】シンガポール証取(SES)上場のスコッツ・ホールディングズの支配権益を握るジャマボイ(Jumabhoy)一族はオーストラリアのトップ免税店ダウンタウン・デューティー・フリーの経営会社M.S.McLeod Holdings Ltd(マクラウド)の45.74%権益を1250万Aドル(S$1400万)で買収する。(...続きを読む)
1995-01-05 ArtNo.21(21/4446)
◆<星>昨年第3四半期の管理職求人24%アップ
【シンガポール】昨年第3四半期には、管理職の需要が前期比24%拡大する一方、非管理職の需要は8%縮小した。(...続きを読む)
1995-01-05 ArtNo.22(22/4446)
◆<馬>10年内に金融市場を全面開放:副首相
【クアラルンプル】アンワル副首相兼蔵相は3日、マレーシアを訪れた英国のケネス・クラーク蔵相に10年内に国内金融市場を開放することを約束した。(...続きを読む)
1995-01-05 ArtNo.23(23/4446)
◆<馬>ブルジャヤの金利スワップ損失は内部問題:大蔵次官
【クアラルンプル】ブルジャヤ・インダストリアルBhd(BIB)の管理職2人が金利スワップ取引で会社に損失を被らせた事件は同社の内部問題で中央銀行に累が及ぶ恐れはない。(...続きを読む)
1995-01-05 ArtNo.24(24/4446)
◆<馬>テレコムを3事業体に分割
【クアラルンプル】テレコム・マレーシアが今年年央には独立の3つの事業体に分割される見通しだ。(...続きを読む)
1995-01-05 ArtNo.25(25/4446)
◆<馬>ビナリアン、モトローラ/シーメンスに機材納入契約発注
【クアラルンプル】マレーシアの移動体電話会社ビナリアンSdn Bhdは米国モトローラ・インクとドイツ企業シーメンスAGにGSM(グローバル・システム・フォー・モービル・コミュニケーションズ)デジタル・セル式電話網の機材納入据えつけ契約を発注した。(...続きを読む)
1995-01-05 ArtNo.26(26/4446)
◆<馬>第2電力配給会社設立も:エネルギー通信郵政相
【クアラルンプル】マレーシア政府はトゥナガ・ナシオナルBhd(TNB)のサービスが低下し続けるなら、電力ディストリビューション・ライセンスを他社に発行することも検討する。(...続きを読む)
1995-01-05 ArtNo.27(27/4446)
◆<馬>マラコフ、ゲンティンと新空港への発電施設納入目指す
【クアラルンプル】独立電力供給業者(IPP)のマラコフBhdはゲンティン・サンイエン・パワーSdn Bhdと共同でクアラルンプル国際空港(KLIA)への予備発電施設の納入を目指している。(...続きを読む)
1995-01-05 ArtNo.28(28/4446)
◆<印尼>4月より法定最低賃金を10~34.78%アップ
【ジャカルタ】インドネシア政府は4月1日より全国27省中19省の法定最低賃金を10~34.78%引き上げる。
引き上げが19省に限られるのは、他省は未だ関係報告書を提出していないため。(...続きを読む)
1995-01-05 ArtNo.29(29/4446)
◆<比>米国企業2社、発電所建設契約獲得目指す
【マニラ】米国のエネルギー会社、ミッション・エネジ・コープ及びテキサコはマニラ南方のバタンガス省における300MW(メガワット)の発電所建設契約獲得を目指し、目下国営電力会社ナショナル・パワー・コープ(NPC)と交渉を進めている。(...続きを読む)
1995-01-05 ArtNo.30(30/4446)
◆<越>タイ企業、元米軍基地を工業区に再開発
【ハノイ】タイのバンパコン・インダストリアル・パーク・カンパニーは地元のビエン・ホア・インダストリアル・ゾーン・ディベロプメント・カンパニーと70:30の合弁で、4600万米ドルを投じ、ホーチミン市北方30キロのロング・ビン元米軍基地(100ha)を工業区に再開発する。(...続きを読む)
1995-01-05 ArtNo.31(31/4446)
◆<柬>AT&T、対米直通電話サービス開始
【香港】AT&Tはカンボジア郵便電信省とUSAダイレクト・サービスに関する協定に調印した。(...続きを読む)
1995-01-06 ArtNo.32(32/4446)
◆インド中央・地方指導者、<星>首相に経済開放堅持確認
【カルカッタ】インドのナラシマ・ラオ首相及びカルナタカ/西ベンガル両州の首席大臣は4日、カルカッタ訪問中のシンガポールのゴー・チョクトン首相に対して経済開発を優先し、外資プロジェクトに積極的支援を与える方針を確認した。(...続きを読む)
1995-01-06 ArtNo.33(33/4446)
◆<星>国際商業会議所、法人税率引き下げ提案
【シンガポール】シンガポール国際商業会議所(SICC)は法人税を少なくとも25%まで引き下げるとともに、今年に限り5%の法人税特別割り戻しを認めるよう政府に提案している。(...続きを読む)
1995-01-06 ArtNo.34(34/4446)
◆<星>スンバワン子会社、兵站業務拡張に本腰
【シンガポール】スンバワン・コーポレーション傘下のスンバワン・インダストリアル Pte Ltd 子会社のスンバワン・エクスプレス Pte Ltd は、アジア地域で活発化する兵站サービスの主要なプレーヤーになるべく準備を調えている。(...続きを読む)
1995-01-06 ArtNo.35(35/4446)
◆<星>オフィス/工業不動産投資収益、短期・中期的に良好
【シンガポール】シンガポールのオフィス及び工業不動産は短期・中期的に高い投資収益が期待できそうだ。
しかし低調な小売り市況から小売り不動産の見通しは芳しくない。(...続きを読む)
1995-01-06 ArtNo.36(36/4446)
◆<星>経済開発局、放送事業人材募集を積極化
【シンガポール】シンガポールを国際ビジネス・ハブとしてプロモーションする経済開発局(EDB)は、放送事業人材の海外からのリクルートを積極化する方針だ。(...続きを読む)
1995-01-06 ArtNo.37(37/4446)
◆<馬>15チームが新空港サテライト・ビルに入札
【クアラルンプル】クアラルンプル新国際空港(KLIA)のサテライトビル建設入札で内外の企業コンソーシアム15チームが予備審査を通過した。(...続きを読む)
1995-01-06 ArtNo.38(38/4446)
◆<馬>PSC、北京市でUS$6億複合不動産開発
【クアラルンプル】PSCインダストリーズBhd(旧称スダップ・フード&コンフェクショナリーBhd)は北京市都市農村住宅開発公社(BCUR)と、北京市中心街の35haの土地に6億米ドル余を投じてオフィス/商業/ホテル/住宅コンプレックス(80万平米)を開発する。(...続きを読む)
1995-01-06 ArtNo.39(39/4446)
◆<馬>上場企業10社、コンソーシアム組みクニル湖開発
【クアラルンプル】ガドゥBhd社を初めとするクアラルンプル証取(KLSE)上場企業10社が、トレンガヌ州のクニル湖を国際水準を備えたリゾートとして開発するためコンソーシアムを組織した。(...続きを読む)
1995-01-06 ArtNo.40(40/4446)
◆<馬>英国企業、KL証取への直接上場に関心
【クアラルンプル】ケネス・クラーク蔵相に率いられる英国業界代表団は4日、クアラルンプル証取(KLSE)への直接上場に関心を表明した。(...続きを読む)
1995-01-06 ArtNo.41(41/4446)
◆<馬>ブミ企業グループ時価総額20%ダウン
【クアラルンプル】クアラルンプル証取(KLSE)の昨年の時価総額は一昨年比18.27%下降したが、これに伴いブミプトラ企業家トップ10傘下の企業王国の市価も93年の779億1203万Mドルから94年の617億1558万Mドルに20.89%縮小した。
ちなみに華人企業家トップ14の企業王国の時価総額は15.89%の縮小にとどまった。(...続きを読む)
1995-01-06 ArtNo.42(42/4446)
◆<印尼>欧州連合と繊維輸出割り当て協議
【ジャカルタ】インドネシアは、オーストリア、フィンランド、スウェーデンが1月1日より新たに欧州連合(EU)に加わったのを機会にEUと繊維輸出に関する協議を再開した。(...続きを読む)
1995-01-06 ArtNo.43(43/4446)
◆<泰>民主化を標榜する憲法修正案、反対1棄権1で通過
【バンコク】タイ衆参両院合同会議は4日、民主化を標榜する憲法修正案を賛成591、反対1、棄権1で通過した。(...続きを読む)
1995-01-06 ArtNo.44(44/4446)
◆米国の対<比>投資638%増加、日本を抜きトップ投資国に
【マニラ】米国企業の昨年の直接投資約定額は前年比638%増の176億8000万ペソを記録、同年の外人投資総額540億3000万ペソの3分の1を占めた。(...続きを読む)
1995-01-06 ArtNo.45(45/4446)
◆<越>韓国大宇、US$10億投資計画
【ハノイ】韓国のダエウ(大宇)グループはベトナムにおける各種事業に10億米ドルを投資する計画だ。
今日台湾のチン・フォン・グループが対越投資額でトップに立っているが、同投資計画が実現すれば、大宇がチン・フォンを追い越すことになる。(...続きを読む)
1995-01-06 ArtNo.46(46/4446)
◆<柬>TRI、セル式電話サービス拡張目指す
【プノンペン】マレーシア企業テクノロジーズ・リソーシズ・インダストリーズ(TRI)とカンボジア政府の合弁会社TRIセルラー・コミュニケーションズ・カンボジアCo(TRICCC)はコンポン・サム及びコンポン・チャムへのセル式電話網の拡張を計画している。(...続きを読む)
1995-01-07 ArtNo.47(47/4446)
◆<星>企業連合、バンガロール空港建設も受注
【シンガポール】インド、カルナタカ州の州都バンガロールでテクノロジー・パークを建設中のシンガポール企業コンソーシアムは、同市の国際空港建設契約も獲得した。(...続きを読む)
1995-01-07 ArtNo.48(48/4446)
◆<星・印>企業、第2テクノパーク等合弁事業5件に調印
【カルカッタ】ゴー・チョクトン首相に随行したシンガポール企業代表とインド企業代表は5日当地で催された円卓会議の席上、第2テクノロジー・パークの開発等5件の合弁事業に関する文書に調印した。(...続きを読む)
1995-01-07 ArtNo.49(49/4446)
◆<星>今年の建設発注額S$121億:CIDB予測
【シンガポール】今年の建設発注額は92年に記録された過去最高の128億3000万Sドルに迫る120億7000万Sドル(前年比7%増)に達するものと予想される。(...続きを読む)
1995-01-07 ArtNo.50(50/4446)
◆<星>三井物産等、VODシステム納入契約獲得
【シンガポール】三井物産が率いる企業連合(富士通、ヒューレット・パッカード、フィリップス・シンガポール)は5日、シンガポール・テレコムにビデオ・オン・デマンド・システムを納入する900万Sドルの契約を獲得した。(...続きを読む)
統計/資料 Statistics/Data in 1995
◄◄◄ back4446件の関連記事が見つかりました( 1/89 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
右ペイン・広告スペース
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.