左予備スペース
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
右予備スペース
Site Search
Delivered from Singapore
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
輸送機器 Transport Equipment in 1996
◄◄◄ back397件の関連記事が見つかりました( 1/8 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
元のページへ戻る ►1996-01-06 ArtNo.4491(1/397)
◆MBf、<越>プジョー・カー製造ライセンス獲得に自信
【クアラルンプル】MBfホールディングズBhdは今年初にもベトナムにおけるプジョー・カーの製造/流通ライセンスが得られるものと予想している。(...続きを読む)
1996-01-08 ArtNo.4500(2/397)
◆<馬>プロトン、輸入代替からの脱皮が課題:ヤハヤ氏
【クアラルンプル】マレーシア自動車産業の頂点に立ったヤハヤ・アハマド氏は、輸出を加速し単なる輸入代替事業から脱皮することが国産車製造元プロトンの課題と語る。(...続きを読む)
1996-01-13 ArtNo.4577(3/397)
◆<馬>テレコム、海軍工廠民営化引受企業に資本参加
【クアラルンプル】テレコム・マレーシアBhd(TMB)は11日、3億Mドルの海軍工廠民営化計画をリードするPSCインダストリーBhdの473万8000株(総発行株式の11.96%)を取得したとクアラルンプル証取(KLSE)に報告した。(...続きを読む)
1996-01-15 ArtNo.4598(4/397)
◆<越>シンバス、ホーチミン市でバス・サービス
【シンガポール】シンガポールのコーチ製造会社シンバス・エンジニアリングは先月、ベトナム運輸省傘下のTracimexと、ホーチミン市のバス・システムの合理化及びバス・サービスの合弁経営に関する覚書を交換した。(...続きを読む)
1996-01-16 ArtNo.4612(5/397)
◆GM、依然<比・泰>を天秤に、2-3カ月中に工場進出決定
【マニラ】ジェネラル・モーターズ・コープ(GM)は東南アジアにおける工場建設地を2、3カ月中に決定する方針だ。(...続きを読む)
1996-01-17 ArtNo.4620(6/397)
◆<星>クベルネル子会社US$3500万造船契約獲得
【シンガポール】ノールウェーのエンジニアリング会社クベルネルがシンガポールに設けた造船所Kverner Fjellstrandは6件総額3500万米ドルの造船契約を獲得した。(...続きを読む)
1996-01-18 ArtNo.4636(7/397)
◆<馬>トランスフィールド、US$15億警備艇建造契約に布石
【クアラルンプル】オーストラリアのトランスフィールド・シップビルディングは16日、マレーシア海軍巡視艇建造計画のキー・プレーヤーを務めるペナン・シップヤード・コーポレーション(PSC)と協力契約を結んだ。(...続きを読む)
1996-01-18 ArtNo.4641(8/397)
◆<印尼>2002年に国産ジェットの初飛行目指す
【ジャカルタ】インドネシアは2002年3月に国産ジェットN-2130を完成させ、その3~5カ月後に初飛行を行う。(...続きを読む)
1996-01-19 ArtNo.4657(9/397)
◆<泰>昨年の自動車販売17.7%アップ
【バンコク】タイにおける昨年の自動車販売は前年比17.7%増の57万1850台を記録した。(...続きを読む)
1996-01-20 ArtNo.4667(10/397)
◆<馬>スムルワン、ロシアと共同で航空宇宙関連機器製造
【クアラルンプル】スムルワン・グループはコンソーシアムを率いて向こう数カ月間に航空宇宙関連機器の製造に乗り出す。(...続きを読む)
1996-01-23 ArtNo.4697(11/397)
◆<馬>1997-2002年に国産衛星打ち上げ
【クアラルンプル】マレーシアは1997-2002年の間に3段階に分けて国産人工衛星を打ち上げる。(...続きを読む)
1996-01-24 ArtNo.4708(12/397)
◆<星>ボルボ・ペンタ、シングマリーン子会社買収
【シンガポール】スウェーデンの海事/工業用エンジン・メーカーのボルボ・ペンタが昨年8月にシンガポールに設立したボルボ・ペンタ・アジアは同社製エンジンの輸入業務を手掛けるNedcoエンジニアリングの69%のシェアをケッペル・グループ傘下のシングマリーン・インダストリーズから198万Sドルで買収、持ち株比率を30%から99%に引き上げた。(...続きを読む)
1996-01-25 ArtNo.4723(13/397)
◆<星>STエアロスペース、来年から軽ヘリの販売開始
【パリ】シンガポール・テクノロジーズ・エアロスペース(STA)はフランスのユーロコプター及びチャイナ・ナショナル・エアロテクノロジー・インポート・アンド・エクスポート・コープ(CATIC)と共同開発した5人乗り、1.5トンの軽ヘリコプター“EC-120”の販促を来年から開始する。(...続きを読む)
1996-01-25 ArtNo.4729(14/397)
◆<馬>プロメット、マレーシア化通じ新ビジネス獲得目指す
【クアラルンプル】海事エンジニアリング会社プロメットBhdの新指導部は経営のマレーシア化を通じて今年は10億Mドルの国内契約獲得を目指す。(...続きを読む)
1996-01-26 ArtNo.4743(15/397)
◆<星>DELCO、S$8000万デザイン・センター開設
【シンガポール】デルコ・エレクトロニクス・アジア・パシフィック(DEAP)は向こう4年間に8000万Sドルを投じ、シンガポールに自動車用電子部品のデザイン・センターを設ける。(...続きを読む)
1996-01-26 ArtNo.4744(16/397)
◆<馬>アエロスパシャル、弾道弾修理工場開設準備
【パリ】アエロスパシャル・フランスは戦術的ミサイルの製造に関わるパートナーをASEAN地域で物色しており、またミサイル修理工場をマレーシアに設ける計画だ。(...続きを読む)
1996-01-27 ArtNo.4763(17/397)
◆<泰>フォード、自動車部品工場にUS$5300万投資
【ミシガン州ディアボーン】フォード・モーターCoは水曜、5300万米ドルを投じ、タイに自動車部品を製造する2工場を設けると発表した。(...続きを読む)
1996-01-29 ArtNo.4769(18/397)
◆<星>Fels、US$2.3億FPSO契約獲得
【シンガポール】ファー・イースト・リビングストン・シップビルディング(FELS)は、ノルウェーのサガ・ペトローリアムから少なくとも2億3000万米ドルと見積もられる洋上生産・貯蔵・荷役(FPSO)船のターンキー建造契約を獲得した。(...続きを読む)
1996-01-29 ArtNo.4776(19/397)
◆<馬>プロトン、電気自動車製造計画放棄
【クアラルンプル】国産車製造元プロトンは26日、米国企業USエレクトリックカー・インク及びUMWコープSdn Bhdと共同で計画していた電気自動車製造計画を放棄すると発表した。(...続きを読む)
1996-01-30 ArtNo.4781(20/397)
◆ガルフストリーム、<星>企業にジェット補修サービス委託
【シンガポール】米国のエグゼクティブ・ジェット製造会社ガルフストリームはシンガポール企業ジェット・アビエーションに自社製航空機のアフター・サービスを委託した。(...続きを読む)
1996-01-31 ArtNo.4798(21/397)
◆<星>STエアロ、軽ヘリ主要部品製造
【マルセイユ】シンガポール・テクノロジーズ・エアロスペース(STエアロ)は98年に売り出される5人乗り軽ヘリコプターEC120の一部主要部品の製造を引き受けることになる。(...続きを読む)
1996-01-31 ArtNo.4799(22/397)
◆<星>スンバワン、年商S$30億目指し組織再編
【シンガポール】スンバワン・コープは29日、2000年までに年商30億Sドルの実現を目指すグループの新体制を発表した。(...続きを読む)
1996-01-31 ArtNo.4801(23/397)
◆<馬>広島化成、DMIBとウェザー・ストリップ合弁製造
【クアラルンプル】DMIB Bhdは広島化成及びシンショー・コープと車両用ウェザー・ストリップの製造販売合弁契約を結んだ。(...続きを読む)
1996-02-01 ArtNo.4818(24/397)
◆<馬>昨年の自動車販売42.6%増、今年は8.5%に減速
【クアラルンプル】マレーシアにおける昨年の自動車販売は28万5792台と一昨年比42.6%の急増を見たが、今年の販売台数は8.5%増の31万台が見込まれている。(...続きを読む)
1996-02-01 ArtNo.4819(25/397)
◆<馬>ヤハヤ氏、サイクル&キャリッジ取締役に就任
【シンガポール】シンガポールのサイクル&キャリッジLtd(CCL)はHicomホールディングズBhdのヤハヤ・アハマド社長を1月30日付けで取締役に指名した。(...続きを読む)
1996-02-02 ArtNo.4826(26/397)
◆<星>Fels、US$1億洋上掘削施設改良工事受注
【シンガポール】ファー・イースト・リビングストン・シップビルディング(FELS)はブラジルの国営石油会社ペトロブラス子会社のブラスペトロ・オイル・サービシズから半潜水型掘削装置ペンロッド71を半潜水型の浮動プロダクション・プラットフォーム“ペトロブラスP-27”に改修する1億米ドルの契約を獲得した。(...続きを読む)
1996-02-03 ArtNo.4841(27/397)
◆<星>シンガポール・テク、中・韓合弁航空機製造事業に参加も
【シンガポール】シンガポール・テクノロジーズPte Ltd(STPL)は目下中国と韓国が計画するAE-100旅客機の製造合弁事業の権益買収交渉を進めている。(...続きを読む)
1996-02-07 ArtNo.4886(28/397)
◆<星>STAe子会社、C130輸送機の公認サービス資格取得
【シンガポール】シンガポール・テクノロジーズ・エアロスペース(STAe)子会社のSTエアロスペース・エンジニアリングはロッキード・マーチン社製輸送機C130/L-100ヘラクレスの公認サービス・センター資格を認められた。
この種の認定は同社が12番目と言う。(...続きを読む)
1996-02-07 ArtNo.4891(29/397)
◆<馬>サバ造船、警備艇建造契約獲得に照準
【ラブアン】ウェストモントBhd完全子会社のサバ・シップヤードSdn Bhd(サシップ)はハイテク軍艦建造ビジネスへの進出を目指している。(...続きを読む)
1996-02-07 ArtNo.4892(30/397)
◆<馬>ハリム・マズミン社、外資と合弁で造船所建設準備
【クアラルンプル】ハリム・マズミンBhdは外国造船所とマレーシア国内に合弁造修船施設を設ける最終段階の交渉を進めている。(...続きを読む)
1996-02-08 ArtNo.4900(31/397)
◆<星>ワン・ストップ航空産業ハブ目指す
【シンガポール】トニー・タン副首相兼国防相は6日開幕したエーシアン・エアロスペース96のオープニング・スピーチにおいて、シンガポールはより複雑で、付加価値の高い補修やオーバーホールも手掛けるアジア太平洋地域のワン・ストップ航空産業ハブを目指すと宣言した。(...続きを読む)
1996-02-08 ArtNo.4901(32/397)
◆<星>ST社、韓国チームに代わり中国と航空機製造合弁
【シンガポール】シンガポール・テクノロジーズ(ST)とアビエーション・インダストリーズ・オブ・チャイナ(AVIC)は、100シートのジェット旅客機AE100エーシアン・エクスプレスを共同で製造することで合意した。(...続きを読む)
1996-02-08 ArtNo.4907(33/397)
◆<馬>英国企業、M$4千万新首都空港ガラス納入契約獲得
【ロンドン】Pilkingtom Plcはクアラルンプル新国際空港のターミナル・ビルにクラディング用ガラス11万2000平米を納入する800万ポンド(M$4000万)の契約を獲得した。(...続きを読む)
1996-02-09 ArtNo.4916(34/397)
◆<星>航空産業の振興目指しS$2700万ATPスキーム発表
【シンガポール】ゴー・チーウィー通産/運輸・通信担当国務相は7日、シンガポール航空産業の技術強化を目指す、予算2700万Sドルのエアロスペース・テクノロジー・プログラム(ATP)を発表した。(...続きを読む)
1996-02-09 ArtNo.4917(35/397)
◆<星>Sale、ロールスロイスにエンジン12基発注
【シンガポール】シンガポール航空(SIA)とシアトル拠点のBoullioun Aviation Servicesの対等出資会社シンガポール・エアクラフト・リーシング・エンタープライズ(SALE)は7日、ロールス・ロイス社にトレント800エンジン12基を発注した。(...続きを読む)
1996-02-09 ArtNo.4925(36/397)
◆<印尼>S.タイヤ、PTフリーポートとUS$1500万契約
【ジャカルタ】シンガポール証取(SES)上場のスタンフォード・タイヤ・コープ子会社はインドネシアのPTフリーポートと1500万米ドルの製品納入/サービス契約を交わした。(...続きを読む)
1996-02-10 ArtNo.4940(37/397)
◆<印尼>IPTN、シンガポールから部品購入も
【シンガポール】インドネシアの国産機プロジェクトを指揮するハビビエ科学技術担当国務相は8日、シンガポールはインダストリ・プサワ・トゥルバン・ヌサントラ(IPTN)の重要な部品調達源になり得ると期待を表明した。(...続きを読む)
1996-02-13 ArtNo.4963(38/397)
◆<星>航空工業会社3社、S$4700万投資
【シンガポール】航空工業企業3社が先週シンガポールに総投資額4700万Sドルの工場をオープンした。(...続きを読む)
1996-02-15 ArtNo.4989(39/397)
◆<印尼>ラブロイ、バタム島に浮きドック建設計画
【シンガポール】シンガポールのラブロイ・マリーンはバタム島に8000~1万トンの船舶を建造できる浮きドックを建設する。(...続きを読む)
1996-02-17 ArtNo.5012(40/397)
◆<馬>首相、日本製自動車部品依存からの脱却呼びかけ
【クアラルンプル】マハティール首相は15日、国内自動車業界に対し貿易赤字拡大の主因でもある日本製部品への依存を断ち切り、国内で生産するよう呼びかけた。(...続きを読む)
1996-02-22 ArtNo.5032(41/397)
◆<印尼>新会社設立し国産ジェット旅客機計画の資金調達
【ジャカルタ】インドネシア政府はスハルト大統領を理事長、ウマル・ウィラハディクスマ/スダルモノ両元副大統領を理事とする新会社PTドゥア・サトゥ・ティガ・プロ(PT DSTP)を設立、100人乗り国産ジェット旅客機N-2130開発の資金調達に乗り出した。(...続きを読む)
1996-02-26 ArtNo.5073(42/397)
◆<馬>アジアスター、米国タイタンとモノレール市場開拓
【クアラルンプル】アジアスター・インフラストラクチャー・デベロプメント・グループは米国タイタンPRTシステム・インクと合弁会社ザ・アジアスター・タイタン・オーバーヘッド・モノレール・システムを設立、ASEANモノレール市場の開拓に乗り出した。(...続きを読む)
1996-02-26 ArtNo.5078(43/397)
◆<泰>バンコク・シンセティクス、日本企業と合成ゴム合弁
【バンコク】バンコク・シンセティクス(BST:60%)は23日、日本合成ゴム(14%)、日本ゼオン(12%)、三井物産(3%)、伊藤忠(3%)及びタイ企業グループ(8%)と新会社BSTエラストマーズを設立、合成ゴムを製造する合弁契約を結んだ。(...続きを読む)
1996-02-27 ArtNo.5087(44/397)
◆<馬>国産軽飛行機イーグルX-TS製造計画遅延
【マラッカ】マラッカのコンポジット・テクノロジー・シティー(CTC)における2人乗り軽飛行機イーグルX-TSの生産計画は大幅な遅延を来しているようだ。(...続きを読む)
1996-02-28 ArtNo.5103(45/397)
◆<馬>タイタン(M)、大型バイクの国内製造計画
【クアラルンプル】タイタン・マレーシアはタイタン・クルーザー・モーターサイクルの国内製造を計画している。(...続きを読む)
1996-02-28 ArtNo.5106(46/397)
◆<印尼>大統領子息、韓国キアと合弁製造の国民車をお披露目
【ジャカルタ】スハルト大統領の子息フトモ・マンダラ・プトラ氏と韓国キアの70:30の合弁会社PTティモル・プトラ・ナショナルは26日、初の国産車10台をスハルト大統領に献上、これら10台の車両は大統領からジャカルタ警察当局に下賜された。(...続きを読む)
1996-02-29 ArtNo.5117(47/397)
◆<馬>BAe、ホーク部品を合弁製造
【クアラルンプル】ブリティッシュ・エアロスペース(BAe)はマレーシアの国営企業SMEエアロスペースと合弁でホーク戦闘機の一部部品を現地製造する。(...続きを読む)
1996-03-01 ArtNo.5138(48/397)
◆<印尼>自動車産業振興措置発表
【ジャカルタ】トゥンキ・アリウィボウォ通産相は水曜(2/28)、輸入部品に対する関税免除を含む国内自動車産業振興措置を発表した。(...続きを読む)
1996-03-02 ArtNo.5147(49/397)
◆<馬>プロドゥア/プロトンDRB、相次ぎ新車を市場投入
【クアラルンプル】プルサハアン・オートモビル・クドゥアBhd(プロドゥア)とウサハサマ・プロトンDRB(USPD)はそれぞれ3月6日と3月30日に新国産車を発表する。(...続きを読む)
1996-03-04 ArtNo.5165(50/397)
◆<印尼>国産車優遇措置は技術移転確保が目的:通産相釈明
【ジャカルタ】トゥンキ・アリウィボウォ通産相はインドネシア初の国産車プロジェクトを進める企業に対する税制奨励措置や関税免除は技術移転を確保するための措置であると語った。(...続きを読む)
輸送機器 Transport Equipment in 1996
◄◄◄ back397件の関連記事が見つかりました( 1/8 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
右ペイン・広告スペース
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.