SEAnews 2010/cat#6-1p 対中関係
左予備スペース
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
右予備スペース
Site Search
Delivered from Singapore
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
対中関係 Relation with China in 2010
◄◄◄ back89件の関連記事が見つかりました( 1/2 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
元のページへ戻る ►2010-01-22 ArtNo.43035(1/89)
◆貿易障壁撤廃求め中国にデマルシェ行使
【ニューデリー】インド政府は、中国に貿易障壁の撤廃を求め、デマルシェ(demarche:相手国担当省への直接の政府間申し入れ)を行った。インド政府が他国にこの種の外交手段を行使したのは、今回初めてのこと。(...続きを読む)
◆India issues demarche to China on trade barriers
【New Delhi】For the first time ever, India has issued China a demarche to ask the Middle Kingdom to abolish various trade barriers.
◆印度对贸易壁垒问题向中国发出外交照会
【新德里】印度向中国发出外交照会要求撤废各种贸易壁垒。印度政府从来没有向他国发出外交照会(demarche),这回第一次使用这种外交手段。
2010-03-09 ArtNo.43172(2/89)
◆世銀のアルナチャル融資巡る中印論争痛み分け
【ニューデリー】世界銀行の記録によれば、インドのSM Krishna外相は「インドは今後アルナチャルプラデシュ州に関わるプロジェクトに関しては世銀融資を求めない」と語ったが、世銀の中国代表は、Krishna外相の同発言に拘束力を持たせるよう要求した。(...続きを読む)
◆Sino-Indian dispute over WB's assistance for Arunachal ends in draw
【New Delhi】A World Bank document says external affairs minister SM Krishna has stated that "India will not pose any Arunachal Pradesh-specific project" to the Bank, and that the Chinese executive director at the Bank is pressing for the operationalisation of this statement.
◆中印对世行援助阿鲁纳恰尔发的争端平局结束
【新德里】据世界银行的文件,印度外交部长索马纳哈利·马雷阿·克里希纳说「印度将向世界银行不提出特别在阿鲁纳恰尔州实行的项目。」世界银行的中国代表要求把克里希纳的这项发言操作化。
2010-03-12 ArtNo.43184(3/89)
◆中国製自動車部品輸入、2012-13年までに12倍に増加
【ニューデリー】インド商工会議所連盟(FICCI:Federation of Indian Chambers of Commerce and Industry)はその最新報告書の中で、中国製自動車部品の輸入は2012-13年までに12倍に増加、68億5000万米ドルに達すると警鐘している。(...続きを読む)
◆Import of Chinese auto parts to increase 12-fold by 2012-13
【New Delhi】The share of auto parts imported from China in the domestic market is expected to increase by 12-fold to reach to $6.85 billion by 2012-13, industry chamber FICCI said in a report.
◆中国制汽车零件进口到2012-13年前增加12倍
【新德里】印度工商会联合会在一项报告里警告说,从中国进口的汽车零件到2012-13年前增加12倍到68亿5000万美元。
2010-03-19 ArtNo.43206(4/89)
◆重工業局、中国製電力設備に10%の関税適応提案
【ニューデリー】重工業局(DHI:department of heavy industry)は、大蔵省歳入部(department of revenue)に対し、輸入電力設備に最低10%の関税を課すよう提案した。(...続きを読む)
◆10% duty on Chinese power equipment suggested
【New Delhi】The department of heavy industry (DHI) has recommended to the department of revenue for the imposition of at least 10% customs duty on power equipment import.
◆重工业局建议对中国电力设备征收10%关税
【新德里】重工业局已向税务局建议对进口的电力设备征收至少10%的关税。
2010-03-26 ArtNo.43237(5/89)
◆デル、製造拠点を中国からインドに移転も
【ニューデリー】Dell創設者のMichael Dell最高経営者(CEO)は23日ニューデリーでManmohan Singh首相と会談した際、中国の製造拠点を第三国に移すことを検討しており、インドが移転先になる可能性を示唆した。(...続きを読む)
◆Dell may shift China operations to India
【New Delhi】Dell founder & CEO Michael Dell hinted towards moving the company's manufacturing base away from China, possibly to India when he met Prime Minister Manmohan Singh in New Delhi on March 23.
◆戴尔公司可能把中国业务迁到印度
【新德里】戴尔创始人兼首席执行官迈克尔戴尔3月23日在新德里会见曼莫汉·辛格总理时,暗示把该公司的生产基地从中国迁移,可能迁到印度。
2010-04-02 ArtNo.43256(6/89)
◆中国製化学品/機械に反ダンピング税
【ニューデリー】インド当局は、中国から輸入されるガラス/煉瓦製造用化学品とある種のプラスチック加工機械に反ダンピング税を課した。(...続きを読む)
◆Anti-dumping duty on Chinese chemical, machine
【New Delhi】India has imposed anti-dumping duty on a chemical used in manufacturing glass, bricks and tiles and a certain type of plastic processing machine both imported from China.
◆政府对中国制化学品和机械征收反倾销税
【新德里】印度对中国入口的生产玻璃和砖瓦用的化学品和某种款式塑料加工机械征收反倾销税。
2010-04-09 ArtNo.43280(7/89)
◆IOC、台湾TSRC/丸紅とスチレンブタジエンゴム製造
【ニューデリー】Indian Oil Corporation Ltd (IOC)は、台湾のTSRC Corporationおよび丸紅とハリヤナ州Panipatで、スチレンブタジエンゴム(SBR)を製造する合弁契約を結んだ。(...続きを読む)
◆IOC to set up synthetic rubber plant with TSRC, Marubeni
【New Delhi】Marubeni Corporation, Japan has entered into a joint venture with Indian Oil Corporation Ltd (IOC) and TSRC Corporation, Taiwan, to set up a Styrene Butadiene Rubber (SBR) unit at Panipat.
◆印度石油公司与台橡和丸红建合成橡胶厂
【新德里】印度石油有限公司跟台橡公司以及丸红公司在帕尼帕特合资建设一丁苯橡胶厂。
2010-04-14 ArtNo.43290(8/89)
◆中国、低品質鉄鉱石の輸入禁止、Sesa Goaに打撃
【ムンバイ】中国の鉄鉱石取引協会は8日、鉄分含有率が60%に満たない鉄鉱石の輸入を禁止した。同措置は低品質なインド産鉄鉱石の輸出に打撃を与える見通しで、インド最大の鉄鉱石輸出業者、Sesa Goa Ltd(SGL)のボンベイ証券取引所(BSE)における株価は9日、4.49%下降、468.7ルピーで引けた。(...続きを読む)
◆China's ban on low-grade iron ore hits India
【Mumbai】China's iron ore trading association on April 8 banned imports iron ores with less that 60 per cent iron content. This will hit hard India's exports of low-grade iron ores. Sesa Goa Ltd, the country's largest iron ore exporter, today slumped 4.49 per cent to Rs 468.7 on the Bombay Stock Exchange (BSE).
◆中国禁止低品位铁矿石的进口打击印度
【孟买】中国铁矿石贸易协会4月8日禁止进口铁含量不到60%的铁矿石。这会打击印度的劣质铁矿石出口。赛萨果阿公司,全国最大的铁矿石出口商,9日在孟买证券交易所下挫4.49%收于468.7卢比。
2010-04-21 ArtNo.43318(9/89)
◆中国製自動車部品に反ダンピング税
【ニューデリー】インド政府は中国製の中・大型商用車用前車軸体(FAB:front axle beam)およびステアリングナックルに確定反ダンピング税(definitive anti-dumping duty)を課した。(...続きを読む)
◆Govt slaps anti-dumping duty on Chinese vehicle parts
【New Delhi】The Indian government has imposed a definitive anti-dumping duty on Chinese front axle beams (FAB) and steering knuckles meant for heavy and medium commercial vehicles.
◆政府对中国汽车零件征收反倾销税
【新德里】印度政府已经对中国制重型和中型商用车辆用前桥梁和转向节征收最终反倾销税。
2010-04-28 ArtNo.43338(10/89)
◆インドの対中輸出、第1四半期に75%アップ
【北京】インドの対中輸出は今年1-3月期に58億1000万米ドルをマーク、昨年同期の33億1000万米ドルに比べ75%の急増を見た。(...続きを読む)
◆Indian exports to China surge 75 pc in Q1 this year
【Beijing】Indian exports to China surged by 75 per cent to USD 5.81 billion in the period between January and March this year as against USD 3.31 billion last year.
◆今年第一季对中国出口上升75%
【北京】印度向中国出口额在今年1月到3月期间猛增到58亿1000万美元比去年同时期的33亿1000万美元成长了75%。
2010-04-28 ArtNo.43343(11/89)
◆GM上汽コンバイン、来年末までに軽商用車発売
【プネー】General Motors(GM)は、上海汽車工業集団(SAIC:Shanghai Automobile Industrial Corporation)と共同で軽商用車セグメントに進出する準備を整えており、2011年末までに新モデルを発売する計画だ。(...続きを読む)
◆GM-SAIC combine to roll out LCVs
【Pune】General Motors is all set to penetrate into light commerical vehicle (LCV) segment, collaborating with Shanghai Automobile Industrial Corporation (SAIC). The LCVs will be launched by the end of 2011.
◆通用汽车与上汽集团联合推出轻型商用车
【浦那】通用汽车公司与上海汽车工业集团合作,已准备渗透轻型商用车领域。该轻型商用车将在2011年年底推出。
2010-04-30 ArtNo.43359(12/89)
◆電信局、中国製通信設備の輸入を事実上禁止
【ニューデリー】電信局(DOT:Department of Telecommunications)は、テレコム企業各社に、HuaweiおよびZTEを含む中国業者が製造した如何なる設備機器も輸入せぬよう正式に通知した。http://www.seanewsonline.com/seanews/fulltext/43359.htm(...続きを読む)
◆Govt tightens norms for Chinese telecom equipment
【New Delhi】The Department of Telecommunications (DoT) has officially told mobile operators not to import any equipment manufactured by Chinese vendors, including Huawei and ZTE.
◆电讯局劝告不要进口中国电信设备
【新德里】电讯局已经正式向移动运营商劝告不要进口由中国厂商,包括华为和中兴通讯生产的任何设备。
2010-05-05 ArtNo.43362(13/89)
◆中国の需要軟化で今年の鉄鉱石輸出25%ダウン
【ムンバイ】インドの鉄鉱石輸出は、中国の需要軟化と輸出税の引き上げで昨年のおよそ1億メートル・トンから2011年3月期年度の約7500万トンに最大25%の落ち込みが予想される。(...続きを読む)
◆Weak Chinese demand to hit ore exports
【Mumbai】India's exports of iron ore may fall as much as 25% to about 75 million metric tonnes in the year ended March 31, 2011 from an estimated 100 million tonnes in the previous year because of softening demand in China and an increase in taxes.
◆中国需求疲软会打击铁矿石出口
【孟买】印度铁矿石出口在截至2011年3月31日的一年可能下降25%,从去年的约1亿公吨到约7500万公吨,由于中国需求疲软和提高税率。
2010-05-05 ArtNo.43369(14/89)
◆中国製通信設備の輸入禁止、外交問題に発展も
【ニューデリー】ZTEやHuawei等の中国企業が製造した通信機器に対する安全上の懸念が表明される中、中国大使館は、Manmohan Singh首相に書面で、政府の通信機器調達政策に関する説明を求めた。(...続きを読む)
◆Ban on China telecom gear may become diplomatic issue
【New Delhi】The Chinese Embassy has written to Prime Minister Manmohan Singh seeking clarity on the Government's policy for procuring telecom equipment in the light of the security concerns raised against gear manufactured by Chinese firms such as ZTE and Huawei.
◆中国电信设备禁令可能成为外交问题
【新德里】印度当局对中国企业如中兴通讯和华为公司制造的电信设备提出安全上的疑问时,中国大使馆写信给曼莫汉·辛格总理要求阐明政府的采购政策。
2010-05-07 ArtNo.43379(15/89)
◆中国方式に倣って中国通信機器納入業者を検査
【ニューデリー】インド政府は中国の情報技術認証センター(CNITSEC:China Information Technology Certification Centre中国信息技術認証中心)に倣って『テレコム検査安全認証センター(TTSC:telecom testing and security certification centre)』を設立するまでの間、インド科学大学(IIS:Indian Institute of Science)バンガロール分校の実験室を利用し、輸入テレコム機器に悪意あるソフトウェアや遠隔ログイン装置あるいはトロイの木馬が組み込まれていないかチェックする。(...続きを読む)
◆Follow Chinese model to check Chinese telecom gear suppliers
【New Delhi】The Centre will use laboratories at Indian Institute of Science , Bangalore, to test imported telecom equipment for malware, remote login facilities and Trojan horses before setting up a telecom testing and security certification centre modeled after the China Information Technology Certification Centre (CNITSEC).
◆效仿中国模式检查中国电信设备供应商
【新德里】印度政府效仿中国的信息技术认证中心模式设立一个电信测试和安全认证中心之前,将利用印度科学学院班加罗尔分校的实验室以检查进口的电信设备是否装备恶意软件,远程登录设施和特洛伊木马。
2010-05-07 ArtNo.43380(16/89)
◆華為、US$5億投じチェンナイに工場建設
【ニューデリー】中国の通信機器納入業者Huawei Technologies Co Ltd(HTCL:華為技術有限公司)は、テレコム企業と結んだ様々な設備納入契約が安全上の理由からインド政府により全て棄却されたにも関わらず、3億~5億米ドルを投じタミールナド州Chennai付近に工場を設ける計画だ。(...続きを読む)
◆Huawei plans factory at Chennai with an investment of $500m
【New Delhi】Chinese telecom equipment provider Huawei Technologies Co Ltd plans to set up a manufacturing facility in India, near Chennai, at an investment of $300-500 million, even as it battles rejection of various deals with telecom operators due to security issues with the Union government.
◆华为计划投资5亿美元在金奈设工厂
【新德里】中国电信设备供应商华为技术有限公司计划投资3亿到5亿美元在金奈附近设工厂,尽管它跟电信运营商达成的合约因为安全问题都被政府拒绝。
2010-05-11 ArtNo.43390(17/89)
◆中国無線、2012年末までに工場設置計画
【ニューデリー】中国無線科技公司(CWTL:China Wireless Technologies Ltd)のインド子会社Coolpad Communications Pvt Ltd(CCPL)は2012年にインドに製造施設を設ける。投資額は、最終的に300乃至400クロー(US$6741万-8988万)に達する見通しだ。(...続きを読む)
◆China Wireless mulls handset factory in India by 2012
【New Delhi】Shenzhen-based China Wireless Technologies' Indian subsidiary, Coolpad Communications plans to set up a manufacturing facility in 2012. The total investment would be in the range of Rs 300-400 crore over a period of time.
◆中国无线科技到2012年底前在印度设立制造厂
【新德里】总部设在深圳的中国无线科技公司计划通过印度子公司,酷派通讯到2012年底前在印度设立制造厂。总投资额在一段时间内会达到30亿-40亿卢比相等于6741万-8988万美元。
2010-05-14 ArtNo.43397(18/89)
◆欧州金融危機再燃と中国の信用引き締めで鋼材値下がり
【ニューデリー】欧州における金融危機の再燃に加え、中国政府が信用引き締めを通じ投資の過熱を抑制したことから、投機的ブームに乗じて事業を拡大して来た鉄鋼産業は逆風に直面している。(...続きを読む)
◆Steel prices dwindle with credit squeeze in China
【New Delhi】The financial crisis is once again showing its face in Europe and with China trying to hold down the pace of investment growth with credit squeeze, steel industry that rode on a speculative boom is faced with a credible setback.
◆中国紧缩信贷使钢材价格下降
【新德里】金融危机在欧洲再次出现加上中国通过紧缩信贷政策试图压低投资增长速度,骑着投机热潮而成长的钢铁行业正在面临一个明确的挫折。
2010-05-14 ArtNo.43404(19/89)
◆Ramesh国務相、対中問題発言の責任取り辞表提出
【ニューデリー】Jairam Ramesh環境森林省担当国務相は、内務省が一部の中国製品の輸入を安全上の理由から制限したことに関して異論の多い発言を行った後、責任をとり辞表を提出したが、Manmohan Singh首相は慰留した。総理府筋は木曜以上の消息を語った。(...続きを読む)
◆Jairam Ramesh offers to resign, PM turns it down
【New Delhi】Union Minister of State for Environment and Forests Jairam Ramesh offered to resign following his controversial remarks against Home Ministry for allegedly stalling some Chinese imports but Prime Minister Manmohan Singh has turned it down, PMO sources said on Thursday.
◆拉梅什部长递辞呈,总理不接受
【新德里】环境和森林政务部长贾伊拉姆拉梅什针对内政部以安全问题限制进口一些中国制品发表争议性言论之后提出辞呈,不过曼莫汉・辛格总理不接受。总理署方面的消息灵通人士星期四说。
2010-05-18 ArtNo.43417(20/89)
◆地場電力設備製造業者に税制優遇措置検討
【ニューデリー】政府の特命を受けた専門委員会が今月末までに会議を催し、無関税で輸入される低廉な中国製電力設備の脅威に晒される地元設備業者のためにより公平な競争環境を醸成するため税制優遇措置を適応する可能性を検討する。(...続きを読む)
◆Sops may be provided to domestic power equipment cos
【New Delhi】An empowered government committee will meet by month end to examine the option of duty concessions to domestic power equipment manufacturers to create a more level playing field for them hit hard by cheap Chinese imports at zero duty.
◆税务优待可能提供给国内电力设备公司
【新德里】政府特权委员会将达到月底召开会议而检讨为了创造一个更公平的竞争条件,给国内电力设备制造商税务宽减的可能性。因为它们受到无关税进口的廉价中国产品的威胁。
2010-05-25 ArtNo.43435(21/89)
◆宝鋼、Visa Steelと新規合弁事業準備
【コルカタ】宝鋼資源有限公司(BSR:BaoSteel Resources of China)は、合弁会社Visa Bao Ltd(VBL)を将来のインドにおける様々なプロジェクトの機関車として利用する計画だ。BSRが35%、地元パートナーのVisa Steel Ltd(VSL)が65%、それぞれ出資しているVBLは、目下オリッサ州Kalinganagarでクロム鉄の製造プロジェクトを手がけている。(...続きを読む)
◆Baosteel plans new projects with Visa Steel
【Kolkata】BaoSteel Resources of China will use the joint venture company Visa Bao Ltd, in which Visa Steel Ltd has a 65 per cent stake and BaoSteel holding 35 per cent, as the vehicle for a host of future projects in India, apart from the ongoing ferro chrome at Kalinganagar in Orissa.
◆宝钢与维萨钢铁合作进行更多新项目
【加尔各答】宝钢资源有限公司计划把合资公司维萨宝有限公司除了用于奥里萨州卡林加那加进行的制造铬铁项目之外,作为一个未来在印度推行的多种项目的主机。宝钢拥有维萨宝公司的35%股权,维萨钢铁公司保持其余的65%股权。
2010-06-02 ArtNo.43461(22/89)
◆中国設備業者にソフトウェア・コードの提出を義務づけ
【ニューデリー】テレコムや電力関連のプロジェクトに設備を納入する中国企業にソフトウェア・コードの提出を義務づける新規則が近く発表される見通しだ。(...続きを読む)
◆Software code to be submitted by Chinese firms
【New Delhi】The new norms, which make it mandatory for Chinese firms to submit to the government the software code of the equipment they are supplying for Indian projects in sectors ranging from telecom to power, are expected to be announced shortly.
◆政府准备要求中国企业提交软件编码
【新德里】使在印度供应电信和电力设备的中国企业强制向政府提交软件编码的新规范预料在短期内公布。
2010-06-28 ArtNo.43557(23/89)
◆アフガンの鉱物資源前にインド/中国も拱手観望?
【シンガポール/コルカタ】鉱物資源に飢えたアジアの二大国インドと中国は、米軍の撤収に乗じ、鉄鉱石、銅鉱石、リチウム等1兆米ドルを超える鉱物資源を有する隣国アフガニスタンに対する影響力の拡大を図っているが、両国の企業がつるはしやショベルを手に殺到することは当面なさそうだ。(...続きを読む)
2010-06-30 ArtNo.43568(24/89)
◆国営送電会社、外国納入業者に工場建設義務づけ
【ニューデリー】国営送電会社Power Grid Corporation of India Ltd(PGCIL)は、送電設備のサプライヤーに納入契約獲得後3年内に、インド国内に製造施設を設けることを義務づける方針を決めた。PGCIL取締役会は7月2日の会議で同方針を承認する見通しで、これにより中国設備業者の大部分がPGCILに対する納入の機会を喪失する見通しだ。(...続きを読む)
2010-06-30 ArtNo.43573(25/89)
◆電子企業動静:三星/LG/聯想/海爾、新成長戦略に着手
【ニューデリー】韓国のSamsungとLG、中国のLenovoとHaierは、それぞれ異なる品目、異なる客層にターゲットを絞った成長戦略を梃子に、復調の波に乗るインド市場の開拓に本腰を入れている。(...続きを読む)
2010-07-05 ArtNo.43596(26/89)
◆再生エネ企業動静:Photon/XL/Trina/TEDA
【ハイデラバード】ヒンドゥー・ビジネス・ラインが6月30日報じたところによると、マハラシュトラ州MumbaiのBhabha Atomic Research Centre (BARC)では、ソーラ・エネルギーを用いて海水を飲料水に転換するパイロット・プロジェクトが進められており、アンドラプラデシュ州Hyderabad拠点のPhoton Energy Systems (PES)は、太陽熱を用いた日産1000リッターの飲料水製造プラントの建設に着手した。(...続きを読む)
2010-07-07 ArtNo.43601(27/89)
◆中印、アフガニスタン鉱物資源共同開発の可能性協議
【北京】インドと中国は5日、幅広い二国間関係を構築する努力の一環として、アフガニスタンにおける膨大な鉱物資源を活用する共同調査を含む第三国における協力の可能性を協議した。(...続きを読む)
2010-07-07 ArtNo.43610(28/89)
◆小売り企業動静
○Shoppers Stop、Hypercity売上げUS$2億目指す
○Marks and Spencer、3年内に50店展開目指す
○肌着のLux、新市場開拓とR&Dに注力
○Chiripal Lifestyle、専門店100店以上開店計画
○中国アパレル業者Yishion、100店舗展開計画(...続きを読む)
2010-07-12 ArtNo.43626(29/89)
◆産業動向:鉄鋼
○鉄鋼省、トン当たり1000ルピー値下がり予想
【ニューデリー】ヒンドゥー・ビジネス・ラインとエコノミック・タイムズが7月9日伝えたところでは、建設/インフラ部門を中心に需要が軟化する中、7月中に鋼材が再度トン当たり1000ルピーほど値下がりするものと予想される。
○第1四半期の鉄鋼消費12%、生産4%アップ
○K州、鉄鉱石輸出の制限要求
○カルナタカ高裁、民間企業の鉄鉱石輸出を禁止
○毛派の一斉罷業呼びかけで鉄鉱石輸送に影響
○政府、船舶用鋼材の輸入禁止を解除
○安価な中国製鋼材輸入が国内産業に打撃(...続きを読む)
2010-07-14 ArtNo.43646(30/89)
◆薬品監督総局、中国製原末に対する監視強化
【ニューデリー】先月、中国企業10社の登録を取り消したインド薬品監督総監(DCGI:Drug Controller General of India)オフィスは、輸入される中国製原末(bulk drug)に対する監視を強化している。(...続きを読む)
2010-07-19 ArtNo.43650(31/89)
◆産業動向:鉱業/鉄鋼
○K州知事、違法鉱山活動巡り中央政府の介入要請
【ニューデリー】デカン・ヘラルドが7月14日報じたところによると、カルナタカ州のH R Bhardwaj知事が13日、中央政府のP Chidambaram内相に憲法355条(Article 355 of the Constitution)に基づく中央政府の介入を要請したことから、Bellary鉱山の違法採掘と鉱石の違法輸出を巡るカルナタカ州のB S Yeddyurappa首席大臣に率いられるインド人民党(BJP)政権と国民会議派に率いられる野党陣営の論争は、新段階を迎えた。
○AP州野党、Rakshana Steelsへの鉄鉱山の違法配分追及
○オリッサ高裁、Poscoの鉱業ラインセンス申請を棄却
○Hind Copper、K州銅鉱山の再開発検討
○Adani、豪州炭坑買収協議
○鉄鉱石輸出業者、中国の需要軟化焦慮
○Salem Steel、拡張計画近く完了
○JSPL、オリッサ鉄鋼プロジェクトの規模を2倍に拡張(...続きを読む)
2010-07-19 ArtNo.43651(32/89)
◆企業動静:自動車
○三菱、Hindustan Motorsに出資の意向表明
【ムンバイ】ビジネス・スタンダードが7月14日伝えたところでは、三菱自動車が、経営難に直面する地元パートナーHindustan Motors Ltd (HML)への出資に強い関心を表明している。
○ルノー、セダン/SUVの発売検討
○Renault-Nissan、製品のローカル化加速
○Tata Motors、第1四半期販売台数でHyundai追い越す
○Hyundai、第1四半期販売台数依然2位
○中国製タイヤに対する反ダンピング税解除要求(...続きを読む)
2010-07-19 ArtNo.43653(33/89)
◆中国通信機器メーカーにサードパーティー検証義務づけ
【ニューデリー】電気通信設備(telecom equipment)をインド国内で販売する中国メーカーは、検査のためソフトウェア・コード(software code)をインド政府に提出するとともに、サードパーティーによる工場の検査証明を取得せねばならない。(...続きを読む)
2010-07-19 ArtNo.43655(34/89)
◆輸入電力設備に対するセキュリティー条件の適応を免除
【ニューデリー】政府のハイレベル会議は、電気通信部門と電力部門の性質の相違に鑑み、輸入通信機器に対するセキュリティー条件を、電力設備には適応しない方針を決めた。(...続きを読む)
2010-07-21 ArtNo.43670(35/89)
◆企業動静:自動車
○Bajaj Auto、ULCCからピックアップに重心シフト?
【ムンバイ】公式の発表はなされていないが、Bajaj Auto Ltd(BAL)は、ウルトラ・ロー・コスト(ULC:ultra-low cost)カーの開発よりも、Tata AceやMahindra Maxximoの類の四輪ピックアップの開発を優先するものと見られる。
○Tata Motors、Nano3-4%値上げ
○GM、上海汽車製カー/LCVをインド市場に投入
○Fiat、US$6500コンパクト・カー近く発売
○ベンツ、スーパー・スポーツ・カーお披露目
○日産、3年内に5.5%のシェア目指す(...続きを読む)
2010-07-21 ArtNo.43671(36/89)
◆産業動向:テレコム
○携帯電話端末に国内製造義務づけ検討
【ニューデリー】ヒンドゥー・ビジネス・ラインが7月17日報じたところによると、通信省は、国内で販売する携帯電話端末の一定比率をインド国内で製造するよう通信機器メーカーに義務づける可能性を調査するよう情報技術局(DIT:Department of Information Technology)に指示した。
○監視装置を輸入規制品目リストに
○中国製通信機器輸入制限問題に近く決着:通信相
○携帯電話契約者、2014年までに9.9億人に
○6月のGSM携帯電話新規加入者1229万人(...続きを読む)
2010-07-26 ArtNo.43675(37/89)
◆産業動静:運輸
○今後10年のロジスティクス必要投資額US$5千億
【チェンナイ】インドの物資輸送量は向こう10年間に3倍に増加する見通しで、このため同期間に5000億米ドルを投じてロジスティクス・インフラを補強せねばならない。
○中国が近隣諸国交通インフラに積極投資
○Tata NYK Shipping、船団拡張
○Kochi- Coimbatore貨物専用道路建設(...続きを読む)
2010-07-26 ArtNo.43678(38/89)
◆企業動静:電子産業
○ソニー、ケララ州におけるトップ・ブランドの座目指す
【コーチ】Sony Indiaはケララ州におけるOnamの祝日期間に売上げ100クロー(US$2128万)を実現、同州における耐久消費財トップ・ブランドの座獲得を目指す。
○Akai、インド消費者用電子製品市場にカムバック
○Wynn Telecom、HP州に携帯端末製造施設
○LG、グリーン技術用いインド工場を再編
○RIL、国産タブレットPCメーカーと出資交渉(...続きを読む)
2010-07-30 ArtNo.43701(39/89)
◆外交地域政治:緬・土・CIS・香港
○ミャンマーと投資/セキュリティー協定
【ニューデリー】マンモハン・シン(Manmohan Singh)首相とミャンマー国家平和発展評議会(SPDC)のタン・シュエ(Than Shwe)議長の27日の会談後、インドとミャンマーは一連の協定に調印した。
○印・土・CISビジネス・フォーラム開催
○インド/トルコ、FTA締結目指し合同会議設置
○インド/香港貿易、今年は12%成長(...続きを読む)
2010-08-02 ArtNo.43720(40/89)
◆PVCペースト樹脂に反ダンピング税
【ニューデリー】インド政府は中国や日本を含む7カ国から輸入される玩具や接着剤原料の化学品、ポリ塩化ビニール・ペースト樹脂(Poly Vinyl Chloride Paste Resin)にトン当たり89.18~608.57米ドルの反ダンピング税を課した。(...続きを読む)
2010-08-09 ArtNo.43752(41/89)
◆現代/M&M/GM、いずれも事業拡張
○現代自動車、生産能力を12%拡張
【チェンナイ】Hyundai Motor India Ltd (HMIL)はタミールナド州Chennai工場の年産能力を67万台に12%拡張する。
○M&M、チェンナイ付近にUS$4億新工場計画
○GM、軽トラック発売準備(...続きを読む)
2010-08-11 ArtNo.43757(42/89)
◆インド、中印国境の兵站インフラ開発加速
【ニューヨーク】過去10年、中国は中印国境付近の軍用/民用インフラの建設に拍車をかけて来たが、ロータン峠のインド側は、辺境統治に対するインド政府の意欲と能力の欠如を暗黙の内に物語っていた。しかし、ここに来てインド側にも変化が生じ、滑走路や前哨基地の建設に加え、6月には終にロータン峠にバイパスを設けるトンネル工事が開始された。(...続きを読む)
2010-08-11 ArtNo.43759(43/89)
◆FICCI、セキュリティー規則撤回要請、中国ZTEは受け入れ
【ニューデリー】中国の通信機器メーカーZTE Corporation(深セン中興通信)は、米国、欧州、日本の業界も反対するインドの輸入通信機器に対する厳しいセキュリティー条件を最初に認めた。しかしもう1社の主要な中国ベンダー、Huawei Technologies(華為技術有限公司)はまだ態度を明確にしていない。(...続きを読む)
2010-08-13 ArtNo.43775(44/89)
◆タタ自動車、Jaguar Land Rover好調で黒字転換
【ムンバイ】ファイナンシャル・エクスプレス、ザ・ヒンドゥー、ヒンドゥー・ビジネス・ライン、ビジネス・スタンダードが8月11日報じたところによると、Tata Motors Ltd(TML)は、国内販売の好調とJaguar Land Rover (JLR)の世界売上げの伸びに支えられ、2010-11年第1四半期(2010/4-6)に、前年同期の1万6473クロー(US$35.81億)を64%上回る2万7056クロー(US$58.82億)の売上げを記録、前年同期の328.78クロー(US$7148万)の損失も1988.73クロー(US$4.27億)の利益に転換した。(...続きを読む)
2010-08-16 ArtNo.43785(45/89)
◆総理府の介入で輸入通信設備のセキュリティー問題に決着?
【ニューデリー】輸入通信設備、取り分け中国から輸入される設備のセキュリティー問題を巡る論争は終に決着したようだ。総理府(PMO:Prime Minister's Office)は13日、通信省に対し、当初の『自己申告(self-certification)制度』と、先月発表された『政策協定試案(draft policy agreement)』の何れかを、電話会社に自由に選択させるよう指示した。
○電信局、ZTE製通信設備の輸入を許可
○国営電話会社BSNLも中国製通信機器の購買準備(...続きを読む)
2010-08-16 ArtNo.43790(46/89)
◆政府、近く電力設備に10%の輸入税適応
【ニューデリー】インド政府は国内産業を保護育成する狙いから間もなく電力設備に10%の輸入税を課す方針だ。
○TN州US$87億投じ電力不足解消目指す(...続きを読む)
2010-08-20 ArtNo.43814(47/89)
◆BlackBerry電子メールの監視問題決着?
【ニューデリー】高度な暗号化技術を用いたBlackBerryスマートフォーン・サービスを提供するカナダのResearch In Motion(RIM)に対し、内務省が8月31日までに、合法的傍受規則を受け入れるか、インド国内におけるサービスを停止するか、二者択一を迫る中、電気通信局(DOT:Department of Telecommuncations)は18日、内務省に対し解決策を提起した。
○中国製通信設備の輸入禁止解除(...続きを読む)
2010-08-23 ArtNo.43822(48/89)
◆中国製含む3G通信機器の輸入加速
【ニューデリー】電気通信局(DOT:department of telecommunications)と内務省は、国内テレコム・オペレーター各社の第三世代(3G)移動体通信サービスの早期立ち上げを促す狙いから、3G通信機器の輸入を加速する方針を決めた。これらのオペレーターは3Gサービス周波数域の取得に膨大な金額を支払っており、サービス開始の遅延はその経営に深刻な影響を及ぼす。このため両政府部門は以上の方針を決めた。(...続きを読む)
2010-09-03 ArtNo.43871(49/89)
◆国営電話会社、GSM通信設備購買入札を再度キャンセル
【ニューデリー】インド政府が、中国製通信設備の輸入禁止措置を解除したことから、国営電話会社Bharat Sanchar Nigam Ltd(BSNL)は、550万回線のGSM(global system for mobile communications)通信設備購買入札をまたもキャンセルし、中国企業も対象にした入札を改めて募集する方針を決めた。(...続きを読む)
2010-09-06 ArtNo.43887(50/89)
◆Tata Tele、華為に3G通信設備発注
【ニューデリー】最近、9つの通信サークルの第三世代(3G)移動体通信周波数域を手に入れたTata Teleservices Ltd(TTSL)は、中国のHuawei Technologies Co Ltd(HTCL:華為技術有限公司)にうち5サークルの通信設備を発注した。
○国営電話会社BSNL、中国企業ZTEにWiMax機器発注(...続きを読む)
対中関係 Relation with China in 2010
◄◄◄ back89件の関連記事が見つかりました( 1/2 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
右ペイン・広告スペース
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.