左予備スペース
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
右予備スペース
Site Search
Delivered from Singapore
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
解説/論評 Interpretation/Commentary in 1997
◄◄◄ back107件の関連記事が見つかりました( 1/3 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
元のページへ戻る ►1997-01-06 ArtNo.8912(1/107)
◆<星>1997年も工業不動産市場の堅調持続
【シンガポール】工業不動産の資本価値と賃貸料は、経済の不振で市場の自信が失われない限り、今年も安定を維持するか、昨年を多少上回る見通しだ。(...続きを読む)
1997-01-07 ArtNo.8934(2/107)
◆<泰>今年はガラス市場の競争白熱化
【バンコク】国内における製造能力の拡大と関税引き下げに伴う輸入品の流入で今年はタイ・ガラス市場の競争が熾烈化する見通しだ。(...続きを読む)
1997-01-13 ArtNo.8998(3/107)
◆<星>米国BBレシオ下降は予想されたこと:アナリスト
【シンガポール】世界半導体市場の需要動向を占う目安とされる米国半導体産業協会(SIA)発表のBB(ブック・ツー・ビル)レシオは11月の1.15から12月の1.10に下降した。(...続きを読む)
1997-01-14 ArtNo.9013(4/107)
◆<星>電子産業市況、今年下半期に回復
【シンガポール】シンガポールの電子業況は昨年は低調を極めたが、今年下半期には回復に転じる見通しだ。(...続きを読む)
1997-01-14 ArtNo.9017(5/107)
◆<星・馬>域内IT市場の成長を牽引:ガートナー会長
【シンガポール】シンガポールは東南アジアの情報技術(IT)産業を引き続きリード、マレーシアは新たな展望を提供している。(...続きを読む)
1997-01-14 ArtNo.9026(6/107)
◆<泰>アナリスト、石油化学産業支援措置を評価
【バンコク】タイ総理府は先週水曜、国内石油化学産業のコストを削減し、競争力を強化するため、投資局が5施策を導入するとのステートメントを発表した。(...続きを読む)
1997-01-16 ArtNo.9051(7/107)
◆<馬>不動産市場、今年も活況:サーベイ
【クアラルンプル】マレーシアの大部分の不動産の価格と賃貸料は今年も引き続き上昇、もしくは安定を維持する見通しだ。(...続きを読む)
1997-01-16 ArtNo.9052(8/107)
◆<馬>KLオフィス賃貸料、今年もハイレベル維持
【クアラルンプル】クアラルンプルのオフィス・スペースは昨年大幅な増加を見たものの、一昨年同様平方フィート当たり4~5.50Mドルのハイレベルを維持した。
こうした傾向は今年も続く見通しだ。(...続きを読む)
1997-01-21 ArtNo.9104(9/107)
◆<星>今年はワークステーションの値下げ競争熾烈化
【シンガポール】マイクロソフトNTオペレーティング・システムに準拠したワークステーションの登場で、これまでユニックス系に支配されてきたワークステーション市場にも値下げ競争が波及しそうだ。(...続きを読む)
1997-01-24 ArtNo.9150(10/107)
◆<星>石油化学産業の低迷、向こう数年持続
【シンガポール】石油化学産業の不振が短期的に好転する見通しはなく、向こう数年間低調な市況が持続すると言う。(...続きを読む)
1997-01-27 ArtNo.9178(11/107)
◆<星>今年のGDP成長率7.2%:NTUエコノミスト
【シンガポール】シンガポール経済は今年は7.2%、来年は7.8%の成長が見込める。(...続きを読む)
1997-01-28 ArtNo.9193(12/107)
◆<星>今年の成長見通しは依然5-7%:蔵相
【シンガポール】リチャード・フー蔵相は26日、5-7%の今年の国内総生産(GDP)成長見通しに変更を加える考えのない政府の方針を確認した。(...続きを読む)
1997-02-01 ArtNo.9265(13/107)
◆<馬>59%が製品価格の不変予想:MIER
【クアラルンプル】今年初3ヶ月には多くの製品価格が下降し、インフレ圧力は緩和する見通しだ。(...続きを読む)
1997-02-04 ArtNo.9289(14/107)
◆<星>昨年第4四半期の事業活動指数に改善の兆し
【シンガポール】ビジネス・タイムズとシンガポール国立大学(NUS)センター・フォー・ビジネス・リサーチ&デベロプメント(CBRD)が共同発表した事業活動指数調査報告によれば、シンガポールの昨年第4四半期の事業活動は依然弱含みだが、ビジネス情緒には多少改善が見られ、今年上半期に市況が回復する微かな兆しも生じている。(...続きを読む)
1997-02-11 ArtNo.9329(15/107)
◆<星>第4四半期の復調で昨年通年の成長率7%に
【シンガポール】シンガポールの昨年通年の経済成長率は第4四半期の成長率が第3四半期の3.3%から5.8%に予想外の復調を見たことから7%に達した。(...続きを読む)
1997-02-13 ArtNo.9363(16/107)
◆<星>訓練不足/低昇給がITスタッフの消耗助長
【シンガポール】ソフト技術の訓練不足と低い昇給率が情報技術(IT)スタッフの離職を促す2大要因になっている。(...続きを読む)
1997-02-24 ArtNo.9494(17/107)
◆<星>クリエイティブ、MediaGX登場で売上半減も?
【シンガポール】米国拠点のCyrix Corpが21日発表したマルチメディア・マイクロ・プロセッサー・チップ“MediaGX”は、シンガポールのサウンド・カード会社クリエイティブ・テクノロジーに深刻な脅威を及ぼすものと見られる。(...続きを読む)
1997-02-25 ArtNo.9522(18/107)
◆<印尼>ハイテク・バリー構想の成否は外資の動向次第
【ジャカルタ】バンドン・ハイテク・バリー及びスーパーサイト・エレクトロニク・デベロプメント構想の成否は投資家、取り分け外資の支援の如何にかかっている。(...続きを読む)
1997-02-26 ArtNo.9528(19/107)
◆<星>メディアGXのクリエイティブへの脅威は未知数
【シンガポール】米国企業Cyrixがマルチメディア機能を備えた新マイクロプロセッサー・チップを発表したことから、シンガポールのサウンド・カード・メーカー、クリエイティブ・テクノロジーの株価が衝撃を受けているが、BT紙のコラムニストは新製品メディアGXのクリエイティブに対する実際の脅威は未知数と評している。(...続きを読む)
1997-02-27 ArtNo.9539(20/107)
◆<星>エコノミスト、第1四半期の成長予測を5%にアップ
【シンガポール】当地証券会社15社のアナリストはシンガポールの今年第1四半期の国内総生産(GDP)成長率を3~6.2%、平均5.03%に、通年のそれを6.0~7.5%、平均7.14%に、それぞれ昨年第4四半期に景気回復の兆しが生じる前に比べ、平均1%/0.3%ポイント上方修正している。(...続きを読む)
1997-03-05 ArtNo.9614(21/107)
◆<星>TAS、基本通信事業入札に厳しい条件:アナリスト
【シンガポール】先週、基本通信ライセンスの入札を募集したシンガポール電信局(TAS)は、厳しい条件を設けて入札者にハイ・レベルなスタンダードを求める構えだ。(...続きを読む)
1997-03-07 ArtNo.9645(22/107)
◆<星>HDD生産過剰で部品納入業者に打撃も
【シンガポール】ディスク・ドライブ(HDD)メーカーの今年の生産計画は、当初予想された今年の出荷量を20%上回っており、生産計画が下方修正されるなら、部品供給業者が打撃を受ける見通しだ。(...続きを読む)
1997-03-08 ArtNo.9663(23/107)
◆<星>小売り/ホテル業界、日本人旅行者の成長鈍化で打撃
【シンガポール】シンガポールの小売り/ホテル業界は予想される日本人旅行者の成長鈍化で打撃を受けそうだ。(...続きを読む)
1997-03-12 ArtNo.9707(24/107)
◆<星>IBM、当地企業のネットワーク技術掌握を支援
【シンガポール】IBMはシンガポール企業の一員として当地企業のネットワーク・コンピューター技術の掌握を支援する。(...続きを読む)
1997-04-09 ArtNo.10050(25/107)
◆<星>DRAMチップ価格、1月以来60%以上アップ
【シンガポール】半導体メモリ・チップのダイナミックRAM(DRAM)は、今年初の6米ドルから先週の9.80米ドルに60%以上値上がりしており、昨年の不振から顕著な立ち直りを見せている。(...続きを読む)
1997-04-09 ArtNo.10051(26/107)
◆<星>アジア大平洋地域半導体市場、今年は17%成長
【シンガポール】アジア大平洋地域(日本を除く)の半導体市場は昨年の不振から立ち直り、今年は348億米ドルに17%成長する見通しだ。(...続きを読む)
1997-04-09 ArtNo.10060(27/107)
◆<印度>4クラッカーの稼働でエチレンの供給過剰も
【バロダ】リライアンス・インダストリーズ(RIL)が先月大型マルチ・フィード・クラッカーを稼働させたのに続き、向こう2年間にはICPL、Haldia、Gailも相次いで新クラッカーを稼働させることから、エチレン及びその誘導体の供給過剰が懸念されている。(...続きを読む)
1997-04-10 ArtNo.10079(28/107)
◆<印度>新予算案の多国籍企業課税率は二国間課税協定に抵触
【カルカッタ】新年度予算案は外国企業に対する所得税率を既存の55%から48%に、地元企業のそれを43%から35%に引き下げることを提案しているが、インド国内に支店を設ける外国企業への課税率は、二国間課税協定に抵触すると言う。(...続きを読む)
1997-04-17 ArtNo.10155(29/107)
◆<星>今年のGDP成長率6-7%:リー副首相
【シンガポール】シンガポールの今年の国内総生産(GDP)成長率は6~7%が見込め、向こう数年間も同レベルの成長が維持される。(...続きを読む)
1997-04-21 ArtNo.10188(30/107)
◆<星>アナリスト、揃って3月の国産品輸出のマイナス成長予測
【シンガポール】証券業界のアナリストらは揃って3月の国産非石油製品輸出のマイナス成長を予想したものの、シンガポールの電子業況が半年後には回復に転じるとの見通しを変えていない。(...続きを読む)
1997-04-22 ArtNo.10203(31/107)
◆<星>DRAM市場の先行きにエコノミストの意見分かれる
【シンガポール】DRAM(ダイナミック・ランダム・アクセス・メモリ)チップの価格は過去数ヶ月間に50%値上がりしたが、こうした価格水準が維持されるか否かについてアナリストの見方は一様でない。(...続きを読む)
1997-04-23 ArtNo.10228(32/107)
◆<印度>ステンレス・スチール業界、生産計画に見直し
【ニューデリー】インドのステンレス・スチール・メーカーは昨年経験した需要の伸びの鈍化から目下慎重に生産計画に見直しを加えている。(...続きを読む)
1997-04-24 ArtNo.10233(33/107)
◆<星>電子業況は今年下半期までに回復
【シンガポール】経済開発局(EDB)のフィリップ・ヨー会長は22日、国内電子業況が今年下半期までに回復するとの見通しを示すとともに、主要電子企業が海外に流出するとの懸念を打ち消した。(...続きを読む)
1997-04-25 ArtNo.10252(34/107)
◆<馬>シンクタンク、今年もGDP8.2%の成長予想
【クアラルンプル】政府をバックとする民間シンクタンク、マレーシア経済研究所(MIER)は23日、輸出と投資の堅調な伸びが見込まれることから、国内経済は今年もほぼ昨年並みの8.2%の成長を遂げるとの見通しを発表した。(...続きを読む)
1997-05-12 ArtNo.10451(35/107)
◆<馬>サイバージャヤ開発投資収益率33%
【クアラルンプル】マルチメディア・スーパー・コリドー(MSC)内に開発される最初のインテリジェント・タウンシップ“サイバージャヤ”の15年後の資産価値は238億Mドルで、デベロッパーらの投資収益率は33%と見込まれる。(...続きを読む)
1997-05-22 ArtNo.10565(36/107)
◆<星>下半期には景気回復:EDB会長
【シンガポール】経済開発局(EDB)のフィリップ・ヨー会長は19日、シンガポール経済の不振は底を打ち、下半期には回復に転じるとの見通しを改めて確認した。(...続きを読む)
1997-05-27 ArtNo.10629(37/107)
◆<星>16MB-DRAM、過去1カ月間に10%値下がり
【シンガポール】アメリカンICエクスチェーンジの統計によれば、16メガビット(MB)ダイナミック・ランダム・アクセス・メモリ(DRAM)チップの価格は3月17日に9.72米ドルのピークに達した後、先週月曜には8.75米ドルに10%下降した。(...続きを読む)
1997-05-28 ArtNo.10642(38/107)
◆<星>製造業界、輸出価格が最大の懸念材料に
【シンガポール】益々多くの製造業者が海外受注のキー・ファクターとして価格競争力に注目するようになっている。(...続きを読む)
1997-05-28 ArtNo.10653(39/107)
◆<印度>鉄鋼業界の先行きに曙光?
【ムンバイ】インド鉄鋼業界は、設備過剰と価格の低迷で先行きに不安が抱かれているが、予想される需要の成長と一部設備の廃棄を計算に入れるなら、状況は決してそれほど悪くない。(...続きを読む)
1997-06-13 ArtNo.10854(40/107)
◆<星>国際電話会社、インターネット・テレフォニーを導入
【シンガポール】一部の電話会社は、インターネット・テレフォニーをそのネットワークに加える可能性を検討している。(...続きを読む)
1997-06-19 ArtNo.10935(41/107)
◆<馬>電子製品輸出の急減が4月の貿易赤字の主因:アナリスト
【クアラルンプル】消費用電子製品輸出の激減がマレーシアの4月の貿易収支が21億Mドルの大幅な赤字を記録した主因と言う。(...続きを読む)
1997-06-19 ArtNo.10939(42/107)
◆<印度>先行きに楽観見通し強まる
【ニューデリー】石油製品価格の引き上げに対する懸念はあるものの、金利の下降、97/98年度国内総生産(GDP)の7%レベルの成長見通し等から、先行きに対して、慎重ながら楽観的気分が強まっている。(...続きを読む)
1997-06-24 ArtNo.10998(43/107)
◆<印度>小規模PCプレーヤーが主役に:インテル
【チェンナイ】インドのPC(パソコン)製造/流通業界では、今後小規模で、小回りの効くプレーヤーが主役を務める見通しだ。(...続きを読む)
1997-06-25 ArtNo.11003(44/107)
◆<星>管理職/非管理職基本給、6.5%/6.7%アップ
【シンガポール】シンガポールの今年第1四半期の経済成長率は3.8%に鈍化したものの、労働市場の供給逼迫状況は変わらず、給与も引き続き上昇基調を辿っている。(...続きを読む)
1997-06-26 ArtNo.11026(45/107)
◆<印度>駐日大使館、日本投資の急増を予想
【ニューデリー】日本のインド向け投資は、今後他の国への投資を上回り、大幅に拡大する見通しだ。(...続きを読む)
1997-06-28 ArtNo.11034(46/107)
◆<星>エコノミスト、今年の成長予測を6.5%に下方修正
【シンガポール】南洋理工大学(NTU)計量経済モデル部(EMU)は今年のシンガポール経済の予測成長率を7.2%から6.5%に改めた。(...続きを読む)
1997-07-01 ArtNo.11072(47/107)
◆<印度>自動車部品業者協会、明確な自動車政策の立案要求
【チェンナイ】自動車部品製造業者協会(ACMA)は、外国自動車会社に無制限な進出を認めることは、決して地元の支援産業を育成することには繋がらないとして、政府に自動車政策白書の作成を求めている。(...続きを読む)
1997-07-02 ArtNo.11075(48/107)
◆<星>LNGタンカー需要、近く急増:Fearnleys
【シンガポール】石油代替のクリーンなエネルギー源としてもてはやされる液化天然ガス(LNG)の供給拡大で、LNGタンカーの需要が向う数年間に急増する見通しだ。(...続きを読む)
1997-07-08 ArtNo.11155(49/107)
◆<星>アナリスト、第2四半期の成長率6.3%予想
【シンガポール】シンガポールの国内総生産成長率は、第1四半期には3.8%に鈍化したが、証券業界のアナリストらは、第2四半期には製造業の復調等で5.7~7.1%、平均6.3%の成長が見込めるとしている。(...続きを読む)
1997-07-08 ArtNo.11159(50/107)
◆<印度>電力事業コスト、1MW当たり1クロー・ダウン
【ムンバイ】資金調達が容易になったのを背景に発電施設のコストが低下したことから、金融機関は発電事業の資金コストに見直しを加えている。
この種の資金コストは1MW(メガワット)当たり750万ルピーから1クロー下降したとされる。(...続きを読む)
解説/論評 Interpretation/Commentary in 1997
◄◄◄ back107件の関連記事が見つかりました( 1/3 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
右ペイン・広告スペース
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.