SEAnews 1999/cat#8-1p 内政軍事
左予備スペース
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
右予備スペース
Site Search
Delivered from Singapore
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
内政法律軍事 Political/Law/Military Affair in 1999
◄◄◄ back615件の関連記事が見つかりました( 1/13 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
元のページへ戻る ►1999-01-05 ArtNo.17787(1/615)
◆<星>昨年のGDP成長予想外に好調な+1.3%マーク:首相
【シンガポール】ゴー・チョクトン首相は晦日に発表した年頭メッセージの中で、シンガポールの昨年の国内総生産(GDP)成長率が予想外に力強い1.3%のプラス成長を記録したことを明らかにする一方、新年の見通しは極めて不透明であると警鐘した。(...続きを読む)
1999-01-05 ArtNo.17790(2/615)
◆<星>世界のビジネス・ハブ目指し、入国管理を一層自由化
【シンガポール】シンガポール政府は1月2日より、出入国や移民管理を一層自由化し、ソーシャル・ビジット・パス(SVP)を所持する外国人短期滞在者が、ビジネス活動を行うこと等を認めた。(...続きを読む)
1999-01-05 ArtNo.17795(3/615)
◆<馬>政府、取締役を兼務できる上場企業を5社に制限
【コタキナバル】マレーシア政府は個人が兼務する上場企業の取締役を最大5社に制限する新条例を制定した。(...続きを読む)
1999-01-05 ArtNo.17796(4/615)
◆<馬>外国人労働者税、1月1日よりカット
【クアラルンプル】マレーシアは1月1日より家内労働と農園業を除く部門で雇用される外国人労働者に対する外人労働者税をそれ以前の年間1500Mドルから1200Mドルに引き下げた。(...続きを読む)
1999-01-06 ArtNo.17802(5/615)
◆<星>ヘッジ・ファンドも歓迎:金融管理局
【シンガポール】多国籍企業の金融ビジネス部門誘致を目指すシンガポール当局は、近隣諸国がアジア経済危機の元凶として糾弾するヘッジ・ファンドの進出も歓迎している。(...続きを読む)
1999-01-06 ArtNo.17810(6/615)
◆<馬>証券委員会、新買収・合併規則発表
【クアラルンプル】証券委員会(SC)は先週末、少数株主の利益を保護するための開示基準引き上げを骨子とする買収・合併に関わる新規則を発表した。(...続きを読む)
1999-01-06 ArtNo.17811(7/615)
◆<馬>KL証取、合併・買収に関わる上場規則改正
【クアラルンプル】クアラルンプル証券取引所(KLSE)は4日、合併/買収に関わる開示基準の引き上げを内容とする一部上場規則第5条と二部上場規則第6条の改正を発表した。(...続きを読む)
1999-01-06 ArtNo.17812(8/615)
◆<印度>BJP幹部会、政府の経済政策を是認
【バンガロール】与党インド人民党(BJP)幹部会は4日当地で会合し、異論の多い政府の経済政策を承認、国内保険市場への外資導入や特許法を巡る与党内部の紛糾に終止符を打った。(...続きを読む)
1999-01-07 ArtNo.17817(9/615)
◆<星>金融管理局、新ガイドライン設け資産証券化をチェック
【シンガポール】シンガポール金融管理局(MAS)はこのほど金融機関に資産証券化(アセットセキュリタイゼーション)ガイドラインを配布するとともに、業界に意見の提出を求めた。(...続きを読む)
1999-01-07 ArtNo.17820(10/615)
◆<星>STエアロ、ブラジル空軍航空機保守入札の予備審査通過
【シンガポール】シンガポール証取(SES)上場企業シンガポール・テクノロジーズ・エンジニアリング子会社のSTエアロスペースは、イスラエル企業Elibit Systems Ltdに率いられるコンソーシアムの一員としてブラジル空軍の2億5000万米ドルと見積もられる航空機保守プロジェクトに入札、一次選考を通過した。(...続きを読む)
1999-01-07 ArtNo.17821(11/615)
◆<馬>中央銀行、外国人の証券投資規制を一段と緩和
【クアラルンプル】中央銀行は5日、通貨管制下の外国証券資家や外国証券会社に対する規制緩和措置を発表したが、これを受けてクアラルンプル証取(KLSE)総合株価指数は1.5%アップした。(...続きを読む)
1999-01-07 ArtNo.17822(12/615)
◆<馬>住宅/オフィス/ホテル/リゾート開発への融資を禁止
【クアラルンプル】中央銀行は市場に滞留した不動産物件を一掃する狙いから1戸当たり25万Mドル以上の住宅や、オフィス/ホテル/リゾート/ゴルフ場/ショッピング・モールの開発に対する融資を禁止した。(...続きを読む)
1999-01-07 ArtNo.17825(13/615)
◆<馬>首相、ラザレイ氏との宿怨修復?
【クアラルンプル】マハティール首相は月曜、かつてのライバル、ラザレイ氏宅で開かれたハリラヤの宴に出席、3時間にわたり懇談した。
このため地元紙は与党統一マレー国民組織(UMNO)副総裁や副首相人事と絡めて様々な憶測を巡らしている。(...続きを読む)
1999-01-07 ArtNo.17826(14/615)
◆<印度>道路/港湾建設への100%外資導入を自動認可:公報
【ニューデリー】インド政府は5日、1500クローまでの道路/港湾プロジェクトに対する最大100%の外資参加を自動認可リストに加えると発表した。(...続きを読む)
1999-01-07 ArtNo.17829(15/615)
◆<印度>カルナタカ州、自動車産業振興政策立案
【バンガロール】カルナタカ州政府は、KPMGに国内自動車産業全般の調査と行動計画の立案を依頼、州内自動車工業の成長加速を目指している。
またインド産業連盟(CII)カルナタカ支部も独自に自動車産業の研究作業を進めている。(...続きを読む)
1999-01-07 ArtNo.17830(16/615)
◆<印度>特許条例発布を閣議決定
【ニューデリー】インド政府は5日、1978年特許法を、1998年特許法修正案に基づき修正する条例を発布することを閣議決定した。(...続きを読む)
1999-01-08 ArtNo.17846(17/615)
◆<印度>首相、グジャラート州の宗教紛争地Dangsを視察
【ニューデリー】バジパイ首相は明日(9日)から2日間にわたりヒンドゥー教徒によるキリスト教徒襲撃事件で国際社会の注目を集めているグジャラート州Dangsを視察する。(...続きを読む)
1999-01-11 ArtNo.17847(18/615)
◆<星>信頼性が情報時代の鍵に:ナイ教授
【シンガポール】情報革命時代にあっては、政府にしろ、マスメディアにしろ、信頼性がその影響力の決め手になる。(...続きを読む)
1999-01-11 ArtNo.17849(19/615)
◆<星>クリーン・ルーム関係求人、第1四半期だけで500人
【シンガポール】経済危機の最中にも関わらず、今年第1四半期だけでハイテク企業9社がクリーン・ルーム従業員合計500人を募集している。(...続きを読む)
1999-01-11 ArtNo.17852(20/615)
◆<馬>首相、アブドラ氏を副首相、ダイム氏を蔵相に指名
【クアラルンプル】マハティール首相は8日の与党統一マレー国民組織(UMNO)最高評議会に出席後記者会見し、アブドラ・バダウィ外相(59)を副首相兼内相に、ダイム・ザイヌディン総理府相を蔵相に据えることを含む、一連の内閣新人事を発表した。(...続きを読む)
1999-01-11 ArtNo.17853(21/615)
◆<馬>UMNO役員選挙を最大18ヶ月延期/副総裁人事も保留
【クアラルンプル】今年6月に予定されていた与党統一マレー国民組織(UMNO)の役員選挙は最大18ヶ月延期され、その間副総裁ポストは欠員のまま維持される。(...続きを読む)
1999-01-11 ArtNo.17857(22/615)
◆<印度>3月までに300キロ・ハイウェイ建設契約発注
【ジャイプール】インド政府は今年3月末までに延べ300キロ近いハイウェイ建設契約を発注する計画だ。(...続きを読む)
1999-01-12 ArtNo.17862(23/615)
◆<星>今年下半期に景気復調すれば、幸運:首相
【シンガポール】今年第1四半期と第2四半期に景気の一層の冷え込みが生じた後、下半期に回復に転じるなら、それはシンガポールにとって最良のシナリオと言う。(...続きを読む)
1999-01-12 ArtNo.17866(24/615)
◆<星>中国の軍事的台頭が域内情勢の新要因に:ナイ教授
【シンガポール】リー・クアンユー卓越客員教授スキームの下、シンガポールを訪れたハーバード大学ジョン・ケネディー・スクール・オブ・ガバメント学部長のジョーゼフ・ナイ教授は8日、中国の軍事的台頭は、その経済的台頭同様域内の政局を左右する要因として注目する必要があると指摘した。(...続きを読む)
1999-01-12 ArtNo.17876(25/615)
◆<印度>第9次5カ年計画目標成長率を6.5%に下方修正
【ニューデリー】インド政府は9日、総額85万9000クロー(96/97年価格)の第9次5カ年計画草案を承認したが、5カ年計画期間の国内総生産(GDP)成長目標は当初の7%から6.5%に下方修正され、予算規模も当初の87万5000クローから1万6000クロー縮小された。(...続きを読む)
1999-01-13 ArtNo.17880(26/615)
◆<星>世界最大の衛星交通監視システムが稼働
【シンガポール】昨日から世界的にも最大規模の衛星交通監視システム“トラフィックスキャン”が稼働した。(...続きを読む)
1999-01-13 ArtNo.17882(27/615)
◆<馬>証券市場、アブドラ副首相/ダイム蔵相の就任を好感
【クアラルンプル】アブドラ・バダウィ新副首相兼内相が正式就任した11日、クアラルンプル証取(KLSE)総合指数は2%アップし、600点をマーク、598.46で引けた。(...続きを読む)
1999-01-13 ArtNo.17883(28/615)
◆<馬>NEAC、M$620億経済復興計画推進
【クアラルンプル】マレーシア国家経済行動理事会(NEAC)は11日、620億Mドル(US$163億)の全国経済復興計画(NERP)の資金調達先を列挙し、マレーシア政府にはNERP資金を調達する能力がないとの海外報道に反論した。(...続きを読む)
1999-01-13 ArtNo.17884(29/615)
◆<馬>必要ならレノンに政府保証提供:NEAC
【クアラルンプル】国家経済行動理事会(NEAC)はエーシアン・ウォール・ストリート・ジャーナル(AWSJ)編集長に宛てた書簡の中で、「全国経済復興計画(NERP)は、救済を要する企業に支援を提供するのが、政府の務めであるであると明言している。
レノンBhdは政府の援助を求めており、レノンは国家的見地からも、戦略的にも重要な資産を数多く所有している」と述べ、レノンを救済する政府の姿勢を確認した。(...続きを読む)
1999-01-13 ArtNo.17887(30/615)
◆<印度>大蔵省、銑鉄/海綿鉄メーカーにも特別関税免除適応
【ニューデリー】インド大蔵省は製鉄業者、取り分け銑鉄/海綿鉄製造業者が輸入する特定資本財に対する5%の特別関税を免除した。(...続きを読む)
1999-01-13 ArtNo.17888(31/615)
◆<印度>鉄鋼省、ダンピング訴訟費用を補助
【カルカッタ】インド鉄鋼省は国内鉄鋼業界がその製品輸出に際して直面するダンピング訴訟の費用を補助する方針を決めた。(...続きを読む)
1999-01-13 ArtNo.17890(32/615)
◆<印度>州政府小委、インディカ事業への販売税免除の審議見送り
【ムンバイ】マハラシュトラ州政府小委員会は11日の会議で、タタ・エンジニアリング・アンド・ロコモーティブ・カンパニーLtd(TELCO)の小型乗用車“インディカ”製造プロジェクトに対する販売税免除問題を結局取り上げなかった。(...続きを読む)
1999-01-14 ArtNo.17892(33/615)
◆<星>昨年の解雇者2万7000人、前回リセッション上回る
【シンガポール】昨年通年の解雇者は約2万7000人と、1985年の前回リセッション時に記録された約2万人を35%上回った。(...続きを読む)
1999-01-14 ArtNo.17898(34/615)
◆<馬>自動車産業に新奨励措置:NEAC
【クアラルンプル】国家経済行動理事会(NEAC)は国内自動車産業に対し、合併統合と階層システムの構築を通じて競争力を強化、国際市場への進出を果たすよう呼びかけた。(...続きを読む)
1999-01-14 ArtNo.17899(35/615)
◆<馬>NEAC、潜在性有る事業への継続融資勧告
【クアラルンプル】高い潜在性を有するプロジェクトが財政難に陥った際には、支払期限の延長、債務の再編、繋ぎ融資の提供等を通じて支援を強化すべきである。(...続きを読む)
1999-01-14 ArtNo.17900(36/615)
◆<馬>保険会社に対する外資の100%出資を承認
【クアラルンプル】国家経済行動理事会(NEAC)はその最新レポートにおいて、保険業界における外資の100%出資維持をケース・バイ・ケースで柔軟に認めるよう提案している。(...続きを読む)
1999-01-14 ArtNo.17903(37/615)
◆<印度>新年度予算に新たな税制奨励は期待薄?
【ニューデリー】ヤシュワント・シンハ蔵相は12日、業界代表との予算案対話の席上、経済改革を継続する政府の姿勢を重ねて強調したが、政府財政の逼迫を強調、1999/2000年度予算案に減税や目新しい奨励措置が盛り込まれないことを示唆した。(...続きを読む)
1999-01-14 ArtNo.17904(38/615)
◆<印度>特別輸入関税の処遇でCIIとFICCIが対立
【ニューデリー】インド業界のリーダーらは12日、過去2年にわたり予算案に盛り込まれてきた特別輸入関税(SID)の処遇で意見が2分した。(...続きを読む)
1999-01-15 ArtNo.17917(39/615)
◆<馬>高裁、アンワル公判記録から男色/姦通等の記載抹消指示
【クアラルンプル】オーガスチン・ポール判事は14日、検察側が起訴状の内容を修正したのに伴い、アンワル・イブラヒム前副首相の職権濫用公判の審理記録からソドミや密通等に関わる証言を全て削除するよう指示した。(...続きを読む)
1999-01-15 ArtNo.17920(40/615)
◆<印度>マハラシュトラ、自動車部品ハブ目指す
【ムンバイ】マハラシュトラ州政府は大規模な自動車メーカーの誘致よりも自動車部品産業の育成に力を入れる計画だ。(...続きを読む)
1999-01-18 ArtNo.17928(41/615)
◆<馬>首相、日本の資金援助遅延の背景に疑問
【クアラルンプル】マハティール首相は15日、日本が経済危機に直面するアジア諸国に約束した300億米ドルの援助パッケージを巡り、一部のパーティーや国がマレーシアに対する日本の援助を妨害しているのではないかと疑いを表明した。(...続きを読む)
1999-01-20 ArtNo.17943(42/615)
◆<馬>リセッションは年内に終息:首相
【クアラルンプル】マハティール首相は18日夜、ラジオとテレビを通じて発表したハリラヤ・プアサ前夜のメッセージの中で、年内にリセッションが終息するとの見通しを語った。(...続きを読む)
1999-01-20 ArtNo.17945(43/615)
◆<馬>アナリスト、資本逃避税導入予想
【クアラルンプル】マレーシアのダイム・ザイヌディン蔵相が近く短期資金の流出に対する資本逃避税や長期投資に対する奨励措置を導入するものと予想されている。(...続きを読む)
1999-01-20 ArtNo.17951(44/615)
◆<印度>ラジャスタン州、IT産業振興でベンチャー・ファンドに期待
【ニューデリー】ラジャスタン州政府はベンチャー・キャピタンル・ファンドを創設し、情報技術(IT)産業を振興する計画だ。(...続きを読む)
1999-01-21 ArtNo.17958(45/615)
◆<馬>総選挙間近?
【クアラルンプル】マハティール首相はハリラヤ・プアサの祝日後に与党連合国民戦線(BN/NF)の代表と会議する予定で、観測筋は数週間以内に総選挙が行われる可能性があると予想している。(...続きを読む)
1999-01-21 ArtNo.17964(46/615)
◆<印度>政府、鉄鋼輸入最低価格を15~20%下方修正も
【ニューデリー】インド政府はスチールの最低(フロア)輸入価格を15~20%下方修正し、国際価格の趨勢に合わせる見通しだ。(...続きを読む)
1999-01-22 ArtNo.17968(47/615)
◆<星>インダストリー21、ナリッジ・ベース経済に移行目指す
【シンガポール】経済開発局(EDB)は20日、向こう10年間にシンガポールをナリッジ・ベースの経済に転換する“インダストリー21”マスター・プランを発表した。(...続きを読む)
1999-01-22 ArtNo.17971(48/615)
◆<星>ヘッジ・ファンドも受け入れ:副首相
【シンガポール】政府はヘッジ・ファンドがシンガポールに営業拠点を設けるのを制限する考えはないが、ヘッジ・ファンドも他のファンドやファンド・マネージメント会社と同様の規則を守り、ライセンスを取得せねばならない。(...続きを読む)
1999-01-22 ArtNo.17973(49/615)
◆<馬>4高速道路の通行料を値上げ
【プタリンジャヤ】サミー・ベル公共事業相は20日、ノース・サウス・エクスプレスウェイ、ノース・サウス・セントラル・リンク、シャーアラム・エクスプレスウェイ、クリム・バターワース・エクスプレスウェイの通行料を、チャイニーズ・ニュー・イヤー後に値上げすると発表した。(...続きを読む)
1999-01-22 ArtNo.17979(50/615)
◆<印度>5空港の法人化で、国際コンサルタント募集
【ニューデリー】インド政府は20日の閣議で、デリー、ムンバイ、カルカッタ、チェンナイ、バンガロールの5空港を法人化することを原則的に承認した。(...続きを読む)
内政法律軍事 Political/Law/Military Affair in 1999
◄◄◄ back615件の関連記事が見つかりました( 1/13 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
右ペイン・広告スペース
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.