左予備スペース
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
右予備スペース
Site Search
Delivered from Singapore
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
ロジスティクス Logistics in 1997
◄◄◄ back354件の関連記事が見つかりました( 1/8 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
元のページへ戻る ►1997-01-04 ArtNo.8899(1/354)
◆<馬>KPB、M$2.4億私募調達しディストリパーク建設
【クアラルンプル】コンソーシアム・プルカパランBhd(KPB)は私募により2億4100万Mドルを調達し、ポート・クランのウェスト・ポートにディストリビューション・パークを開発するとともに、半島マレーシアにディストリビューション・センター網を構築する。(...続きを読む)
1997-01-08 ArtNo.8940(2/354)
◆<星>SIA、子会社3社の上場検討
【シンガポール】シンガポール航空(SIA)は主要子会社、例えばシンガポール・エアポート・ターミナル・サービシズ(SATS)、SIAエンジニアリング、シルクエアの上場可能性を検討している。(...続きを読む)
1997-01-08 ArtNo.8947(3/354)
◆<馬・泰>間に石油パイプライン建設:千代田化工
【東京】タイ南部のサイブリと半島マレーシア西海岸のアロル・スタルを結ぶ石油パイプラインが建設される。(...続きを読む)
1997-01-08 ArtNo.8951(4/354)
◆<泰>政府/民間共同で高速鉄道建設
【バンコク】Suwat Liptapallop運輸相を座長とする専門委員会は6日の会議で全長190キロの高速鉄道東部路線の建設を政府と民間の共同投資方式で進めることで合意した。(...続きを読む)
1997-01-09 ArtNo.8954(5/354)
◆<星>ロジスティクス部門、昨年の固定資産投資70%アップ
【シンガポール】シンガポールのロジスティクス部門の昨年の固定資産投資は前年比70%増の11億Sドルに達した。(...続きを読む)
1997-01-09 ArtNo.8955(6/354)
◆<星>SIA/タタの国内線事業にインド当局が原則認可
【シンガポール】インド工業省外国投資促進局(FIPB)は、シンガポール航空(SIA)とタタ・グループの2480クロー(S$1億)国内線運行プロジェクトを原則的に承認、外国投資閣僚委員会に最終認可を求めた。(...続きを読む)
1997-01-09 ArtNo.8958(7/354)
◆<馬・泰>パイプライン構想は試案?:アナリスト
【シンガポール】千代田化工が6日東京で発表したタイのサイ・ブリとマレーシアのアロル・スタルを結ぶ全長190キロの石油パイプライン建設計画に関して、業界筋は「タイ側の出鼻を挫くマレーシア・グループの動きは驚き」とするとともに、「タイ側との調整がついているのか不明瞭で、あるいは単なる試案にすぎないのでは」と評している。(...続きを読む)
1997-01-09 ArtNo.8961(8/354)
◆<馬>副首相、サプラのUMW権益買収計画確認
【クアラルンプル】アンワル・イブラヒム副首相兼蔵相は7日、サプラ・ホールディングズSdn Bhdが地場自動車会社UMWホールディングズBhdの政府機関持ち株買収を提案していることを確認した。(...続きを読む)
1997-01-09 ArtNo.8966(9/354)
◆<緬>ヤンゴンに新コンテナ・ターミナル、オープン
【シンガポール】シンガポールの民間コンテナ・ターミナル経営会社C&Pホールディングズがパートナーのチャイナ・ハーバーと合弁で建設を請け負ったヤンゴン近郊チラワのコンテナ・ターミナルの第1期工事が完成、日曜に国家法秩序回復評議会のキン・ニュン第1書記、テイン・ウィン運輸相の臨席も得て開港式が催された。(...続きを読む)
1997-01-13 ArtNo.9011(10/354)
◆<比>大統領、US$81億クラーク基地再開発計画承認
【マニラ】ラモス大統領はマニラ北西のクラーク元米空軍基地に81億米ドルを投じて向こう28年間に航空/ビジネス・センターを開発する計画を承認した。(...続きを読む)
1997-01-17 ArtNo.9068(11/354)
◆<馬>KPB、全国陸送網の再編目指す
【クアラルンプル】コンソーシアム・プルカパランBhd(KPB)は全国にディストリビューション・センターを展開するとともに、既存の陸送会社をリンクしたネットワークの構築を目指している。(...続きを読む)
1997-01-21 ArtNo.9112(12/354)
◆<泰>首相、新空港建設地の再考示唆
【バンコク】チャワリット首相は19日、第二バンコク国際空港(SBIA)の建設地をノングハオから他所に変更する可能性を検討していると語った。(...続きを読む)
1997-01-23 ArtNo.9132(13/354)
◆<星>米国と全面的な航空自由化協定に調印も
【ワシントン】シンガポールはアジア諸国の先頭を切って米国と全面的航空自由化協定を締結することになりそうだ。(...続きを読む)
1997-01-23 ArtNo.9140(14/354)
◆<馬>ミルザン・マハティール氏、港湾/航空事業に関心
【クアラルンプル】マハティール首相の長男ミルザン・マハティール氏に率いられるコンソーシアム・プルカパランBhd(KPB)は21日、港湾権益の買収を示唆するとともに、航空貨物輸送事業に進出する意向を表明した。(...続きを読む)
1997-01-23 ArtNo.9145(15/354)
◆<泰>首相、既存首都空港の拡張に専念指示
【バンコク】チャワリット首相は21日の閣議で運輸通信省にドン・ムアンのバンコク・インターナショナル・エアポートの拡張に全力を集中するよう指示した。(...続きを読む)
1997-01-25 ArtNo.9162(16/354)
◆<星・米>オープン・スカイ協議妥結、日本は苦境に?
【シンガポール】シンガポールは、アジアの航空市場、取り分け日本市場の開放を目指す米国と最初にオープン・スカイ協定を結ぶ国となった。
(BT紙) 両国代表は21、22の両日ワシントンで会談、関係合意に達したが、米国運輸省はこれを受けて向こう2ヶ月間に、台湾、マレーシア、ブルネイ等と同様の交渉を行う見通しだ。
シンガポール側は、調印式をシンガポールで行うよう提案したと言う。(...続きを読む)
1997-01-25 ArtNo.9171(17/354)
◆<馬>タジュディン氏、MAS/TRI持ち株拡大目指す
【クアラルンプル】マレーシア航空(MAS)のタジュディン・ラムリ会長はMASの持ち株比率を現在の29%から51%に、またテクノロジー・リソーシズ・マレーシアの持ち株を23%から40%に引き上げることを希望している。(...続きを読む)
1997-01-27 ArtNo.9184(18/354)
◆<馬>シルバー・ジョイ、世界第3の大橋をランカウィに計画
【カンガル】スガイ・プタニ拠点のシルバー・ジョイ・ホールディングズSdn Bhdはクアラ・プルリスとランカウィ島を結ぶ全長20キロの大橋の建設計画を6ヶ月以内にプルリス/クダ両州政府に提出する。(...続きを読む)
1997-01-27 ArtNo.9186(19/354)
◆<馬>MAS批判は陰謀:首相
【クアラルンプル】マハティール首相は24日、民営化後のマレーシア航空(MAS)の経営に満足の意を表明、MASのサービスに対する最近の批判はタジュディン・ラムリ会長の指導体制を覆そうとする陰謀であると語った。(...続きを読む)
1997-01-28 ArtNo.9201(20/354)
◆<馬>KPB、P&0とボンベイにコンテナ・ターミナル建設
【クアラルンプル】コンソーシアム・プルカパランBhd(KPB)はP&Oに率いられるコンソーシアムに加わりボンベイに新コンテナ・ターミナルを建設する。(...続きを読む)
1997-01-28 ArtNo.9202(21/354)
◆<馬>30年ぶりに港湾料金に見直し:運輸相
【ポート・クラン】マレーシアは30年ぶりに港湾料金に見直しを加えており、7月にも新料金を発表する計画だ。(...続きを読む)
1997-01-29 ArtNo.9219(22/354)
◆<馬>MAS、P&Wにボーイング機エンジン44基発注
【クアラルンプル】マレーシア航空(MAS)は米国プラット&ホウィットニー(P&W)にボーイング747-400型機10機に搭載するPW4056エンジン44基を発注した。(...続きを読む)
1997-01-30 ArtNo.9235(23/354)
◆<印尼>ジャワ/スマトラ大橋計画は不採算:運輸相
【ジャカルタ】インドネシア政府はスハルト大統領の孫アリ・シギト氏が建設を提案したジャワ/スマトラ架橋計画を棄却した。(...続きを読む)
1997-01-30 ArtNo.9238(24/354)
◆AMB/メイバンク、<柬>空港建設計画に融資アレンジ
【クアラルンプル】Aseambankers Malaysia Bhd(AMB)とMalayan Bnking Bhd(メイバンク)は27日、プノンペンでSociete Concessionaire De L'Aeroport(SCA)のために3800万米ドルのシンジケート・ローンをアレンジする契約に調印した。(...続きを読む)
1997-01-31 ArtNo.9242(25/354)
◆<星>トンスン、ハンジンと合弁でコンテナ・ヤード計画
【シンガポール】地場海運会社のThong Soon Holdings(TSH)は、タンジョン・パガル・ターミナルの隣接地を港湾局(PSA)から借り受け、韓国のHanjin Shippingと合弁でコンテナ・ヤードを経営する計画だ。(...続きを読む)
1997-01-31 ArtNo.9244(26/354)
◆<馬>マレーシア航空のサービス低下で観光業に打撃:観光相
【クアラルンプル】マレーシアの観光業はマレーシア航空(MAS)のサービスの低下により打撃を受けている。(...続きを読む)
1997-01-31 ArtNo.9245(27/354)
◆<馬>MAS調査とMAS会長の声望問題は無関係:副首相
【クアラルンプル】アンワル・イブラヒム副首相は、同相が最近マレーシア航空(MAS)のサービス低下問題の調査を指示したことと、巷間に伝えられるMAS、取り分けMASのタジュディン会長の声望を損なう動きとは無関係であると語った。(...続きを読む)
1997-01-31 ArtNo.9246(28/354)
◆<馬>サプラ、UMWの30%権益買収計画放棄
【クアラルンプル】サプラ・ホールディングズBhdは、ブミプトラの利益を簒奪する行為との批判が高まる中で、UMWホールディングズBhdの30%権益買収計画を放棄した。(...続きを読む)
1997-01-31 ArtNo.9250(29/354)
◆<印尼>スンダ海峡架橋計画を実行
【ジャカルタ】公共事業局(DPW)と技術応用評価局(AAAT)はジャワ/スマトラ間のスンダ海峡に架橋工事を施すプロジェクトに関心を有する民間企業のために事業化調査の条件を立案している。(...続きを読む)
1997-02-01 ArtNo.9260(30/354)
◆<星>ハチソン・イントラページ、MRT東北線無線工事獲得
【シンガポール】新参ページング会社のハチソン・イントラページがシンガポール・テレコム(シングテル)を出し抜き、シンガポール電信局(TAS)から地下鉄(MRT)東北線のページング・シグナル施設の工事契約を獲得した。(...続きを読む)
1997-02-03 ArtNo.9279(31/354)
◆<泰>首相、第2バンコク空港建設計画の実行確認
【バンコク】チャワリット首相は金曜(1/31)の専門委員会の席上、ノングハオにおける第2バンコク国際空港(SBIA)の建設計画を実行することを確認した。(...続きを読む)
1997-02-03 ArtNo.9280(32/354)
◆<泰>空港給油会社、設備拡張準備
【バンコク】バンコク・エイビエーション・フューエル・サービシズ(BAFS)は年内に燃料貯蔵施設の建設や給油トラックの補充を必要としているが、タイ空港局(AAT)の40億バーツの投資計画が政府の認可を得るのを待って、初めてそれ自身の今年の投資計画を決定することができると言う。(...続きを読む)
1997-02-04 ArtNo.9293(33/354)
◆<馬・泰>パイプライン事業化調査報告を経済計画局に提出
【クアラルンプル】半島マレーシア西海岸のアロル・スタルとタイ南部のサイブリを結ぶ全長190キロの石油パイプラインの事業化調査報告書は、先月マレーシアの総理府経済計画局に提出された。(...続きを読む)
1997-02-04 ArtNo.9294(34/354)
◆<印尼・星>共同で西ジャワ省チガディンにコンテナ港開発
【シンガポール】シンガポール港湾局(PSA)とスンバワン・マリタイムLtd(SML)は1日、西ジャワ省Cigadingにコンテナ・ターミナルを建設する事業化調査引き受け覚書に調印した。(...続きを読む)
1997-02-05 ArtNo.9309(35/354)
◆<馬>首都交通問題解決目指しM$1.6億プロジェクト実施
【クアラルンプル】マレーシア政府は3日、1億6000万Mドルを投じ、道路の拡幅、地下バイパス、立体交差等の工事を実施、首都圏の交通問題を解決する方針を発表した。(...続きを読む)
1997-02-11 ArtNo.9339(36/354)
◆<泰>東部海岸鉄道2路線の建設にゴーサイン
【バンコク】東部海岸開発委員会はラヨン省とマプタプットを結ぶ短距離路線に加え、チョンブリ省ラエムチャバン/チャチョエンサオ省/サラブリ省カエンコイを結ぶ複線鉄道の建設を原則的に認可した。(...続きを読む)
1997-02-13 ArtNo.9367(37/354)
◆<馬>ペナン第2リンク計画、近く始動
【ペナン】ペナン州政府はMekar Idaman Sdn Bhdから提出されたペナン島とマレーシア本土を結ぶ第2リンクの建設案に関して向こう数週間内に決定を下す。(...続きを読む)
1997-02-13 ArtNo.9369(38/354)
◆<泰>政府、ドンムアン空港拡張予算を承認
【バンコク】タイ政府は11日の閣議で119億6000万バーツのバンコク国際空港(ドンムアン)拡張予算を承認した。(...続きを読む)
1997-02-13 ArtNo.9373(39/354)
◆<寮>サハウィリヤ、合弁で鉄道網建設
【バンコク】タイのコングロマリット、サハウィリヤ・グループは先週、ラオス当局と同国に鉄道網を建設する契約を結んだ。(...続きを読む)
1997-02-14 ArtNo.9382(40/354)
◆<馬>Intria、M$17億快速列車事業参画目指す
【クアラルンプル】企業買収を通じてインフラ開発業者として急速に台頭しつつあるIntria Bhd(前社名アシドケム)は、クアラルンプルと新首都空港を結ぶ総コスト17億9000万Mドルと見積もられるエクスプレス・レール・リンク(ERL)事業に近く参画する見通しだ。(...続きを読む)
1997-02-14 ArtNo.9383(41/354)
◆<馬>マグ社、スムルシティー交通システムのコンサルタントに
【クアラルンプル】Sumurcity Sdn Bhd(SSB)は、地元企業Mag Technical & Development Consultantsをシャー・アラムにおける世界初のシェルター・シティーの交通システム・コンサルタントに指名した。(...続きを読む)
1997-02-15 ArtNo.9399(42/354)
◆<馬>ジャーディン、EON権益に満足
【クアラルンプル】ジャーディン・マセソン・ホールディングズLtdのアンソニー・ナイチンゲール取締役は13日、14.25%のエダラン・オートモビル・ナシオナルBhd(EON)権益に満足の意を表明した。(...続きを読む)
1997-02-19 ArtNo.9441(43/354)
◆<星>コンテナ・デポのEng Kong、セスダック登録準備
【シンガポール】地場コンテナ・デポ会社Eng Kongグループは来月末までにセスダクに登録することを目指し、準備を進めている。(...続きを読む)
1997-02-19 ArtNo.9446(44/354)
◆<馬>半島北部の2コンテナ・ターミナルを鉄道でリンク
【カンパル】ノース・バターワース・コンテナ・ターミナル(NBCT)とパダン・ブサール・コンテナ・ターミナル(PBCT)間に近く2キロの鉄道軌道が敷設される。(...続きを読む)
1997-02-21 ArtNo.9468(45/354)
◆<星>セントラル/パンアイランド高速道路に料金徴収制導入
【シンガポール】シンガポール政府は5月5日からこれまでイースト・コースト・パークウェイ(ECP)に試験的に採用されてきた道路通行料徴収(RP)スキームを、セントラル・エクスプレスウェイ(CTE)とパン・アイランド・エクスプレスウェイ(PIE)にも導入する。
これに伴い総額3600万Sドルの道路税を還付、自動車所有権証(CEO)の発行枠も拡大する。(...続きを読む)
1997-02-25 ArtNo.9513(46/354)
◆<星>モノレール計画にSBS/Tibsの参画要請
【シンガポール】マリーナ・センターとブギス・ジャンクションを結ぶ全長2キロのモノレール建設計画にシンガポール・バス・サービス(SBS)とトランス・アイランド・バス・サービシズ(Tibs)の参加が求められている。(...続きを読む)
1997-02-25 ArtNo.9514(47/354)
◆<星>タンジョン・パガル駅移転候補地3カ所をリストアップ
【シンガポール】シンガポール政府はマラヤ鉄道(KTM)タンジョン・パガル駅の移転先としてスコッツ・ロード、サンテク・シティー、マリーナ・サウスの3候補地をリストアップ、マレーシア側の意向を打診している。(...続きを読む)
1997-02-25 ArtNo.9516(48/354)
◆<馬>MASの国際線運航優先権に終止符
【クアラルンプル】マレーシア航空(MAS)は最早将来の海外着陸権を独占乃至優先的に与えられることはなく、他社とシェアせねばならない。(...続きを読む)
1997-02-26 ArtNo.9534(49/354)
◆<印尼・仏>軽便鉄道事業化調査で合意
【ジャカルタ】インドネシアとフランスは24日、ムダンにおける軽便鉄道事業化調査契約に調印した。(...続きを読む)
1997-02-26 ArtNo.9535(50/354)
◆<印尼>マラッカ海峡大橋の建設をフランスにオファー
【ジャカルタ】インドネシア政府はスマトラ島Selatとマレーシアのマラッカを結ぶ大橋の建設をフランス企業が手がけるよう提案した。(...続きを読む)
ロジスティクス Logistics in 1997
◄◄◄ back354件の関連記事が見つかりました( 1/8 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
右ペイン・広告スペース
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.