SEAnews 2001/cat#28-1p 人物/人事
左予備スペース
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
右予備スペース
Site Search
Delivered from Singapore
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
人物/人事 Personnal Affairs in 2001
◄◄◄ back73件の関連記事が見つかりました( 1/2 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
元のページへ戻る ►2001-01-04 ArtNo.24806(1/73)
◆国際工科大学、全国に6キャンパス設置
【ニューデリー】The Chatterjee Group of CompaniesのPurnendu Chatterjee氏らに率いられる海外在住インド人(NRI)、取り分け米国情報技術(IT)業界のビジネス・リーダーらにより設立が計画されている“Global Institute of Science and Technology (GIST)”は、インド国内に6つのキャンパスを備えることになる。(...続きを読む)
2001-01-08 ArtNo.24827(2/73)
◆インドはIPv6の理想的な実験場:IPv6フォーラム会頭
【バンガロール】IPv6 Forum会頭を務めるEricsson Telebit A/SのLatif Ladid副社長は、「インドは、IPv6(Internet Protocol Version 6)技術の実験場として理想的条件を備えている」と指摘する。(...続きを読む)
2001-01-08 ArtNo.24836(3/73)
◆プレムジ/アンバニ両氏、フォーブス長者番付43/45位に
【ロンドン】インドの情報技術(IT)企業Wiproのオーナー、Azim Premji氏とその一族の資産は69億米ドルで2000年度フォーブス世界長者番付43位に、また石油化学メジャー、Reliance Industriesを率いるDhirubhai Ambani氏とそのファミリーの財産は66億米ドルで、同45位に、それぞれランクされた。(...続きを読む)
2001-01-09 ArtNo.24837(4/73)
◆新年度予算、需要拡大・投資促進に照準:蔵相
【ニューデリー】ヤシュワント・シンハ蔵相は6日、新年度予算案は需要の拡大と投資の促進を主要な目標にしているとするとともに、法人税率や所得税率がカットされる可能性を否定した。(...続きを読む)
2001-01-09 ArtNo.24838(5/73)
◆中央銀行総裁、米連銀の金利引き下げの影響否定
【プーナ】中央銀行Reserve Bank of India(RBI)のBimal Jalan総裁は6日、米国連邦準備銀行の金利引き下げが、インドの国内金利に直接影響を及ぼさないとの見通しを示すとともに、「金利の下降を望むが、判断は個々の銀行に委ねられている」と語った。(...続きを読む)
2001-01-10 ArtNo.24864(6/73)
◆政策措置講じ年率9%の成長実現:蔵相
【ニューデリー】ヤシュワント・シンハ蔵相は、このほど政府は一連の政策を立案し、年率9%の成長実現を目指すと語った。(...続きを読む)
2001-01-16 ArtNo.24926(7/73)
◆李鵬全人大常務委員長、中印経済交流の拡大呼びかけ
【ニューデリー】このほどインドを訪れた李鵬中国全国人民代表大会常務委員会委員長は13日、「中国はインドの脅威にはならず、未だかつてインドを脅威と見なしたこともない」と述べるとともに、両国間の経済交流の拡大を呼びかけた。(...続きを読む)
2001-01-22 ArtNo.24975(8/73)
◆JETRO副理事長、情報ギャップに警鐘
【チェンナイ】インドの潜在性を認識する日本人は決して多くないため、日本投資家を誘致するには、先ず両国間の情報ギャップを埋め、インドに対する投資家の自信を高めねばならない。
両国の社会、経済、ビジネス慣行は全く異なるため、相互理解を深め、誤解を防止する必要がある。(...続きを読む)
2001-01-30 ArtNo.25033(9/73)
◆スバーシュ・チャンドラ氏、衛星通信プロジェクトを復活
【ニューデリー】Zeeグループを率いるメディア王Subhash Chandra氏は、Esselグループのメンバーらと共同で、テレビ放送・ディストリビューション会社やインターネット・サービス・プロバイダー(ISP)、その他のテレコム・サービス・プロバイダーらに帯域を提供する野心的なAgrani衛星通信プロジェクトに再度着手した。(...続きを読む)
2001-02-12 ArtNo.25180(10/73)
◆ヴァドダラ科学者、ゲノム・シーケンスのマッピングに成功
【チェンナイ】グジャラート州ヴァドダラ出身の科学者Sudhir Sahasrabudhe氏は、米国拠点のMyriad Genetics Incとスイスの農業科学会社Syngentaの合弁チームを率いライス・ゲノムの解読を目指す「国際ライス・ゲノム・シーケンシング・プロジェクト(IRGSP)」に参加、1月26日のグジャラート震災の数時間後に、他の9チームに先駆け、ライス・ゲノム・シーケンスのマッピングに成功した。(...続きを読む)
2001-02-14 ArtNo.25198(11/73)
◆RIL、製油子会社の8%権益をクウェート石油にオファー
【ムンバイ】Reliance Industries Ltd (RIL)は、年産2700万トンの世界最大のJamnagar製油所(グジャラート州)を経営する子会社Reliance Petroleum Ltd (RPL)の8%のシェアをKuwait Petroleum Corporation (KPC)にオファーした。(...続きを読む)
2001-02-16 ArtNo.25242(12/73)
◆中央銀行総裁、今年通年の成長率を6%と予想
【ニューデリー】中央銀行Reserve Bank of India (RBI)のBimal Jalan総裁は14日、今会計年度の国内総生産(GDP)成長率が6%前後に達すると予想、グジャラート州における震災がGDP成長率に影響を及ぼすとの懸念を否定した。(...続きを読む)
2001-03-02 ArtNo.25363(13/73)
◆シンハ蔵相、成長加速目指す新年度予算案を国会に上程
【ニューデリー】インド政府は28日、非生産的支出の抑制、政府補助の合理化、インフラ投資の拡大、民営化プロセスの促進等を通じて経済成長の加速を目指す2001-02年度予算案を国会に上程した。(...続きを読む)
2001-03-12 ArtNo.25453(14/73)
◆首相、雇用制度改革に対する決意確認
【ニューデリー】バジパイ首相は8日、「雇用制度改革は政府にとって極めて困難な任務だが、大部分のものがそれを望んでいる以上、実行せねばならない」と述べ、改革を完遂する決意を再確認した。(...続きを読む)
2001-03-14 ArtNo.25463(15/73)
◆国内最大の商用車製造会社が、第1四半期の赤字番付トップに
【ニューデリー】インド経済界を代表するTata、Birla、Goenka、Thapar、Singhania等の同族企業が、年初9ヶ月(2000年4-12月)の赤字番付トップ10に名を連ね、国内最大の商用車会社Tata Engineering and Locomotive Company Ltd(Telco)が純損失354クロー(US$7580万)でトップの座を占めた。(...続きを読む)
2001-03-15 ArtNo.25469(16/73)
◆チャッティースガル州首席大臣、スターライトに立ち退き要求
【ライプール】チャッティースガル州のAjit Jogi首席大臣は13日、Sterlite Industries Ltd(SIL)に対し、Bharat Aluminium Company Ltd (Balco)の権益を放棄し、直ちに同州から立ち退くよう警告を発した。(...続きを読む)
2001-03-15 ArtNo.25470(17/73)
◆政府持分処分相、チャッティースガル首席大臣に法廷宣誓要求
【ニューデリー】Arun Shourie政府持分処分担当国務相は、チャッティースガル州のAjit Jogi首席大臣にBharat Aluminium Company Ltd (Balco)の51%の権益をSterlite Industries Ltd(SIL)から552クロー(SILの購入価格を僅かに上回る)で買い取ると言う提案を高裁の場で法廷宣誓するよう要求した。(...続きを読む)
2001-03-19 ArtNo.25511(18/73)
◆サービス部門開放はインドIT産業に利益
【チェンナイ】情報技術(IT)産業の最大顧客であるサービス部門が世界的に開放されるなら、インドIT産業はその恩恵を享受できる。(...続きを読む)
2001-03-19 ArtNo.25513(19/73)
◆バジパイ政権、国防機器購買巡る汚職報道で窮地に
【ニューデリー】全国民主連盟(NDA)政権にとって先週木曜(4/15)は波瀾に富んだ1日だった。
先ずママタ・バナジー(Mamata Banerjee)女史のTrinamool Congress(国民会議派の分派)がNDA政権に対する支持を撤回、その後批判の矢面に立たされたGeorge Fernandes国防相は、Samata Party(ビハール州基盤)がJaya Jaitly女史の党首辞任を交換条件に収拾を図った甲斐もなく、結局辞任に追い込まれた。(...続きを読む)
2001-03-21 ArtNo.25543(20/73)
◆首相側近、国防機器取引スキャンダルとの関わり否定
【ニューデリー】総理府のNK Singh次官とBrajesh Mishra 首相第1秘書は19日、ウェブ・ベースの放送会社Tehelkaがスクープした国防機器取引スキャンダルの両氏に関わるエピソードは全く根拠がないと反論した。(...続きを読む)
2001-04-02 ArtNo.25639(21/73)
◆LNミタル、BCジンダル、HZL政府持分買収レースから撤退
【ニューデリー】スチール・バロン、L N Mittal氏とB C Jindal Groupは、Hindustan Zinc Ltd(HZL)の26%の政府持分買収レースから撤退した。(...続きを読む)
2001-04-12 ArtNo.25754(22/73)
◆全国ソフトウェア協会のデワン・メータ会長死去
【ニューデリー】全国ソフトウェア・サービス企業協会(NASSCOM:National Association of Software and Services Companies)のカリスマ会長として知られるDewang Mehta氏(38歳)が12日シドニーのホテルで死去した。(...続きを読む)
2001-04-17 ArtNo.25800(23/73)
◆マラン商工相、現役政治からの引退宣言
【チェンナイ】ドラビダ進歩同盟(DMK)上級幹部のムラソリ・マラン商工相は14日、健康上の問題から政界における現役活動から手を引くと宣言したが、閣僚ポストを退く考えは否定した。(...続きを読む)
2001-04-30 ArtNo.25901(24/73)
◆御木本製薬/ナンバ・ツネオ氏、ハーブ化粧品製法特許取得
【ハイデラバード】御木本製薬株式会社及びNanba Tsuneo氏は、インドの平原やサブ・ヒマラヤ地域に原生する常緑灌木“Adhatoda vasica (Vasa)”から化粧品原料を採取する技術の特許権を取得した。(...続きを読む)
2001-04-30 ArtNo.25905(25/73)
◆サンジブ・ゴエンカ氏、インド産業連盟新会頭に
【ニューデリー】RPG EnterprisesのSanjiv Goenka副会長が4月26日インド産業連盟(CII)会頭に、またMind Tree ConsultingのAshok Soota会長兼CEOがCII副会頭に、それぞれ就任した。(...続きを読む)
2001-05-08 ArtNo.25957(26/73)
◆キネティック、4ストローク・スクーター計画に着手
【チェンナイ】今年内に4ストローク・エンジン搭載のモーターサイクル6モデルを発売する計画のマハラシュトラ州プネー拠点のKinetic Engineering Ltd(KEL)は、台湾企業UEN及び欧州企業Ricardoの支援下に、4ストローク・スクーターの導入計画にも着手した。(...続きを読む)
2001-05-09 ArtNo.25971(27/73)
◆情報技術省、消費者用電子産業専門委員会組織
【ニューデリー】インド政府は家電産業のビジョンやターゲット、さらには行動計画を立案するため、情報技術省傘下に消費者用電子部門を担当するメンバー6人の専門委員会を組織した。(...続きを読む)
2001-05-24 ArtNo.26105(28/73)
◆マハラシュトラ州政府、ゴドボレ委員会議長の辞任で震撼
【ムンバイ】米国のエネルギー会社Enron傘下のDabhol Power Company (DPC)とマハラシュトラ州電力局(MSEB)の間の紛争を調停し、両社間で結ばれた電力購入契約(PPA)の再交渉の任を委ねられた特別委員会の議長、Madhav Godbole氏が23日、突然辞任したことから、マハラシュトラ州政府が一層の窮地に立たされている。(...続きを読む)
2001-06-05 ArtNo.26214(29/73)
◆米国貿易参事官、ダブホール問題解決に向けた戦略構築の必要指摘
【ムンバイ】米国のRichard Rothman参事官(trade commissioner)はEnronプロジェクトに関わる全てのパーティーはダブホール問題の解決を目指す戦略を練るべきだと指摘した。(...続きを読む)
2001-06-19 ArtNo.26330(30/73)
◆国会議員グループ、セメント・コープ会長人事に異議
【ニューデリー】インド政府はこのほどCement Corporation of India(CCI)の全てのユニットを売却する方針を決めたが、時を同じくして複数の国会議員がCCIのトップ人事に異議を申し立てた。(...続きを読む)
2001-06-29 ArtNo.26420(31/73)
◆Reliance Biotech、ライバル企業からトップ・スタッフ引き抜き
【ムンバイ】インドで初めて遺伝子組み換え技術をベースにしたB型肝炎ワクチンを開発したことで知られるアンドラプラデシュ州ハイデラバード拠点のShantha Biotechnicsは、トップ・サイエンティストのVenkata Ramana氏とAVR Raju氏を、それぞれReliance BiotechとBiological Evansに引き抜かれ、苦境に立たされている。(...続きを読む)
2001-07-06 ArtNo.26489(32/73)
◆GPゴエンカ氏、Herdilia化学持分をスケネクタディに売却
【コルカタ】年商2800クロー(US$5.96億)のGP GoenkaグループはHerdilia Chemicalsの持分を米国Schenectady International Inc.の完全出資子会社Schenectady India Holdingsに売却する方針を決めた。(...続きを読む)
2001-07-12 ArtNo.26536(33/73)
◆エンロン会長、Prabhu電力相とダブホール問題協議
【ニューデリー】このほどKenneth L Lay会長に率いられインドを訪れた米国のエネルギー会社Enronのハイレベル・チームは9日、マハラシュトラ州Dabholの発電プロジェクトを巡る紛争解決を目指し、Suresh Prabhu電力相と会談した。(...続きを読む)
2001-07-17 ArtNo.26571(34/73)
◆インド商工会議所協会、印パ首脳会談の成果に楽観的見通し
【ニューデリー】インド商工会議所協会(Assocham:Associated Chambers of Commerce and Industry of India)は15日、インド・パキスタンの友好的な政治関係は両国間の貿易・投資を促進すると、この日スタートしたインドのバジパイ首相とパキスタンのペルベズ・ムシャラフ大統領の会談の成果に楽観的見通しを表明した。(...続きを読む)
2001-07-17 ArtNo.26572(35/73)
◆インド/パキスタン首脳会議でパイプライン構想に弾み?
【ニューデリー】ウッタルプラデシュ州のアグラで15日に開始されたインド/パキスタン首脳会談には、経済や商業問題に関わるアジェンダは含まれていないものの、観測筋は、パキスタンを経由する野心的なイラン/インド・パイプライン・プロジェクトに関する交渉が平行して進められる可能性があると見ている。(...続きを読む)
2001-07-19 ArtNo.26590(36/73)
◆インド鉄鋼業界、ブッシュ大統領の鉄鋼問題への直接介入に懸念
【ニューデリー】インド鉄鋼業界はブッシュ大統領が米国国際貿易委員会(USITC)に鉄鋼輸入の調査を指示したことに神経を尖らせている。(...続きを読む)
2001-07-31 ArtNo.26688(37/73)
◆インド鉄鋼産業の前途に陰影
【ニューデリー】大統領就任後の最初の貿易施策として米国国際貿易委員会(USITC)に鉄鋼輸入の調査を指示したブッシュ大統領は、自由貿易主義者としての名声に傷を付けることになったが、世界的な景気の後退で苦悩するアジア、取り分けインド鉄鋼業界の前途には一層の困難が予想される。(...続きを読む)
2001-08-02 ArtNo.26709(38/73)
◆アンバニ一族、インフォコム事業にUS$15億投資準備
【ムンバイ】アンバニ一族は、Reliance Infocom Ltdの2万5000クロー(US$53.24億)のインフォコミュニケーション・プロジェクトに、向こう3~5年間に5000~7000クロー(US$10.6億-14.9億)を注入する計画だ。(...続きを読む)
2001-08-02 ArtNo.26710(39/73)
◆Agrani、アルカテルに衛星発注
【ニューデリー】メディア・バロン、Subhash Chandra氏のAgrani Satellite Services Ltd(ASSL)は、フランスのAlcatel Space Industriesから標準型通信衛星システムを購入、固定軌道衛星を通じたC及びKuバンド・サービスをインドと周辺諸国に提供する。(...続きを読む)
2001-08-13 ArtNo.26790(40/73)
◆米国通商代表、貿易新ラウンド協議に背を向けるインドに警鐘
【ニューデリー】米国のロバート・ゼーリック(Robert Zoellick)通商代表(USTR)は8日にムラソリ・マラン商工相と会見、翌9日は業界代表と会談、「インドが世界貿易機関(WTO)の新ラウンド自由化討議に反対し続けるなら、発展途上国が最も大きな利益を得られる国際貿易の潮流から取り残されるだけである」と警鐘した。(...続きを読む)
2001-08-13 ArtNo.26792(41/73)
◆中央銀行、今年の成長予測を依然6.0-6.5%に据え置き
【ニューデリー】今会計年度に入って以来、産業部門が惨めなパフォーマンスを示しているにも関わらず、中央銀行Reserve Bank of India(RBI)のBimal Jalan総裁は8日、「今年(2001-02)の国内総生産(GDP)成長率予測は今のところ6.0-6.5%に維持されいる」と語った。(...続きを読む)
2001-08-17 ArtNo.26832(42/73)
◆Ranbaxy、M&A担当取締役指名
【ムンバイ】Ranbaxy Laboratories Ltd(RLL)は、合併買収(M&A)を専門に担当する取締役を指名、M&Aイニシアチブを鮮明に打ち出した。(...続きを読む)
2001-08-21 ArtNo.26852(43/73)
◆今年のベンチャー・キャピタル投資倍増
【ニューデリー】ベンチャー・キャピタル・ファンド(VCF)の流入減少が語られ、また今年第1四半期(2001/4-6)のシリコン・バリーにおけるベンチャー・プールが昨年同期の90億米ドルから3分の1に縮小したにも関わらず、今年初以来インドに投じられたVCは、昨年の7億米ドルからその実2倍に拡大した。(...続きを読む)
2001-08-24 ArtNo.26883(44/73)
◆政策的阻害要因が民間のインフラ部門投資を阻害:アジア開銀
【コルカタ】インドにおけるインフラ・プロジェクトへの民間投資は、中央政府により立案された不適切な規則や政策的フレームワークに加え州政府の政策パラメーター作成の遅れ等、厳しい阻害要因に直面している。(...続きを読む)
2001-08-27 ArtNo.26901(45/73)
◆プレムジ会長、格安PC製造戦略提案
【ニューデリー】WiproのAzim Premji会長は、地場情報技術(IT)大手企業が政府のバックアップの下にコンソーシアムを組織し、多国籍企業とバーゲン交渉を行い、国民に格安のパーソナル・コンピューター(PC)を提供することを提案した。(...続きを読む)
2001-08-27 ArtNo.26910(46/73)
◆チャタジー氏、西ベンガル州首席大臣とHPLの金融再編等協議
【コルカタ】Haldia Petrochemicals Ltd(HPL)のプロモーターらはハイ・コスト・ローンを部分的に優先株に転換することを債権銀行に求めることになる金融再編に目を向けている。(...続きを読む)
2001-08-28 ArtNo.26926(47/73)
◆地理的表示産品に対する保護強化をWTOに提案:商工相
【チェンナイ】インドは、ドーハ(カタール)における世界貿易機関(WTO)閣僚会議の席上、貿易関連知的所有権(trips:TradeRelated Aspects of Intellectual Property Rights)協定の下に地理的表示(GI:Geographical Indications)により高水準な保護を求める方針だ。(...続きを読む)
2001-09-03 ArtNo.26963(48/73)
◆ゴドボレ委員会、単位電力料を2.40ルピーに引き下げ勧告
【ムンバイ】米国のエネルギー会社Enron傘下のDabhol Power Company (DPC)とマハラシュトラ州電力局(MSEB)の紛争調停や、両社間の電力購入契約(PPA)の再交渉の任を委ねられたMadhav Godbole委員会は8月31日、DPCの資本再編と単位電力料の2.40ルピーへの引き下げ等を勧告する報告書をマハラシュトラ州政府に提出した。(...続きを読む)
2001-09-06 ArtNo.26987(49/73)
◆首相、第2次経済改革促進で14ポイント・アジェンダ提起
【ニューデリー】バジパイ首相は、先週土曜に開かれた国家開発委員会(NDC:National Development Council)第49回会議の席上、第2次経済改革プログラムを加速するための14ポイントのアジェンダを提起した。(...続きを読む)
2001-09-07 ArtNo.27008(50/73)
◆中国軽騎バイク、二輪車製造のパートナー物色
【ニューデリー】中国最大のモーターサイクル・グループ、China Qingqi Motorcycle Group Corporation(中国軽騎摩托車集団公司)は、インド企業と製造合弁を組むことを計画、パートナーを物色している。(...続きを読む)
人物/人事 Personnal Affairs in 2001
◄◄◄ back73件の関連記事が見つかりました( 1/2 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
右ペイン・広告スペース
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.