SEAnews 2004/cat#16-1p 運輸
左予備スペース
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
右予備スペース
Site Search
Delivered from Singapore
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
ロジスティクス Logistics in 2004
◄◄◄ back118件の関連記事が見つかりました( 1/3 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
元のページへ戻る ►2004-01-07 ArtNo.32599(1/118)
◆ONGC、アジア太平洋地域最大のパイプライン計画に着手
【ニューデリー】国営Oil and Natural Gas Corp (ONGC)は、Mumbai High沖合鉱区に2本の海底パイプ・ラインを敷設する、総コスト6億米ドルの“Bombay High-Uran Trunk Pipeline Project”に着手した。(...続きを読む)
2004-01-26 ArtNo.32702(2/118)
◆トラック運賃、過去半年間に最大30%アップ
【コルカタ】農業部門とインフラストラクチャー部門の成長を背景に、多くのルートのトラック運賃が過去6-7ヶ月に最大30%ほど上昇している。(...続きを読む)
2004-01-28 ArtNo.32714(3/118)
◆政府、Shipping Corporationの大型投資を許可
【ムンバイ】中央政府はShipping Corporation of India (SCI)がその拡張計画のために大型投資を行うことを認めた。(...続きを読む)
2004-01-30 ArtNo.32730(4/118)
◆用船契約ガイドライン、海運業界の将来に明暗
【ムンバイ】海運業界は、このほど海運総局(DGS:Directorate General of Shipping)により発せられた用船契約(COA:contracts of affreightment)ガイドラインが、同業界の将来に影響を及ぼすことは確実と見ているが、集中的な討議を経て発表されたことから静観姿勢をとっている。(...続きを読む)
2004-02-04 ArtNo.32745(5/118)
◆新超特急計画等盛り込んだ鉄道暫定予算案上程
【ニューデリー】総選挙が間近に迫る中、Nitish Kumar鉄道相は1月29日、首都と主要地方都市をノンストップで結ぶ17の新超特急列車サービスや山村僻地における鉄道敷設事業等を盛り込んだ総額2万6000クロー(US$57.12億)の2004-05年当初4ヶ月の暫定予算案を国会に上程した。
しかし乗車料金と貨物運賃は据え置かれた。(...続きを読む)
2004-02-06 ArtNo.32755(6/118)
◆蔵相、トン税採用を確認
【ニューデリー】海運業界が過去4年間にわたり求め続けてきた重量税(tonnage tax)が、選挙後、新政府により導入される見通しだ。(...続きを読む)
2004-02-09 ArtNo.32768(7/118)
◆Great Eastern Energy、炭層メタン用パイプライン敷設検討
【コルカタ】西ベンガル州で炭層メタン・ガス田を掘り当てたGreat Eastern Energy Corporation Ltd(GEECL)は、最寄りの消費地までガス・パイプラインを敷設する可能性を検討している。(...続きを読む)
2004-02-09 ArtNo.32772(8/118)
◆Tisco/L&T、オリッサ州に対等出資で港湾建設
【ムンバイ】ジャールカンド州Jamshedpurを拠点にするTata Iron and Steel Company Ltd (Tisco)は年商9500クロー(US$20.87億)の土木建設大手Larsen & Toubro(L&T)と、オリッサ州に港湾を建設する50:50の合弁会社を設ける交渉を進めている。(...続きを読む)
2004-02-13 ArtNo.32807(9/118)
◆ダヘジLNGターミナルのキャパシティーを2倍に拡大
【アーマダバード】Petronet LNG Ltd(PLL)は、グジャラート州Dahejに2600クロー(US$5.71億)を投じて設けた液化天然ガス(LNG)ターミナルの落成式を9日、Ram Naik石油天然ガス相の立ち会いの下に催したが、早くも同ターミナルの年間キャパシティーを目下の500万メートル・トンから2年内に1000万メートル・トンに拡大する計画だ。(...続きを読む)
2004-02-13 ArtNo.32808(10/118)
◆Dahej-Uranパイプライン建設入札近く募集
【アーマダバード】グジャラート州Dahejとマハラシュトラ州Uran間に約1400クロー(US$3.076億)を投じ総延長500キロのパイプラインを敷設するプロジェクトのエンジニアリング/資材調達/建設(EPC)請負入札が近く募集される。(...続きを読む)
2004-02-16 ArtNo.32812(11/118)
◆東海岸3港の港湾料をコロンボ港と同水準まで引き下げ
【ニューデリー】インド政府は、輸出入に際して隣国の中継貿易基地コロンボ港への依存を軽減するため、東海岸3港-タミールナド州Chennai/同Tuticorin/ケララ州Kochi-に寄港する主要航路コンテナ船に対する各種港湾料を、コロンボのそれと同レベルまで引き下げる方針を決めた。(...続きを読む)
2004-02-23 ArtNo.32856(12/118)
◆デリー/ムンバイ空港再開発入札募集
【ニューデリー】インド政府は首都Delhiとマハラシュトラ州Mumbaiの空港再開発事業に対する入札意向書(EOI:expression of interest)を募集した。(...続きを読む)
2004-02-27 ArtNo.32896(13/118)
◆9社がコーチ国際コンテナ・ターミナル事業の一次選考通過
【ニューデリー】Kochi Port Trust(KPT)は、国際コンテナ中継ターミナル(international container transshipment terminal)開発プロジェクトに入札した地元及び外国企業14社(チーム)の中から9社をリストアップした。(...続きを読む)
2004-03-01 ArtNo.32912(14/118)
◆ペトロネット、ケララ州政府にLNGターミナルの建設申請
【バンガロール】Petronet LNG Ltd(PLL)は、南インドにおける天然ガス供給を確保するため1600クロー(US$3.51億)を投じ、ケララ州Kochiに液化天然ガス(LNG)ターミナルを設ける計画で、ケララ州政府にプロジェクトの認可を求めた。(...続きを読む)
2004-03-01 ArtNo.32913(15/118)
◆ペトロネット、DahejLNGターミナルを2倍に拡張
【ムンバイ】Petronet LNG Ltd (PLL)はグジャラート州Dahejに設けた液化天然ガス(LNG)再ガス化ターミナルの年間処理能力を500万トンから1000万トンに拡張する。(...続きを読む)
2004-03-10 ArtNo.32963(16/118)
◆チャイナ効果で鉄鉱石運搬船がチェンナイ港に滞留
【チェンナイ】中国における鉄鋼ブームで、タミールナド州のChennai港に鉄鉱石運搬船の長蛇の列ができ、荷役作業の深刻な渋滞を生じさせている。(...続きを読む)
2004-03-10 ArtNo.32972(17/118)
◆ONGCガス鉱区の操業停止で肥料会社等窒息?
【ムンバイ】国営Oil and Natural Gas Corporation(ONGC)が、マハラシュトラ州Mumbai沖合に位置する国内最大のガス田の操業を停止したことから、Chambal Fertilisers/Indo Gulf Fertilisers/Tata Fertilisers/Gujarat Gas/Reliance Industries/Essar/Indian Petrochemicals Corporation Ltd (IPCL)を含む肥料会社や工業ユニットが、天然ガスの供給を絶たれ、窒息の瀬戸際に立たされている。(...続きを読む)
2004-03-10 ArtNo.32973(18/118)
◆Shell、US$6億LNG事業に更に多くのパートナー物色
【アーマダバード】インドにおける総投資額6億米ドルの液化天然ガス(LNG)プロジェクトに対する26%の出資をフランスの石油メジャーTotalに約束させたShellは、さらに多くのパートナーを募る計画だ。(...続きを読む)
2004-03-12 ArtNo.32988(19/118)
◆Tisco、スラブ/港湾/バランシング設備にも投資
【ムンバイ】Tata Iron and Steel Company Ltd (Tisco)は、スラブ製造施設やキャプティブ港の建設を計画する一方、バランシング設備に投資、粗鋼/完成品の製造能力を増強する。(...続きを読む)
2004-03-15 ArtNo.33003(20/118)
◆ペトロネット、ONGCにLNGターミナル事業への参加要請
【ムンバイ】Petronet LNG Ltd (PLL)は年間処理能力500万トンの液化天然ガス(LNG)輸入ターミナルを、有力な潜在顧客Mangalore Refineries and Petrochemicals Ltd (MRPL)の裏庭、カルナタカ州Mangaloreに建設する計画だ。(...続きを読む)
2004-03-15 ArtNo.33004(21/118)
◆FACT、低コストなアンモニア輸送方法模索
【コーチ】ケララ州Kochi付近のウィリングドン島(Willingdon Island)に設けたアンモニア・タンクの使用を巡る10年に及ぶ紛糾の末、最高裁から有利な判決を獲得したFertilisers and Chemicals Travancore (FACT)は、今やより低コストなアンモニアの運送方法を模索している。(...続きを読む)
2004-03-17 ArtNo.33009(22/118)
◆Maersk-Concor、JLネール港ターミナル転換工事獲得
【ニューデリー】Maersk-Concor(MC)コンソーシアムは、マハラシュトラ州Mumbai近郊Jawahar Lal Nehru Port(JLNP)のバルク・ターミナルをコンテナ・ターミナルに転換する契約を獲得した。(...続きを読む)
2004-03-19 ArtNo.33022(23/118)
◆LNGターミナル、マンガロールの先行でコーチ見送りも
【コーチ】カルナタカ州Mangaloreに年間処理能力500万トンの液化天然ガス(LNG)ターミナルを設ける計画の入札資格審査を完了したPetronet LNG Ltd(PLL)は、ケララ州Kochiに年間処理能力250万トンのターミナルを設ける計画に見直しを加えており、後者が棚上げされる可能性が高まった。(...続きを読む)
2004-03-24 ArtNo.33053(24/118)
◆計画委員会、GAILの全国ガス・パイプ網計画に待った
【ニューデリー】計画委員会(Planning Commission)は、Gail (India) Ltdの全国ガス・パイプライン網計画を承認する前にガス価格の監督機関を設置するよう政府に提案した。(...続きを読む)
2004-03-24 ArtNo.33054(25/118)
◆Tata Steel/L&T、オリッサ州Dhamraに新港建設
【ムンバイ】年商9000クロー(US$19.9億)のTata Iron and Steel Company Ltd (Tisco)と年商9500クロー(US$21億)のLarsen & Toubro (L&T)はオリッサ州における港湾建設共同事業の候補地としてDhamraを選んだ。(...続きを読む)
2004-03-24 ArtNo.33056(26/118)
◆GE Shipping、US$2.59億投じ事業拡張
【ムンバイ】このほど国際市場における無担保債の発行を通じ5000万米ドルを起債する計画のロードショーを終えたGreat Eastern Shipping Company Ltd(GESCL)は向こう2年間に1170クロー(US$2.59億)以上の資本支出を行い事業を拡張する。(...続きを読む)
2004-03-26 ArtNo.33066(27/118)
◆鉄鋼会社、グジャラート州に殺到
【ガンディナガル】石炭輸入政策が自由化される中で、これまで東部地区に拠点を設けていた様々な企業がグジャラート州に移転しつつある。(...続きを読む)
2004-03-26 ArtNo.33073(28/118)
◆Bharti、チャンギ空港と提携し空港民営化事業に入札
【ニューデリー】Sunil Mittal氏に率いられるBharti Groupは、シンガポールのChangi Airportと手を結び、デリーとマハラシュトラ州Mumbaiの空港近代化プロジェクトに入札する。(...続きを読む)
2004-04-07 ArtNo.33142(29/118)
◆海運業にもスワデシの波?
【ムンバイ】Varun ShippingのYudhistir Khatau重役(MD)は先週金曜(4/2)当地で催された第41回『全国海事デー(National Maritime Day)』セミナーの席上、インド貿易に占める地元海運会社のシェアを拡大する必要を訴えた。(...続きを読む)
2004-04-12 ArtNo.33160(30/118)
◆DuPont、Gailと被覆樹脂管のマーケッティングで提携
【ニューデリー】DuPontとGail India Ltdは、3層ポリエチレン・パイプ被覆システム“DDG”のマーケッティングで提携した。(...続きを読む)
2004-04-16 ArtNo.33185(31/118)
◆US$91億続全国幹線道路開発計画、いよいよ離陸
【ニューデリー】インド全国幹線道路局(NHAI:National Highways Authority of India)が7区間、合計見積もりコスト2799-3110クロー(US$6.4億-7.12億)の工事入札手続きをほぼ完了したことから、延べ1万キロ、総コスト4万クロー(US$91.42億)にのぼる続全国幹線道路開発計画(PM-BJP:Pradhan Mantri Bharat Joro Pariyojna=Preparing for the Post-National Highways Development Program Projects)がいよいよ離陸する見通しだ。(...続きを読む)
2004-04-16 ArtNo.33186(32/118)
◆国営海運会社SCI、新VLCC2隻購入検討
【ニューデリー】国営海運会社Shipping Corporation of India(SCI)は、原油運搬能力の拡張を目指し、各30万重量トンの新大型原油タンカー(VLCC:very large crude carrier)2隻を購入することを検討している。(...続きを読む)
2004-04-26 ArtNo.33247(33/118)
◆IOC/BP/ペトロナス、AP州南部にLNGターミナル計画
【ニューデリー】Indian Oil Corporation (IOC)は、British Petroleum(BP)及びマレーシアの国営石油会社Petronasと手を結び900クロー(US$2.057億)を投じアンドラプラデシュ州南部のKrishnapatnamに年間処理能力250万トンの液化石油ガス(LNG)ターミナルを建設する。(...続きを読む)
2004-04-26 ArtNo.33248(34/118)
◆Gateway Distriparks、Vizagにコンテナ処理施設計画
【ムンバイ】インド/シンガポール・ロジスティクス合弁会社Gateway Distriparks Ltd(GDL)は、East India Petroleum Company Ltd(EIPCL)と、アンドラプラデシュ州Visakhapatnam(Vizag)港近くの20エーカーの土地にコンテナ処理施設を設ける覚書を交換した。(...続きを読む)
2004-05-03 ArtNo.33292(35/118)
◆Essar、Konkan Railwayのスカイバス計画に鋼板納入
【アーマダバード】Essar Steel Limited(ESL)はKonkan Railway Corporation Limited(KRCL)と、インド国内や海外で後者が進めるスカイバス(Skybus)計画に鋼板(steel plates)を供給する覚書を交換した。(...続きを読む)
2004-05-07 ArtNo.33332(36/118)
◆Blue Dart、ハイデラバードを6番目の航空便ハブに
【ハイデラバード】インド至急便市場のリーダー、Blue Dart Express Ltd(BDEL)は、New Delhi/マハラシュトラ州Mumbai/タミールナド州Chennai/西ベンガル州Kolkata/カルナタカ州Bangaloreに続き、アンドラプラデシュ州Hyderabadを第6の航空便ハブに定めた。(...続きを読む)
2004-05-10 ArtNo.33338(37/118)
◆免税条件緩和で中核インフラ産業プロジェクトに弾み
【ニューデリー】インフラ・プロジェクトに融資する金融機関は、所得税法第10条第23項の下、関係する利子や配当収入に対する納税義務を免除されるが、大蔵省が電力/電信/港湾/道路/ホスピテリティー関連プロジェクトに融資する際の適応基準を緩和したことから、今会計年度はこれらの部門への投資に弾みがつきそうだ。(...続きを読む)
2004-05-10 ArtNo.33344(38/118)
◆GAIL、パイプライン/石化事業で年内にUS$1億借款
【ニューデリー】国営ガス会社GAIL (India) Limitedは、全国ガス・パイプライン網の建設や石油化学事業の拡張に充当するため500クロー(US$1.14億)の借款を導入する計画だ。(...続きを読む)
2004-05-26 ArtNo.33447(39/118)
◆新政府、道路建設計画を加速:国務相
【ニューデリー】国民会議派に率いられる新政権は、全国民主連盟(NDA)前政権が推進した野心的な黄金の四辺形(Golden Quadrilateral)やその他の主要ハイウェイ・プロジェクトを継続する。(...続きを読む)
2004-05-26 ArtNo.33449(40/118)
◆空港民営化計画は続行:国務相
【ニューデリー】国民会議派に率いられる連立政権は、Delhi空港とBombay空港の民営化計画を継続し、両者を国際水準の空港に生まれ変わらせる。(...続きを読む)
2004-05-26 ArtNo.33455(41/118)
◆ONGC、Rasgasとマンガロール事業のLNGソーシング協議
【ニューデリー】Oil and Natural Gas Corporation(ONGC)はカルナタカ州Mangaloreに2500MW(メガワット)の発電施設や石油化学コンプレックスを建設する総額2万5000クロー(US$55.19億)のプロジェクトに必要な1000万トンの液化石油ガス(LNG)のソーシングに関してカタールのRasgasと交渉を進めている。(...続きを読む)
2004-05-28 ArtNo.33460(42/118)
◆閣僚ポスト巡る紛争決着しDMK7閣僚登庁
【ニューデリー】Manmohan Singh首相が25日ドラビダ進歩同盟(DMK:Dravida Munnetra Kazhagam)のTR Baalu氏とSS Palanimanickam氏を、それぞれ海運相と大蔵担当国務相に指名したことから、DMKの7閣僚が26日揃って登庁、閣僚ポストの配分を巡る紛糾は収拾した。(...続きを読む)
2004-05-28 ArtNo.33466(43/118)
◆ONGC、石化/発電事業強化、海運事業進出も
【ムンバイ】Oil and Naturual Gas Corporaiton Ltd (ONGC)はビジネスの総合化を図る上から、石油化学及び発電領域におけるプレゼンスを強化する計画で、向こう3ヶ月以内に最終方針を決める。(...続きを読む)
2004-06-07 ArtNo.33503(44/118)
◆空港民営化、外資上限を74%から49%に引き下げ
【ニューデリー】デリーとムンバイの空港再開発を巡り、全国民主連盟(NDA:National Democratic Alliance)前政権の外国直接投資(FDI)政策からのシフトを示す統一進歩連合(UPA:United Progressive Alliance)政府の最初の主要な決定が先週下された。(...続きを読む)
2004-06-16 ArtNo.33577(45/118)
◆サービス産業の好調持続:Asconサーベイ
【ニューデリー】インドの大部分のサービス部門は2003年4月-2004年3月の間に前年を上回る好調な成長を記録、今年も好調持続が予想されている。(...続きを読む)
2004-06-18 ArtNo.33585(46/118)
◆Tata Steel、オリッサ州にUS$33億投資準備
【ブーバネスワル】Tata Iron and Steel Company Ltd (Tisco)は二、三年内にオリッサ州に1万5000クロー(US$33.11億)を投資する計画だ。(...続きを読む)
2004-06-18 ArtNo.33586(47/118)
◆Bharti、Changiと提携し、デリー/ムンバイ空港に入札
【ニューデリー】地元企業家Sunil Mittal氏に率いられるBharti Enterprisesは、シンガポールのChangi Airportと手を組み、Delhiとマハラシュトラ州Mumbaiの空港再開発プロジェクトに入札する。(...続きを読む)
2004-06-18 ArtNo.33587(48/118)
◆重量税草案に船団拡張準備金条項
【ニューデリー】このほどTR Baalu運輸相からP Chidambaram蔵相に提出された重量税(tonnage tax)導入に関する草案には、重量税方式を選択した海運会社に利益の20%を船舶購入資金として確保るよう求める内容が盛り込まれている。(...続きを読む)
2004-06-30 ArtNo.33661(49/118)
◆デリー/ムンバイ空港近代化計画の外資上限を49%に
【ニューデリー】デリー/ムンバイ空港近代化プロジェクト担当閣僚グループ(GOM:group of ministers)は28日、両空港近代化プロジェクトの外資上限を74%から49%に引き下げることを承認した。(...続きを読む)
2004-06-30 ArtNo.33664(50/118)
◆NTPCの参加がコーチLNGターミナル事業の鍵に
【コーチ】PM Sayeed電力相は、このほどケララ州のA.K. Antony首席大臣に対して「年間処理能力250万トンの液化天然ガス(LNG)ターミナルは、“Onam(収穫祭)のギフト”になるだろう」と語ったが、ターミナルを建設するのは、National Thermal Power Corporation(NTPC)か、それともPetronet LNG Ltd (PLL)かに注目が寄せられている。(...続きを読む)
ロジスティクス Logistics in 2004
◄◄◄ back118件の関連記事が見つかりました( 1/3 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
右ペイン・広告スペース
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.