左予備スペース
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
右予備スペース
Site Search
Delivered from Singapore
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
ロジスティクス Logistics in 1998
◄◄◄ back214件の関連記事が見つかりました( 1/5 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
元のページへ戻る ►1998-01-05 ArtNo.13339(1/214)
◆<印度>民間航空省、バンガロール新空港計画を認可
【ニューデリー】民間航空省は、先週金曜、MK Kaw次官により立案されたタタ・レイスィアン・バンガロール空港建設プロジェクト報告書に大幅な修正を加えた後、これを認可した。(...続きを読む)
1998-01-06 ArtNo.13351(2/214)
◆<馬>クアンタン港、M$8億拡張計画
【クアンタン】クアンタン・ポート・コンソーシアム(KPC)は向こう30年間に8億Mドルを投じて、クアンタン港を拡張する。(...続きを読む)
1998-01-08 ArtNo.13384(3/214)
◆<印度>鉄鋼業の不振で、統一輸送料システムが復活
【カルカッタ】不況に伴う競争過熱で、鉄鋼会社が輸送コストを負担する風潮が一般化したことから、マンモハン・シン前蔵相が昨年初に廃止した統一輸送料システムが、実質的に復活している。(...続きを読む)
1998-01-09 ArtNo.13402(4/214)
◆<印度>ハイウェー拡幅事業77件の入札を近く募集
【ニューデリー】延べ3万4000キロに及ぶナショナル・ハイウェーの全てを4車線に拡幅する方針を決めたインド政府は、プロジェクトの推進役を担ういわゆるスペシャル・パーパス・ビークル(SPV)77チームを選考する入札を募集する。(...続きを読む)
1998-01-10 ArtNo.13405(5/214)
◆<星>BASF、地域流通センター設置
【シンガポール】ドイツの化学会社BASFは、シンガポール証取(SES)上場のCWTディストリビューションLtdと提携し、ジュロンにリージョナル・ディストリビューション・センター(RDC)を設置した。(...続きを読む)
1998-01-13 ArtNo.13445(6/214)
◆<印度>コーチン港、40クロー投じターミナル設備近代化
【コーチン】コーチン・ポート・トラスト(CoPT)は、向こう3年間に40クローを投じてラジブ・ガンディ・コンテナ・ターミナルの設備を近代化する。(...続きを読む)
1998-01-19 ArtNo.13515(7/214)
◆<馬>トランスマイル、KPBと戦略提携
【クアラルンプル】トランスマイル・グループBhdはその払込資本の35%に相当する700万株の売却を通じて、地元ロジスティクス・ジャイアンツ、コンソーシアム・プルカパランBhd(KPB)と戦略提携を結む。(...続きを読む)
1998-01-19 ArtNo.13518(8/214)
◆<印度>外国投資局、タタの航空会社設立計画承認
【ニューデリー】外国投資局(FIPB)は先週土曜の会議でタタ・グループにより提出された外資出資率40%の国内線運航会社設立計画を承認した。(...続きを読む)
1998-01-19 ArtNo.13519(9/214)
◆<印度>主要空港10カ所を独立法人の経営に:民間航空省
【ニューデリー】民間航空省は、ニューデリー、ムンバイ、カルカッタ、チェンナイ、ハイデラバード、バンガロール、アーマダバード、グワハティ、パナジを含む国内の主要空港10カ所を独立法人の経営に委ねる計画だ。(...続きを読む)
1998-01-26 ArtNo.13608(10/214)
◆<印度>トタール、タタとLNGターミナル事業協議
【ムンバイ】タタ・エレクトリック・カンパニーズ(TEC)はフランスの石油会社トタールと戦略提携を結び、マハラシュトラ州とグジャラート州における液化天然ガス・ターミナル・プロジェクトを進める。(...続きを読む)
1998-01-31 ArtNo.13639(11/214)
◆<印度>マラン工業相、タタの国内線航空会社計画を承認
【ニューデリー】ムラソリ・マラン工業相は先週、外国投資局(FIPB)の承認を得たタタの国内線航空会社設立計画を認可、推薦状を付けて内閣投資委員会(CCFI)に提出した。(...続きを読む)
1998-02-03 ArtNo.13670(12/214)
◆<印度>Utkal、Vizag港にアルミ輸出専用バース計画
【カルカッタ】インディアン・アルミニウム、タタ・インダストリーズ、ヒドロ・アルミニウム・オブ・ノルウェーの合弁会社Utkal Alumina International Ltd(UAIL)はアンドラプラデシュ州のVizag港にアルミ輸出専用のバースを設けるよう当局に要請する計画だ。(...続きを読む)
1998-02-06 ArtNo.13715(13/214)
◆<印度>政府、ローン返済保証スキームで道路建設資金調達目指す
【ニューデリー】インド政府はローン返済保証スキームを設け、内外の個人や法人から資金を調達、道路建設計画を加速する方針だ。(...続きを読む)
1998-02-10 ArtNo.13758(14/214)
◆<馬>サプライ・チェーン・ソフト会社、地域訓練本部開設
【クアラルンプル】サプライ・チェーンとロジスティクス・ソフトウェア・ソルーションの提供者EXE Technologies Incはマレーシアに地域訓練センターを設ける方針を決めた。(...続きを読む)
1998-02-12 ArtNo.13782(15/214)
◆<星>地下鉄チャンギ空港支線、年内に着工
【シンガポール】地下鉄(MRT)東西線のタナ・ムラ駅とチャンギ空港を結ぶ全長6キロ(内4.3キロが地下)のチャンギMRTラインが年内に着工される。(...続きを読む)
1998-02-19 ArtNo.13879(16/214)
◆<馬>DHL、M$8千万ITセンターをオープン
【クアラルンプル】DHLワールドワイド・エクスプレス(DHL)は17日、8000万Mドルを投じてスラゴール州プチョンに設けたアジア太平洋/中東IT(情報技術)センターをオープンした。(...続きを読む)
1998-02-27 ArtNo.13985(17/214)
◆<馬>KPB救済の噂でゲンティン株価急落
【シンガポール】マハティール首相の子息ミズラン・マハティール首相に率いられる海運/ロジスティクス・グループ、コンソーシアム・プルカパランBhd(KPB)の財政難救済の噂で、ゲンティンBhdの株価が25日、15%以上(M$2.1)値下がり、11.60Mドルで引けた。(...続きを読む)
1998-02-28 ArtNo.13997(18/214)
◆<星>デュポン・コリアン、アジア本部開設
【シンガポール】米系化学素材メーカーのDupont Corianは26日、アジア地域本部兼流通センターをシンガポールにオープンした。(...続きを読む)
1998-03-03 ArtNo.14027(19/214)
◆<星>WBL、サービス・ロジスティクス・センター開発
【シンガポール】シンガポール証取(SES)上場のWBLコープはジュロンに所有する3万3900平米の土地にテクノロジー・サービシズ&ロジスティクス・センターを開発する計画を実行に移す。(...続きを読む)
1998-03-03 ArtNo.14030(20/214)
◆<馬>KLモノレール・プロジェクトに非難集中
【クアラルンプル】アジア通貨危機の余波で工事が停頓したクアラルンプル市内のモノレール・プロジェクトに各方面から非難の声が高まっている。(...続きを読む)
1998-03-04 ArtNo.14041(21/214)
◆<星>ルーサント、兵站拠点開設、CSMとS$10億合弁契約
【シンガポール】米国の電子企業ルーサント・テクノロジーズはアジア太平洋地域ロジスティクス・センターを米国からシンガポールに移転した。(...続きを読む)
1998-03-05 ArtNo.14054(22/214)
◆<星>米系サークル、現地合弁通じロジスティクス市場開拓
【シンガポール】米国拠点のロジスティクス・サービス会社Circle Internationalは目下アジアで複数の合弁交渉を進めており、交渉が妥結すればアジアにおける営業額が25%拡大するものと予想している。(...続きを読む)
1998-03-06 ArtNo.14069(23/214)
◆<星>電子通行料徴収システム導入に伴い道路税制を大幅改変
【シンガポール】シンガポール政府は4月1日より、車両に据え付けたキャッシュカードから自動的に通交料を引き落とすエレクトロニク・ロード・プライシング(ERP)システムを正式に導入、これに伴い道路税制に大幅な改変を加える。(...続きを読む)
1998-03-06 ArtNo.14082(24/214)
◆<印度>丸紅の鉱業/港湾合弁事業、インフラ・ボンドで資金調達
【ゴア】丸紅とゴア拠点の鉱山会社Sociedade de Fomento Industrial Ltdの合弁に成るFOMARはインド初のインフラストラクチャー・ボンドの発行を通じて1億7500万米ドルの鉱山/港湾プロジェクトの一部資金を調達する計画だ。(...続きを読む)
1998-03-09 ArtNo.14104(25/214)
◆<馬>KPB、海運ビジネスをペトロナスに売却
【クアラルンプル】総理府の監督下にある国営石油会社ペトロナスは6日、傘下の海運会社マレーシア・インターナショナル・シッピング・コーポレーションBhd(MISC)を通じて、マハティール首相の長男ミズラン・マハティール氏に率いられるロジスティクス・グループ、コンソーシアム・プルカパランBhd(KPB)の海運子会社3社と船舶11隻をキャッシュで買収すると発表した。(...続きを読む)
1998-03-09 ArtNo.14111(26/214)
◆<印度>UF政府、40件総額8000クローの鉄道事業を承認
【ニューデリー】統一戦線(UF)政府は、40件、総額8000クローを超える鉄道関連プロジェクトを、計画委員会や拡大理事会に諮問も求めず、一括承認した。(...続きを読む)
1998-03-11 ArtNo.14132(27/214)
◆Fedex、<星・比>拠点に事業拡張
【マニラ】世界最大の航空輸送会社フェデラル・エクスプレス・コープ(フェデックス)は、域内諸国が依然経済危機に直面しているにも関わらず、シンガポールとフィリピンの潜在性に注目、両国を足場に積極的な事業の拡張を図っている。(...続きを読む)
1998-03-11 ArtNo.14143(28/214)
◆<印度>カルナタカ州、法改正し道路事業への民間投資奨励
【バンガロール】カルナタカ州政府は道路政策及びステート・ハイウェイ・アクトに修正を加え、道路事業への民間投資を促進するとともに、900クローのハイウェイ・プロジェクトに対する世銀融資を申請する方針だ。(...続きを読む)
1998-03-12 ArtNo.14147(29/214)
◆<星>PSA、ドイツ企業と自動車サービス・センター経営
【シンガポール】シンガポールの港湾管理会社PSAコーポレーション(PSAC)はドイツ企業Horst Mosolf GmbH & Co(HMGC)と共同でシンガポールにビークル・プロセッシング・センター(VPC)を設ける。(...続きを読む)
1998-03-13 ArtNo.14160(30/214)
◆<星>マトラ・マルコーニ、無人軽便鉄道システム売り込み図る
【トゥールーズ ・フランス】仏英合弁のMatra Marconiはシンガポール東北部における2つの軽便鉄道(LRT)プロジェクトに無人システムの売り込みを図っている。(...続きを読む)
1998-03-16 ArtNo.14191(31/214)
◆<星>PSAの大連合弁事業もアジア経済危機で打撃
【北京】PSAコーポレーションの初の主要な海外合弁事業、中国大連市における5億米ドルのターヤオワン(大窯湾)コンテナ・ポート(DCP)が、中国経済の再編やアジア経済危機の打撃を被っている。(...続きを読む)
1998-03-16 ArtNo.14192(32/214)
◆<星>ダブケム、域内ターミナル・ビジネスの拡張を積極化
【シンガポール】シンガポール証取(SES)上場の石油化学品貯蔵ターミナル会社Dovechem Terminals Holdings(DTH)はノルウェーのタンカー会社Stolt-Nielsenに自社権益を売却して得た資金で、域内のターミナル・ビジネスを一層拡張する計画だ。(...続きを読む)
1998-03-16 ArtNo.14200(33/214)
◆<印度>東洋エンジニアリング、電力/港湾開発に照準
【ムンバイ】石油化学/石油精製関連工事領域で既にプレゼンスを確立したトーヨー・エンジニアリング・インディアLtd(TEIL)は、次の進出領域として電力/港湾関連工事に照準を合わせている。(...続きを読む)
1998-03-17 ArtNo.14211(34/214)
◆<馬>スルンバン有料ハイウェイの建設を前向きに検討:副首相
【クアラルンプル】アンワル副首相兼蔵相は14日、ヌグリ・スンビラン州スルンバンとクアラ・ピラを結ぶ有料ハイウェイの建設プロジェクトの認可を前向きに検討することを約束した。(...続きを読む)
1998-03-19 ArtNo.14247(35/214)
◆<印度>マハラシュトラ州、新空港建設計画
【ムンバイ】マハラシュトラ州政府は観光地区に指定されたSindhudurgの海岸近くに国内線用新空港を建設する計画だ。(...続きを読む)
1998-03-20 ArtNo.14264(36/214)
◆<印度>マハラシュトラ州、IT政策パッケージを近く発表
【ムンバイ】マハラシュトラ州政府は近く情報技術(IT)及び水上輸送に関わる総合的政策を発表する予定で、交通/流通部門を民間業界に開放することも検討している。(...続きを読む)
1998-03-25 ArtNo.14313(37/214)
◆<星>ヒューム、更に多くの地下鉄契約獲得目指す
【シンガポール】マレーシア・ホンリョン・グループ傘下のHume Industries(M)Sdn Bhdはシンガポールの地下鉄(MRT)東北線建設事業に関わるプレカスト・トンネル・リング2000本の納入契約を獲得した。(...続きを読む)
1998-03-26 ArtNo.14325(38/214)
◆<星>政府、海事業界の苦境克服支援:運輸相
【シンガポール】海事産業は域内通貨危機の影響で、厳しい事業環境に直面しているが、シンガポール政府は様々な措置を講じて、同業界の苦境乗り切りを支援する方針だ。(...続きを読む)
1998-03-26 ArtNo.14326(39/214)
◆<星>通貨危機が海運業界の統合加速
【シンガポール】世界の海運業界は今世紀末までに1ダースほどの国際航路会社と同数の独立系中規模海運会社、そして2ダースほどの小規模なニッチ・オペレーターに統合される見通しだ。(...続きを読む)
1998-03-26 ArtNo.14327(40/214)
◆<星>域内コンテナ処理量、今年はマイナス成長も:PSA会長
【シンガポール】域内港湾のコンテナ処理量は、通貨危機の影響で今年はマイナス成長に陥る可能性がある。(...続きを読む)
1998-03-27 ArtNo.14341(41/214)
◆<星>短距離コンテナ輸送の市況回復は2年先に
【シンガポール】アジアの短距離コンテナ海運会社はアジア経済危機の最大の衝撃を被っているが、同業界の市況は2年内に回復に転じる見通しだ。(...続きを読む)
1998-03-28 ArtNo.14358(42/214)
◆<星>デルグロ、通貨危機の余波で26%減益
【シンガポール】昨年11月にバス業務をSBSバスとして独立させ、運輸/不動産/エンジニアリング子会社を傘下に収める持ち株会社に変身を遂げた、シンガポール証取(SES)上場のDelGro Corporation(旧社名SBS:シンガポール・バス・サービス)は26日、市場の期待を裏切る26%の減益を報告、今年の業績についても、予想困難な環境変化に依存するが、さらに悪化する恐れがあるとしている。(...続きを読む)
1998-03-31 ArtNo.14389(43/214)
◆<星>一等地永久所有権付きコンドも30%値下がり
【シンガポール】不動産市場の崩壊は終に一等地の永久所有権付きコンドミニアムにも波及、今月初に売却されたアードモア・パークのユニットの平方フィート当たり価格は1403Sドルと、昨年の平均販売価格をほぼ30%下回った。(...続きを読む)
1998-03-31 ArtNo.14393(44/214)
◆<馬>KPB、海運ビジネス撤退等で特別項目損失M$2.5億
【クアラルンプル】コンソーシアム・プルパカランBhd(KPB)は、組織再編計画の放棄や海運ビジネスからの撤退に伴う損失を補填するため、1997年12月期グループ特別項目に2億595万5000Mドルの引当金を計上した。(...続きを読む)
1998-04-02 ArtNo.14416(45/214)
◆<星>政府系海運会社NOL、S$2.97億損失
【シンガポール】シンガポールのナショナル・キャリアー、ネプチューン・オリエント・ラインズ(NOL)は高率な減価償却と利子負担が祟って営業段階で6650万Sドルの純損失を計上するとともに、特別項目に米国の海運会社APLの買収(US$8.35億)に伴う組織再編コスト2億3100万Sドルも加え、1997年12月期に2億9700万Sドルのボトムライン損失を報告した。(...続きを読む)
1998-04-02 ArtNo.14425(46/214)
◆<印度>コーチン港湾局、LNGターミナル用地を確保
【コーチン】コーチン・ポート・トラスト(CPT)の理事会は最近の会議でコーチンにおける2000クローの液化天然ガス(LNG)ターミナル・プロジェクトに50haの用地を提供することを原則的に認め、ケララ州工業開発公社(KSIDC)とガス・オーソリティー・オブ・インディアLtd(GAIL)に書面で通知した。(...続きを読む)
1998-04-02 ArtNo.14426(47/214)
◆<印度>トヨタ、地元企業TCIとロジスティクス問題協議
【ムンバイ】トヨタはインドにおける多目的車両製造合弁事業のロジスティクス問題を地元企業トランス・コーポレーション・オブ・インディア(TCI)と協議しており、TCIが後方支援を一任される可能性が予想されている。(...続きを読む)
1998-04-11 ArtNo.14521(48/214)
◆<印度>5月末までにゴパールプル港湾建設契約発注
【ブマネシュワル】オリッサ州政府は5月末までにゴパールプル港開発のプロモーターを選定する。(...続きを読む)
1998-04-13 ArtNo.14525(49/214)
◆<星>SIA、ワン・ダラー・ホテル・パッケージで販促
【シンガポール】シンガポール航空(SIA)は米国/欧州/日本等、主要市場の長距離旅行者をターゲットに1泊1米ドルのホテル・サービス付きトランジット・ツアー・パッケージの売り込みに乗り出したが、旅行業界にはその効果に期待する者が有る反面、不安を抱くものも少なくない。(...続きを読む)
1998-04-13 ArtNo.14537(50/214)
◆<印度>民間航空政策に見直し、バンガロール空港にも近く裁定
【ニューデリー】Ananth Kumar民間航空相は10日、民間航空政策に見直しを加える政府の姿勢を明らかにするとともに、近くバンガロール空港建設事業に関する裁定を下す方針を明らかにした。(...続きを読む)
ロジスティクス Logistics in 1998
◄◄◄ back214件の関連記事が見つかりました( 1/5 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
右ペイン・広告スペース
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.