SEAnews 2010/cat#29-1p 解説/論評
左予備スペース
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
右予備スペース
Site Search
Delivered from Singapore
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
解説/論評 Interpretation/Commentary in 2010
◄◄◄ back50件の関連記事が見つかりました( 1/1 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
元のページへ戻る ►2010-01-22 ArtNo.43031(1/50)
◆電子製品輸入、石油輸入を凌駕も
【コルカタ】情報技術(IT)通信省の最近の調査によると、インド電子産業の年間需要は現在の450億米ドルから2014年までに1250億米ドル、2020年までに4000億米ドルに拡大する見通しだ。(...続きを読む)
◆Electronics import bill may cross oil bill
【Kolkata】The demand in the Indian electronics industry is likely to go up to $125 billion annually by 2014, and to $400 billion by 2020 from current $45 billion according to the recent report released by the ministry of IT and communications.
◆电子产品入口额可能超越石油进口额
【加尔各答】根据资讯科技和通讯部最近发表的一份报告,印度电子业的需求到2014年前从现在的每年450亿美元被预料增加到1250亿美元,而到2020年前达到4000亿美元。
2010-01-22 ArtNo.43032(2/50)
◆バイオテック部門、2015年までにUS$100億産業に
【ニューデリー】インド・バイオテクノロジー(BT)産業は分岐点に立っており、2015年までに100億米ドル産業に成長する見通しだ。カルナタカ州ビジョン・グループ・バイオ産業部会のKiran Mazumdar-Shaw議長は19日、以上の見通しを語った。(...続きを読む)
◆BT sector poised to top $10 billion by 2015
【Bangalore】Indian biotech industry is at an inflexion point and set to become a US$10 billion industry by 2015; Karnataka State Vision Group on Biotechnology Chairperson Kiran Mazumdar-Shaw on said January 19.
◆生物科技部门到2015年前成为100亿美元工业
【班加罗尔】卡纳塔克州生物科技展望集团主席基兰·玛朱达·肖1月19日说,印度生物科技工业正处在一个拐点,到2015年前将成为100亿美元工业。
2010-01-26 ArtNo.43045(3/50)
◆インド自動車産業、2012年には設備過剰に
【ニューデリー】Fitch Ratingsによると、インド自動車産業の既存プレーヤーは2012年までに年間生産能力を乗用車市場では90万台上乗せし260万台に、商用車市場では60万台上乗せし75万台に引き上げる。しかし需要は毎年10~12%の伸びが見込まれるに過ぎないため、2012年には深刻な設備過剰に陥る恐れがある。(...続きを読む)
◆Auto industry heading towards excess capacity by 2012
【New Delhi】According to Fitch Ratings, by 2012, the existing players in the market are expected to add 0.9 million units to the 2.6 million units capacity of the passenger vehicle segment and 0.6 million units to the 0.75 million units capacity of the commercial vehicle segment. However demand is only expected to grow by 10-12 per cent every year.
◆汽车业到2012年时将面对产能过剩
【新德里】据惠誉国际评级,印度汽车业现有厂商到2012年前在度乘用车辆市场,把它们的生产能力增加90万辆到260万辆,在商用车两市场把它们的产能增加60万辆到75万辆。不过需求方面,每年只能增加10-12%。
2010-02-10 ArtNo.43090(4/50)
◆通信会社、タワー・シェアリングでUS$15億節約
【ニューデリー】インドのテレコム企業各社は通信タワーと付属するインフラの共同使用を通じ、今会計年度だけで少なくとも合計15億米ドルの設備投資を節約できる見通しだ。(...続きを読む)
◆Telcos to save $1.5 bn through sharing towers
【New Delhi】Indian telcos will together save at least $1.5 billion this fiscal in capital expenditure thanks to their practice of sharing towers and accompanying infrastructure.
◆电信运营商通过公用电信塔节省15亿美元
【新德里】印度电信公司通过公用电信塔和附带基础设施的做法,将共同节省本财年的资本开支至少15亿美元。
2010-02-16 ArtNo.43115(5/50)
◆アルミ生産能力、2013年には200万トン過剰に:Fitch
【ムンバイ】インドのアルミニウム生産能力は2012年半ばまでに3倍の440万トンに達し、2013年には設備能力の過剰から200万トンを輸出することになる。(...続きを読む)
◆India to have 2 MT surplus aluminium by 2013:Fitch
【Mumbai】India's aluminium production will more than treble to 4.4 million tonnes by mid-2012 with new capacities coming on stream. There could be at least two million tonnes of surplus capacity for exports by 2013.
◆印度到2013年前出现200万吨盈余铝:惠誉
【孟买】因为即将投产的新能力,印度的铝产量到2012年中旬前增加两倍到440万吨。到2013年时,可能把至少200万吨的盈余出口。
2010-02-19 ArtNo.43126(6/50)
◆電気自動車の需要拡大:Frost & Sullivan
【ハイデラバード】インドにおける電気自動車の需要は向こう数年間に急速に拡大する見通しだ。自動車オーナーの7%が将来電気自動車を購入するものと見られる。目下のところ代替燃料を使用している自動車オーナーは全体の1%に満たないことを考慮すれば、これは大きな数字と言える。(...続きを読む)
◆Electric vehicle demand to grow in India: Frost & Sullivan
【Hyderabad】The demand for electric vehicles in India is going to grow in the coming years. A 7% of Indian vehicle owners are likely to purchase an electric vehicle in the future. This is quite significant, especially when only 1% of vehicle owners use alternative fuels currently.
◆印度的电动汽车需求增长:弗若斯特沙利文
【海德拉巴】印度的电动车需求未来几年将会增长。印度车主的7%将来会购买电动车。这是相当大的数目。尤其是目前只有1%的车主使用的替代燃料。
2010-02-19 ArtNo.43132(7/50)
◆1月の雇用活動4%アップ
【ニューデリー】ジョブ・ポータルNaukri.comの1月のJobSpeak指数は743と、昨年12月に比べ4%アップ、インド企業の雇用活動が持続的回復基調を辿っていることを裏付けた。(...続きを読む)
◆Hiring activity up 4 pct in Jan
【New Delhi】Naukri.com's monthly Job Speak index rose 4 per cent to 743 in January compared to December 2009 reflecting a continued recovery in India Inc's hiring activity.
◆1月的雇佣活动比12月上升4%
【新德里】职业网站Naukri.com的1月JobSpeak指数比去年12月上升4%到743,反映了印度公司的招聘活动持续复苏。
2010-03-16 ArtNo.43194(8/50)
◆資本財輸入、過去5年間に200%増加
【ニューデリー】このほど発表された工業生産指数(IIP:Index of Industrial Production)データは今年1月の資本財生産が56.2%の記録的成長を遂げたことを示しているが、インドの資本財輸入は2008-09年までの5年間に200%増加しており、アナリストらは次期会計年度以降、資本財の輸入が一層加速するものと予想している。(...続きを読む)
◆Capital goods import expands 200% in five years
【New Delhi】India's capital goods import expanded by 200% in the five years up to 2008-09. The industrial production data released last week showed the record 56.2% expansion in capital goods output in January. Analysts expect import of capital goods to accelerate furthermore from next fiscal.
◆过去5年来资本货品进口增加200%
【新德里】印度到2008-09年为止的过去5年来进口的资本货品增加200%。上周公布的工业生产数据显示今年1月的资本货物产量增长56.2%而创纪录。分析人士预计,资本货品的进口,从下个财政年度进一步加快。
2010-03-16 ArtNo.43203(9/50)
◆TV産業の展望、映画産業を凌駕:KPMG
【コルカタ】インドTV産業は2008年に2万4100クロー(US$52.30億)の売上げを実現、世界的金融危機やその他の問題で娯楽産業全体が沈滞した2009年にも、それ相応の営業額を達成した。(...続きを読む)
◆TV does much better than the film industry: KPMG
【Kolkata】TV industry in India pegged at Rs 24,100 crore in 2008, registering decent figures in 2009 too when the entire entertainment space was bogged down by meltdown and other issues.
◆电视大大好比电影业:毕马威
【加尔各答】印度电视业的2008年销售额达到2410亿卢比,在2009年也实现了体面的数字,当整个娱乐业陷于不景气,因为国际金融业的崩溃和其他问题。
2010-03-19 ArtNo.43214(10/50)
◆データ・センター・サービス市場US$21億に:IDC
【ニューデリー】インドのデータ・センター・サービス市場は2009年には6300クロー(US$13.671億)をマーク、2011年末までに1万クロー(US$21.7億)に達する見通しだ。この結果2009~2011年の間の複合成長率は22.7%になる。(...続きを読む)
◆Data centre services market to touch $2.17bn by 2011: IDC
【New Delhi】The India data centre services market was estimated at Rs 6,300 crore ($1.3671bn) in 2009 and will touch nearly Rs 10,000 crore ($2.17bn) by 2011-end, translating into a compounded annual growth rate of 22.7 per cent between year 2009 and 2011.
◆数据中心服务市场到2011年底前达到$ 21.7亿美元:IDC
【新德里】印度的数据中心服务市场在2009年估计为630亿卢比相等于13亿6710万美元,而到2011年年底前扩大到接近1000亿卢比相等于21亿7000万美元,换句话说从2009年到2011年之间的复合增长率22.7%。
2010-04-07 ArtNo.43269(11/50)
◆鉄鉱石価格も今後は原油並に変動?
【ニューデリー】Steel Authority of India Ltd (SAIL)は2日、インドで初めてコークス用炭の四半期ベースの購入契約に調印した。インドでは、鉄鉱石とコークス用炭は過去40年にわたり年間ベースで購入契約が結ばれ、このことがこれら2品目の価格変動に歯止めをかけて来た。しかし新価格システムが従来のシステムに取って代わったことにより、今後はこれら両品目の価格も原油並に変動する可能性がある。(...続きを読む)
◆Iron ore prices may now be as volatile as crude
【New Delhi】Steel Authority of India Ltd (SAIL)on April 2 became the first domestic producer to sign a quarterly contract, for coking coal. The new price system for iron ore and coke replaces the 40-year-old practice of annual contract prevalent in the sector and it has the potential to make the prices of these two key raw materials as volatile as crude oil.
◆铁矿石价格现在起可能像原油般地波动
【新德里】印度钢铁管理局有限公司4月2日成为签订购买炼焦煤季度合同的第一个国内制钢商。新的铁矿石与焦炭价格体系取代了过去40年来普遍用的年度合同。这可能使这两个关键原料价格今后像原油价格一样波动。
2010-04-14 ArtNo.43299(12/50)
◆新FDI規則、外国VCファンドのインド投資計画に打撃
【ニューデリー】インドのベンチャー・キャピタル・ファンドに投資を計画する外国投資ファンドは今後事前認可を取得せねばならず、また未登録の信託基金に投資することはできない。(...続きを読む)
◆New FDI norms queer foreign VC funds' India investment plan
【New Delhi】Foreign funds will now require prior approval for investment in Indian venture funds and they cannot invest in unregistered trusts.
◆新外国直接投资规则破坏外国创投基金的印度投资计划
【新德里】对印度风险投资基金准备投资的外国基金现在需事先获得批准,他们也不能投资于未登记的信托基金。
2010-04-28 ArtNo.43337(13/50)
◆インド企業の第1四半期売上げ60%アップ
【ムンバイ】これまでに2010年3月期四半期業績を発表した銀行・金融機関を除く上場企業の四半期売上げは過去9年来最高の60%の伸びをマークした。(...続きを読む)
◆India Inc soars with 60% sales growth
【Mumbai】Excluding banks and finance firms, sales of companies that have so far announced results for the quarter ended March 2010 show 60 per cent growth, the highest in the past nine years.
◆印度公司的第一季销售增加60%
【孟买】不包括银行和金融公司,迄今公布截至2010年3月31日的季度业绩的公司表明它们的销售增长了过去9年来最高的60%。
2010-04-28 ArtNo.43347(14/50)
◆3G入札価格異常な水準に:アナリスト
【ニューデリー】第三世代(3G)移動体通信周波数域の競売が開始され、13日を経たが、アナリストらは「入札価格は合理的水準を突破し、異常な水準に近づいている」とコメントした。(...続きを読む)
◆Bids for 3G irrational, say analysts
【New Delhi】The bids for third-generation (3G) spectrum in prime circles are close to 'irrational' levels after 13 days of auctions.
◆分析家表示第三代频谱出价不合理
【新德里】拍卖会经过了13天之后,第三代频谱出价已接近非理性的水平。
2010-04-30 ArtNo.43352(15/50)
◆サービス部門、2009-10年下半期に記録的成長:CII
【ニューデリー】インド産業連盟(CII:Confederation of Indian Industry)の最新調査報告によると、インドのサービス部門は2009-10年度第3四半期および第4四半期に景気後退から立ち直り記録的な成長を保った。(...続きを読む)
◆Services sector logs record growth in H2 of FY10: CII
【New Delhi】The services sector has revived from slowdown and has maintained higher growth trends during the third and the last quarters of the financial year 2010, according to a survey conducted by the Confederation of Indian Industry (CII).
◆服务部门在2010财政年度下半年达到创记录的增长
【新德里】根据印度工业联合会进行的一项调查,服务部门在2010财政年度的第三季和最后季度从衰退复苏之后一直保持高增长趋势。
2010-05-07 ArtNo.43373(16/50)
◆NMDC/MMTC、6月初までに日韓と輸出契約
【ニューデリー】インド最大の鉄鉱山会社NMDC Ltdと国営鉱物貿易会社MMTC Ltdは5月末もしくは6月初までに日本および韓国と鉄鉱石輸出契約を結ぶものと見られる。(...続きを読む)
◆NMDC, MMTC to fix deals with Japan and Korea by June
【New Delhi】Largest Indian iron ore miner NMDC Ltd and state-run trader MMTC Ltd are likely to finalise iron ore export deals with Japan and Korea by this month-end or early next month.
◆矿业开发和矿业金属公司,到6月初前与日韩签订合约
【新德里】印度最大的铁矿石生产商印度国家矿业开发有限公司和国营商印度矿业金属贸易有限公司可能本月底或下月初与日本和韩国签署出口铁矿石合约。
2010-05-11 ArtNo.43394(17/50)
◆4月のサービス業指数21ヶ月来最高マーク:HSBC
【ムンバイ】インドのサービス企業の4月の営業額は、新ビジネスとインプット価格の上昇から21ヶ月来の最高をマーク、工業部門の落ち込みを補填する以上の効果を果たした可能性がある。(...続きを読む)
◆April services biz at 21-month high: HSBC
【Mumbai】Business at Indian service companies rebounded to a 21-month-high in April on new business and high input prices, a survey shows, indicating it could more than make up for a dip industrial activity.
◆4月份服务业指数过去21个月来最高:汇丰银行
【孟买】汇丰银行的一项调查显示,印度服务业公司的销售指数在4月份由于新业务和高价格,回升到过去21个月来最高点。它可能不但弥补工业活动的下降而且会加速全体经济成长。
2010-05-14 ArtNo.43397(18/50)
◆欧州金融危機再燃と中国の信用引き締めで鋼材値下がり
【ニューデリー】欧州における金融危機の再燃に加え、中国政府が信用引き締めを通じ投資の過熱を抑制したことから、投機的ブームに乗じて事業を拡大して来た鉄鋼産業は逆風に直面している。(...続きを読む)
◆Steel prices dwindle with credit squeeze in China
【New Delhi】The financial crisis is once again showing its face in Europe and with China trying to hold down the pace of investment growth with credit squeeze, steel industry that rode on a speculative boom is faced with a credible setback.
◆中国紧缩信贷使钢材价格下降
【新德里】金融危机在欧洲再次出现加上中国通过紧缩信贷政策试图压低投资增长速度,骑着投机热潮而成长的钢铁行业正在面临一个明确的挫折。
2010-05-18 ArtNo.43412(19/50)
◆自動車産業、急成長に伴う部品供給不足とコスト上昇に直面
【ニューデリー】自動車需要が急増する中、燃料噴射装置や機械部品等、キー・コンポーネントの供給不足が顕在化している。その一方で、インプット・コストの上昇と、親会社のコスト削減圧力に直面する自動車部品業者は、納入契約に何とか価格変動条項を組み込もうと努めている。(...続きを読む)
◆Parts crunch and rising input costs bump on auto growth
【New Delhi】Rising demand for cars is creating a major shortage in key auto components like fuel injection and machined components. Meanwhile rising input costs and pressure from automakers to cut costs, component suppliers are pushing to insert a price flexibility clause in their supply contracts.
◆汽车业成长面对零件短缺和成本上升
【新德里】汽车需求的上升创造了像燃油喷射器和机械零件等汽车关键零部件的严重短缺。另一方面,成本上升和汽车制造商削减成本的压力下,零部件供应商正在积极试图向他们的供应合约里插入灵活性价格条款。
2010-05-18 ArtNo.43413(20/50)
◆インド自動車産業、FTA締結に乗じインドネシア市場開拓目指す
【コルカタ】インド自動車産業は、東南アジア諸国連合(ASEAN)との商品取引に関する自由貿易協定(FTA:free-trade agreement)が締結されたのに乗じ、インドネシアにプレゼンスを築くことに関心を高めている。インドネシア駐在のBiren Nandaインド公使によると、サービスと投資に関するFTAも1年内に締結される可能性があり、そうなれば自然資源に富んだインドネシアに対するインド投資が大幅に拡大するものと予想される。(...続きを読む)
◆Indian auto cos set their sights on Indonesia
【Kolkata】Riding on the recent Indo-ASEAN free-trade agreement (FTA) on goods, the Indian automotive sector is keen on establishing a presence in Indonesia. FTA with Asean on investment and services also may be through within a year. The treaty is too expected to boost Indian investments in the natural resource-rich Indonesia substantially, according to the Indian envoy in Indonesia, Mr Biren Nanda.
◆印度汽车公司瞄准印尼市场
【加尔各答】凭借最近印度与东盟签署自由贸易协定(货物),印度汽车业积极试图在印尼市场筑桥头堡。据印度派印尼的公使碧仁南大说,印度与东盟也可能在一年内签署投资和服务领域的自由贸易协定。该条约也将促进印度在自然资源丰富的印尼大幅度扩大投资。
2010-05-25 ArtNo.43433(21/50)
◆ギリシャの悲劇の再演はない:蔵相
【ニューデリー】Pranab Mukherjee蔵相の見るところ、ギリシャ危機は米国のサブプライム・ローンに端を発した2008-09年危機ほど致命的なものではなく、インドに対する影響はあるにしろ、限定的なもにとどまる見通しだ。(...続きを読む)
◆Greek tragedy won't play out in India: FM
【New Delhi】Finance Minister Pranab Mukherjee says, he does not think the Greek crisis is as lethal as the 2008-09 crisis triggered by the US subprime crisis. It may at most "influence" India, but will have limited "adverse impact" on the country.
◆希腊悲剧将不会在印度上演:财政部长
【新德里】财政部长普拉纳布慕克吉说,他不认为希腊危机是由美国次贷引发的2008-09危机那么致命的。它最多会影响到印度,但是对国家会产生的不利影响有限。
2010-05-25 ArtNo.43434(22/50)
◆ギリシャ危機は貿易に影響:中央銀行総裁
【ティルバナンタプラム】中央銀行Reserve Bank of India(RBI)のDuvvuri Subbarao総裁が20日語ったところによると、ギリシャ危機はインドの貿易とサービス輸出にある種の影響を及ぼす恐れがあり、ルピー対ユーロ、ルピー対英ポンドの為替レートは、ルピー対米ドルの為替レートに比べソフトウェア輸出に深刻な影響を及ぼす。同様にユーロの軟化はサービス輸出に一定の影響を及ぼす見通しと言う。(...続きを読む)
◆Greece crisis may have impact on trade: Central Bank
【Thiruvananthapuram】The Greece crisis may have some impact on India's trade and services exporters. The rupee-euro and rupee-pound exchange rates matter most for software exports than rupee-dollar and to that extent, a weakening euro would have an impact on service exports, Reserve Bank of India governor Duvvuri Subbarao said on May 20.
◆希腊危机可能对贸易产生影响:中央银行
【特里凡得琅】希腊危机可能对印度的贸易和服务出口产生影响。印度储备银行的苏巴拉奥行长5月20日表示,卢比对欧元和卢比对英镑的汇率对软件出口,比卢对美元的汇率更深刻的影响,欧元的削弱对服务出口也在一定程度上有影响。
2010-05-25 ArtNo.43443(23/50)
◆工学R&D市場規模、2020年までにUS$450億に
【バンガロール】インドのエンジニアリング研究開発(ER&D)サービス市場は現在の80億米ドルから2020年までに約450億米ドルに成長する見通しだ。ソフトウェア・サービス会社全国協会(NASSCOM:National Association of Software and Service Companies)の調査報告によると、この内輸出市場が350億~400億米ドル、国内市場が40億~60億米ドルと見積もられる。http://www.seanewsonline.com/seanews/fulltext/43443.htm(...続きを読む)
◆Engineering services market may touch $45 b
【Bangalore】Engineering R&D services are set to grow from current US$8 billion to about US$45 billion by 2020. Of this export revenues is expected to be US$35-40 billion and domestic revenues US$4-6 billion, according to a study led by the National Association of Software and Service Companies (Nasscom).
◆工程研究发展服务市场会达到450亿美元
【邦加罗尔】工程研究发展服务市场到2020年前从目前的80亿美元成长到约450亿美元。根据软件和服务公司全国协会发表的研究报告,其中出口收入预计35亿-40亿美元,国内收入40亿-60亿美元。
2010-06-11 ArtNo.43504(24/50)
◆6ヶ月以内にインド市場から資本が逃避:FICCI
【ニューデリー】欧州の債務危機から世界の投資家は米国以外の地に資本を投入することを躊躇しており、インドは今後6ヶ月以内に株式市場や債券市場から資本が逃避する事態に直面するだろう。インド商工会議所連盟(FICCI:Federation of Indian Chambers of Commerce and Industry)は7日発表した報告書の中で以上のように警鐘した。(...続きを読む)
2010-06-25 ArtNo.43544(25/50)
◆好収益もたらす自家発電ビジネスに脚光
【ニューデリー】州営電力会社の不安定で不十分なな電力供給を補填するためにやむを得ず導入した自家発電(captive power)が、今や本業を上回る収入源として脚光を浴びている。(...続きを読む)
2010-07-07 ArtNo.43606(26/50)
◆インドの通信革命は、オペレーターにとっては悪夢
【ムンバイ】インドの通信革命は消費者に恩恵をもたらしたが、通信会社にとっては悪夢に他ならず、今後ますます厳しさを増し、1年後には業界再編が生じるものと見られる。その時現在存在するオペレーター15社中何社が生き残れるかは未知数と言う。(...続きを読む)
2010-07-12 ArtNo.43636(27/50)
◆オフィス不動産市況復調
【ムンバイ】オフィス不動産部門を襲った景気後退の影響は既に遠のき、同部門は自信を回復、活況を取り戻している。(...続きを読む)
2010-07-26 ArtNo.43675(28/50)
◆産業動静:運輸
○今後10年のロジスティクス必要投資額US$5千億
【チェンナイ】インドの物資輸送量は向こう10年間に3倍に増加する見通しで、このため同期間に5000億米ドルを投じてロジスティクス・インフラを補強せねばならない。
○中国が近隣諸国交通インフラに積極投資
○Tata NYK Shipping、船団拡張
○Kochi- Coimbatore貨物専用道路建設(...続きを読む)
2010-07-26 ArtNo.43681(29/50)
◆企業動静:IT/ソフトウェア
○GES、Wins Infotekを買収
【ティルバナンタプラム】半導体産業向けコントロール・システム、プロセス・オートメーション・ソフトウェア製品及びサービス市場のリーダーとして知られるWins Infotek Private Limited(WIPL)は、米国カリフォルニア州を拠点にする設備設計、受託製造、フィールド・サービス・エンジニアリング領域の指導的企業Global Equipment Services, Inc(GES)に買収された。
○Accenture、MNCエリート・グループに仲間入り
○中規模IT企業の第1四半期マージン縮小(...続きを読む)
2010-07-30 ArtNo.43700(30/50)
◆パキスタン問題巡り外務省と内務省の亀裂深まる
【ニューデリー】パキスタン統合情報部(ISI:Inter-sevice Intelligence)のムンバイ同時多発テロ事件への関与に言及したGK Pillai内務次官の談話は、インド外務省と内務省の対立を表面化させたが、両省の軋轢は今に始まったことではない。(...続きを読む)
2010-07-30 ArtNo.43706(31/50)
◆ロー・コストPC、三度目の正直?デジャヴュ?
【ムンバイ】Kapil Sibal人的資源相は先週、超低価格なソーラ・パワー・コンピューティング・デバイスをお披露目した。2011年に発売予定の同製品の価格は当初35米ドルだが、その後20米ドル、最終的に10米ドルまで値下げされる予定。(...続きを読む)
2010-08-06 ArtNo.43737(32/50)
◆インド・ソフトウェア製品産業受難の年
【バンガロール】インドのソフトウェア製品産業(software product industry)にとって2009-10年は受難の年だった。121社が廃業し、別に324社が情報技術(IT)サービス会社に転身を強いられた。(...続きを読む)
2010-08-09 ArtNo.43749(33/50)
◆ガイドライン発表でソーラ産業に弾み
【ニューデリー】最近、『ジャワハルラル・ネール全国ソーラ計画(JNNSM:Jawaharlal Nehru National Solar Mission)』のガイドラインが発表されたのを受けて、新規プレーヤーが続々参入、先頭集団を成す既存プレーヤーもますます積極的に事業の拡張を図っている。一部のものは海外の先端技術の導入を図り、他のものは国内の候補地を物色している。(...続きを読む)
2010-08-11 ArtNo.43757(34/50)
◆インド、中印国境の兵站インフラ開発加速
【ニューヨーク】過去10年、中国は中印国境付近の軍用/民用インフラの建設に拍車をかけて来たが、ロータン峠のインド側は、辺境統治に対するインド政府の意欲と能力の欠如を暗黙の内に物語っていた。しかし、ここに来てインド側にも変化が生じ、滑走路や前哨基地の建設に加え、6月には終にロータン峠にバイパスを設けるトンネル工事が開始された。(...続きを読む)
2010-08-16 ArtNo.43792(35/50)
◆英専門誌、医療観光に伴う超強力耐性菌蔓延のリスク警鐘
【ロンドン/ニューデリー】南アジア・ヘルス観光が新種の抗生物質耐性超強力細菌(superbug)『ニューデリー・メタロ-β-ラクタマーゼ(NDM-1:New Delhi metallo-beta-lactamase)』を英国にもたらした。この新遺伝子は、南アジアと英国内の患者から発見されたものだが、全世界に拡散する恐れがある。(...続きを読む)
2010-08-18 ArtNo.43793(36/50)
◆電力市場に新種のデベロッパーが続々誕生
【ニューデリー】インド電力市場には、フットウェアのAction Shoes、コンパクト・ディスク・メーカー、Moser Baer、ポリエステル製造のIndo Rama Synthetics、アルコール製造会社Pioneer Distilleries Ltd、エビ輸出業者Deviseafoods Ltd等々、毛色の変わった民間プロジェクト・デベロッパーが続々誕生している。(...続きを読む)
2010-08-18 ArtNo.43796(37/50)
◆NDM-1の出現は抗生物質治療の終焉?
【ニューデリー】英国の専門誌Lancetに掲載された国際調査チーム(英国人1人とインド人1人を含む)の報告書が、インドの一部の病院で治療を受けた患者の腸バクテリアから発見された超強力耐性菌『ニューデリー・メタロ-β-ラクタマーゼ(NDM-1:New Delhi metallo-beta-lactamase)』蔓延の危険性を指摘したことから、抗生物質治療の将来に対する懸念が高まっている。(...続きを読む)
2010-08-25 ArtNo.43832(38/50)
◆サプライヤー責任条項は地元業界にも打撃:FICCI/CII
【ニューデリー】インド商工会議所連盟(FICCI:Federation of Indian Chambers of Commerce and Industry)とインド産業連盟(CII:Confederation of Indian Industry)は、それぞれ首相と科学技術相に宛てた書簡の中で、「原発事故民事責任法案(nuclear liability bill)のサプライヤー責任条項は、地元業界の原子力発電プロジェクトへの参加を躊躇させる恐れがある」と懸念を表明した。(...続きを読む)
2010-09-10 ArtNo.43902(39/50)
◆中印両国外交論争の背景
【ニューデリー】インドと中国の二国間貿易はブームを呼んでいるが、それとは対照的に外交面ではカシミール問題等を巡り不協和音が高まっている。(...続きを読む)
2010-09-17 ArtNo.43933(40/50)
◆多国籍製薬会社、ブランド後発医薬品市場に照準
【ムンバイ】後発医薬品に対する関心が世界的に高まる中、多国籍製薬会社は今後インドにおけるブランド後発医薬品ビジネスに照準を合わせるものと見られる。(...続きを読む)
2010-09-24 ArtNo.43969(41/50)
◆今年第1四半期の投資10%アップ:Assocham
【ニューデリー】主要20州における様々なプロジェクトに対する投資は、主に情報技術(IT)産業や製薬産業への投資が増加したことから、2010-11年第1四半期に473万クロー(US$1兆510億)をマーク、昨年同期比10%の伸びを見た。(...続きを読む)
2010-10-04 ArtNo.43997(42/50)
◆卸売り/非銀行金融機関/畜産領域のFDI規則を緩和
【ニューデリー】インド政府は9月30日、『総合的外国直接投資政策(CFDIP:Consolidated Foreign Direct Investment Policy)』を発表、キャッシュ&キャリー卸売りビジネス、非銀行金融機関(NBFC:non-banking finance companies)、一部畜産部門等の領域の外国直接投資(FDI)規則を緩和するとともに、諸手続きを簡素化した。しかしタバコ製品の製造や不動産部門の外国投資家にとっては、吉報とは言い難い。
○マルチブランド小売り市場の開放見送り(...続きを読む)
2010-10-08 ArtNo.44031(43/50)
◆日銀ゼロ金利政策でインド通貨当局の困難の増大
【ニューデリー】日銀は、沈滞する経済を活性化するため、基準金利を0~0.1%に引き下げるとともに、600億米ドルの基金を設け、国債、コマーシャルペーパー、その他の資産担保証券を買い上げると言う非常手段に訴えたが、アナリストらは、新興国の通貨管理当局にとって一層困難な時代の幕開けを告げるものと見ている。(...続きを読む)
2010-10-27 ArtNo.44119(44/50)
◆印米関係に対する期待過剰:米シンクタンク
【ワシントン】オバマ大統領の訪印が間近に迫る中、カーネギー国際平和財団(Carnegie Endowment for International Peace)がこのほど発表した『現実的な米印関係に向けて(Toward Realistic US-India Relations)』と題する報告書は、「インドと米国の関係に対する期待は非現実的と言えるほど高いが、両国の利害、政策、外交スタイルは往々にして相反する方向に分岐している」と指摘している。
○国防相、オバマ大統領訪印時に国防契約調印の可能性否定(...続きを読む)
2010-11-05 ArtNo.44154(45/50)
◆今年の原子力発電33%アップ:NPCIL
【ニューデリー】Nuclear Power Corporation of India Limited (NPCIL)は、今会計年度(2010/04-2011/03)2万4000ユニットの電力を生産する計画で、これは昨年度(2009/04-2010/03)の1万8000ユニットを33%上回る。1ユニット=1KW(キロワット)。
○インドへのウラニウム輸出の弊害は利益に勝る:豪州元外交官(...続きを読む)
2010-11-05 ArtNo.44155(46/50)
◆スポット価格軟化で商業発電業者窮地に
【ニューデリー】スポット市場における電気料金が持続的に下降する中、民間電力開発業者の商業発電の夢が悪夢に変わる恐れが生じている。(...続きを読む)
2010-11-12 ArtNo.44177(47/50)
◆印パ/イスラエル含む核保有国全体会議開催目指す
【ニューデリー】マンモハン・シン首相とオバマ大統領は8日発表した共同声明の中で、全ての核保有国の間の建設的な話し合いを通じ、核保有国間の信頼関係を醸成、国際関係や安全問題に核兵器が及ぼす影響を抑制する必要を確認するとともに、核兵器非使用の国際ルールを強化する両国の立場を表明した。(...続きを読む)
2010-11-15 ArtNo.44196(48/50)
◆9月期四半期PC販売、27%アップ:IDC
【ニューデリー】インド国内における2010年9月期四半期のパーソナル・コンピューター(PC)販売台数は279万台と、前年同期比27%、前四半期比18%の成長を記録した。(...続きを読む)
2010-11-30 ArtNo.44248(49/50)
◆食品インフレ、過去17ヶ月来の最低に鈍化
【ニューデリー】カリフ(kharif:初冬収穫作物)の収穫物の入荷で野菜の価格が軟化したこともあり、食品インフレは6週間連続鈍化、11月13日までの1週間に過去17ヶ月来最低の10.15%を記録した。(...続きを読む)
2010-12-21 ArtNo.44308(50/50)
◆2010年新規就業機会、過去最高マーク:Ma Foi Randstad
【チェンナイ】インド経済の全般的復調を反映し、今年度の組織部門(organized sectors)の新規就業機会は過去最高をマーク。楽観的見通しが全国を覆い、企業はより多く支出し、より多く雇用している。カレンダー・イヤー2010年には113万人分の就業機会が創出され、2006年に記録された過去最高の103万人を上回る見通しだ。(...続きを読む)
右ペイン・広告スペース
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.