SEAnews 2001/cat#12-1p 化学
左予備スペース
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
右予備スペース
Site Search
Delivered from Singapore
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
石油/化学 Petroleum/Chemical in 2001
◄◄◄ back663件の関連記事が見つかりました( 1/14 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
元のページへ戻る ►2001-01-04 ArtNo.24794(1/663)
◆国営石油会社、1月のナフサ/燃料油価格引き下げ
【ムンバイ】公共部門石油会社は1月のナフサ価格をこれまでのトン当たり1万3330ルピーから1万2320ルピーに、燃料油(FO:furnace oil)価格をこれまでのキロ・リッター当たり8990ルピーから8020ルピーに、低硫黄ディーゼル油(LSHS:low sulphur heavy stock)価格をこれまでのトン当たり9435ルピーから8395ルピーに、それぞれ引き下げた。(...続きを読む)
2001-01-04 ArtNo.24795(2/663)
◆ペトロネット、4チームに改めてLNG輸送の価格入札要請
【ニューデリー】Petronet LNGは、残る4コンソーシアムに対し、カタールからグジャラート州Dahejへの液化天然ガス(LNG)の輸送契約に関する価格入札を改めて行うよう求める方針だ。(...続きを読む)
2001-01-08 ArtNo.24833(3/663)
◆政府専門委員会、原油輸入関税の免除提案
【ニューデリー】政府専門委員会は、その製品を輸出する地元石油精製会社に対し、原油の輸入関税を免除することを提案した。(...続きを読む)
2001-01-08 ArtNo.24834(4/663)
◆ユノカル、バングラデシュ/インド間にガス・パイプライン建設計画
【ニューデリー】米国拠点の石油/ガス・メジャー、UnocalはバングラデシュのBibyanaガス鉱区で採取された余剰ガスをインドの発電所や化学肥料会社に売り込むため、9億1000万米ドルを投じて両国間に全長1350キロの天然ガス・パイプラインを敷設することを提案した。(...続きを読む)
2001-01-09 ArtNo.24844(5/663)
◆ハルディア・ペトロケミカルズ、3月の商業生産開始目指す
【コルカタ】Indian Oil Corporation (IOC)を第4の出資パートナーとして迎え入れる交渉は依然として続けられているが、Haldia Petrochemicals Ltd (HPL)は、2001年3月までの商業生産開始を目指し準備を整えている。(...続きを読む)
2001-01-09 ArtNo.24845(6/663)
◆エンロン、Gail/IOCとMetgas事業で提携協議
【ムンバイ】Enron Indiaは、マハラシュトラ州Dabholの液化天然ガス(LNG)ターミナルとカルナタカ州間に1800クロー(US$3.85億)を投じて設ける1000キロのMetgasパイプライン事業への出資を求め、Gas Authority of India Ltd (Gail)及びIndian Oil Corporation (IOC)と商談を進めているが、まだ如何なる合意にも達していないようだ。(...続きを読む)
2001-01-10 ArtNo.24861(7/663)
◆石油省、Mumbai High鉱区のリハビリにUS$16億投資
【ムンバイ】石油天然ガス省はMumbai High鉱区のリハビリテーションに7500クロー(US$16.06億)を投資する方針を決めた。(...続きを読む)
2001-01-10 ArtNo.24862(8/663)
◆ダブホール第2期プロジェクトの生存能力に懐疑
【ムンバイ】マハラシュトラ州電力局(MSEB)がDabhol Power Company(DPC)に対する支払い能力を有せぬことが明らかになったことから、第2次ダブホール・プロジェクトの実行可能性に対する深刻な懐疑が生じている。(...続きを読む)
2001-01-10 ArtNo.24863(9/663)
◆ペトロネットLNG、ダヘジ・ターミナル事業の繋ぎ融資獲得
【ニューデリー】グジャラート州Dahejに2500クロー(US$5.35億)を投じて年間500万トンの液化天然ガス(LNG)輸入ターミナルを建設する計画のPetronet LNG Ltd(PLL)は、金融機関から1400クロー(US$3億)のブリッジ・ローンを調達した。(...続きを読む)
2001-01-11 ArtNo.24867(10/663)
◆マハラシュトラ州政府、ダブホール発電所への支払いを補助
【ムンバイ】マハラシュトラ州政府は9日、米国企業Enron傘下のDabhol Power Company(DPC)に対する支払い不能に陥ったマハラシュトラ州電力局(MSEB)に対し114クロー(US$2441万)を補助した。(...続きを読む)
2001-01-11 ArtNo.24869(11/663)
◆BOCインディア、SAIL酸素工場入札への参加見合わせ
【コルカッタ】工業ガス製造会社BOC India Ltdは、Steel Authority of India Ltd(SAIL)がマドヤプラデシュ州Bhilaiに設けた酸素工場の権益買収入札への参加を見合わせた。(...続きを読む)
2001-01-11 ArtNo.24870(12/663)
◆ブリティッシュ・ガス、近くLNGターミナルの建設入札募集
【ニューデリー】British Gas (BG)は近くグジャラート州Pipavav港における液化天然ガス(LNG)輸入ターミナルの建設入札を募集する。(...続きを読む)
2001-01-11 ArtNo.24871(13/663)
◆ドゥルガプール・ケミ、無水フタル酸事業のパートナー物色
【コルカタ(カルカッタ)】西ベンガル州政府傘下のDurgapur Chemicals Ltd (DCL)は、無水フタル酸工場の操業を再開するためパートナーを物色している。(...続きを読む)
2001-01-12 ArtNo.24891(14/663)
◆クウェイト石油、リライアンス石油への出資に意欲
【ニューデリー】Kuwait Petroleum Corporation(KPC)はグジャラート州Jamnagarにおける世界最大の製油所を経営するReliance Petroleum Ltd(RPL)への出資に強い関心を表明している。(...続きを読む)
2001-01-12 ArtNo.24892(15/663)
◆AV Birla、石油製品のマーケッティング許可申請
【ムンバイ】A V Birlaグループは国営Hindustan Petroleum Corporation Ltd(HPCL)と共同で設立したMangalore Refinery and Petrochemicals Ltd(MRPL)が石油製品をマーケッティングすることを認めるよう政府に陳情した。(...続きを読む)
2001-01-15 ArtNo.24902(16/663)
◆向こう25年間の炭化水素資源開発投資US$927億
【ニューデリー】インドは向こう25年間に43万3000クロー(US$927.2億)を投じて炭化水素資源を開発せねばならず、プロジェクト・ファイナンスが必要とされる。(...続きを読む)
2001-01-15 ArtNo.24903(17/663)
◆シェル/横河電機、APCテクノロジーを共同販促
【ニューデリー】Shell Global SolutionsとYokogawa Bluestarは日本や東南アジア市場における成功を好感、インドでも手を携えて、シェルの高度プロセス制御(APC:Advanced Process Control)技術を販促することで合意した。(...続きを読む)
2001-01-16 ArtNo.24912(18/663)
◆ブリティッシュ石油、IOC/GAILとDME製造
【ニューデリー】ブリティッシュ・ペトローリアム(BP)はIndian Oil Corporation(IOC)/Gas Authority of India Ltd(GAIL)/Indian Institute of Petroleumと50:24:24:2の出資率で6億米ドルを投資、代替発電燃料ジメチル・エーテル(DME)の世界初の商業生産に乗り出す。(...続きを読む)
2001-01-16 ArtNo.24913(19/663)
◆ハルディア石油化学、US$3.2億拡張計画に着手
【コルカタ】Haldia Petrochemicals Ltd(HPL)はIndian Oil Corporation(IOC)を第4のパートナーとして迎える交渉を続ける一方、事業再編計画の一環として見積もりコスト約1500クロー(US$3.21億)の設備拡張計画に着手した。(...続きを読む)
2001-01-16 ArtNo.24923(20/663)
◆Morepen、店頭薬市場進出に本腰
【ムンバイ】デリー拠点の製薬会社Morepen Laboratories Ltd(MLL)は、5000クロー(US$10.7億)と見積もられるインド国内の店頭薬(OTC)市場への本格的進出を図る。(...続きを読む)
2001-01-17 ArtNo.24932(21/663)
◆BP、US$11億プロジェクト準備
【ニューデリー】BPのインドにおけるプレゼンスは過去数年1億2000万米ドルの投資規模に限定されて来たが、British Petroleum、Amoco、Arco、Burma Castrolの合併に伴い、インドに対する2件の大型ガス供給計画が持ち上がっている。
もしこれらのプロジェクトが具体化すれば、2件だけで投資額は合計11億米ドルに達する。(...続きを読む)
2001-01-17 ArtNo.24933(22/663)
◆Herdillia、グジャラート州にフェノール/アセトン工場建設
【ムンバイ】Duncan Goenka氏に率いられるHerdillia Chemicals Ltd (HCL)はグジャラート州Dahejに約700クロー(US$1.5億)を投じてフェノールとアセトンの製造施設を設ける。(...続きを読む)
2001-01-17 ArtNo.24934(23/663)
◆ハネウェル、RPG子会社とラブ・ケミカル流通契約
【チェンナイ】年商250億米ドルの米国拠点の複合企業Honeywell Internationalは15日、RPGグループに属するCetex Petrochemicalsと、インド市場におけるラボラトリー・ケミカルの販売委託覚書を結んだ。(...続きを読む)
2001-01-18 ArtNo.24942(24/663)
◆石油商社IBPの政府持分売却入札募集
【ニューデリー】インド政府は16日、石油貿易会社IBPの33.58%の政府持分売却を目指す入札を募集した。(...続きを読む)
2001-01-18 ArtNo.24956(25/663)
◆Unichem、独自商標バイアグラ発売
【ムンバイ】バルク薬品の開発や完成薬品の臨床試験等を手掛けるマハラシュトラ州ムンバイ拠点のUnichem Laboratoriesは、バイアグラが依然ブームを呼ぶなか独自商標の強精・強壮剤Erixを発売した。(...続きを読む)
2001-01-19 ArtNo.24967(26/663)
◆プラスチック業界、ポリマーの輸入関税引き下げ要求
【ハイデラバード】国内プラスチック業界はポリマーの輸入関税の引き下げと、プラスチック製品に対する全国一律の販売税適用を政府に求めている。(...続きを読む)
2001-01-19 ArtNo.24968(27/663)
◆民間石油会社、石油製品のマーケッティング権求め蠢動
【ニューデリー】Reliance Petroleum Ltd(RPL)やEssar Oil Ltd (EOL)さらには、Aditya Birlaグループがプロモーターを務めるMangalore Refineries and Petrochemicals Ltd (MRPL)等の民間石油会社は、2002年4月の石油市場の開放を待たずに、早くも石油統制品のマーケッティング権を求め、政府と折衝している。(...続きを読む)
2001-01-23 ArtNo.24988(28/663)
◆リライアンス/IOC、石油商社IBP権益に共同入札
【ニューデリー】Reliance Petroleum Ltd (RPL)とIndian Oil Corporation (IOC)は石油貿易会社IBPの33.58%の政府持分買収を目指し、共同入札する見通しだ。(...続きを読む)
2001-01-23 ArtNo.24989(29/663)
◆GAIL、パイプライン事業にUS$20億投資
【コルカタ】Gas Authority of India Ltd(GAIL)は向こう3年間に9500クロー(US$20.34億)を投じ、パイプライン網を拡張する。(...続きを読む)
2001-01-23 ArtNo.24990(30/663)
◆昨年の精密・特殊化学産業成長率11.5%
【ムンバイ】インドの精密・特殊化学産業は1999-2000年度には前年の6.5%から11.5%に成長速度を速め、3年ぶりに2桁成長を回復した。
しかし今年(2000-01)上半期には成長の鈍化が見られた。(...続きを読む)
2001-01-23 ArtNo.24991(31/663)
◆Cadila、米国FDAのフルオキセチン製造認可獲得
【アーマダバード】グジャラート州アーマダバード市内のAnkleshwarを拠点にする製薬会社Cadila Pharmaceuticalsは米国食品医薬品局(FDA)から抗欝剤の成分、塩酸フルオキセチン(Fluoxetine HCL)製造施設の認可を得た。(...続きを読む)
2001-01-23 ArtNo.24992(32/663)
◆SAIL、NTPCとタイアップし事業再編に着手
【コルカタ】Steel Authority of India(SAIL)は、その事業再編計画に基づき、来月RourkelaとDurgapurのキャプティブ発電所をNational Thermal Power Corporation(NTPC)との合弁会社に転換する一方、Bhilai Steel Plant付属の酸素工場を分離する。(...続きを読む)
2001-01-26 ArtNo.25003(33/663)
◆グジャラート州ダヘジにUS$107億化学団地計画
【ニューデリー】インド政府は、5万クロー(US$107億)を投じて総合的な石油化学工業団地を設ける計画で、グジャラート州のDahejを第1候補地として検討している。(...続きを読む)
2001-01-26 ArtNo.25004(34/663)
◆IPCL等、ダヘジに国内初の液状化学品専用港建設
【ニューデリー】Indian Petrochemicals Corporation Ltd (IPCL)を初めとするコンソーシアムはグジャラート州Dahejに830クロー(US$1.8億)を投じ、インド初の液体/気体化学品専用の港湾施設を建設している。(...続きを読む)
2001-01-26 ArtNo.25005(35/663)
◆IPCLヴァドダラ工場のIOCへの売却手続き順調に進捗
【ニューデリー】政府持分処分局(DOD:Department of Disinvestment)は22日、Indian Petrochemicals Corporation Ltd (IPCL)がグジャラート州Vadodaraに設けたコンプレックスをIndian Oil Corporation(IOC)に売却する手続きがスケジュール通り順調に進捗していると発表した。(...続きを読む)
2001-01-26 ArtNo.25006(36/663)
◆シェル、ハジラLNGターミナルの稼働目標達成に自信
【ニューデリー】インド北西海岸に面したグジャラート州Haziraに年間処理能力500万トンのLNGターミナルを建設中のシェルは、2002年初の部分(100万トン)的操業開始と2003年12月の全面稼働に自信を深めている。(...続きを読む)
2001-01-26 ArtNo.25017(37/663)
◆年初9ヶ月のインフラ産業成長率7.7%に鈍化
【ニューデリー】セメント、鉄鋼、電力部門の成長鈍化が祟り、中核インフラ産業6部門(電力/石炭/鉄鋼/原油/精製/セメント)の年初9ヶ月(2000年4-12月)の成長率は7.7%と、前年同期の9.1%及び2000年4-11月期の8.5%を下回った。(...続きを読む)
2001-01-29 ArtNo.25030(38/663)
◆蘭企業のUS$5億事業とオマーン石油のUS$9億事業に認可
【ニューデリー】インド政府はオランダ企業Digital Future Investments(DFI)の2250クロー(US$4.82億)プロジェクトとOman India Fertiliserの9億6900万米ドル事業を含む一連の投資プロジェクトを認可した。(...続きを読む)
2001-01-29 ArtNo.25031(39/663)
◆バルボリン・カミンズ、潤滑油ブレンディング・プラント物色
【ニューデリー】Valvoline InternationalとCummins Diesel Sales and Service (India) Ltd(Cummins India Ltd完全出資子会社)の50:50の合弁会社Valvoline Cummins Ltd (VCL)は潤滑油ブレンディング施設をインド国内に設けることを計画、買収可能な既存施設を物色している。(...続きを読む)
2001-01-29 ArtNo.25032(40/663)
◆Morepen、スイス製マラリヤ/血液型検査装置の製造販売協定締結
【ムンバイ】デリー拠点のMorepen Laboratories Ltd(MLL)は、スイス・ベースのDiaMed AGと技術/マーケッティング協定を結んだ。(...続きを読む)
2001-01-30 ArtNo.25037(41/663)
◆Deepak、電子画像産業向け特殊化学品製造
【ムンバイ】年商800クロー(US$1.7億)のDeepakグループに属するDeepak Nitrite Ltd (DNL)はインド電子画像産業のための特殊化学品の製造に乗り出す。
現在この種の製品の製造業者は、欧州に2社、米国に2社、日本に3社存在するのみで、インド企業が同分野に進出するのは初めてのこと。(...続きを読む)
2001-01-30 ArtNo.25039(42/663)
◆電力/肥料事業の資本財輸入に対する相殺関税撤廃検討
【ニューデリー】インド大蔵省は電力及び肥料プロジェクトのための資本財輸入に対する16%の相殺関税(CVD:countervailing duty)を撤廃する可能性を検討している。(...続きを読む)
2001-01-30 ArtNo.25040(43/663)
◆グジャラート州の主要産業施設、震災回避?
【ムンバイ】先週金曜早朝にグジャラート州を襲った大地震は多くの人命を奪ったものの、同州の主要な産業施設は倒壊を免れたもようだ。(...続きを読む)
2001-01-30 ArtNo.25042(44/663)
◆NuGas Tech、イタリヤ企業とバス用CNGキットの販売契約
【ニューデリー】デリー拠点のNuGas Technologies (NGT)は、イタリヤ企業NGV Motoriと、ディーゼル・エンジンを搭載した従来型バスの燃料を圧縮天然ガス(CNG)に転換する改造キットのマーケッティング協定を結んだ。(...続きを読む)
2001-01-31 ArtNo.25060(45/663)
◆インド・ガルフ、ペトロネットLNGとのタイアップ計画
【ムンバイ】Aditya Birlaグループに率いられるIndo Gulf Corporation(IGC)は、グジャラート州Dahejに設けた年間処理能力100万トンのキャプティブ埠頭を年間処理能力600万~700万トンの本格的ポートに再開発するためPetronet LNGとのタイアップを計画している。(...続きを読む)
2001-01-31 ArtNo.25061(46/663)
◆ONGC、ムンバイ・ハイ石油鉱区のリハビリで外資と提携も
【ムンバイ】Oil & Natural Gas Corporation(ONGC)が、Mumbai High石油鉱区のリハビリテーション・プロジェクトで外国企業と手を結ぶ可能性が予想されている。(...続きを読む)
2001-01-31 ArtNo.25062(47/663)
◆工業用アルコール、輸出が災いし国内供給逼迫
【ムンバイ】欧州及び米州の一部諸国への輸出が災いし、国内供給が逼迫、今年に入って以来工業用アルコールがほとんど50%近い値上がりを見ている。(...続きを読む)
2001-02-01 ArtNo.25072(48/663)
◆GAIL、炭層メタン開発の国際入札に応札準備
【コルカタ】Gas Authority of India Ltd(GAIL)は西ベンガル州における炭層メタン(coal-bed methane)の開発が国際入札にかけられる際には応札する方針だ。(...続きを読む)
2001-02-02 ArtNo.25081(49/663)
◆リライアンス、ポリエステルの製造能力をさらに拡大
【ムンバイ】Reliance Industries Ltd(RIL)は企業買収やデボトルネッキングを通じてポリエステルの製造能力を100万トンに拡大する計画だ。(...続きを読む)
2001-02-02 ArtNo.25082(50/663)
◆Dr Reddy's Lab、バイオテック会社設立
【ムンバイ】Dr Reddy's Laboratories Ltd(DRLL)取締役会はZenovus Bio-Tech Pvt. Ltdと称する生物工学会社を設立する方針を決めた。(...続きを読む)
石油/化学 Petroleum/Chemical in 2001
◄◄◄ back663件の関連記事が見つかりました( 1/14 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
右ペイン・広告スペース
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.