左予備スペース
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
右予備スペース
Site Search
Delivered from Singapore
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
石油/化学 Petroleum/Chemical in 1995
◄◄◄ back453件の関連記事が見つかりました( 1/10 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
元のページへ戻る ►1995-01-04 ArtNo.11(1/453)
◆<印尼>エクソン、9日にナトゥナ・ガス開発契約に調印
【ジャカルタ】エクソン・コープは今月9日に南中国海ナトゥナ諸島沖ガス田の開発契約に正式調印する見通しだ。(...続きを読む)
1995-01-05 ArtNo.18(2/453)
◆<星>石油部門の不振で昨年の化学産業成長率1%に減速
【シンガポール】シンガポールの昨年の化学産業生産はわずか1%(予測値)の伸びにとどまった。(...続きを読む)
1995-01-09 ArtNo.63(3/453)
◆<星>石化企業、アジア太平洋地域のブームに備えギアアップ
【シンガポール】スランプを抜け出した域内の石化業界は予想されるアジア太平洋地域のブームに応じるべくギアアップしている。(...続きを読む)
1995-01-09 ArtNo.64(4/453)
◆<星>石化企業、マレーシアの貿易障壁問題で政府に支援要請
【シンガポール】マレーシア政府が昨年4月に新たな輸入規制措置を導入して以来、シンガポールのマレーシア向けプラスチック原料輸出が44%下降、フィリップス・ペトローリアム・シンガポール・ケミカルズ(PPSC)とザ・ポリオレフィン・カンパニー(TPC)は現状を打開するためシンガポール政府に支援を求めている。(...続きを読む)
1995-01-09 ArtNo.65(5/453)
◆中国、対<星>原油委託精製継続
【シンガポール】石油製品価格が原油価格に歩調を合わせて回復していないにも関わらず中国はシンガポールにおける原油の委託精製を継続する方針だ。(...続きを読む)
1995-01-10 ArtNo.89(6/453)
◆<越>燃料油税の大幅引き上げ、ベトナム航空を直撃
【ハノイ】ベトナム政府は1月1日から燃料油税をこれまでの10%から40%に引き上げたが、ベトナム・エアラインズが最大の影響を被りそうだ。(...続きを読む)
1995-01-11 ArtNo.98(7/453)
◆<馬>タピス原油価格、過去5カ月以来の最高を記録
【シンガポール】アジアの石油精製業者が灯油、ディーゼル油の好需要に応じるため原油処理を急増させたことからマレーシア産タピス原油の価格が過去5カ月以来の最高水準に達している。(...続きを読む)
1995-01-12 ArtNo.107(8/453)
◆<星>マレーシアの石化製品輸入規制問題をWTOに正式提訴
【シンガポール】シンガポールのジュネーブ駐在常任代表K.Kesavapany大使はGATT/WTOの裁定制度下に石油化学製品の輸入制限問題を協議するようマレーシア側に正式に申し入れた。(...続きを読む)
1995-01-12 ArtNo.110(9/453)
◆<星>環境省、現代建設にS$2億汚水処理契約
【シンガポール】環境省は10日、韓国の現代建設(ヒュンダイ・エンジニアリング・アンド・コンストラクションCo)にクランジ汚水処理場の拡張工事を2億2120万Sドルで正式発注した。(...続きを読む)
1995-01-12 ArtNo.115(10/453)
◆<馬>ラーマン・ハイドローリク、中国石油事業に進出
【クアラルンプル】ラーマン・ハイドローリク・ティンBhd(RHTB)は香港拠点の投資会社ゴールデン・ホープ・アジアLtdを5400万Mドルで買収することを通じて中国における石油/石油化学事業に進出する。(...続きを読む)
1995-01-14 ArtNo.143(11/453)
◆<馬>政府、シンガポールのWTO提訴に落胆:通産相
【クアラルンプル】ラフィダ通産相は12日、シンガポールがマレーシアのポリプロピレンとポリエチレンに対する輸入許可(AP)制度を世界貿易機関(WTO)に提訴したことについてマレーシア政府は落胆せざるを得ないとの声明を発表した。(...続きを読む)
1995-01-14 ArtNo.144(12/453)
◆<馬>L&G、PVC製造会社の87%権益買収
【クアラルンプル】ランド&ジェネラルBhd(L&G)は12日、プルリス・コンソリデーテッドSdn Bhd(PCSB)の87%の権益を株式のスワップを通じて2678万Mドルで買収すると発表した。(...続きを読む)
1995-01-16 ArtNo.155(13/453)
◆<星>石化製品輸入規制はWTOルール違反:通産省
【シンガポール】シンガポール通産省は13日、マレーシアのポリエチレンとポリプロピレンに対する輸入許可(AP)制度は世界貿易機関(WTO)のルールに反するとの立場を重ねて強調した。(...続きを読む)
1995-01-17 ArtNo.177(14/453)
◆<泰>P&G、US$5000万新工場建設
【バンコク】米国の油脂・化粧品会社プロクター&ギャンブル(P&G)の子会社プロクター&ギャンブル(タイランド)Co Ltdはバンコク郊外に5000万米ドルを投じて新工場を建設する。(...続きを読む)
1995-01-18 ArtNo.182(15/453)
◆<星・馬>副首相、WTO裁定遵守で合意:石化製品貿易紛争
【クアラルンプル】シンガポールとマレーシアの両国副首相は16日、マレーシアの石油化学製品(ポリエチレン/ポリプロピレン)輸入規制問題に関して世界貿易機関(WTO)の裁定に従うことで合意した。(...続きを読む)
1995-01-18 ArtNo.183(16/453)
◆<星>NOL、米石油会社と4隻目のタンカー・チャーター契約
【シンガポール】シンガポールの地元海運会社ネプチュー・オリエント・ラインズ(NOL)は16日、米国の独立系石油会社Tosco Corporation傘下のベイウェイ・リファイニング社と10万トン・タンカーの12年間チャーター契約を結んだ。(...続きを読む)
1995-01-18 ArtNo.184(17/453)
◆<星>FELS、プレハブ方式でエッソの水素化処理装置建設
【シンガポール】ファー・イースト・リビングストン・シップビルディング(FELS)は16日、アイル・チャワン島にエッソが3億8000万Sドルを投じて建設中の水素化処理施設にプレハブ工法により建造した273トンのモジュールを据え付けた。(...続きを読む)
1995-01-18 ArtNo.185(18/453)
◆<星>韓国企業、日系企業の石化プラント建設市場支配に挑戦
【シンガポール】韓国のダエリム(大林)エンジニアリング・カンパニーは最近フィリップス・ペトローリアム・シンガポール・ケミカルズ(PPSC)とリニア・ポリエチレン・プラントの建設請負契約を結んだ。(...続きを読む)
1995-01-18 ArtNo.189(19/453)
◆<馬>Mox、年内に1.2億Mドル4工場が稼働
【クアラルンプル】マレーシアン・オキシジェンBhd(Mox)が1億2000万Mドルを投じて建設中の4工場が年内に稼働する。(...続きを読む)
1995-01-20 ArtNo.215(20/453)
◆<星>石油/石油化学6社、地元企業の技術改革支援
【シンガポール】石油/石油化学企業6社が18日、経済開発局(EDB)と覚書を交換、地元産業改良計画(LIUP)に参加した。(...続きを読む)
1995-01-20 ArtNo.225(21/453)
◆<越>プラスチック産業成長率33%
【シンガポール】ベトナムのプラス7ッチク産業は2005年まで年率33%の成長が見込まれている。(...続きを読む)
1995-01-21 ArtNo.233(22/453)
◆<星>自動溶接機器のシンスンファット、証取上場準備
【シンガポール】インフラストラクチャー/石油・ガス/海事エンジニアリング/製造業界向けの設備/機材/サービスを提供するシンスンファット(SSH)社は域内市場の開拓資金を調達するため、向こう数カ月以内に株式を公開、シンガポール証取(SES)への上場を図る。(...続きを読む)
1995-01-21 ArtNo.235(23/453)
◆<馬>セルコム、光ファーイバー網敷設でペトロナスと覚書
【クアラルンプル】セルラー・コミュニケーションズ・ネットワーク(M)Sdn Bhd(セルコム)と国営石油会社ペトロナスは、半島ガス供給(PGU)パイプライン網に沿ってデジタル・ベースの光ファイバー通信ケーブルを敷設するため、合弁覚書を交換した。(...続きを読む)
1995-01-21 ArtNo.239(24/453)
◆<馬>サイム、ト州経済開発公社と重工業合弁
【クアラルンプル】サイム・ダービー・グループ傘下のSDホールディングズBhdは19日、トレンガヌ州経済開発公社(SEDC)と石油/ガス関連ヘビー・エンジニアリングに関わる合弁覚書を交換した。(...続きを読む)
1995-01-21 ArtNo.241(25/453)
◆SAAG、<印尼>天然ガス市場開拓でバタム島に進出
【クアラルンプル】石油/ガス事業関連機材のマーケッティング、セールス、修理、保守を手掛けるマレーシア企業SAAGコーポレーションBhdはナトゥナ諸島における総コスト400億米ドルの天然ガス事業への機材納入や関係サービスの提供を目指し、インドネシアのバタム島にサービス・センターを設ける。(...続きを読む)
1995-01-23 ArtNo.243(26/453)
◆<星>シェル、米国シテックとUS$2000万触媒工場建設
【シンガポール】シェルと米国企業シテック・インダストリーズの対等出資会社クライティリオン・キャタリスト・カンパニーはシェルの完全子会社CRIインターナショナルと50:50の合弁でCRI/クライティリオン・シンガポール・マニュファクチュアリングを設立するとともに、トゥアスに2000万米ドルを投じて触媒工場を建設する。(...続きを読む)
1995-01-23 ArtNo.246(27/453)
◆<星>昨年11月の製造業生産14.2%アップ
【シンガポール】シンガポールの製造業生産は昨年11月に前年同月比14.2%成長、年初11カ月の成長率は13.1%となった。(...続きを読む)
1995-01-23 ArtNo.257(28/453)
◆<緬>タイ石油公団子会社、ヤダナ・ガス鉱区の30%権益買収
【バンコク】タイ石油公団(PTT)の子会社PTTエクスプロレーション&プロダクションPlc(PTTEP)が進めていたアンダマン海ヤダナ・ガス鉱区の30%権益買収交渉が妥結した模様だ。(...続きを読む)
1995-01-25 ArtNo.282(29/453)
◆<馬・星>石化製品貿易紛争は既に決着:ラ通産相
【シンガポール】「マレーシアとしてはポリエチレン及びポリプロピレンの輸入問題に関して説明すべき点は全て説明しており、これ以上つけ加えることはない。(...続きを読む)
1995-01-26 ArtNo.298(30/453)
◆<馬>ペトロナス、インドで第2の合弁事業交渉
【クアラルンプル】先週マドラスにおける液化石油ガス(LPG)合弁契約に調印した国営石油会社ペトロナスは目下グジャラート州における同様な合弁交渉を進めており、同社は2、3カ月以内に契約調印にこぎ着けたい考えだ。(...続きを読む)
1995-01-26 ArtNo.301(31/453)
◆<泰>石化企業TPI、公募資金で内外プロジェクト加速
【バンコク】タイ証取上場を目指し近く1億6700万株を55バーツで公開する予定のタイ・ペトロケミカル・インダストリー(TPI)は、国内における400億バーツ(S$23.1億)の投資事業に加え、様々な域内プロジェクトを進めている。(...続きを読む)
1995-01-27 ArtNo.314(32/453)
◆<馬>マラッカ州のM$60億石化事業計画破談に
【マラッカ】マラッカ州政府は地元企業バイオ・グローバル(M)Sdn Bhdのトゥロック・ゴンにおける60億Mドルの石化事業計画の無効を宣言した。(...続きを読む)
1995-01-28 ArtNo.328(33/453)
◆<馬>処理場建設の遅れで有毒廃棄物の管理問題が深刻化
【クアラルンプル】マレーシアの有毒工業廃棄物は急速に増加しており、一部の工場では廃棄物の保管スペースが製造スペースを上回っている。(...続きを読む)
1995-01-30 ArtNo.339(34/453)
◆<馬>千代田/三井等、US$7.9億製油施設建設受注
【クアラルンプル】国営石油会社ペトロナスはマラッカにおける第2石油精製プラント第2期工事(PSR2)の土木/資材調達/建設契約を千代田化工/千代田マレーシア/MMCエンジニアリング/三井物産チームに発注した。(...続きを読む)
1995-01-30 ArtNo.340(35/453)
◆<馬>シェル、サバ州沖合い深水鉱区探査契約に調印
【クアラルンプル】サバ・シェル・ペトローリアム・カンパニー/シェル・サバ・スラタンSdn Bhd/ペトロナス・カリガリSdn Bhdのチームは27日、サバ州ラブアン島沖100キロの深水鉱区ブロックGの生産分与協定(PSC)に調印した。(...続きを読む)
1995-01-30 ArtNo.341(36/453)
◆<馬>業者、中央有毒廃棄物処理場建設で低利融資申請
【クアラルンプル】ヌグリ・スンビラン州ブキ・ナナスに中央有毒廃棄物処理場の建設を計画するコンソーシアムは目下、総理府経済計画局(EPU)に低利融資を申請している。(...続きを読む)
1995-02-02 ArtNo.350(37/453)
◆<星>昨年の化学工業投資、製造業投資の半ばに
【シンガポール】経済開発局(EDB)によると、昨年の化学品部門の固定資産ベースの投資約定額は製造業全体の58億Sドルのほぼ半分に相当する27億Sドルに達した。(...続きを読む)
1995-02-02 ArtNo.351(38/453)
◆<星>プロメット、パキスタンでパイプライン敷設工事受注
【シンガポール】クアラルンプル証取上場会社プロメットBhd傘下のプロメット・エンジニアリング・シンガポールPte Ltdはパキスタンにおける石油輸送管敷設工事を6800万米ドルで受注した。(...続きを読む)
1995-02-02 ArtNo.355(39/453)
◆<馬>M$80億固形廃棄物収集処理事業に24チームが入札
【クアラルンプル】マレーシアの80億Mドルとも伝えられる固形廃棄物の収集・処理民営化事業には24チームが入札した模様だ。(...続きを読む)
1995-02-02 ArtNo.360(40/453)
◆<印尼>バロンガン製油所、稼働率60%にダウン
【ジャカルタ】国営石油会社傘下バロンガン製油所の原油蒸留装置(CDU)は重質油接触分解装置(RCC)がストップしたため、稼働率がこれまでの80%から60%にダウンした。(...続きを読む)
1995-02-02 ArtNo.363(41/453)
◆<緬>天然ガス輸出でタイと最終協定に調印
【バンコク】ミャンマー沖合いガス田で採取された天然ガスをタイに輸出する最終協議が妥結、ミャンマー・オイル・アンド・ガス・エンタープライズとタイ石油公団(PTT)は月曜(1/30)、関係覚書に調印した。(...続きを読む)
1995-02-03 ArtNo.373(42/453)
◆<印尼>三菱、ヘキストと合弁でPETフィルム製造
【東京】ミツビシ・ケミカルとミツビシ・プラスチクス・インダストリーズ及びドイツのヘキストAGの合弁会社ダイアフォイル・ヘキストCo Ltdは来年7月の操業開始を目処にインドネシアに現地合弁会社を設立、PET(ポリエチレン・テレフタレート)フィルムを製造する。
(...続きを読む)
1995-02-04 ArtNo.387(43/453)
◆<馬>マラッカ州政府、201ha石化工業用地の利用者物色
【マラッカ】マラッカ州政府は石油化学工業用地として確保されているトゥロック・ゴンの201haの土地を開発する企業を物色している。(...続きを読む)
1995-02-04 ArtNo.391(44/453)
◆<比>コースタル・ペトローリアム、地域本部をスービクに移転
【マニラ】米国テキサス州ヒューストン拠点のコースタル・ペトローリアムは今年5月にアジア地域本部をシンガポールからフィリピンのスービク湾に移転する。(...続きを読む)
1995-02-06 ArtNo.408(45/453)
◆<越>バイエル、20年振りにカンバック
【ハノイ】ドイツの大手化学企業バイエルが20年振りにベトナムにカンバックし、先月ホーチミン事務所をオープンした。(...続きを読む)
1995-02-08 ArtNo.432(46/453)
◆<馬>テキスケム、ウツイの全権益買収
【クアラルンプル】テキスケム・トレーディングBhd(TTB)は6日、ウツイ・コンシュマー・プラスチクスSdn Bhdの全権益をテキスケム・コーポレーションSdn Bhd(TCSB)及び他の株主から1163万2000Mドルで買収すると発表した。(...続きを読む)
1995-02-08 ArtNo.434(47/453)
◆<印尼>US$90億スマトラ発電事業にレノンも関心
【クアラルンプル】インドネシアの北スマトラ省に75億~90億米ドルを投じて建設することが計画されている石炭発電所にマレーシアの複合企業レノン社も加わる見通しだ。(...続きを読む)
1995-02-08 ArtNo.437(48/453)
◆<比>韓国電力会社、650MW発電所改良契約獲得
【マニラ】コーリアン・エレクトリック・パワーCoはフィリピンの650MW(メガワット)発電所の修復・運転・保守契約を獲得した。(...続きを読む)
1995-02-09 ArtNo.439(49/453)
◆<星>呉羽、PVC原料製造にS$4380万投資
【シンガポール】クレハ・ケミカルズ・シンガポール(KCS)は、4380万Sドルを投じてポリ塩化ビニル(PVC)樹脂の原料となる高品位アクリル製品の生産に乗り出す。(...続きを読む)
1995-02-09 ArtNo.441(50/453)
◆<星>アエロスパシャル子会社、ソフト売り込み目指す
【シンガポール】フランスの国営企業アエロスパシャル子会社のアエロスパシャル・プロテクション・システムズ(APS)はシンガポールのコンピュータ・エンジニアリング会社と共同で域内の石油/石油化学業界をターゲットに安全対策と生産性向上を実現するソフトウェアー製品の売り込みを図る計画だ。(...続きを読む)
石油/化学 Petroleum/Chemical in 1995
◄◄◄ back453件の関連記事が見つかりました( 1/10 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
右ペイン・広告スペース
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.