左予備スペース
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
右予備スペース
Site Search
Delivered from Singapore
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
公益サービス Public Utility in 1996
◄◄◄ back237件の関連記事が見つかりました( 1/5 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
元のページへ戻る ►1996-01-05 ArtNo.4475(1/237)
◆<泰>有望ガス田発見でエネルギー供給予想に見直し
【バンコク】ソンクラ沖合い290キロのマレーシアとの共同探査海域における有望ガス田の発見に伴い、アナリストらはこれまでの概して悲観的なタイのエネルギー供給予想に見直しを加えている。(...続きを読む)
1996-01-09 ArtNo.4513(2/237)
◆<馬>独立電力会社パワーテック、KLSE上場目指す
【クアラルンプル】独立電力供給業者(IPP)のパワーテックSdn Bhdはクアラルンプル証取(KLSE)一部上場を目指し5627万株を公開、昨年末に証券委員会がインフラ事業の上場ガイドラインを発表して以来、KLSE上場を果たす最初のIPPとなる。(...続きを読む)
1996-01-11 ArtNo.4544(3/237)
◆<馬>TNB子会社、発電所複合サイクル化工事で合弁契約
【クアラルンプル】電力会社トゥナガ・ナシオナルBhd(TNB)子会社のTNBエンジニアリング・アンド・コンストラクションSdn Bhd(TNEC)は、プロジャス・エンジニアリングSdn Bhd及びGEパワー・システム(M)Sdn Bhdと、マラッカ州タンジュン・クリンのTNB発電所を複合サイクル発電所に転換する合弁契約を結んだ。(...続きを読む)
1996-01-12 ArtNo.4562(4/237)
◆<馬>シーメンス、初の送電システム納入契約獲得
【クアラルンプル】ドイツの重電機メーカー、シーメンスAGはクラン近郊のカパルとラワンのブキ・タレに500KV(キロ・ボルト)の送電システムを据え付ける7500万Mドルの契約を獲得した。(...続きを読む)
1996-01-15 ArtNo.4586(5/237)
◆<星>スンバワン、S$1.6億化学産業支援センター建設
【シンガポール】スンバワン・プロジェクツ・エンジニアリング(SEMPEC)は1億6000万Sドルを投じ、化学企業に各種ユーティリティー・サービスや貯蔵施設を提供する支援センターをサクラ島に建設する。(...続きを読む)
1996-01-16 ArtNo.4614(6/237)
◆TDBエネルギー代表団訪<越>
【シンガポール】貿易開発局(TDB)が組織したシンガポールのエネルギー産業代表団が15日、ベトナムに赴いた。(...続きを読む)
1996-01-24 ArtNo.4710(7/237)
◆<馬>バクン水力発電EPC事業に9チームが入札
【クアラルンプル】サラワク州のバクン水力発電プロジェクトのエンジニアリング/資材調達/建設(EPC)事業にこれまでに9チームが入札している。(...続きを読む)
1996-01-26 ArtNo.4749(8/237)
◆<泰>7月より石油製品輸出開始
【バンコク】これまで海外からの石油製品の輸入に依存してきたタイは新たに2製油所が稼働するのに伴い今年半ばから石油製品の輸出を開始する。(...続きを読む)
1996-01-27 ArtNo.4764(9/237)
◆<泰・緬>パイプライン敷設工事、ペトロナス・チームに
【クアラルンプル】マレーシアの国営石油会社ペトロナスの60%子会社OGPテクニカル・サービシズSdn Bhdとノバ・ガス・インターナショナルLtdの合弁チームは25日、タイ石油公団(PTT)と、ミャンマーのヤダナ・オフショア鉱区からタイ/ミャンマー国境のBan-I-Thongを経てタイ側のRatchburiに至るガス・パイプラインの敷設請負契約を結んだ。(...続きを読む)
1996-01-30 ArtNo.4789(10/237)
◆<馬>パワーテック、M$6億投じ発電能力増強
【クアラルンプル】マラッカ州に6億3000万Mドルを投じて建設した440MW(メガ・ワット)のオープン・サイクル発電所を経営する独立電力業者(IPP)のパワーテックBhdは更に6億Mドルを追加投資して同発電所を660MWのクローズド・サイクル・システムにアップ・グレードする。(...続きを読む)
1996-02-01 ArtNo.4821(11/237)
◆<馬>リーダー社、伊Enelと発電事業で提携
【クアラルンプル】リーダー・ユニバーサル・ホールディングズBhdとイタリーのEnel Societa per Azioniは火曜(1/30)、アジア地域における電力事業に関する協力協定に調印した。(...続きを読む)
1996-02-02 ArtNo.4826(12/237)
◆<星>Fels、US$1億洋上掘削施設改良工事受注
【シンガポール】ファー・イースト・リビングストン・シップビルディング(FELS)はブラジルの国営石油会社ペトロブラス子会社のブラスペトロ・オイル・サービシズから半潜水型掘削装置ペンロッド71を半潜水型の浮動プロダクション・プラットフォーム“ペトロブラスP-27”に改修する1億米ドルの契約を獲得した。(...続きを読む)
1996-02-02 ArtNo.4832(13/237)
◆<馬>リーダー、域内電力/通信事業にUS$2億投資
【クアラルンプル】リーダー・ユニバーサル・ホールディングズBhdは年内にアジアにおける電力/通信事業に2億米ドルを投資する。(...続きを読む)
1996-02-05 ArtNo.4860(14/237)
◆<星>マリーナ・サウスに公益サービス専用トンネル網計画
【シンガポール】シンガポール政府はマリーナ・サウスに電線、電話線、ガス管等の公益サービス施設を収用する専用トンネルのネットワークを設けることを計画している。(...続きを読む)
1996-02-06 ArtNo.4875(15/237)
◆<馬>マレーシア・エアポートBhd、空港関連事業に参画
【クアラルンプル】マレーシア・エアポートBhd(MAB)は2次発電/給油/ホテル等、新クアラルンプル国際空港(KLIA)における各種空港関連ビジネスに参画する。(...続きを読む)
1996-02-07 ArtNo.4893(16/237)
◆<馬>プンチャク、スラゴール州残余水道事業民営化の調査完了
【クアラルンプル】プンチャク・ニアガ(M)Sdn Bhdはスラゴール州政府水道課の残余事業の民営化に関する調査を完了、報告書も既に州政府に提出し、今年末までには関係契約に調印できるものと期待している。(...続きを読む)
1996-02-08 ArtNo.4905(17/237)
◆<星>シンガポール・パワー、中国海南島発電所に50%出資
【シンガポール】シンガポール・パワー(SP)は米国のEnronコーポレーションが中国海南島に1億4000万米ドルを投じて建設した150MW(メガワット)の石油火力発電所の50%の権益を買収した。(...続きを読む)
1996-02-10 ArtNo.4937(18/237)
◆<馬>バクン水力発電会社、4月に公募上場
【クチン】バクン・ハイドロエレクトリック・コープBhd(BHCB)は4月末のクアラルンプル証取(KLSE)上場を目指し準備を進めている。(...続きを読む)
1996-02-12 ArtNo.4947(19/237)
◆<星>STグループ、中国華能と電力/通信合弁準備
【シンガポール】中国国家計画委員会から独立した中国政府の100%所有持ち株会社中国華能グループはシンガポール・テクノロジー(ST)グループと中国における5億~9億Sドル相当の複数の合弁事業を計画している。(...続きを読む)
1996-02-12 ArtNo.4955(20/237)
◆<印尼>VDH、US$7500万発電所建設契約獲得
【シンガポール】シンガポール証取(SES)上場のバン・デル・ホルスト(VDH)は9日、中央ジャワ省スマランにおける96MW(メガワット)の発電所建設仮契約を獲得したと発表した。(...続きを読む)
1996-02-13 ArtNo.4965(21/237)
◆<馬>電力関連工学会社MESBのKLSE2部上場認可
【クアラルンプル】送電線の敷設や変電所/小型水力発電所/極超短波通信タワーの建設を手掛けるMESB Bhdは証券委員会からクアラルンプル証取(KLSE)2部上場を認められた。(...続きを読む)
1996-02-13 ArtNo.4966(22/237)
◆<馬>エネルゴモール、送配電機器製造にM$2500万投資
【クアラルンプル】レボルーショナリー・テクノロジー・ホールディングズSdn Bhd(RTH)とサラエボのエネルゴインベストメントDDが70:30の出資率で設立したエネルゴモールSdn Bhdは2100万Mドルを投じ送電配電機器を製造する。(...続きを読む)
1996-02-15 ArtNo.4976(23/237)
◆<星>電力/ガス会社の上場を無期延期
【シンガポール】シンガポール政府は法人化された公益事業局(PUB)の電気/ガス部門、シンガポール・パワー(SP)社の証取(SES)上場計画を無期延期した。(...続きを読む)
1996-02-15 ArtNo.4977(24/237)
◆<星>公益事業局幹部汚職に絡み日系含む5社の入札を禁止
【シンガポール】シンガポール大蔵省綱紀粛正常設委員会は公益事業局(PUB)元副主任(DCEO)チョイ・ホンティムの汚職事件に絡んでトーメン、丸紅、英国のBICCケーブルズPlc、ドイツのシーメンスAG、イタリーのピレッリ・ケーブルズの5社を5年間にわたり全ての政府入札から閉め出す方針を決めた。(...続きを読む)
1996-02-16 ArtNo.4992(25/237)
◆<星>入札禁止処分の5社、甚大な打撃に困惑
【シンガポール】公益事業局(PUB)職員の汚職事件に連座し5年間公共事業への入札を禁止された5社は甚大な打撃に当惑、一部の企業は上訴を検討している。(...続きを読む)
1996-02-17 ArtNo.5016(26/237)
◆<馬>J州水道会社、KLSE上場目指す
【ジョホール・バル】ジョホール州の水道会社シャリカット・アイル・ジョホールSdn Bhd(SAJ)はインフラストラクチャー・プロジェクト企業(IPC)としてクアラルンプル証取(KLSE)への上場を目指している。(...続きを読む)
1996-02-17 ArtNo.5019(27/237)
◆<印尼>ゲンティン、石油探査事業の45%権益買収
【クアラルンプル】マレーシアのゲンティンBhdはインドネシア東部イリアン・ジャヤ省ムトゥリ鉱区の石油・ガス探査プロジェクトの45%の権益を買収することで、ブリティッシュ・ガス・エクスプロレーション・アンド・プロダクションLtdと合意に達した。(...続きを読む)
1996-02-22 ArtNo.5035(28/237)
◆<越>ドゥン・クアット製油所事業合弁契約に仮調印
【ハノイ】中部ベトナムのドゥン・クアットに12億米ドルを投じて建設が計画されているベトナム初の石油精製施設に、マレーシアの国営石油ペトロナスと米国のコノコが合計30%、韓国のLGグループとペトロベトナムが各30%、台湾のチャイニーズ・ペトローリアム・コープとチャイナ・インベストメント・コープが合計10%を出資することで合意が成立、16日仮契約が調印された。(...続きを読む)
1996-03-02 ArtNo.5149(29/237)
◆<馬>製造業、電気料値上げに困惑
【クアラルンプル】マレーシア製造業界は、労賃、廃棄物処理料、通信費、そして今回の電気料と、相次ぐ値上げに困惑しており、これらのコスト増を全て製造業者自身が負担することはできない。(...続きを読む)
1996-03-02 ArtNo.5154(30/237)
◆<寮>マレーシア・マイニング社、発電/金鉱開発に近く着手
【クアラルンプル】マレーシア・マイニング・コープBhd(MMC)子会社のMMCエンジニアリング・グループBhdはナムコン地区に150KW(キロワット)の水力発電所を設けるための最終交渉をラオス政府と進めている。(...続きを読む)
1996-03-04 ArtNo.5168(31/237)
◆<泰・馬>両国国営石油、共同開発区域のガス供給で合意
【バンコク】タイ石油公団(PAT)とマレーシアの国営石油会社ペトロナスは明日(3/5)、タイ湾の共同開発区域(JDA)で採取されたガスをPATに供給することに関する覚書に調印する。(...続きを読む)
1996-03-06 ArtNo.5185(32/237)
◆<星>ブリティッシュ・ガス、域内市場にUS$20億投資
【シンガポール】ブリティッシュ・ガスはシンガポールに地域営業本部(OHQ)を設け、向こう4年間に域内市場に20億米ドルを投資する。(...続きを読む)
1996-03-08 ArtNo.5222(33/237)
◆<馬>リヨネ・デ・オウズ、ペナン州水事業契約獲得に自信
【ペナン】Lyonnaise des Eaux(LDE)は目下ペナン・ウォーター・サービス民営化契約の獲得を目指して当局と交渉中だが、向こう数カ月間に交渉を妥結できるものと見ている。(...続きを読む)
1996-03-09 ArtNo.5240(34/237)
◆<馬・泰>共同海域で新ガス田発見
【クアラルンプル】マレーシア・タイ合同委員会は7日、両国共同探査海域のブロックA-18チャクラワラ・イースト1試掘井でガスが発見されたと発表した。(...続きを読む)
1996-03-11 ArtNo.5255(35/237)
◆<馬>石油/ガス支援会社ダイアローグ、海外事業拡張
【クアラルンプル】クアラルンプル証取(KLSE)二部上場を目指す石油・ガス支援エンジニアリング/建設関連企業ダイアローグ・グループBhdは海外事業が営業額の25-30%に貢献するものと期待している。(...続きを読む)
1996-03-14 ArtNo.5298(36/237)
◆<馬>電力会社TNBとEkranのバクン電力交渉難航
【クアラルンプル】マレーシアの電力会社トゥナガ・ナシオナルBhd(TNB)はバクン水力発電ダムの建設会社Ekranと、困難な電力購入交渉を強いられているようだ。(...続きを読む)
1996-03-14 ArtNo.5300(37/237)
◆IPCO、<印尼>チカラン発電所完工
【シンガポール】インフラ開発専門のIpcoインターナショナルはジャカルタ近郊におけるチカンラン発電所第2期工事を完成した。(...続きを読む)
1996-03-15 ArtNo.5315(38/237)
◆<印尼>プンチャク・ニアガ、水処理事業にM$6千万投資
【クアラルンプル】プンチャク・ニアガ(M)Sdn Bhdはインドネシア西スマトラ島パダンにおける水処理事業に地元パートナーのPTビナ・チトラ・ヌサントラ・コーポレーションと共同で3000万~6000万Mドルを投資する。(...続きを読む)
1996-03-18 ArtNo.5342(39/237)
◆<馬>鋼管のAISB、独立電力会社TTPの60%権益買収
【クアラルンプル】プルリス州のアブドル・ハミド・パワンテ前首席大臣に率いられるブミプトラ・グループに最近支配権益が握られた鋼管製造会社アマルガメーテッド・インダストリアル・スチールBhd(AISB)はプルリス州における650MW(メガワット)の独立電力供給業者(IPP)ライセンスを有するテクノロジー・トゥナガ・プルリスSdn Bhd(TTP)の60%権益を現金1億5700万Mドルで買収する。(...続きを読む)
1996-03-19 ArtNo.5356(40/237)
◆<馬>バクン事業はティン氏十八番の炒果条?
【シンガポール】Ekran Bhdのティン・ペックキイン会長は自宅で催されたハリラヤ・パーティーの席上、炒果条(チャオクイティアゥ:福建焼きソバ)の調理に余念のない調理師を前に「時には炒果条でも炒めて生計をたてるシンプルな生活がましに思える」と、短期間にドラマチックな生活の変化を体験した人ならではの興味深い感想を漏らした。(...続きを読む)
1996-03-21 ArtNo.5395(41/237)
◆<比>クママン・ターミナル・ワン、クラーク水事業契約獲得
【マニラ】マレーシアのトレンガヌ州を拠点とするクママン・ターミナル・ワン(KTO)は、地元企業クラーク・デベロプメント及びCiriacoコーポレーションと共同で、クラーク元空軍基地に設けられたフリー・トレード・ゾーン(FTZ)の水供給・排水処理契約を獲得、19日関係合弁契約に調印した。(...続きを読む)
1996-03-26 ArtNo.5447(42/237)
◆<星>ロシア・ガス・パイプライン契約でアクマ株価上昇も
【シンガポール】ロシアのガス独占会社Gazpromとの契約でアクマの株価は20~25%上昇、株価収益率(PER)も現在の11倍から14~15倍に上昇するものと予想されている。(...続きを読む)
1996-03-28 ArtNo.5482(43/237)
◆<馬>企業、M$19億カザフスタン発電事業権益喪失も
【クアラルンプル】マレーシア企業ウサハ・サマ・ティムル・バラットSdn Bhdにより受注されたカザフスタンにおける4件、総額19億Mドルの発電事業が進捗を見ぬことから、カザフスタン政府はウサハ・サマとの契約の廃棄を検討しているもようだ。(...続きを読む)
1996-03-29 ArtNo.5498(44/237)
◆<馬>複合発電が国内電力系統の重要部分に:副エネルギー相
【クアラルンプル】コジェネレーションは遠からずマレーシアのエネルギー・システムの不可欠な部分になる見通しだ。(...続きを読む)
1996-04-01 ArtNo.5523(45/237)
◆<馬>ペトロナス子会社、エルフと技術提携
【クアラルンプル】ペトロナス・リサーチ・アンド・サイエンティフィク・サービシズSdn Bhd(PRSS)は先週金曜(3/29)、フランスのElf Antarと研究協力協定を結んだ。(...続きを読む)
1996-04-02 ArtNo.5539(46/237)
◆<星>SP、ナットスチール等と江蘇省で発電事業2件計画
【シンガポール】民営化された電力・ガス会社のシンガポール・パワー(SP)は、政府系鉄鋼会社ナットスチール及び現地との合弁により、中国江蘇省武進における2件の発電事業に参加する。(...続きを読む)
1996-04-04 ArtNo.5571(47/237)
◆<馬>ブルジャヤ、トランスウォーター株主に公開買付提案
【クアラルンプル】クアラルンプル証取(KLSE)二部上場のトランスウォーター・コーポレーションBhd(TCB)の28.9%権益を買収、持ち株比率を40.68%に高めたブルジャヤ・グループBhdは2日、1株11.20MドルでTCBの残余株式の公開買付を提案した。(...続きを読む)
1996-04-06 ArtNo.5590(48/237)
◆<馬>ペトロナス、ガス田発見
【クアラルンプル】国営石油ペトロナス子会社のペトロナス・カリガリSdn Bhdは半島マレーシアから175キロ沖合いのブルガディン鉱区でガスを掘り当てた。(...続きを読む)
1996-04-10 ArtNo.5635(49/237)
◆<馬>低電力料金を全ての工業部門に拡大適応
【ペナン】電力料が生産コストの5%を超える工業主のユニット電力料はこれ以前に報じられた3セントではなく、1セントだけアップされる。(...続きを読む)
1996-04-11 ArtNo.5639(50/237)
◆<星>当局、プルタミナとナトゥナ・ガス輸入交渉
【シンガポール】シンガポール当局はインドネシアの国営石油会社プルタミナとナトゥナ諸島沖合いガスの輸入問題を協議している。(...続きを読む)
公益サービス Public Utility in 1996
◄◄◄ back237件の関連記事が見つかりました( 1/5 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
右ペイン・広告スペース
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.