左予備スペース
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
右予備スペース
Site Search
Delivered from Singapore
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
金属/鉱物 Metallurgy/Mining in 1998
◄◄◄ back307件の関連記事が見つかりました( 1/7 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
元のページへ戻る ►1998-01-06 ArtNo.13350(1/307)
◆<馬>X-IRテック、金属摩耗防止添加剤売上M$500万予想
【ジョホールバル】ジョホール・バル拠点のX-IRテクノロジー(M)Sdn Bhdは、米国で開発された金属の摩耗を防止する添加剤X-IRフリクション・エリミネーターのマレーシア、シンガポール、インドにおけるディストリビューション契約を獲得、これにより来年は500万Mドルの年商を見込んでいる。(...続きを読む)
1998-01-08 ArtNo.13384(2/307)
◆<印度>鉄鋼業の不振で、統一輸送料システムが復活
【カルカッタ】不況に伴う競争過熱で、鉄鋼会社が輸送コストを負担する風潮が一般化したことから、マンモハン・シン前蔵相が昨年初に廃止した統一輸送料システムが、実質的に復活している。(...続きを読む)
1998-01-08 ArtNo.13385(3/307)
◆<印度>合金鉄業界に曙光、珪素鋼は輸入品の脅威に
【ハイデラバード】各種合金鉄の値下がりは、昨年12月に底入れし、回復の兆しが生じているが、珪素鋼についてはイラン製品の脅威に晒されている。(...続きを読む)
1998-01-09 ArtNo.13398(4/307)
◆<印度>アルミ会社の政府持分売却でアドバイザー募集
【ニューデリー】インド政府は資本金760クローのBharat Alminium Company Ltd(Balco)の政府持分売却計画のアドバイザーを指名するため国際入札を募集した。(...続きを読む)
1998-01-14 ArtNo.13457(5/307)
◆<馬>モノリシク・フォームワーク、国際市場開拓目指す
【バターワース】マレーシアでは初のアルミ合金及びエンジニアリング・プラスチック製の建築用型枠の製造を手がけるMonolithic Technology Sdn Bhd(MTSB)はフロンティア・ボンド(M)Sdn Bhdと提携し、国際市場の開拓に乗り出す。(...続きを読む)
1998-01-23 ArtNo.13575(6/307)
◆<馬>ブライト、光ファイバーの輸出市場開拓に注力
【クアラルンプル】光ファイバーの輸出拡大を目指すブライト・パッケージング・インダストリーBhd(BPI)はインドとインドネシア市場の潜在性に注目している。(...続きを読む)
1998-01-23 ArtNo.13580(7/307)
◆<印度>冷間圧延市場に再編の波
【ムンバイ】インドの鉄鋼メーカーの半ばが、幅の狭い冷間圧延製品(NWCR)の製造を手がけているが、低マージン、輸入品との競争過熱、経済性を満たさぬ生産規模、製品ミックスの乏しさ等の問題に直面、同部門の再編を強いられている。(...続きを読む)
1998-01-23 ArtNo.13581(8/307)
◆<印度>政府、遅延鉄鋼プロジェクト11件に支援提案
【ニューデリー】鉄鋼省は最近、政府の認可を得ながら期限内に試運転にこぎ着けることができなかった製鉄プロジェクト11件の代表と会合、遅延の理由を質すとともに、支援提供を申し出た。(...続きを読む)
1998-01-24 ArtNo.13597(9/307)
◆<印度>サンゴバン、板ガラス・プロジェクトに着手
【チェンナイ】フランスの名門ガラス会社サンゴバンの完全出資子会社サンゴバン・グラス・インディアLtdは22日、タミールナド州Sriperumbudurにおける450クロー、年産16万5000トン(日産550トン)の板ガラス・プロジェクトの起工式を催した。(...続きを読む)
1998-02-02 ArtNo.13654(10/307)
◆<印度>タタ、ジャムシェドプール冷間圧延事業に着手
【パトナ】タタ・アイアン&スチールCo(TISCO)はビハール州ジャムシェドプールにおける年産120万トンの冷間圧延鋼製造事業に着手した。(...続きを読む)
1998-02-02 ArtNo.13655(11/307)
◆<印度>製鉄会社、在庫一掃に腐心
【ムンバイ】国内鉄鋼業界は新会計年度を2カ月後に控え、山積みした製品在庫の一掃に腐心しているが、市場観測筋は成果に懐疑的だ。(...続きを読む)
1998-02-03 ArtNo.13662(12/307)
◆<星>世銀はアジア経済危機の社会的影響にも注目:世銀総裁
【シンガポール】世界銀行はアジアの経済危機への対応では、単に域内金融市場にのみ注目している訳ではなく、社会的影響にも関心を寄せている。(...続きを読む)
1998-02-03 ArtNo.13670(13/307)
◆<印度>Utkal、Vizag港にアルミ輸出専用バース計画
【カルカッタ】インディアン・アルミニウム、タタ・インダストリーズ、ヒドロ・アルミニウム・オブ・ノルウェーの合弁会社Utkal Alumina International Ltd(UAIL)はアンドラプラデシュ州のVizag港にアルミ輸出専用のバースを設けるよう当局に要請する計画だ。(...続きを読む)
1998-02-05 ArtNo.13703(14/307)
◆<印度>年初9カ月のスチール生産2280万トン
【ニューデリー】昨年4-12月に生産された販売可能な鉄鋼製品は2280万トンと、前年同期の2240万トンを40万トン上回った。(...続きを読む)
1998-02-09 ArtNo.13745(15/307)
◆<印度>Pricol、ディスク・ブレーキ製造で日本企業と交渉
【コインバートル】工具製造のPremier Instruments & Controls Ltd(Pricol)は、自動二輪車用ディスク・ブレーキの製造を目指し、複数の日系企業と技術協力交渉を進めている。(...続きを読む)
1998-02-12 ArtNo.13786(16/307)
◆<馬>昭和アルミニウム、M$3.75億ディスク基板工場建設
【クアラルンプル】昭和アルミニウムはクダ州のクリム・ハイテク・パークに3億7500万Mドルを投じて磁気ディスク基板工場を建設する。(...続きを読む)
1998-02-13 ArtNo.13808(17/307)
◆<印度>Nalco、キャプティブ発電問題で中央電力局に裁定要請
【ムンバイ】ナショナル・アルミニウム・カンパニー(NALCO)は3900クローの拡張計画に付属したキャプティブ発電施設の規模に関して、中央電力局(CEA)に裁定を求めた。(...続きを読む)
1998-02-17 ArtNo.13850(18/307)
◆<印度>CIS諸国のダンピングで、鉄鋼更に値下がり
【ニューデリー】インドの鉄鋼業界は慢性的な不況に悩んでいるが、トンネルの出口はほど遠く、輸入品との競争で今後一層深刻な値下げ圧力を受ける見通しだ。(...続きを読む)
1998-02-18 ArtNo.13865(19/307)
◆<印度>スターライト、インディアン・アルミ株主に公開買付提案
【ムンバイ】Sterlite Industries India Ltd(SIIL)は16日、インディアン・アルミニウム・カンパニーLtd(Indal)の発行株式の最低10%、711万1200株の取得を条件に、1株90ルピーで公開買付を提案した。(...続きを読む)
1998-02-18 ArtNo.13866(20/307)
◆<印度>Indal、100MWナフサ発電計画
【ムンバイ】インド国内最大のアルミ下流部門企業インディアン・アルミニウム・カンパニーLtd(Indal)は、電力不足に伴う低稼働率を解消するため100MWのキャプティブ発電施設を設ける計画だ。(...続きを読む)
1998-02-18 ArtNo.13867(21/307)
◆<印度>スターライト、オリッサにアルミ・コンプレックス計画
【ムンバイ】多角化路線を歩む年商1071クローのSterlite Industries India Ltd(SIIL)はオリッサ州に総合的なアルミ・コンプレックスを設ける可能性を研究している。(...続きを読む)
1998-02-19 ArtNo.13881(22/307)
◆<印度>アルキャン、Utkalアルミナに20%出資
【カルカッタ】カナダのアルミ産業メジャー、アルキャン・アルミニウムは17日、Utkal Alminaに20%出資する方針を明らかにし、インド市場とりわけインディアン・アルミニウム・カンパニーLtd(INDAL)に対するコミットメントを再確認した。(...続きを読む)
1998-02-21 ArtNo.13912(23/307)
◆<印度>鉄鋼輸入減少し、SAILの市場シェア拡大
【カルカッタ】海外鉄鋼メーカーのダンピングにより国内業界が苦境に立たされていると言う一般常識とは裏腹に、鉄鋼輸入は減少しており、その恩恵を享受したインド最大の製鉄会社スチール・オーソリティー・オブ・インディアLtd(SAIL)の市場シェアが1.5%アップした。(...続きを読む)
1998-02-21 ArtNo.13913(24/307)
◆<印度>アルキャン、スターライトのIndal買収への協力拒絶
【カルカッタ】Sterlite Industries India Ltd(SIIL)のAnil Agarwal会長は、モントリオールに赴きインディアン・アルミニウム・カンパニーLtd(INDAL)の権益買収計画に対するアルキャンの支持を求めたが、アルキャンはこれを拒絶した。(...続きを読む)
1998-02-23 ArtNo.13930(25/307)
◆<印度>IDBI、新規鉄鋼プロジェクトへの融資停止
【ムンバイ】インダストリアル・デベロプメント・バンク・オブ・インディア(IDBI)は、新参者の新規鉄鋼プロジェクト(グラスルーツ・プロジェクト)には暫時融資を行わない方針を決めた。(...続きを読む)
1998-02-25 ArtNo.13959(26/307)
◆<印度>L&T、仏ペシネーとアルミナ事業計画
【ニューデリー】地場大手エンジニアリング会社のLarsen and Toubro(L&T)はフランス企業ペシネーと合弁で、3500クローを投じ、オリッサ州に年産100万トンのアルミナ精錬施設を設ける計画だ。(...続きを読む)
1998-02-27 ArtNo.13989(27/307)
◆<印度>国営鉄鋼会社、工場閉鎖/人員削減/在庫一掃目指す
【カルカッタ】スチール・オーソリティー・オブ・インディアLtd(SAIL)は1998/99年第1四半期に全ての不採算部門を閉鎖するとともに全ての近代化計画を同期に実行し、短期間に在庫/過剰労働力を一掃、経営の再建を図る方針だ。(...続きを読む)
1998-02-28 ArtNo.14004(28/307)
◆<印度>アルキャン、Indal株の対抗買付検討
【ムンバイ】インディアン・アルミニウム・カンパニーLtd(INDAL)の最大シェア(34.62%)を握るカナダ拠点のアルキャン・アルミニウムLtdはSterlite Industries India Ltd(SIIL)のINDAL株主に対する公開買付提案に対抗して、更に20%のINDALシェアの公開買付を提案する可能性を示唆した。(...続きを読む)
1998-02-28 ArtNo.14005(29/307)
◆<印度>アルキャン、Balcoに40%出資検討
【ムンバイ】世界第2位の規模を誇るカナダ系アルミ会社アルキャン・アルミニウムLtdはインド政府がその40%の持分売却を計画しているBharatアルミニウムCo Ltd(Balco)への出資に関心を寄せている。(...続きを読む)
1998-02-28 ArtNo.14006(30/307)
◆<印度>INDAL、精錬所発電施設の建設をタタに発注へ
【ムンバイ】インディアン・アルミニウム・カンパニーLtd(INDAL)はオリッサ州Hirakudのアルミ精錬施設付属発電施設の建設をタタ・エレクトリック・カンパニーズ(TEC)に委ねる計画で、最終協議を進めている。(...続きを読む)
1998-03-02 ArtNo.14019(31/307)
◆<印度>Hindalco、メガ・アルミ事業候補地決定
【ムンバイ】Aditya Birlaグループに属するHindalco Industries Ltd(HIL)はオリッサ州における総コスト8000クロー以上にのぼる総合アルミ事業“Aditya Aluminium”のアルミナ精錬施設/キャプティブ発電施設/アルミ精錬施設の設置候補地を決定した。(...続きを読む)
1998-03-03 ArtNo.14035(32/307)
◆<印度>日本商社、国営鉱山会社の政府持分買収に関心
【ニューデリー】日本商社らはKudremukh Iron Ore Company(KIOCL)の30%の政府持分買収に関心を寄せ、政府方面の動きをモニターしている。(...続きを読む)
1998-03-06 ArtNo.14082(33/307)
◆<印度>丸紅の鉱業/港湾合弁事業、インフラ・ボンドで資金調達
【ゴア】丸紅とゴア拠点の鉱山会社Sociedade de Fomento Industrial Ltdの合弁に成るFOMARはインド初のインフラストラクチャー・ボンドの発行を通じて1億7500万米ドルの鉱山/港湾プロジェクトの一部資金を調達する計画だ。(...続きを読む)
1998-03-06 ArtNo.14083(34/307)
◆<印度>アルキャン、Indalに対抗公開買付提案
【ムンバイ】カナダのアルキャン・アルミニウムは4日、インディアン・アルミニウム(INDAL)の株主に対して、後者総発行株式の20%を限度に1株105ルピーで公開買付を提案した。(...続きを読む)
1998-03-09 ArtNo.14109(35/307)
◆<印度>日立/三菱、タタの冷間圧延事業に設備納入
【ムンバイ】日立製作所はドイツのSMSと提携し、タタ・アイアン・スチール・コープ(TISCO)がビハール州ジャムシェドプールに計画する年産120万トンの冷間圧延プロジェクトに、プラントを納入、三菱商事もピクリング・ラインを納入する。(...続きを読む)
1998-03-09 ArtNo.14110(36/307)
◆<印度>政府、新規製鉄プロジェクトに慎重な銀行界を支持
【ニューデリー】インド政府は新規製鉄プロジェクトへの融資を見合わせ、観望姿勢を採る金融業界の姿勢を支持している。(...続きを読む)
1998-03-11 ArtNo.14141(37/307)
◆<印度>SAIL、他社と合弁で鉄鋼サービス・センター計画
【ニューデリー】スチール・オーソリティー・オブ・インディアLtd(SAIL)は、国際テクノロジー・プロバイダーと手を組み総合的なスチール・サービス・センターを設ける可能性を検討している。(...続きを読む)
1998-03-11 ArtNo.14142(38/307)
◆<印度>1997年の海綿鉄生産、11%アップ
【ニューデリー】インド製鉄業界の1997年(1-12月)の業績は全般に不振だったが、海綿鉄の生産は前年の473万トンから525万トンに11%成長、1997年4-12月期の成長率は8%だった。(...続きを読む)
1998-03-12 ArtNo.14151(39/307)
◆<馬>MRB、M$6300万鉛再生工場建設
【クアラルンプル】メタル・リクラメーションBhd(MRB)は、ポート・クラン沖のインダ島に6300万Mドルを投じて新たに鉛再生工場を建設する。(...続きを読む)
1998-03-12 ArtNo.14156(40/307)
◆<印度>アルキャンにUtkalアルミナ事業への20%出資要請
【ムンバイ】Utkal Alumina International Ltd(UAIL)は、火曜に催された取締役会においてカナダ企業アルキャン・アルミニウムLtdにオリッサ州における4000クローの合弁事業に20%の出資を求める方針を正式に決定した。(...続きを読む)
1998-03-13 ArtNo.14170(41/307)
◆<印度>Datre、トップ・バルブ・メーカー目指す
【カルカッタ】カルカッタ拠点のKanoria group of industries傘下のDatre Corporationはカルカッタ近郊Faltaに設けた総合的バルブ製造施設を稼働させた。(...続きを読む)
1998-03-14 ArtNo.14174(42/307)
◆<星>アジア電力ケーブル市場、年率7.7%成長
【クアラルンプル】アジアの電力ケーブル市場は2002年まで年率7.7%の成長が見込まれ、通貨危機に関わらずアジアは引き続き世界電力ケーブル・ビジネスの焦点になる見通しだ。(...続きを読む)
1998-03-16 ArtNo.14196(43/307)
◆<馬>電力会社TNB、電線会社ユニフォンの60%権益買収
【クアラルンプル】電力会社トゥナガ・ナシオナルBhd(TNB)は、ユニフォン・ケーブルズSdn Bhdの額面1Mドルの新株3750万株を買収することにより、後者の60%のシェアを握る計画だ。(...続きを読む)
1998-03-18 ArtNo.14226(44/307)
◆<馬>KUB、MMCの32%権益買収で覚書
【クアラルンプル】KUBマレーシアBhdは、プルモダラン・ナシオナルBhd(PNB)と、後者が所有するマレーシア・マイニング・コーポレーションBhd(MMC)の32%の権益買収に関する覚書を交換した。(...続きを読む)
1998-03-21 ArtNo.14270(45/307)
◆<馬>台湾投資会社CDC、スチール/ハイテク事業に投資
【クアラルンプル】台湾の大手投資会社チャイナ・デベロプメント・コープ(CDC)は、マレーシアにおけるスチール、ハイテク領域への投資を計画している。(...続きを読む)
1998-03-23 ArtNo.14286(46/307)
◆<馬>光ファイバー・ケーブルのOCE、年率50%の売上増予想
【クアラルンプル】オプティカル・コミュニケーション・エンジニアリングSdn Bhd(OCE)は、同社の光ファイバー・ケーブル製造事業が向こう2年間に年率30-50%の成長を遂げるものと予想している。(...続きを読む)
1998-03-23 ArtNo.14294(47/307)
◆<印度>TNテレコム、フジクラに優先株オファー
【チェンナイ】タミールナド・テレコミュニケーションLtd(TNT)取締役会は先月技術協定を結んだフジクラに優先株をオファーする方針を決めた。(...続きを読む)
1998-03-24 ArtNo.14307(48/307)
◆<印度>Tidco、日商岩井とペレット製造
【チェンナイ】州政府所有のTamil Nadu Industrial Development Corporation (Tidco)は日商岩井とTiruvannamalai及びSalem産の鉄鉱石を利用したペレット製造プロジェクトに関して協議を進めている。(...続きを読む)
1998-03-24 ArtNo.14308(49/307)
◆<印度>SAIL、自動車用鋼板の製造でTiscoに先行
【ランチ】スチール・オーソリティー・オブ・インディアLtd(SAIL)のBokaroスチール・プラントとタタ・アイアン&スチール・カンパニー(TISCO)が、インド初の自動車ボディー用表面処理冷間圧延シートの製造を競っている。(...続きを読む)
1998-03-25 ArtNo.14314(50/307)
◆<馬>台湾企業2社、メガスチール権益買収に関心
【台北】台湾企業2社、チャイナ・デベロプメント・コーポレーション(CDC)及びチャイナ・スチール・コーポレーション(CSC)が、マレーシア企業ライオン・グループ傘下のメガスチールSdn Bhdの30%権益買収に関心を寄せている。(...続きを読む)
金属/鉱物 Metallurgy/Mining in 1998
◄◄◄ back307件の関連記事が見つかりました( 1/7 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
右ペイン・広告スペース
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.