左予備スペース
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
右予備スペース
Site Search
Delivered from Singapore
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
石油/化学 Petroleum/Chemical in 1998
◄◄◄ back311件の関連記事が見つかりました( 1/7 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
元のページへ戻る ►1998-01-05 ArtNo.13340(1/311)
◆<印度>Tenega/HPCL燃料契約、IPPにモデル提供
【チェンナイ】Tenega BK Power(TBKP)がこのほどヒンドスタン・ペトローリアム・コーポレーションLtd(HPCL)と結んだ燃料供給契約(FSA)は、他の独立電力供給業者(IPP)によりモデルとして採用される見通しだ。(...続きを読む)
1998-01-05 ArtNo.13341(2/311)
◆<印度>外国金融機関、化学肥料プロジェクト融資に関心
【ムンバイ】輸出信用供与機関2社と外国商業銀行4行が総額12億米ドルのオマーン/インディア化学肥料合弁に対する8億4000万米ドルの融資に関心を表明している。(...続きを読む)
1998-01-06 ArtNo.13353(3/311)
◆<印度>ヒンドスタン石油、石油開発で金融機関をパートナーに
【ニューデリー】石油の精製と石油製品の流通を手がけるヒンドスタン・ペトローリアム・コーポレーションLtd(HPCL)は、上流部門の探査開発事業に進出するため、インダストリアル・クレジット・アンド・インベストメント・コーポレーション・オブ・インディア(ICICI)、ハウジング・デベロプメント・アンド・ファイナンス・コーポレーション(HDFC)を初めとする金融機関と合弁覚書を交換した。(...続きを読む)
1998-01-07 ArtNo.13371(4/311)
◆<印度>IOC、独立電力供給業者16社と燃料供給契約
【ニューデリー】インディアン・オイル・コーポレーション(IOC)は、RPGグループやハリソン・マラヤラムを含む独立電力供給業者(IPP)16社のラジャスタン、ハルヤナ、ウッタラプラデシュ3州における発電プロジェクトに対する燃料供給契約(FSA)を既に結んでいる。(...続きを読む)
1998-01-07 ArtNo.13372(5/311)
◆<印度>ペトロケミカル、1200クローの各種合弁事業推進
【ニューデリー】インディアン・ペトロケミカルズ・コーポレーションLtd(IPCL)は、石油精製/発電/化学繊維/輸出指向産業に関わる総額1200クローの各種合弁事業を計画、この内900クローにのぼるプロジェクトが第9次5カ年計画期間に実行される。(...続きを読む)
1998-01-08 ArtNo.13373(6/311)
◆<星>石油精製/石化産業にアジア経済危機の恩恵
【シンガポール】シンガポールの石油精製/石油化学産業は、アジアを襲った経済危機で周辺諸国のライバルの拡張計画が停頓したため、恩恵を受けられそうだ。(...続きを読む)
1998-01-08 ArtNo.13383(7/311)
◆<印度>リライアンス、PSF/PFY/PTA/MEG値下げ
【ムンバイ】リライアンス・インダストリーズLtd(RIL)はポリエステル、フィラメント・ヤーンの国際価格が下降する中で、今年1月1日よりPSF(ポリエステル・ステープル・ファイバー)のトン当たり価格を4万1000ルピーに、PFY(ポリエステル・フィラメント・ヤーン)のそれを5万6000ルピーに、それぞれ2500ルピーと5000ルピー値下げした。(...続きを読む)
1998-01-09 ArtNo.13401(8/311)
◆<印度>ナガールジュナ、製油事業に51%出資
【チェンナイ】ナガールジュナ・グループはタミールナド州Cuddaloreに建設が予定されている年間処理能力500万トンの輸出向け原油精製施設に51%出資する見通しだ。(...続きを読む)
1998-01-10 ArtNo.13405(9/311)
◆<星>BASF、地域流通センター設置
【シンガポール】ドイツの化学会社BASFは、シンガポール証取(SES)上場のCWTディストリビューションLtdと提携し、ジュロンにリージョナル・ディストリビューション・センター(RDC)を設置した。(...続きを読む)
1998-01-10 ArtNo.13411(10/311)
◆<馬>サイエンテクス、ポリマー輸出が業績牽引
【クアラルンプル】Scientex Inc Bhdのポリマー部門の輸出ビジネスは堅調な伸びを記録、向こう数年も同社の成長に寄与する見通しだ。(...続きを読む)
1998-01-12 ArtNo.13418(11/311)
◆<星>三井化学、US$2億第2プラントの可否検討
【シンガポール】三井化学はこのほど着工された総コスト6600万米ドルのフェノールA(BPA)工場に原料を供給するフェノール上流部門工場を新たに2億米ドル余を投じて建設する可否を今年5月か6月までに決定する。(...続きを読む)
1998-01-12 ArtNo.13429(12/311)
◆<印度>IPP39社、期限内の燃料供給協定調印に失敗
【ニューデリー】液体燃料を用いた発電プロジェクトを認可された独立電力供給業者(IPP)118社中39社が、12月31日の最終期限から9日を経た今日も依然として石油会社との燃料供給協定(FSA)に調印していない。(...続きを読む)
1998-01-13 ArtNo.13446(13/311)
◆<印度>4ミニ製油所(1200クロー)の建設を認可
【ハイデラバード】石油省は民間部門がアンドラプラデシュ州に合計1200クローを投じ4つのミニ製油所を建設することを認可した。(...続きを読む)
1998-01-14 ArtNo.13462(14/311)
◆<印度>Tirumalaiケミ、マレーシア工場の試運転開始
【チェンナイ】無水フタル酸、無水マレイン酸、合成酸味料の製造でインド国内市場をリードするTirumalai Chemicals Ltd(TCL)は先月、マレーシアにおける年産3万5000トンの無水マレイン酸工場の試運転を開始した。(...続きを読む)
1998-01-16 ArtNo.13487(15/311)
◆<印度>リライアンス、トラクタベル/エルフと各種合弁協議
【ニューデリー】リライアンス・インダストリーズLtd(RIL)はベルギー拠点のインフラストラクチャー企業トラクタベルと液化天然ガス(LNG)/電力関連の3つの合弁交渉を進めるとともに、フランスのエルフ・アキテーヌとは、9000クローを投じてジャムナガル/ハジラに各500万トンのLNGターミナルを設ける事業のエクイティー及びガス・サプライ交渉を進めている。(...続きを読む)
1998-01-16 ArtNo.13488(16/311)
◆<印度>Aban Loyd、IOCと燃料供給契約
【チェンナイ】ナフサ燃料を使用した126MW(メガワット)発電所の建設を計画するAban Loyd Chiles Offshore Ltd(ALCOL)は、月曜インディアン・オイル・コーポレーション(IOC)と燃料供給契約(FSA)を結んだ。(...続きを読む)
1998-01-16 ArtNo.13489(17/311)
◆<印度>Aspet、独企業の支援下にPET樹脂製造計画
【カルカッタ】Dhunseriグループがプロモーターを務めるサウス・エーシアン・ペトロケミカルLtd(Aspet)はドイツ企業Zimmer AG及び地元企業Lurgiと提携し、西バンガル州ハルディアに100%輸出向けのポリエチレン・テレフタレート(PET)工場を建設する。(...続きを読む)
1998-01-19 ArtNo.13511(18/311)
◆<星>SP、ペトロナスとガス購入交渉
【シンガポール】シンガポール・パワー(SP)は、マレーシアの国営石油会社ペトロナスと、天然ガスの購入拡大交渉を進めている。(...続きを読む)
1998-01-20 ArtNo.13537(19/311)
◆<印度>インド・ラマ、年産35万トンのPTA事業を実行
【ニューデリー】リライアンス・インダストリーズLtd(RIL)に次ぐインド第2のポリエステル・メーカー、インド・ラマ・シンセティクスLtd(IRSL)は、国際価格の軟化や国内市場における設備能力の過剰に関わらず、総コスト1360クロー、年産35万トンの純粋テレフタル酸(PTA)製造プロジェクトを実行する方針を決めた。(...続きを読む)
1998-01-21 ArtNo.13551(20/311)
◆<印度>RIL、パタルガンガPTA工場の操業を停止
【ムンバイ】リライアンス・インダストリーズLtd(RIL)はマハラシュトラ州Patalgangaの純粋テレフタル酸(PTA)工場の操業を停止した。(...続きを読む)
1998-01-22 ArtNo.13563(21/311)
◆<印度>政府、石油プール勘定の負債を今年度内に返済
【ニューデリー】インド政府は今年度中に石油プール勘定の負債1万5090クローを全額石油会社に返済する方針を決めた。(...続きを読む)
1998-01-22 ArtNo.13564(22/311)
◆<印度>ドイツ・バルブ会社Efco、ハイデラバードに合弁工場
【ハイデラバード】ドイツのバルブ・メーカー、Efco Maschinenbau GmbH(EM)と地元パートナー、Francis Klein & Co Pvt Ltdの60:40の合弁会社Efco Maschinenbau India Pvt Ltdはハイデラバード近郊Dindigulに1.20クローを投じ、バルブ修理工場とバルブ修理センターを設ける。(...続きを読む)
1998-01-24 ArtNo.13588(23/311)
◆<星>モービル/エッソ、マージン低下で原油精製量を一層削減
【シンガポール】域内諸国の経済危機も絡んで原油精製マージンの低下が続く中で、シンガポールの石油会社は一層の生産削減を通じて乗り切りを図っている。(...続きを読む)
1998-01-26 ArtNo.13608(24/311)
◆<印度>トタール、タタとLNGターミナル事業協議
【ムンバイ】タタ・エレクトリック・カンパニーズ(TEC)はフランスの石油会社トタールと戦略提携を結び、マハラシュトラ州とグジャラート州における液化天然ガス・ターミナル・プロジェクトを進める。(...続きを読む)
1998-01-27 ArtNo.13628(25/311)
◆<印度>東洋エンジニアリング・インディア、硫黄回収技術導入
【ニューデリー】エンジニアリング・コンサルタント会社トーヨー・エンジニアリング・インディア(TEI)は、親会社の東洋エンジニアリングから硫黄回収技術を導入する。(...続きを読む)
1998-01-31 ArtNo.13634(26/311)
◆<馬>ベクテル・チーム、アクリル酸コンプレックス建設受注
【クアラルンプル】BASFペトロナス・ケミカルズSdn Bhdは26日、パハン州Gebengにおけるアクリル酸コンプレックスのエンジニアリング/資材調達/建設/試運転契約(EPCC)を、オーバーシーズ・ベクテル(M)Sdn Bhdとシャパドゥ・エナジ&エンジニアリングSdn Bhdに発注した。(...続きを読む)
1998-01-31 ArtNo.13635(27/311)
◆<馬>米国/台湾の石油化学会社2社が、J州に大型投資計画
【ジョホール・バル】米国と台湾の石油化学会社2社がジョホール州タンジュン・ランサ工業団地への進出を計画している。(...続きを読む)
1998-02-02 ArtNo.13647(28/311)
◆<星>シェル、蒸留装置1基の操業停止検討
【シンガポール】シンガポールに日産126万バレルの製油施設(シンガポール最大)を有するロイヤル・ダッチ・シェルは、需要の減退に応じ、石油蒸留装置4基中の1基の操業を停止、コスト・カットを図る可能性を検討している。(...続きを読む)
1998-02-04 ArtNo.13676(29/311)
◆<星>スウェーデン製薬会社アストラ、域内投資拡大
【シンガポール】局所麻酔薬の世界的リーダーで、潰瘍薬“LOSEC”を製造するスウェーデン系製薬会社アストラは、アジアが金融危機に見舞われているにも関わらず、シンガポールを拠点に今後一層域内投資を拡大する計画だ。(...続きを読む)
1998-02-04 ArtNo.13677(30/311)
◆<星>英国2製薬会社の合併は当地業務に無影響:EDB
【シンガポール】英国の製薬会社、スミスクライン・ビーチャム(SB)とグラクソ・ウェルカム(GW)の合併に伴いシンガポールにおける両社ビジネスの一部が停止される可能性は大きくない。(...続きを読む)
1998-02-04 ArtNo.13678(31/311)
◆<星>シェル、蒸留装置の運転停止説を否定
【シンガポール】シェル・シンガポールは2日、同社がシンガポールの原油蒸留装置4基中の1基の操業停止を計画しているとの報道を否定した。(...続きを読む)
1998-02-04 ArtNo.13688(32/311)
◆<印度>GEプラスチクス、ポリケムとABS原料購入契約
【アーマダバード】GEプラスチクス・インディア(GEPI)は2日、Polychem Ltd及びRajasthan Polymers & Resin Ltdからアクリロニトリル・ブタジエン・スチレン(ABS)原料を購入することで合意に達したと発表した。(...続きを読む)
1998-02-06 ArtNo.13714(33/311)
◆<印度>三菱、西ベンガル石化事業権益買収でダウと競争
【ムンバイ】Chatterjee-Sorosグループがプロモーターを務める西ベンガル州における5170クローの石油化学プロジェクトへの出資を巡り、ダウ・ケミカルと三菱が競争している。(...続きを読む)
1998-02-07 ArtNo.13729(34/311)
◆<印度>IPCL、発電/製油/石化/道路事業パートナー物色
【ムンバイ】インディアン・ペトロケミカルズ・コーポレーションLtd(IPCL)は、2012年に向けた長期事業計画を近く政府に提出する方針で、関係報告書は発電、石油精製、石油化学、道路建設に関わる内外パートナーとの合弁プロジェクトを披露している。(...続きを読む)
1998-02-09 ArtNo.13747(35/311)
◆<印度>政府、プラスチック業界にMODVATの恩典返上要求
【ムンバイ】中央消費税局はプラスチック/ラバー業界にMODVATファシリティーの返上を求めたが、全インド・プラスチック製造業者協会(AIPMA)は、この種要求は違法であるとして、直ちに通達を撤回するよう首相および大蔵大臣に陳情した。(...続きを読む)
1998-02-10 ArtNo.13756(36/311)
◆<馬>大日本インキ子会社DIC、域内最大のエポキシ樹脂工場に
【パシル・グダン】大日本インキ工業傘下のDICエポキシ(マレーシア)Sdn Bhdは5980万Mドルを投じてジョホール州パシル・グダン工業区に建設中の工場が来年4月に完成すれば、域内最大のエポキシ樹脂製造会社になる。(...続きを読む)
1998-02-11 ArtNo.13764(37/311)
◆<星>ジュロン島事業メイン工事、8月にスタート
【シンガポール】シンガポール本島南西の7島を70億Sドルを投じて連結し、石油化学コンビナートを収容する大規模な人工島を造成しようと言う野心的なジュロン・アイランド・プロジェクトのメイン・フェーズが8月に着手される。(...続きを読む)
1998-02-11 ArtNo.13765(38/311)
◆<星>モービル、来月末にも石化計画に最終決定
【シンガポール】シンガポールに石化コンプレックスを建設する可否を検討中のモービル石油は、経済開発局(EDB)が最終的な投資インセンティブを提示したことから、来月末にも結論を出すものとみられている。(...続きを読む)
1998-02-11 ArtNo.13773(39/311)
◆<馬>イーストマンのクアンタン工場、第1四半期中に稼働
【クアラルンプル】イーストマン・ケミカル(M)Sdn Bhdが1億Mドルを投じてパハン州クアンタンのグブン工業団地に建設中のコポリエステル・プラスチック工場は今年第1四半期には操業を開始する。(...続きを読む)
1998-02-11 ArtNo.13776(40/311)
◆<印度>グジャラート・アルカリ、塩酸工場の試運転開始
【バローダ】グジャラート・アルカリズ&ケミカルズLtd(GACL)は、市況の低迷に関わらず、コスト超過を回避するため、Dahejの総コスト310クロー、日産350トンの塩酸工場の試運転を開始した。(...続きを読む)
1998-02-12 ArtNo.13793(41/311)
◆<印度>ONGC、Bharat/Oman製油事業に出資希望
【ムンバイ】オイル・アンド・ナチュラル・ガス・コーポレーション(ONGC)は、Bhatat Petroleum Corporation Ltd(BPCL)とOman Oil Company(OOC)が7513クローを投じてマドヤプラデシュ州ビナに建設を計画する年産600万トンの石油精製施設へ出資する意向を重ねて表明した。(...続きを読む)
1998-02-14 ArtNo.13818(42/311)
◆<馬>米国燃料添加剤メーカーTLC、製造拠点設置検討
【クアラルンプル】カリフォルニア拠点の独立系燃料調整剤製造会社TLC USAは、域内市場向け製品の製造拠点をマレーシアに設けることを検討している。(...続きを読む)
1998-02-14 ArtNo.13821(43/311)
◆<印度>バイエル、合成ゴム製造準備
【ムンバイ】ドイツの化学企業バイエルAGはインドにおけるポリマー・ビジネスを拡張し、合成ゴム事業に進出することを計画している。(...続きを読む)
1998-02-18 ArtNo.13866(44/311)
◆<印度>Indal、100MWナフサ発電計画
【ムンバイ】インド国内最大のアルミ下流部門企業インディアン・アルミニウム・カンパニーLtd(Indal)は、電力不足に伴う低稼働率を解消するため100MWのキャプティブ発電施設を設ける計画だ。(...続きを読む)
1998-02-18 ArtNo.13869(45/311)
◆<印度>工作機械業界、台湾の経験導入し国際競争力強化
【プーナ】インド工作機械業界は国際競争に生き残るため台湾の経験に学んでいる。
同協会は2年前、国際競争を勝ち抜く“ビジョン2000”を提起、具体的方策の第1歩として、台湾の工作機械業界に倣い海外における部品の共同調達を開始した。(...続きを読む)
1998-02-19 ArtNo.13873(46/311)
◆<星>店頭薬品市場、今後5年間年率11-15%成長
【シンガポール】シンガポールにおける店頭薬品(医師の処方箋を必要としない)市場は向こう5年間に、年率11-15%成長する見通しだ。(...続きを読む)
1998-02-19 ArtNo.13877(47/311)
◆<馬>外国石化企業2社、J州にM$20億投資約束
【ジョホール・バル】外国の石油化学会社2社がジョホール州のタンジュン・ランサ・ヘビー・インダストリアル・パーク(TLHIP)に20億Mドルの投資を約束、別に少なくとも7社が合計90億Mドルのプロジェクトを携え同パークに進出することに関心を寄せている。(...続きを読む)
1998-02-20 ArtNo.13901(48/311)
◆<印度>ポリエステル産業再編も
【ムンバイ】ポリエステル短繊維(PSF:polyester staple fibre)やポリエステル長繊維(PFY:polyester filament yarn)の製造業者は、短期中期的に財政的逼迫を経験することになりそうだ。(...続きを読む)
1998-02-21 ArtNo.13916(49/311)
◆<印度>伊藤忠、セブン・シーズと提携し国内石油製品市場開拓
【ニューデリー】伊藤忠商事は地元のセブン・シーズ・ペトローリアムと50:50の合弁会社を設立し、インド国内石油製品市場への進出を図る。(...続きを読む)
1998-02-23 ArtNo.13920(50/311)
◆<星>1月の石油製品輸出24%ダウン
【シンガポール】シンガポールの今年1月の石油製品輸出は過去12カ月以来最も大幅な24%の落ち込みを見たが、業界筋は今月と来月の見通しも極めて厳しいとしている。(...続きを読む)
石油/化学 Petroleum/Chemical in 1998
◄◄◄ back311件の関連記事が見つかりました( 1/7 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
右ペイン・広告スペース
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.