SEAnews 2003/cat#12-1p 化学
左予備スペース
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
右予備スペース
Site Search
Delivered from Singapore
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
石油/化学 Petroleum/Chemical in 2003
◄◄◄ back499件の関連記事が見つかりました( 1/10 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
元のページへ戻る ►2003-01-06 ArtNo.30380(1/499)
◆海運業界、運賃急騰で幸先良い年明けに
【ムンバイ】過去数ヶ月間にほとんど全カテゴリーの運賃が値上がり、上昇率も100~373%に達したことから、インド海運業界は明るい年明けを迎えている。(...続きを読む)
2003-01-06 ArtNo.30382(2/499)
◆GAIL/HPL、化学品スワップ協定に調印
【コルカタ】国営Gas Authority of India Ltd (Gail)とHaldia Petrochemicals Ltd (HPL)は2002年12月31日、製造業務の相互補完および製品のスワップ・マーケッティングに関する協定を結んだ。(...続きを読む)
2003-01-08 ArtNo.30385(3/499)
◆政府、数日中にBalmer民営化の入札書類を配布
【ニューデリー】政府持分処分閣僚委員会(CCD:Cabinet Committee on Disinvestment)は、去る12月27日の会議の席上、グリース、潤滑油、特殊化学品、輸送用コンテナの製造、貿易、リース、観光、貨物輸送、エンジニアリング・サービス等を手掛けるBalmer Lawrie & Co(BLC)の政府持分を、一括して“as is where is(その状態、その場所で)”ベースで売却する方針を決めた。(...続きを読む)
2003-01-08 ArtNo.30386(4/499)
◆RIL、ポリマー製品値上げ
【ムンバイ】Reliance Industries Ltd(RIL)は、原油の値上がりと、製品需要の拡大に伴い1月のポリマー価格を引き上げた。
同社のポリマー値上げは過去4ヶ月間に2度目のこと。(...続きを読む)
2003-01-08 ArtNo.30396(5/499)
◆Alkem、第4世代セファロスポリン発売
【ニューデリー】年商500クロー(US$1.034億)の地場製薬会社Alkem Laboratories Ltd(ALL)は、セフェピム(Cefepime)商標で知られる第4世代のセファロスポリン(cephalosporin)を近くインド市場に紹介する。(...続きを読む)
2003-01-08 ArtNo.30397(6/499)
◆Ranbaxy、FDAにオフロキサシンODバージョンの認可申請
【ニューデリー】地元の大手製薬会社Ranbaxy Laboratories Ltd(RLL)は米国食品薬品局(FDA)に抗感染薬オフロキサシン(Ofloxacin) のOD(once-a-day)バージョンの認可を申請した。(...続きを読む)
2003-01-10 ArtNo.30399(7/499)
◆Chemplast、アンドラプラデシュ州にPVC製造施設計画
【チェンナイ】Chemplast Sanmar Ltd(CSL)は7日、アンドラプラデシュ州政府と、州内のKrishnapatnam付近にポリ塩化ビニール(PVC)工場を設ける覚書を交換した。(...続きを読む)
2003-01-10 ArtNo.30400(8/499)
◆肥料業界、向こう5年間に深刻な天然ガス不足に
【ムンバイ】インドの肥料業界は、国内における大型ガス田の発見に関わらず、向こう5年間に深刻な天然ガス不足に直面、肥料の需給ギャップも拡大する見通しだ。(...続きを読む)
2003-01-10 ArtNo.30401(9/499)
◆IOC、パラディープ製油所建設計画の実行準備
【ムンバイ】Indian Oil Corporation (IOC)は、Industrial Development Bank of India(IDBI)マーチャント・バンク部門に依頼した事業化調査が完了したのに伴い、オリッサ州Paradipにおける年間処理能力900万トンの石油精製施設の建設計画に着手する構えだ。(...続きを読む)
2003-01-10 ArtNo.30402(10/499)
◆政府持分処分省/大蔵省、ONGCとIOCの合併提案
【ニューデリー】政府持分処分省(Ministry of Disinvestment)が、石油天然ガス省に対しOil and Natural Gas Corporation(ONGC)とIndian Oil Corporation(IOC)の合併を通じて、ONGCの小売市場進出と、石油ビジネスの垂直統合を実現するよう提案したことから、Hindustan Petroleum Corporation Ltd (HPCL)民営化に他の国営石油会社の入札を認めるか否かを巡る論争は、新たな展開を見せている。(...続きを読む)
2003-01-10 ArtNo.30403(11/499)
◆石油省、ONGC/IOCの合併に反対
【ニューデリー】石油天然ガス省はIndian Oil Corporation(IOC)とOil and Natural Gas Corporation(ONGC)を合併し、後者の石油小売市場進出を実現すると言う構想に反対を表明した。(...続きを読む)
2003-01-10 ArtNo.30410(12/499)
◆IBMインド・ラブ、“BlueGene”事業に貢献
【ムンバイ】IBMの調査部門の中で最近設立されたIBM India Research Laboratory (IRL)は、タンパク質折り畳み構造(protein folding)のシミュレーションを可能にする1億米ドルのスーパー・コンピューター、“BlueGene”開発プロジェクトの主要な役割を担う。(...続きを読む)
2003-01-10 ArtNo.30411(13/499)
◆NCL、3種類のキラル薬品開発
【バンガロール】マハラシュトラ州Pune拠点のNational Chemical Laboratory (NCL)は、3種類のキラル薬品化合物(chiral drug compounds)を開発した。
これらの薬品は今年末までに市場に投入される見通しだ。(...続きを読む)
2003-01-10 ArtNo.30412(14/499)
◆インド政府、米国大学に遺伝子転換作物の研究で協力呼びかけ
【ニューデッリー】インド政府は米国の大学に対し、遺伝子転換作物やゲノミクス領域における協力を呼びかけた。(...続きを読む)
2003-01-13 ArtNo.30414(15/499)
◆リライアンス、グジャラート州沖合で新ガス田発見
【ニューデリー】最近、アンドラプラデシュ州沖合のGodavari海盆で7兆立方フィートのガス田を発見したReliance Industries Ltd(RIL)は、このほどグジャラート州沖合鉱区で石油及びガス鉱脈を掘り当てたと発表した。(...続きを読む)
2003-01-13 ArtNo.30417(16/499)
◆PSL、パイプ・ライン事業にUS$8千万鋼管納入
【ニューデリー】マハラシュトラ州Mumbai拠点の鋼管メーカー、PSL Holdingsは、インド南部と西部における3件のパイプ・ライン・プロジェクトに対する総額400クロー(US$8271万)の鋼管納入契約を獲得した。(...続きを読む)
2003-01-13 ArtNo.30418(17/499)
◆Alcoa、タビュラーアルミナ合弁事業の持分拡大?
【コルカタ】世界の最大のアルミニウム会社Alcoaは、Associated Cement Companies Ltd (ACC)と60:40の出資率で1996年に設立したACC Alcoa Industrial Chemicals (AAIC)の持分拡大を図っているもようだ。(...続きを読む)
2003-01-15 ArtNo.30429(18/499)
◆LNGビジネスに10年間の免税待遇準備
【ニューデリー】インド政府は新年度予算に、液化天然ガス・ビジネスに対する10年間の免税優遇措置を盛り込む見通しだ。(...続きを読む)
2003-01-15 ArtNo.30430(19/499)
◆エタノール添加ガソリン、製糖産業に恩恵、化学産業に打撃
【ニューデリー】ガソリンにエタノールを添加すると言うインド政府の最近の試みは、サトウキビ農民に対する支払いを滞らせた製糖業界に新たな収入源をもたらしたものの、年商1300クロー(US$2.69億)の化学業界は高い工業用アルコールの輸入を強いられ、打撃を被っている。(...続きを読む)
2003-01-15 ArtNo.30433(20/499)
◆Morepen、独Analtyicon製診断器具をマーケッティング
【ニューデリー】デリー・ベースの地場製薬会社Morepen Laboratories Ltd(MLL)はドイツ企業Analyticon Biotechnologies AG(AB)と、尿検査用試験器具のマーケッティング協定を結んだ。(...続きを読む)
2003-01-17 ArtNo.30444(21/499)
◆RIL、大型石化コンプレックス計画発表も?
【ティルバナンタプラム】Reliance Industries Ltd(RIL)のMukesh Ambani会長は明日と明後日(1月18/19日)開催されるケララ国際投資家会議(GIM:Global Investor Meet)の席上、大型石油化学コンプレックス計画を発表するのではないかと注目されている。(...続きを読む)
2003-01-17 ArtNo.30445(22/499)
◆Wockhardt、エーザイとの提携拡大協議
【ムンバイ】インドの地場製薬会社Wockhardt Ltdは、エーザイと提携強化問題を協議しており、こうした協力には対日輸出や研究開発(R&D)が含まれる。(...続きを読む)
2003-01-17 ArtNo.30452(23/499)
◆Nirlep、自動車用ノンスティック・ドライ・コート発売計画
【コルカタ】マハラシュトラ州Aurangabadを拠点にするDuraware Groupに所属するノンスティック(テフロン加工等)調理用具メーカー、Nirlepは自動車用ノンスティック・ドライ・コート(汚れ防止即乾塗料)を近く発売する。(...続きを読む)
2003-01-20 ArtNo.30458(24/499)
◆Gail、イラン国営ガス/石油会社と協力覚書
【ニューデリー】Gail (India) Limited/National Iranian Oil Company (NIOC)/National Iranian Gas Export Company (NIGEC)は16日、天然ガス領域における様々な協力に関する覚書を交換した。(...続きを読む)
2003-01-20 ArtNo.30459(25/499)
◆DCM Shriram、英国企業と提携しポリマー建材市場進出
【ニューデリー】DCM Shriram Consolidated Ltd(DSCL)は、ポリマー建材市場の開拓を目指し、英国拠点のHeywood Williamsとポリマー・ウィンドー製造に関わる技術/マーケッティング協力を結んだ。(...続きを読む)
2003-01-20 ArtNo.30460(26/499)
◆JB Chemicals、米国食品薬品局に初の簡略化新薬申請
【ムンバイ】地場製薬会社JB Chemicals and Pharmaceuticals Ltd(JBCPL)は米国食品薬品局(FDA:Food and Drug Administration)に初の簡略化新薬申請(ANDA:abbreviated new drug application)を提出した。(...続きを読む)
2003-01-20 ArtNo.30468(27/499)
◆Reliance、ケララ州の各種プロジェクトにUS$2億投資
【コーチ】Reliance Industries Ltd(RIL)のMukesh Ambani会長は18日、ケララ州Kochiで催された国際投資家会議(Global Investors' Meet)の席上で、グループはケララ州における各種プロジェクトに合計約1000クロー(US$2.068億)を投資すると発表した。(...続きを読む)
2003-01-22 ArtNo.30476(28/499)
◆コーチン製油所拡張計画を実行:石油相
【コーチ】Kochi Refineries Ltd(KRL)の拡張・近代化計画の一環として、同製油所の年間精製能力は現在の750万トン(MMTPA)から1000万トンに拡張される。(...続きを読む)
2003-01-22 ArtNo.30477(29/499)
◆Indo Rama、ポリエステル需要の成長に乗じ売上げ拡大
【ニューデリー】第3四半期に160%の増益(純益)を実現したIndo Rama Synthetics (I) Ltd.(IRSIL)は、2003-04年と2005-06年の間に年率9%の成長が予想されるポリエステル需要の波に乗ることを目指している。(...続きを読む)
2003-01-22 ArtNo.30478(30/499)
◆Nicholas、アレルギー性鼻炎治療薬Airitis発売
【マンガロール】Nicholas Piramal India Ltd(NPIL)はアレルギー性鼻炎治療薬“Airitis”を発売した。(...続きを読む)
2003-01-24 ArtNo.30491(31/499)
◆12月のインフラ産業成長率4.2%に鈍化
【ニューデリー】中核インフラ産業6業種の2002年12月の成長率は4.2%と、前年同月の5.1%に比べ鈍化した。(...続きを読む)
2003-01-24 ArtNo.30498(32/499)
◆Tata Chem、Hind Lever Chemicals買収提案
【ムンバイ】Tata Chemicals Ltd(TCL)は、既存ビジネスの成長の潜在性を追究する狙いからHind Lever Chemicals Ltd. (HLCL)の買収を提案した。(...続きを読む)
2003-01-24 ArtNo.30499(33/499)
◆Kopran、クロアチア/独企業と製薬・マーケッティング契約
【ムンバイ】地元企業Kopran Ltdはクロアチアの製薬大手Plivaと、製剤(formulation)の製造契約を結ぶとともに、ドイツ企業Helm AGとバルク薬品ロキシスロマイシン(roxythromycin/Roxithromycin)の欧州におけるマーケッティング協力覚書を交換した。(...続きを読む)
2003-01-27 ArtNo.30514(34/499)
◆Tata Pigments、“Cemplus”をナショナル・ブランドに
【ジャムシェドプル】Tata Iron and Steel Company Ltd (Tisco)が完全出資する合成酸化鉄顔料及びフローリング・オクサイド製造会社Tata Pigments Ltd(TPL)は、“プロセッサー”と称する業者への製造委託を通じ、ドライ・セメント塗料ブランド“Cemplus”をリージョナル・ブランドからナショナル・ブランドに変身させる計画だ。(...続きを読む)
2003-01-27 ArtNo.30515(35/499)
◆インドネシア/タイ製クエン酸に確定反ダンピング税提案
【ニューデリー】商工省傘下の反ダンピング局(anti-dumping authority)はインドネシアとタイから輸入される全てのクエン酸に確定反ダンピング税を課すよう提案した。(...続きを読む)
2003-01-27 ArtNo.30516(36/499)
◆Elder Pharma、フルイムシル経口剤発売
【ムンバイ】地場製薬会社Elder Pharmaceuticals Ltd(EPL)は、アミノ酸システイン派生物NAC(N-acetylcysteine:N-アセチル-L-システイン)を主成分とする“フルイムシル(Fluimucil)経口剤”を発売した。(...続きを読む)
2003-01-27 ArtNo.30517(37/499)
◆Shasun Chemicals、製剤ビジネスに進出
【チェンナイ】Shasun Chemicals & Drugs(SCD)は、既存のバルク薬品ビジネスを補完する狙いから、製剤(formulations)ビジネスに進出、錠剤を製造する計画だ。(...続きを読む)
2003-01-29 ArtNo.30522(38/499)
◆尿素の国内在庫レベル171万トンにダウン
【ニューデリー】インド国内における尿素の在庫水準は、消費が低迷しているにも関わらず2001年12月末の190万トンから2002年12月末の171万トンに下降した。(...続きを読む)
2003-01-29 ArtNo.30523(39/499)
◆インド化学産業、2010年にはUS$1000億産業に成長
【ムンバイ】インドの化学産業は年率15.5%の成長を遂げ、2010年までに1000億米ドル産業になる見通しだ。(...続きを読む)
2003-01-29 ArtNo.30524(40/499)
◆Divi's Labs、ジェネリック活性製剤成分に照準
【Lingojigudem】アンドラプラデシュ州Hyderabad拠点の年商220クロー(US$4549万)の活性製剤成分(API:active pharmaceutical ingredient)/中間体(intermediate)メジャー、Divi's Laboratories Ltd (DLL)は、多国籍企業向け受託合成(custom synthesis)、ジェネリックAPI、ジェネリック中間体、ペプチドに照準を合わせた新ビジネス・モデルを立案した。(...続きを読む)
2003-01-29 ArtNo.30525(41/499)
◆Essar、Jamnagar製油所プロジェクト近く再開?
【ムンバイ】Essar Oil Ltd(EOL)のグジャラート州Jamnagarにおける年間処理能力1050万トンの製油所プロジェクトは4年間にわたり工事がストップしているが、間もなく再開される見通しだ。(...続きを読む)
2003-01-31 ArtNo.30545(42/499)
◆リライアンス、Jamnagar製油所の精製能力を20%拡張
【ニューデリー】Reliance Industries Ltd (RIL)はグジャラート州Jamnagarに設けた製油所の1日当たりの処理能力を今年12月までに65万バレルに20%拡大する方針だ。(...続きを読む)
2003-01-31 ArtNo.30546(43/499)
◆工業開発銀行、Southern Petrochemicalsの債務再編承認
【ムンバイ】Industrial Development Bank of India(IDBI)はSouthern Petrochemicals Industries Ltd(SPIC)の1200クロー(US$2.48億)余りの負債再編案を承認する一方、子会社や製薬及びバイオテック関連会社の持分を処分し、565クロー(US$1.168億)を調達するよう勧告した。(...続きを読む)
2003-01-31 ArtNo.30547(44/499)
◆IIL、ブルセラ病ワクチン発売
【ハイデラバード】全国酪農開発局(NDDB:National Dairy Development Board)が完全出資するインド免疫学会社(IIL:Indian Immunologicals Ltd)は、インド初のブルセラ病(Brucellosis)ワクチン“Bruvax”を発売した。(...続きを読む)
2003-02-05 ArtNo.30553(45/499)
◆Kanoria Chem、Punjab Alkalies権益買収目指す
【コルカタ】グジャラート州拠点のKanoria Chemicals and Industries Ltd(KCIL)は、パンジャブ州が募集したPunjab Alkalies and Chemicals(PAC)の23.49%権益入札に応札する見通しだ。(...続きを読む)
2003-02-05 ArtNo.30554(46/499)
◆Dr Reddy's、3新化学物質の基礎研究を放棄
【ハイデラバード】ニューヨーク証券取引所(NYSE)上場資格を有するインド拠点の製薬会社Dr Reddy's Laboratories Ltd(DRL)は、期待を裏切る科学データ及び潜在性に乏しい臨床試験結果から、3種類の新化学物質(NCE:new chemical entities)の基礎研究を停止する方針を決めた。(...続きを読む)
2003-02-05 ArtNo.30555(47/499)
◆Natco、近く抗癌剤Veenat発売
【ハイデラバード】強固な研究基盤と徐放技術(time release technology)で知られるアンドラプラデシュ州Hyderabad拠点、年商95クロー(US$1964万)のNatco Pharma Ltd (NPL)は近く100mgカプセル入り抗癌剤“Veenat”を発売する。(...続きを読む)
2003-02-05 ArtNo.30565(48/499)
◆シンガポール企業含む11社がファーマ・シティーに入札
【ヴィシャカパトナム】シンガポールの建設会社Sembcorp Engineers and Constructors Private Limitedを含む11社が、アンドラプラデシュ州Visakhapatnam近郊にワールド・クラスのインフラを備えた“Pharma City”を開発するプロジェクトに関心を表明している。(...続きを読む)
2003-02-07 ArtNo.30566(49/499)
◆ONGC/RIL/GSPC、新探査ライセンス獲得
【ニューデリー】インド政府は2月4日、第3次新探査ライセンス政策(NELP-III:New Exploration Licencing Policy)の下、国営Oil and Natural Gas Corporation (ONGC)、地元Reliance Industries Ltd (RIL)、Gujarat State Petroleum Corporation (GSPC)等と合計23件のライセンス契約を結んだ。(...続きを読む)
2003-02-07 ArtNo.30567(50/499)
◆Shell、向こう数ヶ月間にLNG事業にUS$4億追加投資
【ムンバイ】これまでにインドにおける液化天然ガス(LNG)事業に1000クローを(US$2.0678億)を投資したShell Indiaは、向こう数ヶ月間に別途2000クロー(US$4.1356億)を追加投資する計画だ。(...続きを読む)
石油/化学 Petroleum/Chemical in 2003
◄◄◄ back499件の関連記事が見つかりました( 1/10 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
右ペイン・広告スペース
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.