左予備スペース
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
右予備スペース
Site Search
Delivered from Singapore
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
外交地域政治 Foreign Affair in 2020
◄◄◄ back12件の関連記事が見つかりました( 1/1 pageを表示 [ 1~12 ] )next ►►►
元のページへ戻る ►2020-02-12 ArtNo.46670(1/12)
◆トランプ大統領、2月24-25日にインド訪問




【ワシントン】ホワイトハウスが10日午後発表したところによると、トランプ大統領は2月24日と同月25日にインドを訪問する。トランプ大統領とメラニア・トランプ夫人は、アーメダバードとニューデリーを訪れる。
○トランプ訪印中に貿易協定調印発表も
○『Can Do』を今年のテーマに、対話で問題解決を:モディ首相
○資金不足で農村雇用保証計画立ち往生(...続きを読む)
2020-02-12 ArtNo.46671(2/12)
◆特朗普总统于2月24日至25日访问印度




【华盛顿】根据白宫于2月10日下午正式宣布,美国总统唐纳德·特朗普将于2月24日至25日访问印度。特朗普先生和梅拉尼娅·特朗普夫人将访问艾哈迈达巴德和新德里。
○在特朗普访印之间可能发表签署贸易协定
○『会做』是今年主题,让我们通过对话来解决问题:总理莫迪
○农村就业保障计划由于资金短缺而抛锚(...続きを読む)
2020-02-12 ArtNo.46672(3/12)
◆Trump announces visit to India on February 24 and 25




【Washington】U.S. President Donald Trump will visit India on February 24 and 25, as per an official announcement from the White House on February 10 afternoon. Mr. Trump and the First Lady Melania Trump will visit Ahmedabad and New Delhi.
○Indo-US trade deal likely to be announced during President Trump's India visit
○'Can Do' is the emerging theme, let's resolve issues through peaceful dialogue: PM Modi
○Fund crunch hits MGNREGA scheme(...続きを読む)
2020-02-12 ArtNo.46676(4/12)
◆市民権修正法はインド憲法/世界人権法違反:アムネスティ




【ワシントン】国際人権非政府組織アムネスティ・インターナショナルは、米国議会に対して、最近インド政府が公布した『市民権修正法(CAA:Citizenship Amendment Act)』は、インド憲法と国際人権法に明確に違反しており、宗教に基づく差別の正当化であると証言した。
○欧州議会反CAA動議の背後パキスタン系議員(...続きを読む)
2020-02-12 ArtNo.46677(5/12)
◆《公民身份修正法》违反了印度宪法和全球人权法:国际特赦组织




【华盛顿】国际特赦组织(Amnesty International)告诉美国国会议员,最近印度颁布的『公民身份修正法(CAA:Citizenship Amendment Act)』明显违反了印度宪法和国际人权法,并将宗教歧视合法化。
○欧洲议会反CAA动议的背后有巴基斯坦原议员(...続きを読む)
2020-02-12 ArtNo.46678(6/12)
◆CAA violates Constitution, global human rights law: Amnesty




【Washington】Amnesty International has told the US lawmakers that the recently enacted Citizenship Amendment Act (CAA) stands in "clear violation" of the Constitution of India and international human rights law and "legitimises discrimination" on the basis of religion.
○PoK-Origin MEP behind Anti-CAA move in European parliament(...続きを読む)
2020-02-12 ArtNo.46688(7/12)
◆パキスタン外交、2020年は挑戦の年に、対印関係の緊張持続:シンクタンク




【イスラマバード】パキスタンの対外関係は2020年を通じて挑戦的であり、インドとの緊張関係を含む経済と安全に深刻な影響を及ぼす。パキスタンのシンクタンクは1月26日こうした見通しを発表した。
○実際のGDP成長率は1.9%:ハフェズ・パシャ元蔵相(...続きを読む)
2020-02-12 ArtNo.46689(8/12)
◆巴基斯坦的外交在2020年将充满挑战,对印度保持紧张:智囊团




【伊斯兰堡】巴基斯坦智库于1月26日表示,巴基斯坦的对外事务在整个2020年仍将充满挑战,对经济和安全产生严重影响,包括与印度的紧张关系。
○实际GDP增长1.9%:前财长哈菲兹·帕夏(...続きを読む)
2020-02-12 ArtNo.46690(9/12)
◆Pak's external affairs to be challenging in 2020 remain tense with India: Think-tank




【Islamabad】Pakistan's external affairs would remain challenging throughout 2020, having serious implications on economy and security, including tense relations with India, a Pakistani think-tank said on January 26.
○Former Finance Minister Hafeez Pasha says actual GDP growth is 1.9pc(...続きを読む)
2020-02-12 ArtNo.46691(10/12)
◆インドはスリランカの誠実な隣国:モディ首相




【ニューデリー】ナレンドラ・モディ首相は2月8日、「インドはこれまでスリランカの発展の信頼されるパートナーであったが、今後もスリランカの平和と開発の旅を支援し続ける」と語った。
○ネパール日本二国間協議メカニズム第3回会議開催
○ダッカ/ローマ、EU通じた緊密な関係構築
○ダッカ、欧州議会にロヒンギャの本国送還支援要請(...続きを読む)
2020-02-12 ArtNo.46692(11/12)
◆印度成为斯里兰卡的忠实伴侣:莫迪总理




【新德里】印度总理纳伦德拉·莫迪于2月8日说「印度一直是斯里兰卡发展的可信赖的伙伴,印度将继续协助斯里兰卡实现和平与发展。」
○尼泊尔日本双边磋商机制第三次会议召开
○达卡和罗马通过欧盟构筑紧密伙伴关系
○达卡寻求欧洲议会协助罗兴亚人的遣返(...続きを読む)
2020-02-12 ArtNo.46693(12/12)
◆Indian PM assures to be a faithful Sri Lanka's companion




【New Delhi】Indian Prime Minister Narendra Modi said on February 8 that India has been a "trusted partner" in Sri Lanka's development, and that India will continue to assist Sri Lanka in its journey for peace and development.
○Nepal-Japan Bilateral Consultation Mechanism's third meeting held
○Dhaka, Rome eye stronger economic partnership with intense ties through EU
○Dhaka seeks European Parliament's role to help Rohingya repatriation(...続きを読む)
右ペイン・広告スペース
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.