SEAnews 2005/cat#16-1p 運輸
左予備スペース
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
右予備スペース
Site Search
Delivered from Singapore
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
ロジスティクス Logistics in 2005
◄◄◄ back113件の関連記事が見つかりました( 1/3 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
元のページへ戻る ►2005-01-14 ArtNo.34832(1/113)
◆国営電子会社、米国OSIの貨物検査システム製造引き受け
【ハイデラバード】国営電子会社Electronics Corporation of India Ltd (ECIL)は、米国拠点のOSI Systemsと、後者製電子貨物検査システムをインドで製造する協定を結んだ。(...続きを読む)
2005-01-17 ArtNo.34835(2/113)
◆US$390億投じ道路プロジェクト推進
【ニューデリー】Manmohan Singh首相を長とする委員会は、向こう7年間に17万クロー(US$390.44億)を投じハイウェーをアップグレードするよう、道路交通ハイウェー省に求めるとともに、必要資金を調達し、道路プロジェクトを実行できるようインド全国幹線道路局(NHAI:National Highways Authority of India)の権限を強化するよう同省に指示した。(...続きを読む)
2005-01-19 ArtNo.34853(3/113)
◆マンガロール複合プロジェクトの土地買収を近く開始
【バンガロール】Oil and Natural Gas Corporation (ONGC)がカルナタカ州Mangaloreで計画する2万5000クロー(US$57.42億)のメガ複合プロジェクトのための土地買収が15-20日以内に開始される見通しだ。(...続きを読む)
2005-01-19 ArtNo.34854(4/113)
◆NTPC、LNG輸入事業に参入検討
【ムンバイ】国営火力発電会社National Thermal Power Corporation (NTPC)は液化天然ガス(LNG)輸入ビジネスへの参入を検討している。(...続きを読む)
2005-01-24 ArtNo.34865(5/113)
◆PetronetのLNGタンカー用船契約に商船三井等6チームが入札
【ニューデリー】グジャラート州Dahejにおける液化天然ガス(LNG)輸入ターミナル拡張計画とケララ州Kochiにおける新LNGターミナル・プロジェクトのために合計3隻のLNGタンカーのチャーターを計画するPetronet LNG Ltd(PLL)が発した入札資格証明提出通知(RFQ:request for qualifications)に対して、商船三井、Qatar Shipping、Essar Shipping、Shipping Corporation of India (SCI)を含む海運会社6チーム(社)が応募した。(...続きを読む)
2005-01-26 ArtNo.34890(6/113)
◆IOC、グジャラート州に第3LNGターミナル
【アーマダバード】Indian Oil Corporation Ltd (IOC)はグジャラート州に第3の液化天然ガス(LNG)ターミナルを設ける可能性を検討している。(...続きを読む)
2005-01-26 ArtNo.34892(7/113)
◆バンガロール空港建設計画、3月着工目指す
【ニューデリー】カルナタカ州Bangaloreの新国際空港は今年3月1日までに着工される必要がある。
Larsen & Toubro Ltd(L&T)のA. Ramakrishna社長兼副MDはこのほど以上のように指摘した。(...続きを読む)
2005-01-28 ArtNo.34895(8/113)
◆向こう7年間の道路プロジェクト予算US$390億
【ニューデリー】統一進歩連合(UPA:United Progressive Alliance)政府の道路建設アジェンダは『黄金の四辺形(Golden Quadrilateral)』プロジェクトの完成をもって落着する訳ではなく、全国幹線道路建設計画(NHDP:National Highway Development Project)は第1期、第2期プロジェクト後もとにかく続行される見通しだ。(...続きを読む)
2005-01-31 ArtNo.34911(9/113)
◆Reliance、石油製品パイプライン6本の敷設認可取得
【ニューデリー】Reliance Industries (RIL)は、グジャラート州Jamnagarの製油所で精製した年間3300万トンの石油製品を全国に輸送するため6本の石油製品パイプ・ラインを敷設することを認められた。(...続きを読む)
2005-03-02 ArtNo.35101(10/113)
◆新鉄道予算案、乗車料/貨物運賃据え置き
【ニューデリー】Laloo Prasad Yadav鉄道相は26日、数ダースにのぼる新列車の導入や鉄道網改善資金の逼迫に関わらず、乗車料も貨物運賃も値上げせぬ国民的融和を重視した鉄道予算案を国会に上程した。(...続きを読む)
2005-03-09 ArtNo.35139(11/113)
◆US$50.5億ハイウェー拡幅計画を閣議承認
【ニューデリー】インド政府は5日の閣議で、16州を結ぶ延べ4000キロのナショナル・ハイウェーを4車線から6車線に拡幅する総コスト2万2000クロー(US$50.53億)のプロジェクトを承認した。(...続きを読む)
2005-03-14 ArtNo.35168(12/113)
◆アーマダバード弾丸列車計画遅延:三菱事業化調査
【アーマダバード】グジャラート州の州都Ahmedabadとマハラシュトラ州の州都Mumbaiを結ぶ見積もりコスト3万5000クロー(US$80.39億)の弾丸列車計画の着工は少なくとも5年繰り延べられる見通しだ。(...続きを読む)
2005-03-18 ArtNo.35195(13/113)
◆道路建設を再度UPA政権のトップ・アジェンダに
【ニューデリー】道路建設が再び統一進歩連合(UPA:United Progressive Alliance)政権のトップ・アジェンダに返り咲いた。(...続きを読む)
2005-03-18 ArtNo.35196(14/113)
◆計画委員会、公共民間協力通じ新鉄道路線建設提案
【ニューデリー】計画委員会(Planning Commission)は第10次五カ年計画中期見直し(MTA:mid-term appraisal)の鉄道事業に関する提案の中で、新鉄道路線を敷設するための公共民間協力(PPP:public-private participation)を主唱している。(...続きを読む)
2005-03-21 ArtNo.35223(15/113)
◆GAIL、コーチLNGターミナルの設備能力シェア検討
【ティルヴァナンタプラム】Gas Authority of India Ltd (GAIL)は、Petronet LNG Ltd(PLL)がケララ州Kochiに設ける液化天然ガス(LNG)ターミナルの設備能力をシェアする可能性を検討している。(...続きを読む)
2005-03-23 ArtNo.35236(16/113)
◆GAIL、HVJパイプライン沿いのガス供給をカット
【ニューデリー】HVJ(Hazira-Vijaipur-Jagdishpur)パイプライン沿いの産業ユーザー(主に発電/肥料会社)は、Gas Authority of India Ltd(Gail)が4月1日以降民間部門向けの供給を55%、公共部門向けの供給を30%それぞれカットすると通知したことから、不足分を誰が補ってくれるのかと戸惑っている。(...続きを読む)
2005-03-30 ArtNo.35259(17/113)
◆鉄鋼会社、鉄道貨物保管割増料等の見直しに反対
【コルカタ】公共・民間両部門の鉄鋼会社は、貨物保管割増料(demurrage rates)の見直し、貨物保管割増料支払い猶予期間(free time for wagons)の大幅短縮、その他の規則の修正に関するThe Railways(Rly)の提案に挙って反対している。(...続きを読む)
2005-04-01 ArtNo.35269(18/113)
◆海運業界、新サービス税に狼狽
【ムンバイ】インド登録の輸送船が外国の港で荷を積み込み別の外国の港でその荷を下ろしたなら、母港に寄港した際、10.3%のサービス税を支払わねばならなくなる。
加えて外国の港で支払った港湾料と同額の税を別途請求されると言う。(...続きを読む)
2005-04-04 ArtNo.35290(19/113)
◆GAIL、HBJパイプラインにガス継続供給
【コルカタ】Hazira-Bijapur-Jagdishpur (HBJ)パイプ・ラインへのガス供給をカットするとの国営ガス会社Gas Authority of India Ltd(Gail)の発表を巡る混乱は、石油天然ガス省の介入で間もなく収束するものと見られる。(...続きを読む)
2005-04-04 ArtNo.35292(20/113)
◆AFL、自動車部品業者にVAT対応兵站サービス提供
【コインバトール】マハラシュトラ州Mumbaiを拠点に総合的なサプライチェーン・マネージメント(SCM)サービスを手がけるAFL Private Ltdは、自動車コンポーネント納入業者のコスト削減努力を支援するため、テーラー・メードの付加価値税(VAT)対応アウトバウンド・ロジスティクス・ソリューション(OLS)を提供する。(...続きを読む)
2005-04-06 ArtNo.35312(21/113)
◆MMTC、全国6カ所に『自由貿易保税倉庫地区』計画
【ニューデリー】Minerals and Metal Trading Corporation Ltd(MMTC)は国内の各地に6つの『自由貿易保税倉庫地区(FTWZ:Free Trade and Warehousing Zone)』を設ける。(...続きを読む)
2005-04-15 ArtNo.35363(22/113)
◆XPS Global、振華物流と提携し中印兵站サービス提供
【ニューデリー】年商850クロー(US$1.95億)のTransport Corporation of India Groupに属するXPS Globalは、中国の指導的運送会社Zhenhua Logistics Group Company Ltd(振華物流集団)と手を結び、インド/中国間のビジネスを手がける企業に国際輸送や通関業務、その他のロジスティクス・サービスを提供する。(...続きを読む)
2005-04-18 ArtNo.35376(23/113)
◆インド、米国と新航空協定締結
【ニューデリー】インドと米国は14日、航空サービス協定(Air Services Agreement)を結んだ。
これにより両国間を往復する商業航空便が増加し、航空運賃が下降、経済関係が一層緊密化するものと予想される。(...続きを読む)
2005-04-20 ArtNo.35390(24/113)
◆インド/パキスタン首脳、経済協力促進で合意
【ニューデリー】インドのManmohan Singh首相とパキスタンのPervez Musharraf大統領は17日、当地で2時間にわたり会談、最近の両国間の貿易や経済協力面の関係改善を一層促進するため、『経済問題合同委員会(joint commission on economic issues)の復活』、『合同ビジネス評議会(joint business council)の新設』、『伝統的トランジット・ルート再開の可能性協議』等の施策を講じることで合意した。(...続きを読む)
2005-04-20 ArtNo.35391(25/113)
◆成功に王道なし、ソフト・ボーダーに期待
【ニューデリー】パキスタンのPervez Musharraf大統領との3日間にわたる会議を終えたManmohan Singh首相は18日、「前途にはなお困難が予想されるが、今回の頂上会談の成果を踏まえ、両国はそれぞれの責任を全うせねばならず、尻すぼみに終わらせることはできない」との談話を発表した。(...続きを読む)
2005-04-20 ArtNo.35392(26/113)
◆インド/パキスタン、ガス・パイプライン計画継続で合意
【ニューデーリ】米国の懸念表明に関わらず、インドとパキスタンは18日、イラン/パキスタン/インドを結ぶ見積もりコスト40億米ドルの天然ガス・パイプ・ライン計画を引き続き検討することで合意した。(...続きを読む)
2005-04-22 ArtNo.35406(27/113)
◆今年の外国人旅行者300万人突破:観光局
【ムンバイ】今年(2005)の外国人旅行者は、過去最高を記録した昨年をさらに24%上回り、300万人の大台を突破する見通しだ。(...続きを読む)
2005-04-22 ArtNo.35407(28/113)
◆US$137.8億投じ主要4都市間に貨物専用鉄道建設
【ニューデリー】インド政府はフレート・コリドー(freight corridor)プロジェクトの下、向こう5-7年間に6万クロー(US$137.8億)を投じ総延長9260キロの貨物専用鉄道を建設する。(...続きを読む)
2005-05-04 ArtNo.35466(29/113)
◆日本、鉄道プロジェクト2件にUS$50億借款供与
【ニューデリー】日本はデリーとマハラシュトラ州Mumbai間及びデリーと西ベンガル州Kolkata間を結ぶ2つの主要な鉄道プロジェクトに、返済期間40年、年利0.4%の条件で50億米ドルの借款を供与することを約束した。(...続きを読む)
2005-05-04 ArtNo.35475(30/113)
◆GAIL、AP州にメガ・ガス・パイプライン敷設
【ハイデラバード】国営ガス会社Gas Authority of India Limited (GAIL)は、電力業界や肥料業界のガス需要が増加する中で4800クロー(US$11.02億)を投じてアンドラプラデシュ州に新たに延べ1600キロのガス・パイプラインを敷設する。(...続きを読む)
2005-05-06 ArtNo.35479(31/113)
◆インド、イランとのパイプライン計画に厳しい条件提示
【ニューデリー】インドはパイプラインによるイランからのガス輸入計画に、1mmbtu(million metric British thermal units)当たり2.25米ドルの上限価格を含む厳しい条件を提示した。(...続きを読む)
2005-05-06 ArtNo.35485(32/113)
◆TNT、運輸会社Gati買収?
【ニューデリー】クーリエ及び至急便産業は調整期を迎えており、DHL Express Indiaが昨年Blue Dartを買収したのに続き、オランダ拠点の特急便会社TNTがアンドラプラデシュ州Secunderabad拠点の運送会社Gatiに照準を合わせているとの噂が伝えられている。(...続きを読む)
2005-05-11 ArtNo.35510(33/113)
◆日本企業、小泉首相訪問後一連の投資提案
【ニューデリー】小泉首相がインド訪問期間に発表した2万クロー(US$45.93億)の高速貨物列車プロジェクトが起爆剤となり、その後日本企業による一連の新規投資計画が発表されている(...続きを読む)
2005-05-11 ArtNo.35511(34/113)
◆ホンダ、インド・ロジスティクス市場開拓に注力
【ニューデリー】ホンダ・エクスプレスとその姉妹会社ピーエスジー(PSG Co)のインドにおける合弁投資は、インド・ロジスティクス・ビジネスに対する多国籍企業の関心の高さを象徴している。(...続きを読む)
2005-05-18 ArtNo.35556(35/113)
◆政府、US$115億投じ12大型港湾開発
【ニューデリー】Manmohan Singh首相が座長を務める『港湾インフラ委員会(CIP:Committee on Infrastructure of Ports)』は、2012年までに12の主要港(major ports)を開発するために5万クロー(US$114.837億)が必要と試算した。(...続きを読む)
2005-05-20 ArtNo.35570(36/113)
◆NYK/商船三井等、コンテナ・ターミナル入札に関心
【チェンナイ】Chennai Port Trust (CPT)が募集した第2コンテナ・ターミナル開発入札に日系海運会社を含む内外の企業10社余りが関心を表明した。(...続きを読む)
2005-05-20 ArtNo.35571(37/113)
◆シェル、EssarとHaziraバラ荷ターミナル建設協議
【ニューデリー】Royal Dutch Shellは、Essar Steel Ltd(ESL)とグジャラート州Haziraに後者専用のバラ荷ターミナルを設ける問題を協議している。(...続きを読む)
2005-05-25 ArtNo.35584(38/113)
◆特殊会社設け、US$137.8億貨物専用鉄道計画推進
【ニューデリー】Manmohan Singh首相が座長を務めるインフラストラクチャー専門委員会により最近承認された、黄金の四辺形(GQ:Golden Quadrilateral)幹線鉄道に平行して総コスト6万クロー(US$137.8億)の貨物専用鉄道を設ける計画は、特殊会社(SPV:special purpose vehicle)を新設して管理することになった。(...続きを読む)
2005-05-27 ArtNo.35611(39/113)
◆Petronet LNG、石川島他3社のKochiターミナル入札資格承認
【コーチ】Petronet LNG Ltd (PLL)取締役会は24日、ケララ州Kochiに計画する年間処理能力250万トン液化天然ガス(LNG)ターミナルのエンジニアリング/資材調達/建設(EPC)入札資格審査を行い、外国企業4社の入札を認めた。(...続きを読む)
2005-06-01 ArtNo.35632(40/113)
◆セツサムドラム運河計画の国際入札を近く募集
【ニューデリー】インド政府は今月中にも、国際入札を募集し、セツサムドラム船舶用運河計画(Sethusamudram Ship canal project)を実行に移す方針だ。(...続きを読む)
2005-06-08 ArtNo.35677(41/113)
◆PSA-SicalのTuticorin港第2コンテナ・ターミナル入札を許可
【チェンナイ】海運省はタミールナド州Tuticorin港の民間コンテナ・ターミナル経営会社PSA-Sical Terminals Ltd(PSASTL)が同港の第2コンテナ・ターミナルの建設入札に参加するのを許可した。(...続きを読む)
2005-06-08 ArtNo.35681(42/113)
◆アルカテル、鉄道/航空/国防通信市場開拓に照準
【ニューデリー】フランスの通信機器メーカー、Alcatelは鉄道、航空、国防領域に照準を合わせ、インド通信機器市場の開拓を図る。(...続きを読む)
2005-06-10 ArtNo.35702(43/113)
◆海運業界、10%のサービス税免除を歓迎
【ムンバイ】インド政府が7日、外国の港湾で船舶が受けたサービスに対する10%のサービス税を免除すると発表したことに、海運業界が歓迎の意を表明している。(...続きを読む)
2005-06-15 ArtNo.35724(44/113)
◆トン税導入効果でインド籍船団800万総トン突破
【ニューデリー】トン税導入一年足らずでインド籍船団の総トン数(GRT:Gross Registered Tonnes)はほぼ15%成長し、800万トンの大台を突破した。(...続きを読む)
2005-06-17 ArtNo.35736(45/113)
◆TVS Logistics、タイに合弁会社設立
【チェンナイ】TVS Logistics Services Ltd(TVSLS)は、現地パートナー、Thai Martin Trading Co Ltd及びTyvin International Co Ltdと手を結び、合弁会社TVS Logistics SIAM Ltdを設立、タイ市場に進出を果たした。(...続きを読む)
2005-06-20 ArtNo.35749(46/113)
◆イランとのパイプライン計画は誤り:米国国務次官補
【ニューデリー】米国政府は16日、「イランとのガス・パイプライン・プロジェクトの実行は誤りであり、米国はその種のプロジェクトに反対する」と警告した。(...続きを読む)
2005-06-20 ArtNo.35751(47/113)
◆セツサムドラム運河計画浚渫入札に内外の企業が関心
【チェンナイ】タミールナド州Tuticorinにおけるセツサムドラム船舶用運河計画(Sethusamudram Ship canal project)の浚渫工事に関わる入札説明会が17日催され、内外の指導的浚渫工事会社代表が参集した。(...続きを読む)
2005-06-22 ArtNo.35765(48/113)
◆空港近代化計画に09年までにUS$114億投資
【コルカタ】インド政府は、公共民間協力(public-private partnership)コンセプトの下、2009年までに4万~5万クロー(US$91.87億-114.84億)を投じ、国内の空港施設をアップグレードする。(...続きを読む)
2005-06-27 ArtNo.35796(49/113)
◆デリー/ムンバイ空港入札延期
【ニューデリー】特別閣僚グループ(EGOM:empowered group of ministers)は、Delhi/Mumbai空港民営化入札の締め切りを翌日に控えた22日、入札書類の不備を理由に入札繰り延べを決定、合わせて入札書類の再作成を指示した。(...続きを読む)
2005-06-29 ArtNo.35813(50/113)
◆政府、30空港を新規建設もしくは再開発
【プネー】インド政府は、6000クロー(US$13.78億)を投じ30空港の再開発及び新規建設を計画、既に候補地をリストアップしている。(...続きを読む)
ロジスティクス Logistics in 2005
◄◄◄ back113件の関連記事が見つかりました( 1/3 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
右ペイン・広告スペース
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.