SEAnews 2001/cat#30-1p 統計/資料
左予備スペース
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
右予備スペース
Site Search
Delivered from Singapore
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
統計/資料 Statistics/Data in 2001
◄◄◄ back612件の関連記事が見つかりました( 1/13 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
元のページへ戻る ►2001-01-04 ArtNo.24792(1/612)
◆年初8ヶ月の輸出成長率21%、貿易収支の赤字縮小
【ニューデリー】インドの年初8ヶ月(2000年4-11月)の輸出成長率は20.56%をマーク、これに対して輸入の伸びが14.44%にとどまったことから、貿易収支の赤字は縮小した。(...続きを読む)
2001-01-04 ArtNo.24793(2/612)
◆ルピーの対米ドル相場、4ヶ月内に47ルピー割り込む:IEG予測
【ニューデリー】インドの外貨準備は395億米ドルをマークしたものの、ルピーの対米ドル為替レートは1米ドル=47ルピーの心理的防衛ラインを遠からず割り込むものと予想されている。(...続きを読む)
2001-01-04 ArtNo.24794(3/612)
◆国営石油会社、1月のナフサ/燃料油価格引き下げ
【ムンバイ】公共部門石油会社は1月のナフサ価格をこれまでのトン当たり1万3330ルピーから1万2320ルピーに、燃料油(FO:furnace oil)価格をこれまでのキロ・リッター当たり8990ルピーから8020ルピーに、低硫黄ディーゼル油(LSHS:low sulphur heavy stock)価格をこれまでのトン当たり9435ルピーから8395ルピーに、それぞれ引き下げた。(...続きを読む)
2001-01-05 ArtNo.24808(4/612)
◆Nasscom、00-01年度ソフトウェア輸出見通しを下方修正
【ニューデリー】全国ソフトウェア・サービス企業協会(NASSCOM)は、2000-01年度のソフトウェア輸出額を、当初見積もりの63億米ドルから62億米ドルに下方修正した。(...続きを読む)
2001-01-05 ArtNo.24811(5/612)
◆年初6ヶ月の工学品輸出27%アップ
【ニューデリー】年初6ヶ月(2000年4-9月)の工学品輸出は1万245クロー(US$22.88億)と、前年同期の7800クロー(US$18.05億)を、ルピー・ベースで31.34%、米ドル・ベースで26.75%上回った。(...続きを読む)
2001-01-05 ArtNo.24813(6/612)
◆Tisco、年初9ヶ月の鉄鋼生産11%アップ
【ムンバイ】インドの大手民間鉄鋼会社Tata Iron and Steel Company Ltd(Tisco)は、年初9ヶ月(2000年4-12月)に263万トンの販売可能な鉄鋼製品(saleable steel)を製造、前年同期の237万トンを11%上回った。(...続きを読む)
2001-01-05 ArtNo.24814(7/612)
◆Vizagスチール、昨年12月に最高のパフォーマンス達成
【ニューデリー】国営鉄鋼会社Rashtriya Ispat Nigam Ltd(RINL)がアンドラプラデシュ州Visakhapatnamに設けたVisakhapatnam Steel Plant(VSP)は昨年12月に、溶銑(hot metal)30万トン以上と溶鋼(liquid steel)20万トンを製造するとともに、前年同月を8%上回る315クロー(US$6745万)の売上を実現、生産/マーケッティング双方で過去最高のパフォーマンスを達成した。
(...続きを読む)
2001-01-08 ArtNo.24822(8/612)
◆年初11ヶ月のカラーTV販売成長率、10年来の最低マーク
【ムンバイ】昨年1-11月のカラー・テレビジョン(CTV)販売台数は490万台と、一昨年同期の480万台を僅かに上回ったにとどまり、1991年以来最低の成長率を記録した。(...続きを読む)
2001-01-08 ArtNo.24829(9/612)
◆上半期の薬品輸出27.9%アップ
【ニューデリー】今会計年度上半期(2000年4-9月)の薬品輸出は8286クロー(US$17.79億)と、前年同期比27.9%の成長を見た。(...続きを読む)
2001-01-08 ArtNo.24836(10/612)
◆プレムジ/アンバニ両氏、フォーブス長者番付43/45位に
【ロンドン】インドの情報技術(IT)企業Wiproのオーナー、Azim Premji氏とその一族の資産は69億米ドルで2000年度フォーブス世界長者番付43位に、また石油化学メジャー、Reliance Industriesを率いるDhirubhai Ambani氏とそのファミリーの財産は66億米ドルで、同45位に、それぞれランクされた。(...続きを読む)
2001-01-09 ArtNo.24839(11/612)
◆昨年末の外貨準備、US$400億突破
【ムンバイ】インドの2000年12月末の外貨準備は、55億米ドルのインディア・ミレニアム・デポジト(IMD)に助けられ、400億米ドルの大台を突破、1999年12月末の349億米ドルに比べ、1年間に51億米ドルの拡大を見た。(...続きを読む)
2001-01-09 ArtNo.24842(12/612)
◆Rourkelaスチール・プラント、昨年記録的成長実現
【Rourkela】Steel Authority of India Ltd (SAIL)がオリッサ州に設けたRourkela Steel Plant (RSP)は4つの高炉の1つが依然稼働していないにも関わらず、2000年度(1-12月)に記録的な成長を実現した。(...続きを読む)
2001-01-09 ArtNo.24846(13/612)
◆年初9ヶ月の小型車販売4.9%アップ
【ニューデリー】インド自動車産業が不況に陥っているにも関わらず、プレミアム小型乗用車の昨年初9ヶ月(4-12月)の販売台数は20万2000台と、前年同期の19万3000台を4.9%上回った。(...続きを読む)
2001-01-10 ArtNo.24866(14/612)
◆昨年12月末のインフレ率8.20%
【ニューデリー】昨年12月23日までの一週間の卸売物価指数(WPI:1993-94=100)は157.6(暫定)と、昨年同期の145.9に比べ8.02%アップ。
WPIをベースにしたインフレ率は前週の8.01%を0.01%ポイント上回り、2週間連続8%を突破した。(...続きを読む)
2001-01-11 ArtNo.24879(15/612)
◆CTV市場、地元ブランドのシェア後退、韓国ブランド伸張
【ニューデリー】インド国内における昨年初11ヶ月(1-11月)のカラー・テレビジョン(CTV)販売は455万台をマーク、2000年通年では前年比9%増の500万台に達する見通しだ。
しかし多国籍ブランドが続々進出を果たす中で地元の主要3ブランド、BPL、Videocon、Ondiaの合計シェアは1998年の48.8%から1999年の44.6%、そして昨年初11ヶ月の41.4%と、下降の一途を辿っている。(...続きを読む)
2001-01-11 ArtNo.24881(16/612)
◆CMIE、今年の経済成長率5.8%予測
【ムンバイ】インド経済監視センター(CMIE:Centre for Monitoring Indian Economy)は9日、2000-01年度のインドの国内総生産(GDP)成長率が5.8%にとどまるとの見通しを発表した。(...続きを読む)
2001-01-12 ArtNo.24882(17/612)
◆AP州、US$77億プロジェクト覚書に調印
【ハイデラバード】アンドラプラデシュ州政府は目下開催中の“2001年パートナーシップ・サミット”の会場で合計3万5861クロー(US$76.79億)のプロジェクトに関わる覚書に調印した。(...続きを読む)
2001-01-12 ArtNo.24883(18/612)
◆長距離電話事業、4年後にはUS$44.5億市場に成長
【ムンバイ】インドの国内長距離電話市場は1999-2000年度の1万2600クロー(US$26.98億)から2004-05年の2万800クロー(US$44.54億)に拡大する見通しだ。(...続きを読む)
2001-01-12 ArtNo.24890(19/612)
◆繊維機械業界予想売上、US$2.68億、20%アップ
【コインバトール】インドの繊維機械製造業界の2000年(1-12月)度売上は20%アップ、同成長率が維持されるなら2000-01年度の総売上は、前年の1115クロー(US$2.39億)から1250クロー(US$2.68億)に拡大する見通しだ。(...続きを読む)
2001-01-15 ArtNo.24897(20/612)
◆年初8ヶ月の工業生産指数伸び率6%に鈍化
【ニューデリー】年初8ヶ月(2000年4-11月)の工業生産指数(IIP)の伸びは、前年同期の6.2%から6%に後退、今会計年度に入って以来の成長鈍化基調を裏付けた。(...続きを読む)
2001-01-15 ArtNo.24900(21/612)
◆上半期のセメント輸入80万トン、136.3%アップ
【ムンバイ】今会計年度上半期(2000年4-9月)のセメント輸入量は約80万トンと、前年同期の30万トン前後から136.3%アップ、前年同期の22.09%のマイナス成長から目覚ましい回復を見た。(...続きを読む)
2001-01-15 ArtNo.24901(22/612)
◆昨年10/11月のセメント生産/消費、拡大
【ニューデリー】昨年10月と11月のセメント生産は782万トンと770万トンに、前年同月の687万トンと750万トンから拡大、またセメント消費量は10月は656万トンから746万トンにアップ、11月は742万トンから741万トンに僅かながら下降したが、ほぼ横這いを維持した。(...続きを読む)
2001-01-15 ArtNo.24902(23/612)
◆向こう25年間の炭化水素資源開発投資US$927億
【ニューデリー】インドは向こう25年間に43万3000クロー(US$927.2億)を投じて炭化水素資源を開発せねばならず、プロジェクト・ファイナンスが必要とされる。(...続きを読む)
2001-01-15 ArtNo.24906(24/612)
◆PC販売の成長鈍化
【ニューデリー】情報技術製造業者協会(MAIT:Manufacturers Association for Information Technolgy)は12日、2000-01年度上半期のパーソナル・コンピューター(PC)販売の成長率が前年同期の45%(通年の成長率37%)から26%に鈍化したとするとともに、通年の販売台数予測を190万台から174万台に下方修正した。
1999-2000年度の販売台数は140万台だった。(...続きを読む)
2001-01-15 ArtNo.24911(25/612)
◆年初8ヶ月の海産品輸出30.7%アップ
【ニューデリー】インドの年初8ヶ月(2000年4-11月)の海産品輸出は9億7687万米ドルと、前年同期の7億4735万米ドルに比べ30.7%の成長を見た。(...続きを読む)
2001-01-16 ArtNo.24917(26/612)
◆今年度のセメント生産1億トン突破も
【ムンバイ】インド・セメント業界では、2001年3月末までに年産500万トン以上の新生産施設が稼働するため、セメントの年間生産量は今会計年度中に1億トンの大台に乗る見通しだ。(...続きを読む)
2001-01-16 ArtNo.24924(27/612)
◆外貨準備US$401.8億、増勢持続
【ムンバイ】インドの外貨準備は今月5日には、前週を1億7300万米ドル上回る401億8100万米ドルをマーク、堅調な増加基調を維持した。(...続きを読む)
2001-01-16 ArtNo.24925(28/612)
◆昨年12月末のインフレ率8.16%に
【ニューデリー】一次産品や製造品の値上がりから、昨年12月30日までの1週間のインフレ率は、前週に記録された過去26ヶ月以来最高の8.02%をさらに0.14%ポイント上回る8.16%(暫定)に達し、前年同期の3.04%を5.12%ポイント上回った。(...続きを読む)
2001-01-17 ArtNo.24940(29/612)
◆年初8ヶ月の繊維輸出3.8%アップ
【ニューデリー】年初8ヶ月(2000年4-11月)の繊維製品輸出は3万9128クローと、前年同期の3万6116クローを8.3%上回った。
しかし米ドル・ベースでは83億4800万米ドルから86億6200万米ドルに、3.8%増加したにとどまった。(...続きを読む)
2001-01-19 ArtNo.24957(30/612)
◆今会計年度GDP成長率6%未満?:信用格付け会社予想
【コルカタ】信用格付け会社Fitch Ratings India(FRI)はその最新月間レポートの中で、インドの今会計年度の国内総生産(GDP)成長率が6%を下回る恐れが高まったと指摘している。(...続きを読む)
2001-01-19 ArtNo.24970(31/612)
◆昨年のセメント出荷量10%ダウン
【ムンバイ】昨年12月のセメント出荷量は、全国の主要市場の需要軟化に加え、セメント業界の大規模な事業再編から10%の落ち込みを見た。(...続きを読む)
2001-01-23 ArtNo.24990(32/612)
◆昨年の精密・特殊化学産業成長率11.5%
【ムンバイ】インドの精密・特殊化学産業は1999-2000年度には前年の6.5%から11.5%に成長速度を速め、3年ぶりに2桁成長を回復した。
しかし今年(2000-01)上半期には成長の鈍化が見られた。(...続きを読む)
2001-01-23 ArtNo.25000(33/612)
◆D&Bビジネス楽観度指数、急降下
【ムンバイ】インドの2001年1-3月期ビジネス楽観度指数は、昨年第4四半期に続き、純売上/純益/販売価格/新規受注/在庫レベル/雇用の6つのパラメーターの全てが顕著な下降を見、特に純益/販売価格/在庫レベルは過去最低、純売上/新規受注/雇用もこれまでの調査の中で2番目に低い値となった。(...続きを読む)
2001-01-23 ArtNo.25002(34/612)
◆外貨準備、更にUS$1.72億拡大
【ムンバイ】インドの外貨準備は今年入って第2週も引き続き拡大基調を維持、2001年1月12日までの1週間の外貨準備高は403億5300万米ドルと、前週の401億8100万米ドルを1億7200万米ドル上回った。(...続きを読む)
2001-01-26 ArtNo.25016(35/612)
◆年初8ヶ月の工学品輸出29%アップ
【コルカタ】年初8ヶ月(2000年4-11月)の工学品輸出は、前年同期の25億米ドルから32億5000万米ドルに29%の成長を見た。(...続きを読む)
2001-01-26 ArtNo.25017(36/612)
◆年初9ヶ月のインフラ産業成長率7.7%に鈍化
【ニューデリー】セメント、鉄鋼、電力部門の成長鈍化が祟り、中核インフラ産業6部門(電力/石炭/鉄鋼/原油/精製/セメント)の年初9ヶ月(2000年4-12月)の成長率は7.7%と、前年同期の9.1%及び2000年4-11月期の8.5%を下回った。(...続きを読む)
2001-01-29 ArtNo.25018(37/612)
◆昨年12月の乗用車販売40%ダウン
【ニューデリー】昨年12月の乗用車販売台数は輸出も含め3万1847台と、前年同月の5万3760台に比べ40.76%下降した。
しかし同売上にはDaewooの販売台数が含まれていない。(...続きを読む)
2001-01-29 ArtNo.25019(38/612)
◆昨年12月の商用車/多目的車販売、33%/11%ダウン
【ニューデリー】昨年12月の商用車販売台数は1万2866台と、前年同月の1万9297台を33.3%下回り、多目的車販売も前年同月の1万680台から9439台に11.6%減少した。(...続きを読む)
2001-01-29 ArtNo.25020(39/612)
◆昨年12月の二輪車販売18.4%ダウン
【ニューデリー】昨年12月の二輪車販売は一昨年同月の33万7000台から27万5000台に18.4%下降した。(...続きを読む)
2001-01-29 ArtNo.25022(40/612)
◆JDパワー、サントロ/アイコン/ランサー/クオリスに折り紙
【ムンバイ】国際市場調査会社JD Power Asia Pacificがまとめた“2000年度自動車性能番付”において韓国のHyundai Santroは小型乗用車部門で、Ford Ikonはエントリー中型乗用車部門で、三菱Lancerはプレミアム中型乗用車部門で、トヨタQualisは多目的車部門で、それぞれモースト・アピーリング・カーの折り紙を付けられた。(...続きを読む)
2001-01-30 ArtNo.25045(41/612)
◆宝飾品/化学品/工学品/繊維が年初7ヶ月の輸出成長を牽引
【ニューデリー】インドの輸出総額の68%を占める宝飾品/化学品及び化学関連製品/工学品/繊維製品の年初7ヶ月(2000年4-10月)の輸出成長率がほぼ20%に達したことから、同期の総輸出も20.40%増の250億米ドルをマークした。(...続きを読む)
2001-01-30 ArtNo.25046(42/612)
◆昨年の毛織り繊維輸出27%ダウン
【ニューデリー】インドのカレンダー・イヤー、2000年の毛織り繊維製品輸出は327クロー(US$7002万)と、前年の449クローから27%前後の落ち込みを見た。(...続きを読む)
2001-01-30 ArtNo.25047(43/612)
◆外貨準備、更にUS$1.16億拡大
【ムンバイ】インドの外貨準備は1月19日までの1週間に前週に比べさらに1億1600万米ドル拡大、404億6900万米ドルをマークした。
これにより外貨準備は今年に入って以来3週間連続拡大基調を維持した。(...続きを読む)
2001-01-31 ArtNo.25056(44/612)
◆年初9ヶ月の軽商用車販売7.3%アップ
【ニューデリー】年初9ヶ月(2000年4-12月)の軽商用車販売台数は4万4000台と、前年同期の4万998台に比べ7.3%拡大した。(...続きを読む)
2001-02-01 ArtNo.25063(45/612)
◆IT対応サービスの対米輸出、2005年までにUS$40億に
【ニューデリー】情報技術(IT)対応サービスの対米輸出は2000年にはなお2億6400万米ドルにとどまったが、2005年までに40億米ドルの大台に乗る見通しだ。(...続きを読む)
2001-02-01 ArtNo.25073(46/612)
◆製薬産業、2001年度輸出US$15億マーク
【ニューデリー】インド製薬産業の輸出総額は今年25%の成長を遂げ15億米ドルをマークするものと予想され、良好なビジネス環境さえ確保されればインドは2010年までにジェネリク薬品の供給で世界のトップ・スリーにランクされる見通しだ。(...続きを読む)
2001-02-01 ArtNo.25074(47/612)
◆中央・地方政府の財政赤字、GDPの9.9%に
【ムンバイ】インド中央・地方(州)政府の1999-2000年度財政赤字は、国内総生産(GDP)の9.9%と、過去最高の比率をマークした。(...続きを読む)
2001-02-01 ArtNo.25075(48/612)
◆GDP成長率、第1四半期5.8%/第2四半期6%:中央銀行
【ムンバイ】中央銀行Reserve Bank of India(RBI)は29日、2000-01年度の国内総生産成長率は第1四半期の5.8%から第2四半期の6%に加速したと発表した。(...続きを読む)
2001-02-01 ArtNo.25076(49/612)
◆昨年のGDP成長率を6.4%に上方修正
【ニューデリー】インドの1999-2000年度の国内総生産(GDP)は実質(固定価格)115万1991クローと前年の108万3047クローに比べ6.4%、また名目(現在価格)では161万6033クローから178万6459クローに10.5%の成長を見た。(...続きを読む)
2001-02-02 ArtNo.25079(50/612)
◆年初9ヶ月の鉄鋼生産12%アップ
【ニューデリー】インドの年初9ヶ月(2000年4-12月)の鉄鋼生産は、前年同期の1977万トンから2215万トンに12%拡大した。(...続きを読む)
統計/資料 Statistics/Data in 2001
◄◄◄ back612件の関連記事が見つかりました( 1/13 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
右ペイン・広告スペース
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.