SEAnews 2000/cat#26-1p 社会国民生活
左予備スペース
SEAnews SEA Research, BLK 758 Yishun Street 72 #09-444 Singapore 760758
India Front Line Report
右予備スペース
Site Search
Delivered from Singapore
SEAnews Issue:monthly
tel:65-87221054
社会国民生活 Social and National Life in 2000
◄◄◄ back233件の関連記事が見つかりました( 1/5 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
元のページへ戻る ►2000-01-05 ArtNo.21435(1/233)
◆<星>昨年第4四半期のGDP成長率8.2%マーク:首相
【シンガポール】シンガポールの国内総生産(GDP)は昨年第4四半期に力強い8.2%の成長を遂げ、通年の成長率は5.6%となった。
通産省はこのため2000年のGDP成長率を4.5~6.5%と予測している。(...続きを読む)
2000-01-05 ArtNo.21444(2/233)
◆<馬>UMNO最高評議会、総裁/副総裁選挙回避で合意
【クアラルンプル】マレーシアの与党第1党、統一マレー国民組織(UMNO)最高評議会は3日の会議で、5月11日に党役員選挙を、また5月13日に中央代表大会を実施することを決めるとともに、マハティール首相とアブドラ・バダウィ副首相が立候補する党正副総裁のポストは可能な限り選挙を回避することで合意した。(...続きを読む)
2000-01-06 ArtNo.21453(3/233)
◆<星>SCV、高速ネット・アクセス・サービス開始
【シンガポール】Singapore Cable Vision(SCV)は通常の56Kbps(キロ・ビット毎秒)のダイヤル・アップ・モデムよりも30倍速いケーブル・モデムを用いた高速インターネット・アクセス・サービスを開始した。(...続きを読む)
2000-01-07 ArtNo.21465(4/233)
◆<星>SME21、高付加価値/ハイナリッジの中小企業育成
【シンガポール】シンガポール政府は5日、国内の10万社を超える中小企業(SME)を向こう10年間に知識集約化の波にも順応できる旺盛な活力と高い生産性を備えた企業に変身させる“SME21プラン”を発表した。(...続きを読む)
2000-01-07 ArtNo.21468(5/233)
◆<星>シングテル、ウェブ・フォーンを率先発売
【シンガポール】シンガポール・テレコム(シングテル)は今月、インターネットを通じた電話が誰にも手軽にかけられるウェブ・フォーンを率先して発売、ライバル・スターハブの攻勢に一矢を報いる。(...続きを読む)
2000-01-10 ArtNo.21488(6/233)
◆<馬>法人債務再編委員会、首都圏2軽便鉄道の合併準備
【クアラルンプル】民間部門債務再編の調整役を務める法人債務再編委員会(CDRC:Corporate Debt Restructuring Committee)は、今年半ばまでに営業を停止する2路線の首都圏軽便鉄道(LRT)システムの合併統合を図っている。(...続きを読む)
2000-01-12 ArtNo.21513(7/233)
◆<星>M1/シングテル、モバイル・ネット・サービス開始
【シンガポール】MobileOne Asia(M1)とSingTel Mobileは、WAP(Wireless Application Protocol)に基づく携帯電話によるインターネット・サービスを来月までに相次いで開始する。(...続きを読む)
2000-01-12 ArtNo.21515(8/233)
◆<星>3民族に依拠した社会組織のみでは不十分:首相
【シンガポール】シンガポールが経済体として、あるいは国家として将来も成功するには、華人/マレー人/インド人の3民族に依拠した単純な社会組織を継承しただけでは不十分で、複雑で現代化された経済体制を組織し、支えとせねばならないと言う。(...続きを読む)
2000-01-12 ArtNo.21518(9/233)
◆<馬>昨年9月のモーターサイクル販売、44%アップ
【クアラルンプル】低所得層の消費動向を占う上で有効な指標とされるモーターサイクル販売は昨年1月の1万4069台をボトムに上昇に転じ、昨年9月には前年同月比44%増の2万5438台をマークした。(...続きを読む)
2000-01-13 ArtNo.21528(10/233)
◆<星>高裁、パッカードベルNECにS$250万保証積立指示
【シンガポール】シンガポール高裁は11日、米国拠点のPackard Bell NECに、セスダック登録のサウンド・カード・メーカー、Aztech Systemsから提出された訴訟を巡り250万Sドルの銀行保証を提出するよう命じた。(...続きを読む)
2000-01-14 ArtNo.21546(11/233)
◆<馬>当局、野党指導者を扇動罪/機密漏洩罪容疑で相次ぎ逮捕
【クアラルンプル】マレーシア警察は12日、アンワル前副首相の主任弁護士を務めている野党民主行動党(DAP)のKarpal Singh副議長、Parti Keadilan Nasional(正義党)のMaeina Yusoff副総裁、イスラム党(PAS)機関紙HarakahのZulkifli Surong編集長、同機関紙の印刷業者Chea Lin The氏を何れも扇動罪容疑で逮捕したのに続き、13日にはアンワル氏の元政治秘書で正義党青年部長のMohd Ezam Mohd Noor氏(32)を、機密漏洩罪容疑で逮捕した。(...続きを読む)
2000-01-17 ArtNo.21559(12/233)
◆<星>シングテル、無料インターネット・アクセス・サービス開始
【シンガポール】シンガポール・テレコム(シングテル)は14日、180万の固定式電話顧客中の無作為に選んだ34万人に無料インターネット・アクセス用のIDとパスワードを送付、向こう2ヶ月間に残る顧客への送付も完了すると発表した。(...続きを読む)
2000-01-18 ArtNo.21572(13/233)
◆<星>国民の国策討議歓迎:副首相
【シンガポール】リー・シエンロン副首相は16日催された“シンガポール21フォーラム”の席上、国民に対して国策の討論に積極的な参加を呼びかけるとともに、政府省庁は今後よりオープンな態度で一般の意見を採り入れていくと保証した。
しかし副首相はその一方で、仮に政府の政策能力を批判する内容なら、政府は個々の政策問題を超え、反撃する権利を保留すると付言した。(...続きを読む)
2000-01-18 ArtNo.21576(14/233)
◆<馬>副首相、米国の内政干渉を非難
【クアラルンプル】マレーシアのアブドゥラ・バダウィ副首相兼内相は16日、先週扇動罪/機密漏洩罪容疑で5人を逮捕したのは、政府の野党に対する弾圧とする説を否定するとともに、米国政府に他国の内政に対する干渉を即時停止するよう求めた。(...続きを読む)
2000-01-19 ArtNo.21586(15/233)
◆<星>シーゲート、6月までにSenoko工場も閉鎖
【シンガポール】ディスク・ドライブ(HDD)メーカー、シーゲート・テクノロジーは今月初にTuasのディスク・メディア工場の操業を停止したのに続き、Senoko工場も6月までに閉鎖する方針だ。(...続きを読む)
2000-01-20 ArtNo.21601(16/233)
◆<星>ビンタン・パーク閉鎖も検討:スンブコープ
【ビンタン】シンガポールの政府系複合企業SembCorp Industries (SCI)は、シンガポールに近接するインドネシア領ビンタン島に発生した暴動で、現地合弁事業Bintan Industrial Parkの閉鎖も検討せざるを得ない窮地に立たされている。(...続きを読む)
2000-01-20 ArtNo.21602(17/233)
◆<星>ビンタン島住民、土地補償問題を大統領に直訴
【ビンタン/シンガポール】シンガポールに近接したインドネシア領ビンタン島の住民は、リゾート開発を巡る土地補償問題をアブドゥルラーマン・ワヒド大統領に直訴する方針だ。(...続きを読む)
2000-01-21 ArtNo.21621(18/233)
◆<星>ビンタン島事件の影響は軽微:スンブコープ
【シンガポール】インドネシアのビンタン島に対する外国投資は総額13億5000万Sドル以上にのぼるが、Bintan Industrial Estate(BIE)のプロモーター、SembCorp Industries(SCI)の今回の暴動に伴う被害は軽微と言う。(...続きを読む)
2000-01-21 ArtNo.21631(19/233)
◆<印度>港湾争議、短期決着は望み薄?
【ニューデリー】今週火曜に発生した全国11の主要港におけるストライキは政府と労組が交渉の席につかぬまま膠着状態が続いており、短期間に決着する見通しは薄いとされる。(...続きを読む)
2000-01-24 ArtNo.21632(20/233)
◆<星>電気通信市場を2年繰り上げ全面開放
【シンガポール】シンガポール政府は21日、当初の目標期日2002年4月を待たずに今年4月1日より電気通信市場を全面開放し、また国内電気通信会社に対する外国企業の49%の直接/間接の出資率上限は即日撤廃すると宣言した。(...続きを読む)
2000-01-24 ArtNo.21642(21/233)
◆<印度>CEO、バジパイ政権100日の成果を評価
【ニューデリー】インド企業界は、バジパイ新政権発足後100日の様々な方面の成果を一応評価しているが、公約の履行に対する信頼度や最近のハイジャック事件の処理に対する評価は低調だった。(...続きを読む)
2000-01-25 ArtNo.21651(22/233)
◆<星>インドネシア当局、ビンタン・リゾート反対住民に実力行使
【ビンタン】インドネシアのサリム・グループが60%、シンガポール・テクノロジーズに率いられるシンガポール・コンソーシアムが40%を出資するビンタン・リゾート・コーポレーション(BRC)が開発を進めるBintan Beach International Resortに絡む土地紛争で、インドネシア軍と警察は23日早朝、リゾート周辺にたむろしていた住民を強制的に解散させるとともに、70人以上を逮捕した。(...続きを読む)
2000-01-25 ArtNo.21661(23/233)
◆<印度>港湾ストライキ、終息
【ムンバイ】インド労組は23日、政府が待遇改善要求を部分的に受け入れたことから5日間にわたり全国11の主要港を混乱に陥らせた港湾ストライキを中止した。
港湾業務の渋滞に伴う被害は9000万米ドルと見積もられている。(...続きを読む)
2000-01-27 ArtNo.21686(24/233)
◆<馬>検察長官を法廷侮辱罪で告訴:アンワル公判再開
【クアラルンプル】アンワル前副首相のソドミ公判が25日再開され、被告弁護団の1人カルパル・シン弁護士は法廷における発言を理由に同弁護士を扇動法違反で検挙した検察長官は法廷侮辱罪に当たると非難した。(...続きを読む)
2000-01-28 ArtNo.21701(25/233)
◆<馬>ソロス氏との同席は願い下げ:首相、WEF欠席の理由説明
【クアラルンプル】マハティール首相は、イスラエルのShimon Peres元首相やファイナンシャーGeorge Soros氏と同席することを望まぬため、スイスのダヴォスで開かれるワールド・エコノミック・フォーラムへの出席を見合わせたと言う。(...続きを読む)
2000-01-31 ArtNo.21707(26/233)
◆<星>首相、電話会社合併問題で香港特区長官と意見交換
【シンガポール】ゴー・チョクトン首相は先週月曜、シンガポール・テレコム(シングテル)とケーブル&ワイヤレスHKTの合併問題に関して、香港特別行政区の董建華長官と電話で意見を交換した。(...続きを読む)
2000-01-31 ArtNo.21708(27/233)
◆<星・香港>電話会社合併の方式確定:香港経済日報
【香港】香港経済日報が土曜報じたところによると、シンガポール・テレコム(シングテル)と香港Cable & Wireless HKTの合併後、前者は持ち株会社、後者はその完全出資子会社になり、後者の上場資格は取り消される。(...続きを読む)
2000-01-31 ArtNo.21715(28/233)
◆<馬>KLSE、EffectiveのClob株買収案のみを認知
【クアラルンプル】クアラルンプル証取(KLSE)は28日、シンガポールの店頭市場セントラル・リミット・オーダー・ブック(CLOB)で取引され、マレーシア当局から凍結処分を受けたマレーシア株の処遇に関して、Effective Capitalの買収案のみが、KLSEとマレーシア中央預託機関(MCD)のルールを満たしていると声明した。(...続きを読む)
2000-02-01 ArtNo.21722(29/233)
◆<星>市場開放と起業家育成が日本経済再生の鍵:上級相
【シンガポール】シンガポールのリー・クアンユー上級相は先週(1/28)、日本商工会議所(JCCIS)創設30周年式典の席上、市場開放と起業家の育成が日本経済再生の鍵になると指摘した。(...続きを読む)
2000-02-02 ArtNo.21741(30/233)
◆<星>SGX、KL証取の声明に反論
【シンガポール】シンガポール取引所(SGX)は1日、月曜にクアラルンプル証取(KLSE)との間で催されたCLOB(セントラル・リミット・オーダー・ブック)マレーシア株に関する協議を巡りKLSEが発表したステートメントは、誤解を生じさせる不完全なものであると声明した。(...続きを読む)
2000-03-06 ArtNo.21758(31/233)
◆住宅建設に手厚い奨励措置
【ニューデリー】ヤシュワント・シンハ蔵相は、全ての国民のための持ち家計画を提唱するバジパイ政権の公約に違うことなく、住宅建設部門に引き続き奨励措置を適応した。(...続きを読む)
2000-03-09 ArtNo.21801(32/233)
◆豪州メディアタイクーン、HFCLの10%権益買収
【ニューデリー】オーストラリアのメディア・タイクーンKerry Packer氏所有のConsolidated Press Holdings Ltd(CPH)は、インド最大の民間通信機器製造会社Himachal Futuristic Communication Ltd(HFCL)の10%の権益を2億3800万米ドルで買収することで後者と合意した。(...続きを読む)
2000-03-09 ArtNo.21810(33/233)
◆クリントン大統領、今月末インド訪問
【ハイデラバード/ムンバイ】米国のクリントン大統領が今月末インドを訪れるもようだ。
1998年のインドの核実験後、クリントン大統領はインドに対する経済制裁措置をとり、それ以来両国関係は冷却していたが、クリントン大統領の訪問はこうした両国関係の改善に弾みをつける見通しだ。(...続きを読む)
2000-03-10 ArtNo.21813(34/233)
◆今やMコマース:シリコン・グラフィクス幹部
【チェンナイ】Silicon Graphics IncのAshok Desai取締役(アジア太平洋地域マーケッティング・ビジネス開発担当)は8日エンターテーメント・グラフィクス・オーガニゼーション(EGO)セミナーの開幕式の席上、Eコマースは最早過去のものになり、今やMコマースの時代であると強調した。(...続きを読む)
2000-03-10 ArtNo.21815(35/233)
◆ドットコム、今年1万人分の就業機会創出:ヘッドハンター
【ムンバイ】今日、紙上に掲載される求人広告の9割が情報技術(IT)部門、多くはdot.com 企業によるもので、ドットコムは今年新たに1万人分の就業機会を提供する見通しだ。
この内3000ポストは上級職と見られる。(...続きを読む)
2000-03-10 ArtNo.21821(36/233)
◆産業財政再建局、DCM現代に対する債権取り立て訴訟を許可
【ニューデリー】産業/財政再建局(BIFR)は国内銀行がDCM Hyundai Ltd (DCMHL)に対する債権取り立て訴訟を起こすことを認めるとともに、インダストリアル・クレディット・アンド・インベストメント・コーポレーション・オブ・インディア(ICICI)に対し、DCMHLのマネージメントの交替を広告するよう指示した。(...続きを読む)
2000-03-10 ArtNo.21822(37/233)
◆M&M、地雷にも耐えられる防弾乗用車発売
【カルカッタ】インド多目的車市場のリーダー、Mahindra & Mahindra (M&M)はイスラエル企業と提携し、子会社Mahindra Auto Speciality Ltd (MASL)を通じてカスタマイズされた防弾車の製造に乗り出した。(...続きを読む)
2000-03-13 ArtNo.21832(38/233)
◆核発電能力、2020年までに2万MWに
【チェンナイ】インドは2020年までに2万MW(メガワット)の核発電能力を備えることを目指している。(...続きを読む)
2000-03-14 ArtNo.21844(39/233)
◆サンTV、IPO通じ1200クロー調達計画
【チェンナイ】Sun Television Ltd(サンTV)は株式公開(IPO)を通じ約1200クローを調達する計画だ。(...続きを読む)
2000-03-20 ArtNo.21897(40/233)
◆ナチュラル・メディカル・プロダクツ、自然薬13種類製造
【チェンナイ】フランスの芳香療法提唱者J. Philippe氏に率いられるMarkandeグループとTamilnadu Industrial Development Corporation (TIDCO:11%出資)の合弁に成るIndian Natural Medical Products Pvt Ltd(INMP)は自然薬13種類の製造の準備が整い、輸出市場についても突破口を開いたようだ。(...続きを読む)
2000-03-21 ArtNo.21901(41/233)
◆米国現職大統領、22年ぶりにニューデリー入り
【ニューデリー】ビル・クリントン大統領は現地時間19日午後8時30分に、インドのJaswant Singh外相/Ajit Kumar Panja副外相/Lalit Man Singh外務次官、Richard Celeste米国大使らが出迎える中、Chelsea令嬢、義母のDorothy Rodham女史らを伴いインディラ・ガンディー国際空港に到着、5日間の南アジア訪問日程をスタートした。(...続きを読む)
2000-03-21 ArtNo.21902(42/233)
◆クリントン大統領訪問期間に3協定に調印
【ニューデリー】インドと米国はクリントン大統領の訪印期間により密接な二国間関係を象徴する3つの協定に調印する見通しだ。(...続きを読む)
2000-03-21 ArtNo.21903(43/233)
◆クリントン大統領、知識集約産業に照準:米大使
【ニューデリー】クリントン大統領はインドの知識産業に強い関心を寄せており、今回の訪問日程作成に際しても、その点に対する配慮が払われたと言う。(...続きを読む)
2000-03-21 ArtNo.21905(44/233)
◆Y2K終息で在米インディアン技術者1万5000人が帰国?
【ニューデリー】米国在住のインディアン情報技術(IT)専門家1万5000人余が2000年(Y2K)問題に関わる契約の満了に伴い帰国を強いられる見通しだ。(...続きを読む)
2000-03-21 ArtNo.21908(45/233)
◆2003年のインターネット契約者750万人突破:IDC
【ニューデリー】インドにおけるインターネット・サービス契約者は2000年末には約100万人に達し、2003年には750万人をマーク、年率95%の成長が見込まれる。(...続きを読む)
2000-03-22 ArtNo.21928(46/233)
◆地場ソフト会社ウィプロ創始者、世界富豪番付3位に浮上
【ロンドン】インドのソフトウェア会社Wiproの創設者Azim Premji氏が、マイクロソフトのビル・ゲイツ氏、同じく米国のリテーラー、Robson Waltonファミリーに続き、世界の富豪番付第3位にランクされた。(...続きを読む)
2000-03-23 ArtNo.21933(47/233)
◆インド/US科学技術フォーラム協定に調印
【ニューデリー】インドのMurli Manohar Joshi人材開発科学技術海洋開発相と米国のMadeleine Albright国務長官は21日、両国政府/学界/産業界の科学・技術・その他の領域における相互交流を促す“インド/US科学技術フォーラム”の組織協定に調印した。(...続きを読む)
2000-03-23 ArtNo.21945(48/233)
◆マハラシュトラ州、カルナタカ/グジャラートの低販売税に異議
【ムンバイ】マハラシュトラ州政府は、隣接するカルナタカ及びグジャラート両州政府がコンピュータ/PVCパイプに対して低販売税を課しているのは、今年1月に中央政府が導入した“ユニオン・フロア・レート”政策に違反するとして、大蔵省に介入を求めた。(...続きを読む)
2000-03-24 ArtNo.21946(49/233)
◆知識産業武器に年率500%の成長も可能:クリントン大統領
【ニューデリー】米国のビル・クリントン大統領は22日、既に世界の成長国家のトップ10に列するインドは、知的人材資源を武器に向こう20年間年率500%の成長を遂げ、世界の先頭に立つことも可能と語った。(...続きを読む)
2000-03-24 ArtNo.21947(50/233)
◆インド/US最高経営者会議、ナリッジ・マネージメント戦略立案
【ニューデリー】インドと米国企業の最高経営者(CEO)が一堂に会し、インドを知識集約型経済に転換させるための戦略を練る。(...続きを読む)
社会国民生活 Social and National Life in 2000
◄◄◄ back233件の関連記事が見つかりました( 1/5 pageを表示 [ 1~50 ] )next ►►►
右ペイン・広告スペース
[Your Comments / Unsubscribe]/[您的意见/退订]/[ご意見/配信停止]
Please do not directly reply to the e-mail address which is used for delivering the newsletter.
请别用递送新闻的邮件地址而直接回信。
メールをお届けした送信専用アドレスには返信しないで下さい。
SEAnews 掲載記事の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright 2003 SEAnews® All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.